最新更新日:2018/09/21
本日:count up9
昨日:15
総数:105435
2学期スタート「めあてを決めて チャレンジしよう」

落語の練習

画像1
画像2
4年生は今落語を一生懸命覚えています。どこかで披露してくれそうです。暗記するのは大変ですが、台詞を見ながら覚えています。参観会の時には見られるのでしょうか。

富士山の日

画像1
画像2
2月23日は富士山の日です。こんな作品が階段にはってありました。

「15分テレビを消して家族で話しましょう」NO2

画像1
家族つながりカードをホームページ上に貼り付けておきましたが、ご利用いただけましたでしょうか。皆さんからのご意見をご紹介します。
○お風呂に入るときには必ず学校の出来事を話してくれます。珠算で進級したこと、友達と毎日遊べるうれしさ、誰かがけんかして先生にしかられたこと、子供が会話の中心です。
○普段から話はよくしていました。〜しながらなので、曖昧に返事をしていたことも多く、考えさせられました。
○学校でどんなことがあったのか普段から聞くようにしています。あまり親子で話さない家庭には「家庭つながりカード」があれば親子の会話が増えるのではないでしょうか?予習は続けてほしいです。

家庭つながりカード

<swa:ContentLink type="doc" item="45964">家族つながりカード</swa:ContentLink>
「一日に15分、テレビを消して家族で話そう」と始めた家庭つながりカード。たくさんのご意見をいただきました。いくつか紹介します。

・テレビを消して15分話をすることはめったにないので、家族の知らないことを知ることができました。
・改まって話そうとすると会話に詰まってしまいました。
・「今日は何について話そうか・・・」から始まる毎日でした。いつもより、中身が深い話ができました。
・一日たったの15分。でも、その時間をつくること、ゆっくり話すこともできないなんて・・・考えさせられました。
・テレビを消してみたら、話の内容に答えられるようになりました。聞いているつもり、話しているつもりの会話ではなく、しっかり「対話している」と実感しました。
・今まで何かをしながらの話だったと改めて気づきました。
・向き合って話を聞くと、子供の顔に安心感が見られました。

そのほかいろいろな意見をいただきました。意見を伺って、こんなことが言えるのではないかと思います。

1 家族であっても、意外と深く話し合う経験は少ない。テレビを消すと、深い話し合いができ、つながりが深まる
2 家族でも、普段話さない人の話を聞くと新しい発見がある。
3 家族での対話(対話は会話よりも深いものだと思います)は子供に安心感を生む。

家族って空気のようなものですが、意外と知っているようで知らないことがたくさんあるように思います。学力問題が出発で実験的に始めた試みですが、お互いに話し合うことの大切さは、子供の学力を伸ばすだけでなく、私たち大人を含め、人生を楽しく、豊かなものにするように思います。
「一日15分テレビを消して、家族で話そう」毎日でなくても結構です。一週間に一回でもよいでしょう。今後も続けていきたいですね。家族で決まりを作って実施してみてください。カードを添付しておきます。プリントして使ってください。そして、もしよろしければ、様子をお聞かせください。
画像1

読み聞かせのボランティアさん

画像1
画像2
今月も読み聞かせのボランティアさんが来てくれました。どうですか?この真剣な眼差し

1年生の作品

画像1
画像2
びっくりしたのは、詩というか、随筆というか、日記というか・・・自分の心の中の気持ちを見つめ直し、こんなに感じていることを素直に書けるんです。

1年生の作品

画像1
画像2
一年生の版画です。カラーでとっても綺麗でしょ?

ディズニー魔法の教室

画像1
画像2
画像3
最後に修了証書をいただきました。新聞にものりました。

ディズニー魔法の教室

画像1
画像2
画像3
今日はディズニーランドのキャストの方がみえて、相手の気持ちを思いやることをみんなに教えてくれました。ディズニーのキャストさんはいつもお客様が何を求めていらっしゃるのかを考えて行動しています。子供たちも、相手を思いやりながらスプーンリレーをしたりしました。

1年 昔の遊び

画像1
画像2
昔の遊び。コマ回し、凧揚げ、はねつき・・・はねつきではほっぺに黒くスミを塗られたようです。本当はテープだけど・・・・凧は風が強くて大変だったね。

1年 持久走大会

画像1
画像2
画像3
今年二回目の持久走大会です。前回のリベンジ。ちょっと風は強かったけど、お父さん、お母さんも応援してくれました。

6年 中学校の先生が授業してくれました

画像1
画像2
画像3
今日は中学校の理科の先生が6年生に授業してくれました。「鉄は燃えるだろうか」という課題をみんなで考えました。物が燃えるには1燃えるもの2酸素3温度が必要です。鉄は普通燃えませんが、スチールウールをなんとか燃やそうと子供たちはスチールウールをほぐします。「なんでほぐした?」「酸素をいっぱい取り入れるため」子供たちは考えているようです。

かけはし1月「テレビを消してお話を」

<swa:ContentLink type="doc" item="45719">テレビを消してお話を</swa:ContentLink>

かけはしにとぶようにしました。ご覧下さい。

15分テレビを消して家族で話しましょう 予習をしましょう

画像1
今日子供たちに宿題を出しました。5回分、「家で15分テレビを消して家族で話し合いましょう」という宿題です。
 学力学習状況調査の小学校国語A問題で、静岡が全国最下位になったことで様々な報道がなされています。学校では「力いっぱい表す子 みんなでのびる子」を重点目標として、授業改善に取り組みました。子供たちは、友達の意見を聞きながら考えることがだんだんできるようになってきました。 
 グラフを見てください。これは、全国学力状況調査の結果を点数の上位群、中位群、下位群に分け、それぞれ、文化的資本、子どもSC(Social Capital 社会資本)の多少によってどう関係するのかを分析したものです。文化資本とは図書館に行く、習い事、読書経験、文化的体験など、自分の身の回りにある学びへの参加頻度です。
 子供SCとは、家の人と学校での出来事について話す、食事を一緒に食べる、学校で友達に会うのは楽しいと思う、約束を守る、地域行事や子供会行事へ参加している、地域の歴史や自然に関心があるなどの子供の学びを高めると思われる環境のことです。
 このグラフを見ると、文化資本や子供SCが高い子ほど、学力状況調査の点が高いことがわかります。普段、地域の施設で学んだり、家で家族とよく学校の話をする子は学力が高いと言えそうです。そこで、ぜひ、今日お分けした「かけはし」を元に、家族でテレビを消して、話し合う時間を持ってみてください。詳しくはプリントをご覧下さい。

6年 中学校の先生が来ました

画像1
画像2
画像3
今日は中学校の国語の先生が6年生に授業をしてくれました。題材は「いちばんの願いごと」ネバーエンディングストーリーで有名なミヒャエル=エンデの作品です。エンデはナチスドイツの徴兵に反対し、ドイツを去り、また、父親が自分と同い年くらいの女性と再婚し、ショックで悩む母親の面倒見るなどの人生を歩んできた人物です。境界を作らない世界を求めた哲学的な作品を書く児童文学作家です。興味のあるかたは読んでみてください。「子供たちが一生懸命聞いてくれるので楽しく授業ができました」と先生。子供も「中学校への不安がなくなりました。中学ではこういう授業をするんだと安心しました」と感想を述べていました。

5年自転車大会

画像1
画像2
自転車大会終了。結果はこれからです。ドキドキ(◎-◎;)!!

5年自転車大会

画像1
競技は学科300店、実技200点で争われます。今のところいい調子です。

5年自転車大会

画像1
画像2
画像3
競技が始まりました。『右よし 左よし 後方よし』試験の緊張が伝わります。

5年自転車大会

画像1
シーガルドームです。5年生が自転車大会に出ています。自信満々な様子。頼もしいですね。

5年生が自転車大会に出場します

1月24日、5年生4人がシーガルドームで行われる自転車大会に出場します。今日は校長室に「頑張ってきます」と挨拶に来てくれました。道を走るルールをどれだけ正確にできるかを競います。
画像1
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
焼津市立大井川東小学校
〒421-0205
静岡県焼津市宗高428
TEL:054-622-0010
FAX:054-622-7910