最新更新日:2014/07/25
本日:count up25
昨日:19
総数:38649
本校はただいま夏休み中です。2学期の始業式は8月19日です。

4月 学校長より

 1年生77名を迎え、平成26年度がスタートしています。今年度の児童数は昨年度から10名減の550名で児童数が少しずつ減少しています。

 さて、学校の目指す子ども像(学校教育目標)「なかよく かしこく たくましく」の育成のため今年度の重点活動も、昨年同様「あいさつ」、「歩いて登校」、「群れて元気に遊ぶ」の3つです。

「あいさつ」は、学校教育目標の「なかよく」そのものです。あいさつすることは相手を意識し尊重する行為です。互いに仲良く、今年も全校あげて挨拶をしていこうと考えています。

「歩いて登校」については4年目になります。小学校の6年間、歩いて登校することで、一生の体の基をつくることになり、「たくましい」子どもの基本です。また、四季を感じることができる日本・長野県・山形の子どもの感覚を豊かにすることができます。感性の豊かな子どもたちは自然を感じ、自然に対する畏敬の念がはぐくまれ、「かしこい」子どもに成長してくれるでしょう。また、「あいさつ」を通して地域の方とふれあいでつながりを深め「なかよく」なれます。

「群れて元気に遊ぶ」については3年目になります。子どもたちが楽しい缶けり、鬼ごっこ、木登り…をやっている中で起こる様々な出来事あります。その中で自分と友の相違から、人としての生き方を気づかないうちに学んでいます。楽しいので何度も何度も木登りして木にぶら下がる子どもたちは、体のバランス感覚を高めたり、順序を守ったり、相手に譲ったりと「たくましさ」の中で「なかよく」を実践しています。

 3つの重点活動を職員が心をそろえ進めます。

 最後に、今、「開かれた学校」づくりに向けて様々なことに取り組んでいます。一昨年組織された「学校支援地域本部」を核に、地域の方々による学校支援が拡大され、のべ1200人以上の方が、昨年は1500人の方が地域支援に入ってくださいました。今年はこれらの方々の人数を安定させつつ、活動の定着を目標にしています。具体的な支援をさらに充実・拡大しながら、近い将来には「地域とともにあり開かれた学校」コミュニティ・スクールへ進みたいと考えています。

 ご理解、ご協力、ご支援をお願いします。

しだれ桜が開花しました。



山形小学校のシンボル、しだれ桜が開花しました。ことしも淡いピンク色の花が学校を彩っています。

入学式がありました

平成26年度が始まりました。4月4日(金)入学式が行われ、77名の新入学生を迎えました。
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
山形村立山形小学校
〒390-1401
長野県東筑摩郡山形村下大池3867
TEL:0263−98−2012
FAX:0263−98−3943