最新更新日:2018/07/21
本日:count up159
昨日:459
総数:509657
このHPで、元気な古西っ子の様子をお伝えしています。ぜひ、毎日ご覧ください。

7月20日(金)の給食

画像1 画像1
【献立】
・ごはん
・ぶたにくのばいにくいため
・うなぎときゅうりのあえもの
・ぎゅうにゅう
・たまふのすましじる
・ シューアイス
 今日は、土用の丑にちなんだ給食です。うなぎや「う」のつく食べ物を食べると体に良いと言われているので、うなぎ、うめ、うり(きゅうり)を取り入れました。


7月19日(木)の給食

画像1 画像1
【献立】
・ごはん
・あいちのすずきいりはんぺん
・こうなんこまつなのおひたし
・ぎゅうにゅう
・はっちょうみそしる
 今日は食育の日の献立です。愛知県産のすずきの身をすりつぶしたはんぺんや茎わかめ、地元江南市で採れた小松菜を使用しました。地元の味を楽しみましょう。


7月18日(水)の給食

画像1 画像1
【献立】
・ひやしうどん
・サラダうどん(めんつゆ)
・にくだんご
・ぎゅうにゅう
・ゴーヤチップス
 暑い時期はのどごしのよい冷たいうどんが食べやすいです。野菜などの具を加えると栄養価が高くなるので、サラダうどんは夏におすすめな料理です。


7月17日(火)の給食

画像1 画像1
【献立】
・ごはん
・たちうおのたつたあげ
・すいぐんなべ
・ぎゅうにゅう
・ひろしまなのあえもの
 今日は広島県の郷土料理です。広島菜は、広島名産のつけ菜で、塩漬けにした広島菜漬けが有名です。茎が平らで幅広いことから「平茎菜(ひらぐきな)」とも呼ばれます。


7月13日(金)の給食

画像1 画像1
【献立】
・ごはん
・とびうおのフライ
・いとかんてんのあえもの
・ぎゅうにゅう
・モロヘイヤのみそしる
・あられ
 モロヘイヤはアラビア語で王様の野菜という意味があります。古代エジプトの王様が病気になった時に、モロヘイヤのスープを飲むと回復したことが由来となっています。

7月12日(木)の給食

画像1 画像1
【献立】
・ツイストロールパン
・ハンバーグのデミグラスソースがけ
・キャベツといんげんのソテー
・ぎゅうにゅう
・ミネストローネ
 ミネストローネはイタリアの代表的なスープです。イタリア語で具だくさんの野菜スープという意味があり、新鮮な野菜をたっぷり入れ、トマトベースで味付けをしています。



7月11日の給食

画像1 画像1
【献立】
・ごはん
・さばのぎんがみやき
・とうがんのくずひき
・ぎゅうにゅう
・かおりたくあんあえ
 さばは日本で古くから食べられている代表的な青魚です。青魚はDHAやEPAという脂肪を多く含み、血液をサラサラにしたり、脳の働きを活発にしてくれたりします。



7月10日(火)の給食

画像1 画像1
【献立】
・ごはん
・とりにくのからあげ
・じゅうろくささげいため
・ぎゅうにゅう
・にらのたまごスープ
 十六ささげは愛知県の伝統野菜のひとつで、昔から作られているこの地方特有の野菜です。ひとつのさやに豆が16個入っていることから、この名前が付けられました。

7月9日(月)の給食

画像1 画像1
【献立】
・ごはん
・なつやさいカレー
・ひじきサラダ(にゅうたまごなしマヨネーズ)
・ぎゅうにゅう
・れいとうみかん
 夏野菜は水分やカリウムを豊富に含んでいるものが多く体にこもった熱をクールダウンしてくれます。今日はかぼちゃ、なす、ピーマン、トマトをカレーの中に入れました。


7月6日(金)の給食

画像1 画像1
【献立】
・えだまめごはん
・ほしがたコロッケ
・オクラのツナあえ
・ぎゅうにゅう
・たなばたじる
・すいか
 今日は七夕の献立です。七夕汁は、そうめんで天の川を、コーンで星を表現しました。また、切り口が星型に見えるオクラを使った和え物と星型コロッケを出しました。


7月5日(木)の給食

画像1 画像1
【献立】
・ごはん
・あじのてりやき
・ゴーヤのにくきんぴら
・ぎゅうにゅう
・はもだんごじる
 ゴーヤの肉きんぴらは、布袋中学校の応募献立ですゴーヤの苦みをしょうゆと砂糖の甘辛い味で、食べやすくする工夫をしてくれました。


7月4日(水)の給食

画像1 画像1
【献立】
・ごはん
・しゅうまい
・マーボーどうふ
・ぎゅうにゅう
・はるさめサラダ
 春雨は、中国で作られ鎌倉時代に日本に伝わりました。漢字で春の雨と書き、春に降る細い雨に由来しています。ツルッとした食感で、暑い時期でも食べやすいです。


7月3日(火)の給食

画像1 画像1
【献立】
・ごはん
・いわしのうめに
・にくじゃが
・ぎゅうにゅう
・きゅうりのしおこんぶあえ
 肉じゃがは、明治時代に海軍でビーフシチューをイメージして作られました。当時シチューの調味料がなく、しょうゆと砂糖で味付けて誕生した料理です。


7月2日(月)の給食

画像1 画像1
【献立】
・ごはん
・たこめしのぐ
・えだまめコロッケ
・ぎゅうにゅう
・あわせみそしる
 今日は、夏至から数えて11日目の半夏生(はんげしょう)です。農作物が吸盤のようにしっかりと根付くようにたこを食べる習慣があるので、給食に取り入れました。


6月29日(金)

画像1 画像1
【献立】
・ごはん
・おにぎり(うめぼし のり)
・さけのしおやき
・ぎゅうにゅう
・そくせきづけ
・とうがんじる
 さけの身は、サーモンピンクと呼ばれ、きれいな色をしています。この色はさけが食べている甲殻類の色です。そのため、小さい頃の身はピンク色ではないのです。


6月28日(木)の給食

画像1 画像1
【献立】
・ごはん
・チキンなんばん(にゅうたまごなしタルタルソース)
・きゅうりのツナあえ
・ぎゅうにゅう
・かねんしゅい
 今日は、宮崎県の郷土料理です。きゅうりは、宮崎県で多く作られている野菜です。表面のいぼはブルームといい、とがっているものほど新鮮です。

6月27日(水)の給食

画像1 画像1
【献立】
・ナン
・ぎゅうにゅう
・キーマカレー
・トマトメンチカツ
・カラフルコンビネーションサラダ
・あじさいゼリー,レモンムース(セレクトメニュー)
 トマトは、夏が旬の野菜です。ヨーロッパでは毒があると思われており、食べられていない時代が長くありました。イタリアで食べものが不足したのがきっかけで、食べるようになったようです。トマトには、ビタミンAやCをはじめとした栄養が豊富に含まれています。ヨーロッパに「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるほど、健康に良い食べものとされてきました。うま味成分であるグルタミン酸も多く、調味料としても優秀です。


6月26日(火)の給食

画像1 画像1
【献立】
・ごはん
・ぎんひらすのてりやき
・オクラのねばねばサラダ
・ぎゅうにゅう
・とうふのしろみそしる
 銀ひらすは、シルバーとも呼ばれます。オーストラリアやニュージーランドなどでとれる白身の魚です。くせがなく、どんな味付けでもおいしく食べられます。


6月25日(月)の給食

画像1 画像1
【献立】
・ごはん
・ぶたにくのキムチいため
・さんさいナムル
・ぎゅうにゅう
・わかめスープ
 キムチは、そのままの名前で世界中に浸透しています。はじめはあっさりとした味付けだったようですが、唐辛子が伝わり、今のような辛い味になりました。


6月22日(金)の給食

画像1 画像1
【献立】
・あいちのだいこんばごはん
・あゆのしおやき
・かりもりのあえもの
・ぎゅうにゅう
・こうなんやさいのすましじる
 かりもりは、メロンの仲間で白うりの一種です。あいちの伝統野菜にも認定されています。緑色の皮は固いですが、果肉は歯触りがよいです。

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
江南市立古知野西小学校
〒483-8423
江南市東野町郷前西88
TEL:0587-56-2273
FAX:0587-56-2304