すずかけ

<< 日本人女性としての高い品性 >>

小学校を見下ろす校庭の高台に立つすずかけの大木の根本に小さな立札が立っています。

「このすずかけの木は、明治時代に赤坂離宮と新宿御苑、御料地などに、外国から移入して植えられた木と同じものです。100年の樹齢を保っているので根元を踏まぬよう、大切にしましょう。」というような文章で、すずかけの大木に対するいたわりの呼びかけです。

 東京女学館が大正12年9月1日の関東大震災で全焼し、それまで校舎のあった虎ノ門(現在は文部科学省)から、御料地であった広尾の地に移転してきた時にはすでにあった、女学館の生き証人のような木です。
 小学校の授業「すずかけ」はこのすずかけの木から命名されました。この授業は、文化・伝統から作法を学び、日本人としてのアイデンティティと高い品性を身につけることを目的としています。
 海外生活を経験した多くの方が、日本の文化に対する認識不足を感じています。

すずかけの木

そこで東京女学館小学校では現在、華道、茶道、邦楽、着付け、日本舞踊、礼法、座禅、百人一首、テーブルマナー、昔の遊びなどを授業として実施しています。

 師から教わり受け継がれていく文化・伝統は、心豊かな人間として成長する源であり、世界で活躍する女性リーダーに必要とされる資質を高める大切な学びです。

華道

華道

草木や花を人間と同じいのちのあるものとして見つめ、その美しさを花瓶の上で表現します。花の名前や性質を知り、花の心とその真髄を会得します。

茶道

茶道

日本座敷の歩き方、戸の開け方、正座の仕方、お菓子の頂き方、お茶の点て方・頂き方・運び方、お客様に差し上げる心配りなどを学びます。毎年父の日の参観日には、6年生が自ら焼いたお茶碗で、自ら点てたお茶をお家の方に振る舞います。

邦楽

邦楽

日本の伝統楽器である「箏」にふれることにより、和楽器ならではの独特の演奏方法を学びます。箏の演奏を通して音色の美しさや礼儀作法の大切さを知ります。

着付け

着付け

ゆかたの各部位の名称を知り、着るコツを学びます。着物で生活し、座り方、歩き方など立ち居振る舞いを身につけます。

日本舞踊

日本舞踊

古典芸能で表現されている意味を理解し、手の動き、足の運び、優雅な立ち居振る舞いを身につけます。

礼法

礼法(箸の使い方)

日本文化の基本である礼法をその歴史的背景から学び、お箸の使い方を通して礼儀、作法、周りの人への思いやりの心を学びます。

座禅

座禅

鎌倉にある臨済宗(禅宗)建長寺派の総本山である建長寺で雲水の修行と座禅を体験します。何ものにもとらわれず、縛られず、執着せず、たった今、ここにいる自分こそが真実。微動だにしない瞑想の空間を時がゆっくりと流れます。

百人一首

百人一首

日本古来の和歌に触れ、カルタ遊びの中から旧かなづかいなどを学び、合わせて歌の心を読み解くことで日本人の感性に触れます。

テーブルマナー

テーブルマナー

ホテルでの会食を通して食事の礼儀作法を学びます。低学年は日本独特の食事作法である和食を、中・高学年は洋食でのマナーを教わりながら会食を楽しみます。一流ホテルで学ぶマナーで、どこへ出ても堂々とふるまえる態度もあわせて身に付けます。

昔の遊び

昔の遊び

東京女学館を卒業された大先輩の方々から、おはじき、お手玉、あやとりなど昔の遊びを教えていただきます。また、昔の女学館のお話を聞き、女学館の歴史や歩みを知ります。