最新更新日:2018/07/25
本日:count up4
昨日:22
総数:103975
「めあてを決めて チャレンジしよう」夏休み

1年 6年のお兄さんお姉さんへのプレゼント

画像1
1年生の廊下に、6年生の相棒さんへのプレゼントがかけられています。4月に撮った写真です。これを見るともうすぐ卒業なんだなあと感じて、少し寂しくなりますね。

まおちゃん がんばったね

職員室の廊下に、ソチオリンピックの記事がはってあります。子供たちにそれを見て、感想を書いてもらうためです。4年生は特別に作文を書いてもらっていますが、家の人に聞いたこと、ニュースで聞いたことを文に入れ、考えて書いたことがわかる子も多くいました。
画像1

2年生 おもちゃの説明書

画像1
画像2
画像3
2年生は動くおもちゃを作っています。でも、作ることが目的ではなくて、その作り方、遊び方の説明書を作るのが目的です。ろうかに説明書が並んでます。それに従って遊んでみました。

たてわりあそび

画像1
画像2
画像3
今日昼休みに、1年から6年まで、異学年で「くつとりあそび」をしました。○に十を書き、オニに触られたら、くつを一つわたします。皆さんもやったことあるかもしれませんね。そんな懐かしい遊び、子供って案外知らないんですね。

3年生 図書館祭りで大活躍

画像1
画像2
画像3
2月22日(土)大井川図書館で図書館祭りがありました。福祉大学の学生さんたちが幼児を相手にクイズやダンスなど楽しい遊びを一緒にやってくれる1時間です。大井川東小学校の3年生も手品と折り紙で出演しました。新聞にも載りましたね。手品はトランプの中から一枚引いてもらい、それをトランプの中に戻し、見ないで当てる手品です。みんな「おー!」っという驚きの声。折り紙は兜を折りました。新聞紙で幼児もお母さんと一緒におりました。
出演してくれた3年生は夕べ緊張で寝られなかったようです。3月には図書館でまたまた、大井川東小学校の子どもたちがパフォーマンスします。図書館からチラシが来るのでぜひ見に来てください。

バレー少4年生第3位

画像1
静岡県中部地区4年生大会で大井川東小バレーボール少年団が第3位になりました。おめでとう。今度は優勝だ!

6年生 お父さんお母さんにありがとう

画像1画像2画像3
6年生はお世話になったお父さんやお母さんにお礼の手紙とエプロンを渡しました。中には「ウルッ」とくるお母さんも・・・・・

5年参観会

画像1
画像2
5年参観会は長縄8字跳びの披露。一分間に150回以上という高速です。その後は茶話会で一年間を振り返りました。

4年参観会

画像1画像2画像3
4年生の参観会は1組が体育館でボールゲーム。2組が落語でした。落語はなかなかのできばえです。

体育委員会 フリースロー大会

画像1
画像2
画像3
体育委員会主催のフリースロー大会が行われました。1・2年生は一番前から、3・4年生は真ん中あたり。5・6年生は後ろから・・・ハンデをつけて挑戦です。

一年生のお弁当

画像1
ちょっと前になりますが、求職がなかったときが続きましたね。そのときにとった一コマです。みんなでお弁当。楽しそうです。

落語の練習

画像1
画像2
4年生は今落語を一生懸命覚えています。どこかで披露してくれそうです。暗記するのは大変ですが、台詞を見ながら覚えています。参観会の時には見られるのでしょうか。

富士山の日

画像1
画像2
2月23日は富士山の日です。こんな作品が階段にはってありました。

「15分テレビを消して家族で話しましょう」NO2

画像1
家族つながりカードをホームページ上に貼り付けておきましたが、ご利用いただけましたでしょうか。皆さんからのご意見をご紹介します。
○お風呂に入るときには必ず学校の出来事を話してくれます。珠算で進級したこと、友達と毎日遊べるうれしさ、誰かがけんかして先生にしかられたこと、子供が会話の中心です。
○普段から話はよくしていました。〜しながらなので、曖昧に返事をしていたことも多く、考えさせられました。
○学校でどんなことがあったのか普段から聞くようにしています。あまり親子で話さない家庭には「家庭つながりカード」があれば親子の会話が増えるのではないでしょうか?予習は続けてほしいです。

家庭つながりカード

<swa:ContentLink type="doc" item="45964">家族つながりカード</swa:ContentLink>
「一日に15分、テレビを消して家族で話そう」と始めた家庭つながりカード。たくさんのご意見をいただきました。いくつか紹介します。

・テレビを消して15分話をすることはめったにないので、家族の知らないことを知ることができました。
・改まって話そうとすると会話に詰まってしまいました。
・「今日は何について話そうか・・・」から始まる毎日でした。いつもより、中身が深い話ができました。
・一日たったの15分。でも、その時間をつくること、ゆっくり話すこともできないなんて・・・考えさせられました。
・テレビを消してみたら、話の内容に答えられるようになりました。聞いているつもり、話しているつもりの会話ではなく、しっかり「対話している」と実感しました。
・今まで何かをしながらの話だったと改めて気づきました。
・向き合って話を聞くと、子供の顔に安心感が見られました。

そのほかいろいろな意見をいただきました。意見を伺って、こんなことが言えるのではないかと思います。

1 家族であっても、意外と深く話し合う経験は少ない。テレビを消すと、深い話し合いができ、つながりが深まる
2 家族でも、普段話さない人の話を聞くと新しい発見がある。
3 家族での対話(対話は会話よりも深いものだと思います)は子供に安心感を生む。

家族って空気のようなものですが、意外と知っているようで知らないことがたくさんあるように思います。学力問題が出発で実験的に始めた試みですが、お互いに話し合うことの大切さは、子供の学力を伸ばすだけでなく、私たち大人を含め、人生を楽しく、豊かなものにするように思います。
「一日15分テレビを消して、家族で話そう」毎日でなくても結構です。一週間に一回でもよいでしょう。今後も続けていきたいですね。家族で決まりを作って実施してみてください。カードを添付しておきます。プリントして使ってください。そして、もしよろしければ、様子をお聞かせください。
画像1

読み聞かせのボランティアさん

画像1
画像2
今月も読み聞かせのボランティアさんが来てくれました。どうですか?この真剣な眼差し

1年生の作品

画像1
画像2
びっくりしたのは、詩というか、随筆というか、日記というか・・・自分の心の中の気持ちを見つめ直し、こんなに感じていることを素直に書けるんです。

1年生の作品

画像1
画像2
一年生の版画です。カラーでとっても綺麗でしょ?

ディズニー魔法の教室

画像1
画像2
画像3
最後に修了証書をいただきました。新聞にものりました。

ディズニー魔法の教室

画像1
画像2
画像3
今日はディズニーランドのキャストの方がみえて、相手の気持ちを思いやることをみんなに教えてくれました。ディズニーのキャストさんはいつもお客様が何を求めていらっしゃるのかを考えて行動しています。子供たちも、相手を思いやりながらスプーンリレーをしたりしました。
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
焼津市立大井川東小学校
〒421-0205
静岡県焼津市宗高428
TEL:054-622-0010
FAX:054-622-7910