最新更新日:2018/08/19
本日:count up65
昨日:173
総数:1174189
30年度がスタートしました。「みんなが夢中になれる学校」を方針に,「ABCを大切に」して,地域・保護者・学校が一体となって古北っ子が「きらめく」ようにしていきましょう。

お盆

画像1 画像1
お盆とは、夏に行われる日本の祖先の霊を祀る一連の行事です。かつては太陰暦の7月15日を中心とした期間に行われました。現在では太陽暦の8月15日を中心とした期間に行われることが多くなっています。

お盆の由来とお盆の行事
日本のお盆は、仏教の盂蘭盆会に神道の祖先崇拝や豊作に感謝するなどの農耕儀礼など古くからの様々な風習が合わさって形作られたと考えられています。

また「お盆休み」という慣習は、遠い昔、奉公人が主人から休暇をもらって田舎に里帰りする「藪入り」が起源であるという説や、仏教において地獄の看守も休みを取る「閻魔の賽日(えんまのさいじつ)」がお盆の時期だったことが影響しているという説があります。

お盆の風習は地域によって特徴がありますが、全国的な恒例イベントとなっています。長崎の精霊流しや京都の五山の送り火が有名な例でしょう。盆踊りも、はるか昔にお盆期間に踊って念仏を唱えていた仏教の行事が由来だといわれています。


今年のお盆は自分の地域のお盆の風習について改めて考えてみてはいかがでしょうか。

金管練習がありました

画像1 画像1
金管クラブの子どもたちが、
夏休みを利用して、曲の練習をしました。
この日は、北部中学校の吹奏楽部のみなさんに、
基礎基本も、教えてもらえました。

次の練習も頑張りましょう!

北部中の吹奏楽部が練習に来ています

画像1 画像1
北部中学校のトイレの改修工事のため,中学校の校舎が使えなくなっています。そこで古北小の音楽室や教室を使って練習をしていただいています。
今年の夏は,特別暑いので大変だと思いますが,大会に向けて頑張ってください。


広島派遣事業「結団式」

画像1 画像1
広島派遣事業の「結団式」が市役所で行われました。
本校からは,児童1名と,引率の須賀先生と校長先生の代理として馬場先生が参加しました。

先生も勉強してます!

画像1 画像1
今日は、名古屋駅前で行われている「学級力向上研究会」に参加しています。古北小からは4人参加しました。

海の日

画像1 画像1
画像2 画像2
7月の第三月曜日(今年は6月16日)は「海の日」です。

■ 海の日の由来
【国民の祝日に関する法律】条文 
「海の日・七月の第三月曜日・海の恩恵に感謝するとともに、海洋国家日本の繁栄を願う。」

明治九年(1876)、明治天皇は、五十日をかけて東北地方を巡幸されましたが、この時、はじめて船に乗船されました。七月二十日は、青森から函館を経由して横浜に到着された日です。

この日は、長く「海の記念日」と呼ばれてきましたが、平成七年の法改正で翌年より「海の日」として祝日になりました。

戦前は祝日と祭日の両方がありましたが、戦後の祝日法(国民の祝日に関する法律 昭和23年7月20日公布・施行)では祝日のみとなりました。

制定当初は七月二十日でしたが、平成十三年の祝日法の改正(いわゆるハッピーマンデー法の第二弾)によって平成十五年からは七月の第三月曜日とされました。

職員の研修会

画像1 画像1
画像2 画像2
愛知教育大学から磯部征尊先生をお迎えして,「学級力」の研修会を行いました。ワークショップ形式で,真剣に考える場面や和やかに話し合う場面などがあり,充実した時間を過ごすことができました。

「1年生の防犯教室」が中日新聞に掲載されました

画像1 画像1
6月7日(木)中日新聞の尾張版18に「大声出して逃げて」1年生が防犯教室(江南・古知野北小)として,掲載されました。

■「いかのおすし」を覚えました
いか*知らない人に付いて「行か」ない
 の*知らない人の車に「乗」らない
 お*「大」声を出す
 す*「す」ぐ逃げる
 し*「知」らせる

今日のクラブ (6/5)

画像1 画像1
今年度,3日目のクラブ活動です。
梅雨が始まる前の貴重な運動場でのクラブ活動でした。思いっきり汗を流して,楽しむことができました。
みんな,楽しそうに活動していました。

新しい校務員さん

画像1 画像1
今日から,新しい校務員さんがいらっしゃいました。いろいろお世話になります。よろしくお願いします。

5・6年生 思いをつなぐ

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
今日の朝、5年生のみなさんが修学旅行に行く6年生に向けて、メッセージを記入した「てるてる坊主」を届けました。「修学旅行を楽しんできてください」「学校のことは、ぼくたちにまかせてください」という心強い言葉と共に、かわいらしいてるてる坊主をいただいた6年生は、嬉しそうな様子でした。

6年生はお礼の気持ちを学級委員が代表して5年生に伝えました。また、下校時には、班旗を5年生、4年生に心をこめて託しました。

学校を引っ張っていく高学年どうし、思いをつなぎ合う立派な姿でした。


アフリカへ毛布を送る運動

画像1 画像1
画像2 画像2
本日,アフリカへ毛布を送る運動にご協力いただいた毛布を,市の代表の方にお渡ししました。
古北小では,4枚の毛布が届けられました。ご協力ありがとうございました。

アフリカへ毛布を送る運動HP


今日のクラブ (5/15)

画像1 画像1
画像2 画像2
今年度,2日目のクラブ活動です。
本格的に,活動が始まりました。
金管クラブは講師の先生にマウスピースで音の出し方を教わりました。
みんな,楽しそうに活動していました。

学級力向上研究会に参加しました

画像1 画像1 画像2 画像2
名古屋で行われた[学級力向上研究会]に古北小から3人参加しました。よい授業のためには、よい学級が必要です。よい学級にするためには学級力を高めることが必要です。
学級力を向上させるための研究をしてきました。

明日は,5月5日「こどもの日」!

画像1 画像1
 
明日,5月5日は「こどもの日」。

「こどもの日」の由来や鯉のぼりなどを飾る意味は知っていますか?
「こどもの日」というイベントを更に楽しむための,基本の知識をご紹介します。
 
■ 「こどもの日」と「端午の節句」

毎年5月5日は「こどもの日」。1948年に制定された「国民の祝日法」で,日本国民の子どもたちが健やかに育つことをお祝いして国民全体の祝日として定められました。

5月5日は,古来は「端午の節句」という男の子の健全な成長を願う日だったので,今でも男の子が主な対象とされやすいですが,法律で定められた「子どもの日」とは本当は男女どちらの子どもも対象となる日とされています。

■ 「こどもの日」は何をして過ごすの?

○ 鯉のぼりを飾る
5月の青空を泳ぐ鯉のぼり,近頃はあまり見なくなりました。

鯉のぼりは「流れの激しい滝を登れた魚は鯉だけで,その鯉は龍になった」という中国の故事が由来となっており,男の子の立身出世を願う意味合いがあります。

また,鯉は生命力の強い魚なので,どのような環境でもその子が健康でたくましく育つことを祈願する意味もあります。

○ 菖蒲湯に入る
邪気を祓うと言われている菖蒲は,古来の中国で厄除けに使われてきました。もともと中国で菖蒲が入ったお酒を飲んだりしていたことも「端午の節句」の元になっているのは先述の通りです。

そのため,現代の「こどもの日」ではその風習を引き継いで,お風呂のなかに菖蒲を入れて入浴することで厄を払い除けて健康に成長することを祈願します。

■ 「こどもの日」の食べ物は?

「こどもの日」に欠かせない料理は,かしわ餅とちまき。それぞれどんな意味があるのでしょうか?

○ かしわ餅
かしわ餅を食べる風習は,中国から伝わったものではなく日本独自のもの。

柏の葉は,他の新しい葉が生えてくるまで古い葉が落ちないことから,家系が絶えない子孫繁栄を連想させます。

そのため,かしわ餅を食べて,その子が家を守っていくことを祈願されているのです。

○ ちまき
ちまきを食べる由来は諸説あります。

その中でも,古来の中国の偉人である屈原(くつげん)という人物が,地位を失ったことが原因で5月5日に川に身を投げ,民衆が楝樹(せんだん)の葉で餅を包んだものを五色の糸で縛って供えていたということが,今のちまきにつながっているという説が有力と言われています。

男の子のための行事というイメージが強い5月5日ですが,本当は男女関係なく子どもの成長を祈願する日。縁起のいい食べ物や飾り付けで,みんな揃ってお祝いしましょう!


小学生も五月病?

画像1 画像1
新学期も始まり一通り慣れたと思ったらゴールデンウィーク。
それまでは緊張しながらも学校の生活に慣れ,勉強や友達との関係にも大丈夫かなと思った矢先に「学校に行きたくない」と言い出すかもしれません。
これってもしかしたら・・・「五月病?」って思ってしまうかもしれません。

五月病になるとどんな症状が出るのか?もしそうならどのように対処したら良いのかについて紹介します。

■五月病とは
入学や就職など環境が変わる4月に最初は緊張しながらも新生活に頑張っていますよね。
緊張の中過ごす1ヶ月の後にゴールデンウィークでリフレッシュすると思いきや,5月の連休明けに肉体的・精神的に億劫になり,学校や職場に行きたくなくなる症状を五月病と言います。

主に五月病になりやすいのは入学を迎えた新一年生や社会人一年目の新人に多く見られますが,最近では誰にでも起こり得る症状と言っても良いかもしれません。
五月病は連休明けの5月によく起こる症状からそう呼ばれていますが,正式には「うつ病」や「適応障害」と呼ばれています。

病院などで,うつ病や適応障害と診断されると重く受け止めてしまいそうですが,気持ちの落ち込み期間が浅いため,症状も軽く改善の余地は充分にあるので前向きに捉えていくことが大切です。

■五月病の主な症状
五月病の症状について,精神的な症状と身体的な症状とで分けて見てみましょう。

*五月病の精神的な症状
・不安を感じている
・気持ちが落ち込んでいる
・やる気が出ない
・集中力がない
・焦りを感じている
・イライラしやすい
・無気力である,ボーッとしている
・ネガティブに考える
・物忘れが激しくなる
・笑うことがなくなり,元気がない

など,精神的な症状は明らかに以前のような快活さが無くなってくるので,分かるのではないかと思います。

*五月病の身体的な症状
・疲れやすく,疲れがとれない
・なかなか寝付けない
・食欲がない
・動悸やめまいや息苦しさがある
・人と話さなくなり,一人で部屋にこもっている
・学校や職場や保育園・幼稚園に行くのを嫌がる
・親に甘えてくることが多くなる(子供が小さい場合)

身体的な症状も出てくるので,こちらも普段の様子に違和感を感じると思うので,おかしいなと思ったら,五月病だと思った方が良いと思います。

■ 小学校に通う子供が五月病の症状になった場合の治し方
小学生にもなってくると,子供も成長してくるので自分なりの思いや考えがあります。
ですが,何が原因で五月病になっているのかは分からなかったりするものです。

ですから,普段から子供との関わることが大切で,一番良い方法は食事中などにさり気なく話を聞いてみると良いです。

子供は子供なりに学校のこと,勉強のこと,友達のことなど悩んでいることがたくさんありますから,母親から聞けば,自然と話してくれるものです。
よくある話が,「うちの子は全然話さないから」と言われるお母さんがいますが,子供が話し出すのを待っていてもなかなか自分から話してくれるものではありません。
ましてや男の子なら,なおさらそうです。

子供が話してくれるのを期待しているのと同じように,子供もお母さんから聞いてくれるのを待っているかもしれませんよ。

「うるさい,話すことなんて何にもない」と言うお子さんも中にはいることと思いますが,それは普段からのコミュニケーションがとれていない証拠です。
必要以上に子供から聞き出そうとしていたり,子供が悩み事を話し出しても,しっかりと最後まで聞いてあげなかったり,親の押し付けがましいアドバイスをしていたりしているかもしれません。

特にアドバイスですが,子供よりも経験があるため,子供の悩みに対して的確なアドバイスかもしれませんが,それが嫌なことは充分にあります。これってあなた自身も経験あることだと思いますが,友達や信頼できる相手に悩み事を相談した時に,「それって,〇〇したら良いんだよ」と言われても,納得出来ないことってたくさんあったはずです。

「そうなのかもしれないけど,それって自分のやり方じゃない」「ただ話を聞いてくれるだけで充分なのに,かえっておせっかい」などなど,そのように思ったことは何度もあるのではないでしょうか。

ですから,子供の話を真剣に聞いてあげて,子供なりの回答を出させてあげるのが良いんです。例え,それが失敗するなと思ったとしても,子供の納得行くようにさせてあげて,ひとつの経験として成長させてあげれば良いんです^^

余程のことでもない限り,その失敗が今後の人生に大きく影響するってものでなければ大丈夫です(笑)
他にも,子供と一緒に遊んだり,体を動かしたり,スキンシップを取るのも大切です。
子供であっても,ひとりの人間として扱い自立に向けて見守ってあげてください。
そして,幼児と同様に甘えたい時には,しっかりとたくさん甘えさせてあげて下さいね。

では,中学生や高校生の子供には・・・となりますが,大きくなっても基本は同じ。
小さい頃のように素直さはありませんが,あるがままの姿を受け入れてください。

親から愛されている子供は自己肯定感がしっかりと養われ,どんな困難にも自分の力で乗り越えられるようになります。

■ 最後に
私達,親もひとりの人間ですから,時には感情的になってしまうこともあるでしょう。

そんな時には,親が自ら子供に謝ることです。何も完璧な親になる必要はないのです。
ありのままの自分でいることが疲れないですし,結果的には自立して大きく成長していけるものだと思います。

そして子育ては大変かもしれませんが,自分も成長させられますし,今という時間を大切にそして楽しんで見てくださいね^^

きっと,子供が自立した時に,かけがえのないものが返ってくるはずですから^^

出典:https://nihon-iroha.com/archives/1271.html

PTA総会の日の忘れ物

画像1 画像1 画像2 画像2
1年生の傘立てに,女性用の傘が置き忘れてありました。
職員室でしばらく預かっています。

今日のクラブ (4/24)

画像1 画像1
今年度,初めてのクラブ活動です。
それぞれのクラブで,クラブ長を決めたり,クラブの活動のグループを決めたり,活動の仕方の説明を聞いたりしました。

次回から,本格的にクラブ活動が始まります。楽しみですね。

スクールカウンセラーの もくだいたかし です

画像1 画像1

■児童の皆さんへ
こんにちは,スクールカウンセラーの もくだいたかし です。
スクールカウンセラーは,心理学の専門家です。「困っている」「元気が出ない」「楽しい気持ちになれない」「イヤなことばかり」・・・,そんな人たちとたくさん会って,お話をします。そして,気持ちスッキリになるためのお手伝いをします。

■申し込みは・・・
お子様の学級担任の先生,または,教頭先生までお願いします。

1学期 通学班集会 1

画像1 画像1
画像2 画像2
本校の通学班集会には,保護者のにも参加していただいております。
開催前に保護者へ「参観依頼」の案内を配布しているため、毎回、10名程度の保護者が来校してくれます。そのような学校はまだ多くないようです。登下校にまつわる課題を共有できることから、何かあったときの連携がすばやくとれます。

3月には,それぞれの地区の新1年生を在校生の誰が迎えに行くか、ということを決める場面もありましたが、通学班によっては、既に子供会でその割り振りをしていただけていたところもありました。

保護者が積極的に通学班の指導に関わっていただけ、学校としては、大変ありがたいところです。

というのも、本来、登下校は、学校職員が引率することはありません。その根拠は、登下校に関する指導は「保護者の責任」となっているためです。
2月8日に、中央教育審議会より出された「学校における働き方改革特別部会」においても、「基本的には学校以外が担うべき業務」の中に「登下校に関する対応」ということが、はっきりと記されています。

4月からコミュニティ・スクールになるところでもあり、現在、段階的に上記のような「新1年生のお迎え担当の割り振りの決定」を地区にお願いすることを検討しています。

本校の地域力は、随分高いものであると認識しています。ぜひ、そのような方向性にあるということを理解していただき、引き続き、登下校の指導や安全面の確保に、積極的に関わっていただければ幸いです。

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
学校行事
8/20 全校出校日
8/21 親子清掃
8/22 (親子清掃予備日)
8/25 子ども土曜塾

古北だより「輝け笑顔」

保健だより

お知らせ

全校

生涯学習課より

コミュニティ・スクールだより「かがやけ!こきた」

江南市立古知野北小学校
〒483-8025
江南市和田町宮145
TEL:0587-56-2274
FAX:0587-56-2924