spacer

校章

校章.jpg
校旗.jpeg

東京女学館校歌

spacer
尾上柴舟  作詞  
小松耕輔  作曲  
   
開化のひかげあたらしく ふたたび来つるあけぼのに
てらしわたれる虎の門 生れあひたる友とわれ
つらねて入りしむらさきの 正しく清くしとやかに
袖のにほひもむかしにて 明るくつよくすこやかに
うつろふ鳥のはねざはの こころをみがき身をきたへ
みどりにはゆる学びやに あさよりひるとめぐらせて
くつおとかろく通ひきて 平和のひかりくまなくて
集ふ日ごとのたのしさよ 夕べをしらぬくにとせむ
校歌を歌う

パソコンにMedia Playerをお持ちの方は、ここをクリックすると校歌が流れます

現在の校歌(館歌)が制定されたのは終戦間もない昭和23年(1948)です。女学館創立60周年記念式で初めてこの校歌が披露されました。

 作詞の尾上柴舟先生は明治9年(1876)岡山県津山生まれの歌人・国文学者・書家です。東京帝国大学卒業後、東京女子高等師範、学習院の教授を歴任。
 校歌を作詞したこの年は72歳で、東京女学館の講師として古今和歌集・新古今和歌集を講じ、書道の指導もされていました。(昭和22年から27年まで)
  作曲の小松耕輔先生は明治17年(1884)秋田県生まれの作曲家。日本初のオペラ「羽衣」の作曲者として著名です。