最新更新日:2019/04/25
本日:count up92
昨日:439
総数:566147
10連休では、しっかり体を休め、気分をリフレッシュしましょう。そして5月をさわやかに迎えましょう。

土日祝日限定 雑学・豆知識シリーズ 31

画像1 画像1
【まるで売れなかったガム】

 チューインガムが登場したのは、1880年。アメリカ人のアダムという人が商品化した。日本に輸入されたのは、大正4年のこと。そのとき、製造元のアメリ力の企業が大々的な新聞広告をだしているが、キャッチコピーはナント”世界的タバコ代用品”。つまり、禁煙や節煙を行おうとする愛煙家に、タバコの代用品として売ろうとしたが、当時は禁煙や節煙志願者もまだ少なく、売れ行きはサッパリだったそうだ。



土日祝日限定 雑学・豆知識シリーズ 30

画像1 画像1
【マリンバイオ】

 「海は足の下の宇宙だ」といわれる。宇宙の方では、まだ生物の存住が碓認されていないのに対し、海は生物資源の宝庫だ。バイオテクノロジーを海洋に応用して、豊富な資源を有効活用しようというのが、「マリンバイオ」。深海のように高水圧の条件下に育成する生物は、陸上生物にない可能性を秘めているかもしれない。宇宙開発とは違った期待が、海にはあるのでは…。

土日祝日限定 雑学・豆知識シリーズ29

画像1 画像1
【トトカルチョ】

 イタリアでは、第二次世界大戦終結直後の1946年、戦後復興とローマ五輪の財源確保を目的にサツカ−くじが導入された。そのときに名づけられた名称が、現在まで残る「トトカルチョ」である。イタリア語で、「トト」はボールまたは賭け事、「力ルチョ」は足を意味する。


土日祝日限定 雑学・豆知識シリーズ28

画像1 画像1
【ファーストフード】

 ファーストフードというと、アメリ力が本場と思いがちだが、ホットドッグやハンバーガーよりも100年近くも早く、江戸の町にはファーストフードがあった。江戸前寿司がそれ。当時、マグロは下等の魚とされていたが、天保年間には大漁が続いた。しようゆに漬け込んだ赤身を飯の上にのせて食べさせるという屋台が、たちまち大人気になったという。寿司屋の符丁でマグロのことをヅケというのは、ここからきている。ちなみに当時、マグロは赤身だけを食べ、トロの部分は捨てていた。明治、大正時代もほとんど見向きもされず、高級ネタとなってからは、まだ日が浅いのだ。


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
学校行事
4/25 PTA総会
授業参観
4/26 身体測定35年
内科24年
江南市立古知野東小学校
〒483-8044
江南市宮後町船渡58
TEL:0587-56-2272
FAX:0587-56-2208