2学期の合い言葉は「全力児童」「高めよう・高めあおう」です。授業や、様々な行事を通して、全力で高めあう古北っ子の様子を、ぜひ、ご覧ください!

2017「運動会」についてアンケート結果 9

画像1 画像1
引き続き、アンケート結果についてお知らせいたします。
 
今回は、「その他」についてです。
改善できそうな部分は、どのような形がよいか、研究していきたいと思いますが、中には、ご意見に寄り添えないものや、保護者の方の意識の変容に頼るところもあります。ご理解いただくのと同時に、ご協力をいただければ、と思います。よろしくお願いいたします。

◆下校時は通学班下校と聞いていたが、同じ通学班の殆どの人が家族の方と一緒に帰宅していた。通学班下校か、親子下校か、どちらかに決めてほしい。
◆運動会後の帰宅時、通学班毎で帰りますが、親御さんが迎えに来る子とそうでない子の把握が難しく年によっては低学年の子が一人で帰らないといけない状況が見受けられました。スクールガードなどのボランティアがいない中でその様な状況で帰宅するのは危ないかなと思いました。
 ご指摘、ありがとうございました。もちろん「通学班下校」です。「疲れているから…」という親心は、分からなくはないですが、みんながみんな、迎えがないことや、そうして一人で帰らなければならない子がいることを考えていただき、子ども同士で帰宅させていただきたいと思います。

◆テントがあっても日陰に入れない子達がいた。特に白組の2年生の1番後ろの人達は午後からずっと日が当たっていた。学年の先生もいなかったので場所的にも年齢的にも1.2年で1人は先生が居た方がいいのでは?
◆白組の控えの席について。太陽の位置が変わるので仕方ないと思うが、毎年白組は一番前の席の子供たちは日焼けする。
途中午後の部の前、椅子を全体的に下げる姿もみえたが、遅すぎると思う。お昼休憩のときには、すでに足はかなり日焼けしていてお風呂の際もヒリヒリして痛いと言っていたので、来年はもう少し配慮してほしい。
◆毎年、練習時から暑いので。体調不良が心配です。春に行うのも…。
◆今年の運動会はとても良いお天気で9月とは思えないほど暑い一日でした。
 ご指摘ありがとうございました。特に3クラスある学年の一部は、全員が収まることが難しく、一部のお子様にはつらい思いをさせたかと思います。可能な範囲で対応できるよう、研究したいと思います。
 なお、現段階で「春」の運動会の開催は考えていません。逆に言えば、「春開催」の学校の先生が「今年は暑かった」と言っていましたし、何よりも練習期間が多くとれない中での実施は、「質」をどこまで求めるかという課題もあります。現在、市内で「春開催」をしているところは、秋開催の地域の「コミュニティ運動会」の規模が比較的大きな学校で、なおかつ、コミュニティ運動会が学校の運動会と日程的に近い学校が、春に変更している事情があります。ご理解いただけると幸いです。

◆得点が少ないと感じます。
◆個人種目で一人一人の頑張りが形になるように点数を入れてあげたらいいのに、と思いました。
 ご指摘ありがとうございました。低学年を始め、多くの人に分かりやすい点数の配点となっています。低学年でも、「どうしたら同点になるか」「逆転になるのか」が分かると、楽しさも増すことでしょう。個人種目で頑張り、それが得点に反映されるのは、多くは中学校から実施されていると思います。小学生には、みんなで力をあわせることが結果的に勝利につながることを味わってほしいて思います。
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
学校行事
10/24 委員会
10/26 歯科指導1年
あおぞらタイム
江南市立古知野北小学校
〒483-8025
江南市和田町宮145
TEL:0587-56-2274
FAX:0587-56-2924