最新更新日:2017/11/23
本日:count up1
昨日:220
総数:521788
交通安全に対する声かけをよろしくお願いします。

かっこよく きめたい

 1年間を通していろいろある行事の中で、ダンスコンテストほど生き生きとした子供たちの創意が感じ取れるイベントはありません。テレビなどの影響があり、ダンス好きの子が多くなったのかもしれませんが、それ以上に、子供たちが本来持っている踊りたいという意欲と、みんなに見てもらいたいという熱意があふれているコンテストです。
 本年度の出場チームは18チーム、約220名。3日間に渡るステージの運営は、運動会で活躍したダンスカラーガードクラブが担当しています。友達数人でチームを作ったグループや、学級のみんなで話し合って出場を決めたクラスと、参加の仕方は様々です。振り付けはみんなで相談したり、お母さんにアドバイスをもらったり。とにかく、リズムに乗ってかっこよく、です。わずか2分の短いステージですが、保護者の皆さんにも応援にきていただいて、普段見せない輝きを放っていました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

しんいちねんせいのみんな! まってるよー

 来年度に入学する予定の子供たちが、小学校生活の様子を少しだけ体験する機会がありました。就学時1日体験入学です。
 この日は、校区から近隣の保育園や幼稚園に通っている元気な134名の子が集まりました。グループに分かれて、今、在校している1年生のお兄さんやお姉さんとゲームをしたり、お話を聞いたりしました。1年生の中には、こんなことができるようになったよと、自慢のパフォーマンスを見せる子もいました。
  「こまったことがあったら、わたしたちにそうだんしてね。」
 「がっこうは、たのしいよ。」
 「みんなですると、たのしくなるよ。」
 1年生のみんなが、歌や折り紙、輪飾りのプレゼントで伝えようとした歓迎の気持ちは、今度の新入生に伝わったかな。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

このオニは追い出したらみんなが困る!

画像1 画像1
画像2 画像2
 節分の日の給食には、「福豆」が付いてきました。子供たちは「年の数だけ食べる」という習わしをよく知っています。給食時間の終わりには、全部食べきってしまう子がほとんどですが、交わす会話はいろいろです。「年の半分しか食べない」というのは、「夜、家でも食べなくちゃいけない。余分に食べたら、年寄りになるのでだめ」というもの。「豆が家にないかもしれないので、みんなで分けるために持ち帰りたい」という子も。
 とつぜん、そんな話で盛り上がっている教室に、オニが現れました。担任の先生が「『おにはー外』って、さあ、みんなで言おう。やっつけよう。」と子供たちに呼びかけると、ひとりの子が「だめーっ!」と。みんなが「どうして?」という顔をすると、その子は「だって、校長先生がいなくなったら、困るもん」と。はい、その通り。正体がバレバレのオニでしたが、すぐに福の神に変身してくれたオニでもありました。
 それにしても、なんの予告もなく出没するいたずら好きなオニはどこにでもいるものではありません。

「みなみかぜ」の読み聞かせは楽しみです。

 もっと子供たちに本に親しんでもらおうと、南小学校では「読書週間」を設けて取り組みを進めてきました。図書委員会が図書クイズラリーや読書マラソンなど盛りだくさんの内容を計画してくれました。
 そんな中でも心強いのが、本が大好きなお母さんたちの読み聞かせサークル「みなみかぜ」の活動です。普段から低学年のみんなに大好評の読み聞かせが、この読書週間の期間は、なんと「教室へ出前の読み聞かせ」です。時間は短くとも、季節にちなんだお話や紙芝居を選んで読んでもらい、子供たちは満足げでした。
画像1 画像1
画像2 画像2

力を出し切ったステージでした。

 1月最後の土曜日、江南市民文化会館で 江南市小中学校器楽クラブ交流会が開かれました。市内12の小中学校が日頃の練習の成果を発表し、交流し合う機会です。今年は30回という、節目の年。本校のクラブ員60名は、大河ドラマの「篤姫」のテーマ曲を、熱い気持ちで演奏しました。
画像1 画像1

楽しんでもらえたかな フェスティバル

画像1 画像1
 23日の1、2時間目に「古南フェスティバル」が開かれました。3年生以上の各クラスが工夫して出し物やコーナーを準備し、前半と後半に分かれて運営したり、他のコーナーで体験したりしました。1、2年生の児童は、上級生が用意してくれたアトラクションに大喜びで、出し物を2時間たっぷり楽しんで回りました。
どこの教室も、学年毎にアイデアのあふれた設営です。3年生は、地域の学習を生かし江南市にまつわるクイズやチャレンジゲーム。6年生の、11月の学芸会の余韻を感じさせるダンスや舞台パフォーマンスには、見に来たみんなも拍手喝采でした。
 天候にも恵まれ、たくさんの保護者の方にもおいでいただきました。学校中のみんなが「やって良かった」「ほかにも行きたかった」という思いで終わることができました。
写真は、江南市の特産物を売ってにぎわう3年生の100円ショップ。

フェスティバル−2

上から順に
3年生「しゃてき」輪ゴム銃で、教室の壁をねらいます。
4年生「トラップハウス」どろどろしてるのに、手を入れると…。
6年生「世にも恐ろしい夕鶴の館」タイトルとは裏腹のリズムに乗った楽しいステージ。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

フェスティバル−3

上から順に
ひまわり学級「パズルランド」おねえさんの親切なアドバイスで手作りのジグソーパズルに挑戦。
5年生「ハブリンピック」風船をまっすぐ投げられれば、丸い輪にすっぽり入り高得点です。
6年生「ダンシングワールド」世界のダンスを、華麗にしかも愉快に踊りました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

みんなで たくさん とべたね

画像1 画像1
 12月の中旬、各学年ごとに分かれて、大なわとび大会が行われ、体育館の中には歓声が響きました。この大会に向けてクラスごとに練習を重ねてきたのです。中でも4年1組は、チームワークの良さで好成績を出しました。
 新しい年が始まろうとしています。力を合わせて、みんなで大きなジャンプのできる学校にしていきたいですね。

すぐです、学芸会の「本番」。

画像1 画像1
画像2 画像2
暖かな小春日和の1日でした。でも南小学校の体育館の中は、それ以上にみんなの熱気にあふれた1日となりました。学芸会が開かれたからです。
今日は、子どもたちが互いに今日までの成果を見合う会です。いつもと違って、どの子も朝のあいさつからどことなく気合いが感じられました。全校児童900人の前で演じる機会はめったにありません。舞台に立つことだって、子どもたちにとっては勇気がいるのです。
 保護者の方やお家の人に見ていただくのは、2日後の15日です。よく知られたお話から、オリジナルの作品まで演目も多彩です。観ていただくみなさんに、楽しさや感動を与えられたらと、もう一度ある「本番」に向けて、子どもたちは大張り切りです。

雨にも負けない友情の炎

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
9月30日(火)と10月1日(水)の2日間にわたって行われた野外学習が無事終了しました。天候が不安定なため日程が心配されましたが、大きな事故もなく予定通りの活動を行うことができました。学校生活では初めての宿泊を伴う行事ということで、子どもたちは多少の不安をもって臨んだようです。しかし、グループで助け合い、ともに体験活動を続ける中で、自信を深めていったように思われます。野外学習で学んだチームワークとチャレンジ精神で、今後の活動にも意欲的に取り組んでいってほしいと思います。

やさいニコニコまつり

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
一年生を招待して、「やさいニコニコまつり」をしました。
大きな声で歌を歌ったり、群読をしたりしました。
クラスごとに作成した御神輿もかつぎました。
一生懸命考え、みんなで協力して用意した「ゲーム屋さん」も大盛況でした。
このお祭りを通して、やりとげることの喜びや助け合うことの大切さを学びました。
それぞれに成長した二年生の子供たちです。

「なるほ堂」の「なるほ道具」があったなら…

画像1 画像1
 いつもの体育館が、わくわくする劇の舞台に変わりました。「劇団風の子九州」のみなさんが、南小学校の体育館で『なるほ堂ものがたり』という劇を演じてくれたのです。学校では、午前中に低学年の児童が、午後からは高学年の児童が観劇しました。40名近くの保護者のみなさんも、子供たちといっしょに舞台を楽しみました。

「なるほ堂」の「なるほ道具」があったなら…

劇の中に出てきた不思議な店「なるほ堂」で売っている「なるほ道具」のひとつ、「チェンジ玉」。これは、体の外見がそのままで相手と心だけ入れ替わることができるという道具。話は、少年二人がこの道具を手に入れたことから、急展開。「親友ってなんだろう」と子供たちが考えたくなる内容に進んでいきました。
 舞台で演じる団員の方の生き生きした表情や工夫された場面を見た後は、子供たちにとって11月に予定されている学芸会の参考にもなり、これからの練習にも熱が入りそうです。
画像1 画像1 画像2 画像2

お年寄りに昔の遊びを教わりました

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 10月2日に、1年生の児童は「むかしのあそびの会」を開きました。地域のお年寄りをお招きして、昔の遊びをいろいろ教えていただこうという会です。
 当日は13人のおじいさん・おばあさんに来ていただき、子供たちはお手玉やめんこ、折り紙などに挑戦しました。コマ回しでは、「おじいちゃんから教えてもらって、ちょっとしたコツがわかった」と、得意そうに遊んでいる子もいました。
 お年寄りのみなさんにも「まるで大勢の孫とわいわいとおしゃべりができたようで、楽しい時間が過ごせました」と、喜んでいただきました。ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。

みどりの芝の上は、気持ちがいいね

10月7日、校外学習で岐阜の畜産センターへ行きました。
画像1 画像1

ポーチュラカのように強く(栽培委員会)

 栽培委員会で学校の花壇に植えたポーチュラカやサルビアなどが、きれいに花咲きました。最初は、十数本だったポーチュラカは、今や花壇を埋め尽くす勢いです。ポーチュラカのように、これからも強くたくましく生きていきたいと思います。後期の委員会活動もがんばりたいと思います。(栽培委員会5、6年生)
画像1 画像1
画像2 画像2

プールは楽しかったよ

画像1 画像1
 まだまだ猛暑が続くようですが、今年の水泳は今日で終わりました。
 今年、初めて学校のプールで水泳の時間を楽しんだ1年生の子供たち。水泳の時間に、水に浮かんだり、足をバタバタさせて体が進んだりする楽しさを体感できました。なかには「10メートルも泳げた!」(?)と自信たっぷりの子もいます。
 この子たちならきっと、夏の間にいろんなことに挑戦し、一回り大きく成長して9月の始業式を迎えられることでしょう。

町探検

☆町探検☆
2年生は8つの班に分かれて校区にある商店・神社・駅等の探検をしました。
見学を快く引き受けていただいたお店や駅や神社の皆様たいへんお世話になりました。ありがとうございました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

What's your nama?

画像1 画像1
1年生もALTが始まりました。先生の名前は、ディビッド先生です。最初の授業は、趣味のカードマジックで始まりました。1年生のクラスでは、英語に親しむ時間は年間4時間です。授業は、ゲームを楽しみながら、簡単な会話のやりとりをするというものですが、とまどい気味の児童もいます。でも、ディビッド先生は言います、「まちがえてもいいから、大きな声で!」と。だから、「What's your nama?」の返答に「マヨネーズ、太郎(My name is TARO.)」なんていうのが出てきても、「Good!」、そしてその後に「もう一度よく聞いてみて」と指示が出ます。子供達の話したい、しゃべりたいという気持ちを、熱心に引き出してくださるディビッド先生です。

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
江南市立古知野南小学校
〒483-8215
江南市古知野町大塔72
TEL:0587-56-2861
FAX:0587-56-2873