最新更新日:2013/03/25
本日:count up1
昨日:5
総数:404151
ありがとう五反野小学校!さようなら五反野小学校!

次の3年生へ・・・

 早くモンシロチョウがやってきて、たまごをうんでくれるといいですね。

次の3年生へ・・・

 苗を植えて、水もたっぷりあげました。

次の3年生へ・・・

 3月28日(火)の午前中、3年生の子どもたちが学校の畑に集まりました。

 理科「チョウをそだてよう」の学習でモンシロチョウをよぶためです。
 春休み中なのに、20人も集まるなんてビックリ!!
 
 みんな土だらけになりながら、キャベツの苗植えをがんばっていました。

 このキャベツ、実(じつ)は次の3年生にプレゼントするものなのです。 

子どもへの熱い思い届け



[新校長日記]


教師総出で卒業式準備

--------------------------------------------

 地域に根ざした学校づくりがスタートして3年、わたしが民間から校長として着任して間もなく2年が過ぎる。充実した2年間だった。国の研究指定を受け、同僚教師と一緒に地域立の学校を創(つく)るという、新しい歴史作りにかかわることができた。出会いに感謝したい。


 23日午前中、5・6年は卒業式の最終練習だった。教師たちは歩く姿勢、話す声と、子どもたち一人一人に助言を与える。


 名前を呼ばれ、壇上に上がって将来の夢を発表する。遼香さんは「中学で水泳部に入り、将来は五輪選手になりたいです」「夏の区水泳大会での泳ぎは素晴らしかった。五輪選手は夢じゃない」。卒業証書を手渡しながら、一人一人に語りかける。


 2年前、この子たちと出会ってからの出来事が頭の中を駆け巡る。最初の思い出は5年。運動会の組体操で松本量(りょう)君とペアを組み、サボテンを決めた。6年の日光自然教室での夜、肝試しに男女ペアで出発する子どもたちの怖そうな、でもうれしそうな表情もよみがえる。


 公立小学校には様々な子が集まる。いろんな個性の仲間の中で、子どもたちは自分を見つけ出す。みんなの中にいる自分、自分の中にいるみんな。個性は集団の中で磨かれる。一人ひとりが、かけがえのない存在だ。


 自分を大切にし、愛し、高め、一生懸命に生きる大切さをわかってほしい。常に自分を見つめ、考え、自分なりに生き抜こうとする。それが自分を生かし、愛することだ。


 午後から5年生以下の修了式だった。体育館に集まり、代表が前に出て通知表をもらう。今春、転校する児童を代表に指名した。思い出を作ってあげようという担任たちの心配りだ。


 「新しい気持ちで新学期を迎えることができるよう、1年間を振り返り、自分の成長を確認しよう。4月には新しい目標をもち、登校してきてほしい」


 長い話だったが、頭が揺れることもなく、聞いている。こうした子どもたちの態度に教師たちの指導の成果を見る。


 児童を下校させると、翌日の卒業式の準備だ。年度末の教師は特に忙しい。八面六
(ろっ)臂(ぴ)の活躍だ。子どもたちの思い出に残る卒業式を演出してやりたい。明るく、協調性があり、人間的魅力にあふれ、日々努力する教師が子どもを支え、子どもの心に灯をともし、夢を与え続ける。


 分担された役割に従い、同僚教師らとともに準備に取り掛かる。野田紀道副校長は来賓の席次をチェックしている。弱視学級の松田清美教諭は卒業証書の準備だ。5年担任の西美紀教諭は、式次第の拡大印刷と掲示、村上武事務長と小川啓一主事は国旗、区旗の掲揚。田中琢也教諭は5年生に指示し、会場のイスを並べる。3年の坂本治枝教諭と金久保成美教諭は来賓受付の準備、1年清永亜矢子教諭と宮川佳子教諭は来賓席やトイレなど案内板の掲示。祝電の掲示は栄養士の小田孝子先生。少人数指導担当の石崎忠男主幹(教諭)が全体の進行を確認する。30人全員の息がぴったり合い、テキパキとこなしている。


 気持ちがひとつになり、互いに信頼感がないと、こうは進まない。子どもたちを思う熱い心が、卒業生や保護者、すべての人の心に届くだろう。


 卒業式に、感激にほおを紅潮させている6年生の顔が目に浮かぶ。五反野に集うみんなの胸に思いがあふれる。


 「五反野で学んでよかった!」


                 足立区立五反野小校長  三原 徹

  (2006年3月225日 朝日新聞第2東京面に掲載されました)




  (足立区立五反野小校長
         三原 徹)          =おわり



3月23日(木) 今日の給食

 今日の給食は、牛乳、ご飯、とんかつ、ボイルキャベツ、味噌汁、メロンです。

 今年度最後の給食なので、献立もちょっぴり豪華にしてみました。全部の教室を回り、「今年度の給食は今日で終わり味わって食べてください」と。6年生には「今日で、五反野小学校の給食は今日で食べ収め、4月からのお昼ご飯は、必ずしも給食とは限らないけれども、五反野同様残さず、しっかり食べて、勉強やスポーツにはげんでください」 「中学になると、味ももう少し濃くなるかも、量ももう少し多くなるかもしれませんが、きっとおいしい給食です!」

 5年生以下のこどもたちには、「今度会うときは、1つづつ学年が上がっているんですね、今以上に元気な顔をみせて、また、「おいしい顔」も沢山たくさん見せてください。

 今日で、今年度の給食は終わりです、全部で174の(ダブりもありますが)給食を紹介させていただきました。来年もまた、五反野小学校の給食を紹介できれば幸せです。

                   栄養士 小田孝子


3月22日(水) 今日の給食

 今日の給食は、牛乳、ピザトースト、春雨スープ、ゴマドレッシングサラダ、みかんです。

 今日の給食は、あまり残菜(給食の食べ残し)がでない献立です。教室ではこどもたちが、先を争って?おかわりの列を作っています。給食の入っている入れ物を覗くと、パンも、サラダも、カラッポで、後はスープが少し残っていました。その少しのスープをみんなで少しづつよそって仲良く分け合っていました。

 1年生は、どのクラスも食べ方はそれぞれですが、いつも残りはほんの少しか、ゼロです。

 五反野小学校は、1年生だけが食欲旺盛なわけではありません。2年生も、3、4年生も5,6年生も、みんな、みんな食欲モリモリで、毎日の給食をたいらげて、ニコニコの「おいしい顔」です。

                       栄養士 小田孝子







3月20日(月) 今日の給食

 今日の給食は、牛乳、カレーうどん、揚げワンタンサラダ、みたらし団子です。

 カレーうどんの「カレー粉」の量を調整して、低学年用(1,2,3,4年)と高学年用(5、6年)に分けて作りました。

 1,2年生の教室にいつものように様子を見に行きました。「カレーうどん、辛いですか?」「だいじょうぶです」。「からくないよ」。ほとんどのこどもたちが、答えてくれました。

 中には「からい!」と言って、顔をしかめて見せる子もいますが・・・? 麺類はほとんどのこどもたちが「好き」と答えてくれる献立です。

 今日は、もう一品、美味しくできたと思うものがあります。「みたらし団子」です。
大きさ、からめたタレの味、団子の硬さ、どれも丁度良い出来でした。こどもたちも、団子は、「おいしいよ」と言ってくれました。いつも、いつも「おいしいよ」と言ってくれるので作りがいがあります。今日も、こどもたちの「おいしい顔」が見られて幸せです。

                    栄養士 小田孝子





3月17日(金) 今日の給食

 今日の給食は、牛乳、ココアパン、ポトフ、醤油ドレッシングサラダ、みかんです。

 今日のポトフは野菜が一杯の煮物です。こどもたちは、どうしているでしょうか?

 「こんにちは」と言いながら、給食が入っていた入れ物を見ると何にも残っていません。今日も完食です。トテモ頼もしいクラスです。毎日、毎日給食をすべて食べてしまいます。

 あまりの食欲にいつも、ビックリしたり、食べ過ぎてお腹が痛いなんて言わなければいいなと喜んだり心配したりです。

 食べられることはとてもすばらしいことだと思います。こどもたちは、今が食べ時たくさん食べて、元気一杯。そして、給食を食べたらうーとステキな「おいしい顔」を見せてください。

                      栄養士  小田孝子

3月16日(木) 今日の給食

 今日の給食は、牛乳、ダイスチーズパン、ポークビーンズ、フレンチサラダ、みかんです。

 今日の「ポークビーンズには、ひよこ豆を使って見ました。朝から、ずーっと煮ました。おいしく煮えました。肉と、野菜を炒めて、スープで煮てから軟らかく煮えた豆を合わせ、調味料を加え仕上げの味見です。すごーく良い味に仕上がりました。
きっと、よく食べてくれると思います。

 「今日の給食は、いかがですか」「おいしいよ」「うん、まめ、すきなんだ」(うれしい、答え)「え〜!、きらい、だいきらい」(ガックリ!)

 1年生との会話です。豆が苦手な子もいますが、全体的には思った以上に食べてくれていました。(よかった!)

                        栄養士 小田孝子 





3月15日(水) 今日の給食

 今日の給食は、牛乳、みそラーメン、シューマイ、ボイルキャベツ、みかんです。

 シュウマイ、作ってみました。こどもたちには、好評でした。

 「今日の給食のシューマイのお味はいかがですか?」(お約束の質問)。「おいしいでーす。」「えーえ、がっこうでつくったの」「また、つくってね」。いつも、ニコニコ、うれしそうに答えてくれます。

 今日は、高学年の教室にも、顔を出してみました。「今日は、おそばやさんが、おそばをおまけしてくれたので入れましたが、食べられますか。」「だいじょうぶ、まかせて」の返事。

 6年生は、あと5回、五反野小の給食を食べます。6年生のこどもたちの「おいしい顔」は、あと5回しかみれません。中学校へ行っても「おいしい顔」見せてください。


                       栄養士 小田孝子


6年生を送る会 

3月13日(月)3・4時間目 

 この1年間、五反野小学校の最高学年としてリーダーシップを発揮してきた6年生。 下級生が6年生に感謝の気持ちを伝え卒業の門出を祝うために「6年生を送る会」が開かれました。

 まずは6年生の入場。
 6年生の名前と夢や目標を一人ずつ、5年生が紹介しました。
 
 代表委員会児童の企画「6年生四択クイズ」は全校で楽しく行いました。
 
 代表委員会児童が事前に6年生に好きな食べ物などをアンケート調査をしクイズにしたとのことでした。
 
 各学年の歌や呼びかけの出し物も工夫され、心のこもった贈り物に6年生も笑顔で聞き入っていました。
 
 最後の6年生からの言葉とお礼の出し物はさすが最高学年、堂々たるものでした。間近に迫った6年生とのお別れに、涙を浮かべる子もいました。

 心のこもった素晴らしい会になりました。





3月14日(火) 今日の給食

 今日の給食は、バナナオレ、キムチチャーハン、春巻き、ワカメスープ、杏仁豆腐です。

今日の給食は、6年2組のリクエストです。
昨日以上にお盆の上が賑やかです。
この献立は、1年も2年も3年生も同じものを食べます。
でも、すべて量が少なくなっています。
ただ、飲み物だけは量を少なくできないので、同じです。

1年生に今日の給食が食べきれるか聞きに行ってきました。
「今日の給食、全部、食べられますか?」
「はーい!だいじょうぶです」
「もっと、おおくてもへいきだよ」
「キムチチャーハン、もっとからくして」

昨日は、残菜(食べ残し)が、いつもの半分というか、残りませんでした。
たぶん、今日も残菜はないと思います。
でも、「おいしい顔」は、たくさん残っていそうです。

栄養士 小田孝子


3月13日(月) 今日の給食

 今日の給食は、いちごオレ、ビビンバ、鶏肉の唐揚げ、ツナサラダ、フルーツポンチです。

 今日の献立は、6年1組のリクエストです。こどもたちに「五反野小学校で、今までに食べたことのある給食に中から、考えて献立をたててください」とお願いしたのが、この献立です。

 好きなものばかりの中にも野菜(ツナサラダ)が入っているのには関心しました。中学生が、たてた時は野菜はほとんどいれませんでした。

 6年生は5年生以下の教室に招待されます。そこで、用意されている給食を一緒に食べます。みんな、いつもはとてもにぎやかに食べているのに今日は静かでした。

 とても、静かに食べていますが、「おいしい顔」はいつも以上だったように感じました。

                    栄養士 小田孝子



3月10日(金) 今日の給食

 今日の給食は、牛乳、赤飯、いかの香味焼き、おひたし、吉野汁、みかんです。

 今日の給食は、6年生の卒業を祝う献立です。
 給食の放送もしました。みんなわかってくれたかな?

 1年生に聞きました。
「今日の給食は、お赤飯だけど、なぜでしょう?」
「きのうの、あずきがのこったから」
「まめが、たべたかったから」
「う〜ん、なんでだろう」
「わかった、6ねんせいのそつぎょうのおいわいでしょ!」
「そうです。」
「だって、ほうそうが、きこえたもの」
「放送を聞いてくれて、ありがとう」

 昔は、お祝い事のときには「お赤飯」を炊きましたが、今は1年中あるので珍しくもありませんが、「お祝い」には作りたいと思います。
 
 五反野小学校のみんなで、6年生の卒業のお祝いの献立を「おいしい顔」食べてくれました。  

                     栄養士 小田孝子

3月9日(木) 今日の給食

 今日の給食は、飲むヨーグルト(みかん味)、小豆入り蒸しパン、チャンポンスープ、いちごです。

 小学校に来て、もうすぐ1年になるのに子どもたちの嗜好がまだまだつかみきれていません。(過去の経験がよみがえるのに少々時間が、かかりすぎでしょうか)

 今日の「飲み物」は、喜んでもらえるのか心配で各クラスを訪ねてみました。
「今日の、飲み物、好きではない人」と聞くと、教室は
「し〜〜〜ん」と、してしまいました。
 ほとんどのこどもたちから「OK」をもらいました。
 中には、ヨーグルトがあまり好きではないので、
「今日の、飲み物は、いやかな」の答えもありました。

 蒸しパンには、小豆をいれたのですが、
「小豆は、入れるなら潰したほうがいいよ」と、子どもからの感想がありました。
「次回の蒸しパンを作る時に参考にさせてもらいます」と、答えました。

 子どもたちが、給食に対してさまざまなことを言ってくれるのは、給食に関心があるからだと思います。とても嬉しいことです。
 
 今日もいつもの「おいしい顔」が一杯でした。 


             栄養士  小田孝子





総合:地域学習 「大好き!! 五反野」その3

 お囃子コーナーでは、インタビュー活動だけでなく、実際に太鼓をたたいてみたり、お面をかぶって踊ってみたりしました。

「初めてなのに、なかなか上手いねぇ。」
と褒められました。
 
 他にも、神社についての資料をいただいたり、昔の手書き地図や開校当初の子どもたちの写真を見せていただいたりしました。最後には、迫力のある獅子舞も間近で味わえ、とても有意義な2時間はあっという間に過ぎていきました。


総合:地域学習 「大好き!! 五反野」

 総合的な学習の時間には、「大好き!!五反野」という学習をしています。五反野の地域に残るものを中心に調べています。この学習を始めたのは、五反野地域のことについて知っていることを挙げていくうちに、“知っているようで知らない自分たち”に気づき、もっと知りたいなという気持ちが湧いてきたからです。

 社会科「(足立に)昔からつたわる行事」の学習を参考に、この町に残る古いものや行事を調べようということになりました。校内用副読本で大まかな五反野の昔について学習した後で、もっと詳しく調べるために地域の昔に詳しい方と話したいという思いが強くなりました。

 そこで3月2日(木)の5・6校時、ゲストティーチャーの方々にインタビュー活動をしました。

総合:地域学習 「大好き!! 五反野」その2

ゲストティーチャーの方々は、
○三十番神七面大明神(鴨下家の屋敷神)や地域の昔の様子に詳しい方:鴨下さん
○西之宮稲荷神社の宮司さん:唐松さん
○五反野祭囃子保存会会長:野尻さん(お囃子の方々)
○五反野小学校開校当時の先生:新井さん
の4名です。

3月8日(水) 今日の給食

 今日の給食は、牛乳、ハヤシライス、レモンサラダ、みかんです。

 今日は、目の教室のこどもたちが大勢きているのです。午後に「卒業、進級を祝う会」があるのです。いつもは、みんなバラバラに通級して、給食も食べる日が違います。みんなで、一緒に食べているのでとても楽しそうです。

 そこで、いつもの一言。「今日の給食のお味はいかが?」と言うと、声を揃えて。「おいしいです!」の返事。「ありがとう!」

 今日の「おいしい顔」は、特別限定の「おいしい顔」でした。

                          栄養士 小田孝子

6年生 謝恩会

 3月6日、6年生児童保護者による謝恩会が開かれました。

 第2部では、6年生児童による出し物がありました。自分たちで台本を作って劇をしたり、縄跳びやダンス、コントなど得意なことをグループで披露してお世話になった方々への感謝の気持ちを表していました。出し物最後には全員による素敵な合奏と合唱がありました。

 6年生は、これまでたてわり班や登校班などで下級生のお世話をしたり、委員会活動やクラブ活動で責任をもって仕事をしたりと、頼もしい働きぶりを見せてくれました。卒業が間近に迫った今も、学校周辺の側溝や体育館ギャラリーの清掃活動を行うなど人の役に立つことを率先して行って全校の鑑となっています。






検索対象期間
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
学校行事
4/3 職員会議(午前)  
三部会(午後)
4/4 遠足実踏(午後)
4/5 春季休業日終
入学式準備(午前)
4/6 始業式
入学式(午後)
 モバイルページ(携帯サイト)
 アクセス専用QRコード▼  
〒120-0015
東京都足立区足立3-11-5
TEL.03-3889-9304
[弱視]03-3889-7673
FAX.03-3889-9305