最新更新日:2017/04/25
本日:count up16
昨日:17
総数:45543
今年度も、富山市教育センターをよろしくお願いいたします。

初任者研修会 4月20日(木)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 4月20日(木)富山市教育センターで初任者研修会を行いました。受講者は、「学級担任としての心構え」「学級経営の意義・方法」について学び、教師としての責任を再認識するとともに、今後の学級経営や授業実践に生かすためのヒントを得ることができました。
 フリートークや演習では、仲間と意見交換することにより、できることから一つずつ取り組んでいきたいと、実践への意欲を高めていました。
 受講生の感想を紹介します。
・子どもが、安全・安心できる学級づくりのために互いの認め合いや励まし合いが大切だと改めて思った。
・一つの出来事に対して一つの指導といった1対1対応になっていたことに気付いた。つながりのある指導を意識し、視野を広げていきたいと思った。
・子どもをしっかりと見ることが、日々の忙しさに追われて中途半端になっていると感じた。目の前の子どもたちのことを一番知っていると自信をもって言えるよう、子どものよさをたくさん見つけていきたい。
                         (担当:研修係)

初任者・新規採用教職員研修会 4月13日(木)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 4月13日(木)富山市教育センターで初任者・新規採用教職員研修会を実施し、78名の受講者が、「富山市の教育」「服務・職務」「接遇の仕方」について学びました。
 講義後の演習では、「接遇の実際」として、挨拶やお辞儀の仕方、電話のかけ方・受け方についてグループワークを行いました。初めは、緊張した面持ちだった受講生も、次第に班の仲間と打ち解け、和やかな雰囲気の中で演習が進んでいきました。今後も、仲間と共に、信頼される教職員を目指して成長していくことを願っています。
受講者の感想を紹介します。
・「教えられたらできる」ではなく「自分からできる」子どもを育てる実践をしていきたい。
・研修を通して、教員としての自覚を再確認し、子どもたちのために全力を尽くしたいと思った。コンプライアンスの意識は日々大切にしていきたい。
・担任である自分が笑顔でいることが子どもに安心感を与えることがよく分かったので、これからも笑顔を絶やさず前向きにがんばりたい。
・子ども・保護者・地域の方々からの信頼を得られるような教員になるために、日々の 生活・話し方・表情・身だしなみをもう一度確かめようと思った。
・班のメンバーと気軽に話すことができたので、これから学び合い深め合えたらよいと思う。  
(担当:研修係)

「情報モラル中1講座」始まりました

 今週よりから、情報モラル中1講座が始まりました。これからのネット社会を生きる子どもたちが、情報モラルについて考え、生活に生かしていくことはとても大切です。その大切さが伝わるように講座を行っていきたいと考えています。
 最初に訪問した学校は、杉原中学校です。「まじめだね」「個性的だね」もし、こんな言葉をメール等で送られてきたらどう思うかを尋ねると、あまりうれしくないと感じている子どもたちが多くいました。その理由を聞くと、「相手がどう思ってその言葉を送っているのか分からないから」という答えが返ってきました。ネット上では、言葉だけのコミュニケーションが多くなります。文字ベースのコミュニケーションが多くなるネット社会で、どのようにしていけばよいかをしっかりと考えている子どもたちの様子が見られました。
                       (担当 情報教育係)

画像1 画像1 画像2 画像2
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
富山市教育センター
〒930−0026
富山県富山市八人町5−17
TEL(076)−431−4404
FAX(076)−431−4405