2学期の合い言葉は,「感謝神経を磨く」です。何かをしてもらったら、ありがとうと感謝をする。何もなくても、ありがとうと感謝をする。何があっても、ありがとうと感謝をする。 「ABCを大切に」して,地域・保護者・学校が一体となって古北っ子が「きらめく」ようにしていきましょう。

学校状況視察

画像1 画像1
本日,「学校状況視察」として,江南市教育委員会の皆様にご来校いただきました。教職員の在校時間,子どもたちにとって望ましい教育環境や,子どもたちにとって魅力ある学校づくりを推進するための具体的な取組・支援,ICT機器の効果的な活用,コミュニティ・スクールに向けた地域との連携の在り方等,様々な視点について協議,助言をいただきました。

金管クラブの校内発表会

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
台風の接近のため,江南市民祭りでの演奏ができなくなってしまた金管クラブですが,金曜日の昼放課にひまわりルームで,校内演奏会をおこまいました。とってもすてきな演奏でした。

今日のクラブ (10/9)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
今年度7回目で,2学期になって2回目のクラブ活動でした。

今回から,江南市グラウンドゴルフ協会の皆さまにご指導をいただいて,グラウンドゴルフクラブが活動を行いました。今回を入れて4回の予定です。江南市グラウンドゴルフ協会の皆さまよろしくおねがいします。

みんな,楽しそうに活動していました。

体育の日

画像1 画像1
体育の日は,国民の祝日に関する法律(祝日法,昭和23年7月20日法律第178号)第2条によれば「スポーツにしたしみ,健康な心身をつちかう」ことを趣旨としています。

■日付は10月の第2月曜日。(2000年・平成12年)より。一年ハッピーマンデー法及び移動祝日で定められた祝日では最後の祝日に当たります。2020年より「スポーツの日」に名称が改められます。

■「スポーツの日」への名称変更
2017年(平成29年)の段階で,超党派の国会議員でつくるスポーツ議員連盟により「体育の日」を「スポーツの日」に変更する改正法案を国会に提出する動きが存在しました。2018年6月13日に改正祝日法が参議院本会議で可決・成立し,2020年東京オリンピックの開催される2020年より「体育の日」は「スポーツの日」へと改められることが決定しました。なお上述の通り,2020年度に関しては東京オリンピック開会式が予定されている7月24日(金曜日)に移行することになっており,7月第3月曜日からこの年に限り同23日(木曜日)に移動する海の日と,土曜日,日曜日と合わせた4連休が予定されています。(そのため夏の「シルバーウィーク」としても用いられるそうです)


就学時健康診断

画像1 画像1
学校歯科医の近藤先生からは,「ゆっくりとよくかんで食べる習慣」の大切さや口呼吸と鼻呼吸の違い,鼻呼吸にするための「あいうべ体操」のやり方などお話をいただきました。

就学時健康診断で来年度入学予定の皆さんが真剣な面持ちで検査を受けていました。お兄さん・お姉さんは下校済みでいませんでしたが,少しは小学校の雰囲気を感じてくれたでしょうか。

次回は,2月7日(木)の「一日入学・入学説明会」です。お待ちしています。

就学時健康診断

画像1 画像1
画像2 画像2
■お願い 駐車場はありません。お車での来校はご遠慮ください。
     自転車は,公民館門から入り,公民館南側または校舎西側に駐輪
    してください。
     周辺道路への路上駐車は迷惑になります。ご理解とご協力をお願
    いします。

■場所 古知野北小学校体育館

■日程          
1_13:10〜13:20 受付     
2_13:40〜14:30 就学・視力検査(お子様のみ)*保護者説明会  
3_14:30〜15:30 内科・歯科・聴力(ご一緒に)
4_15:30頃から    事後処理(再検査をお願いする場合もあります)

運動会延期による10月2日(火)下校時刻について

画像1 画像1
■10月2日(火)運動会の場合
・1〜4年生 :14:50下校
・5年生6年生:15:10下校

■10月2日(火)雨天等で順延の場合
<水曜日の日課>
・1年生2年生:14:55下校
・3〜6年生 :15:45下校

このことについて,ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。


お月見を楽しもう!

画像1 画像1
今年の中秋の名月は,9月24日です。 

「中秋の名月」とは,太陰太陽暦(注)の8月15日の夜に見える月のことを指します。中秋の名月は農業の行事と結びつき,「芋名月」と呼ばれることもあります。中秋の名月をめでる習慣は,平安時代に中国から伝わったと言われています。
今年は9月24日が中秋の名月,翌日の9月25日が満月と,中秋の名月と満月の日付が1日ずれています。

太陰太陽暦では,新月(朔)の瞬間を含む日が,その月の朔日(ついたち)になります。今年は9月10日(新月の瞬間は3時01分)が太陰太陽暦の8月1日,9月24日が太陰太陽暦の8月15日となります。一方,天文学的な意味での満月(望)は,地球から見て月と太陽が反対方向になった瞬間(月が太陽の光を真正面から受けて,地球からまん丸に見える瞬間)の月のことを指します。今回は,9月25日11時52分に満月の瞬間を迎えます。

今年のように,中秋の名月と満月の日付がずれることは,しばしば起こります。詳しくは,国立天文台暦計算室の暦wiki「名月必ずしも満月ならず」をお読みください。

満月前後の月はとても明るく,見ごたえがあります。晴れていれば,今年も美しい中秋の名月を楽しむことができるでしょう。また,太陰太陽暦の9月13日の夜を「十三夜」と呼び,日本ではその夜にもお月見をする習慣があります。十三夜は,「後(のち)の月」「豆名月」「栗名月」とも呼ばれます。今年の十三夜は,10月21日です。

名月必ずしも満月ならず



9月23日は秋分の日

画像1 画像1
毎年9月23日頃を秋分の日と言い「祖先を敬い、亡くなった人をしのぶ日」として1948年に法律で制定されました。 また秋分の日は、祝日法の上で「秋分日」とされています。毎年2月1日に、国立天文台が作成する「暦象年表」という小冊子に基づき閣議で来年の(秋分の日の)日にちが決定されます。

祖先を供養する日
秋分の日は春分の日と同様に、昼と夜の長さが等しくなる日です。しかし、春分の日よりも昼の平均気温は10度程高く、まだ夏の気配が残ります。
秋分の日を中心とした一週間を「秋彼岸〔あきひがん〕」と言います。各家々では、家族そろってお墓参りに行ったり、祖先を供養する「法会〔ほうえ〕」が行われたりします。

自然信仰から生まれた祖先供養の日
元々農村部では、春分の頃に豊作を祈り、秋分の頃に豊作を祝う自然信仰があり、山の神様である祖先の霊を春分以前に山から里に迎え、秋分以降に里から山へ送る儀式が行われていました。しかし、仏教の浸透とともに秋分は「秋の彼岸」として祖先を供養する意味を持ち始めました。
明治時代に秋分の中日を「秋季皇霊祭〔しゅうきこうれいさい〕」と定め、宮中において祖先をまつる日となった事がきっかけで、一般市民の間でもそのように定着していきました。
1948年には、お寺参りの日・先祖供養の日など、宗教的慣例としてのまつりの日だけではなく、広い意味で「祖先を敬い、亡くなった人を忍ぶ日」として国民の祝日に制定されました。

秋分の日と彼岸
秋分(春分)の3日前の日を「彼岸の入り」といい、3日後を「彼岸の明け」と言い、その7日間を彼岸と言います。秋分・春分はその中間に位置するため「彼岸の中日」と呼ばれています。
また「彼岸」とは元々仏教用語で「煩悩に満ちた世界から解脱した悟りの世界」を指します。これは、簡単に言えば「亡くなった先祖達の霊が住む世界」のことです。その祖先の霊を供養するために、私たちはお彼岸になると「お墓参り」へ行きます。

国立天文台が作成する「暦象年表

敬老の日(9月17日)

画像1 画像1
敬老の日(けいろうのひ)は、日本の国民の祝日の一つです。
日付は9月の第3月曜日。2002年(平成14年)までは毎年9月15日を敬老の日としていましたが、2003年(平成15年)から現行の規定となっています。

ルーツは古く、歴史は比較的新しい「敬老の日」

敬老の日が祝日になったのは50年前。
敬老の日のルーツは戦後すぐの1947年(昭和22年)9月15日、兵庫県多可郡野間谷村が敬老会を催した「としよりの日」だと言われています。としよりの日はその後全国に広まり、「老人の日」への改称などを経て、1965年(昭和39年)に国民の祝日「敬老の日」として制定されました。

敬老の日の由来はあの聖徳太子

現在、敬老の日は国民の祝日に関する法律(祝日法)で「9月の第3月曜日」と定められていますが、それまでは曜日に関係なく「毎年9月15日」でした。その日になった理由には諸説あるものの、593年に聖徳太子が身寄りのない老人のための施設「悲田院」を設立した日が9月15日とされるのにちなんだと見られています。

敬老の日に「何歳から」のルールはない 「高齢者」(65歳以上)がひとつの目安に

祝日法では敬老の日を「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」日としていますが、特に対象年齢などを定めているわけではありません。何歳から祝うかはそれぞれの判断になります。強いていえば、法令では65歳以上を「高齢者」としていますので、これがひとつの目安になるでしょう。

「孫から」であれば年齢はさほど気にしなくても

敬老の日を祝う=年寄り扱いと受け取られるのは、祝う側としても本意でないですから避けたいところ。ただし、お孫さんからお祖父様・お祖母様をお祝いするのであれば、ご年齢よりも間柄が重視されますから「年寄り扱いすると嫌がるかも」といったことは、さほど気にしなくても問題ないでしょう。ご両親をお祝いしたい場合でも、熨斗の表書きや差出人をお孫さんの名前にしておくと、より喜んでもらえるはずです。



「あー、宿題やってない!!」、どーする?

画像1 画像1
夏休みも終盤に差しかかった日曜日。「宿題は?」と妻。
読書感想文の本を読み終わってないことに気づいた息子は、
やればよかったという後悔なのか、不安なのか。
ちょっと半泣きに・・・。あわてて、本を読み出す。

「風呂はいるよ」と声をかけても、本を読むという(笑)
「じゃあ、ごはんのときにはやめるんだよ。あとで予定たてよう」と。

で、夕飯後。紙をとってきて、
「まず、やらなきゃいけない宿題を書き出してごらん」と私。
息子は、妻に聞いたりしながら、箇条書きにしていく。
「そしたら、そのとなりに、いつまでにやるかを書こう」

読書感想文は月曜。
自由研究の残りは火曜。
「外国のガブトムシを調べるのね。それは土曜に一緒にやるか」
というふうに。

いわゆるto doリストというか、コミットメントの一覧です。
書いたらなんかホッとしたようで、すっかり笑顔になっていました。

職員作業

画像1 画像1
昨日の午後は,職員作業を行いました。
南舎の2階3階の教室のロッカーのペンキ塗りと,南舎3階にしまってある,学芸会の道具や衣装を片付けました。
暑い中でしたが,とてもきれいになりました。

佐藤先生がご退職されました。

画像1 画像1 画像2 画像2
5年生と6年生の算数でお世話になた佐藤先生が,ご家庭の都合で8月いっぱいで退職されることになりました。

いままでありがとうございました。

食物アレルギー緊急時対応訓練

画像1 画像1
今日は,食物アレルギー緊急時対応訓練を行いました。

本校には,食物アレルギーの児童が数十人にます。もしもの緊急時に備えて,全職員が対応できるように3年前から訓練を行っています。

江南消防署から3名の署員の方にお越しいただき,3つのチームに分かれて訓練をしてご指導をいただきました。

北中地区三校合同現職教育

画像1 画像1
北中地区(北部中学校・草井小学校・古北小学校)の三校合同現職教育を,KTXアリーナで行いました。

講師に,学校心理士・ガイダンスカウンセラー・小中高特別支援学校専門職修士の山内康彦氏をお迎えし,「特別な支援を必要とする児童生徒の指導とその進路指導について」の演題でご講演をいただきました。

古北小からも多くの先生方が参加しました。90分の講演時間でしたが,あっという間に感じました。大変有意義な講演会でした。

お盆

画像1 画像1
お盆とは、夏に行われる日本の祖先の霊を祀る一連の行事です。かつては太陰暦の7月15日を中心とした期間に行われました。現在では太陽暦の8月15日を中心とした期間に行われることが多くなっています。

お盆の由来とお盆の行事
日本のお盆は、仏教の盂蘭盆会に神道の祖先崇拝や豊作に感謝するなどの農耕儀礼など古くからの様々な風習が合わさって形作られたと考えられています。

また「お盆休み」という慣習は、遠い昔、奉公人が主人から休暇をもらって田舎に里帰りする「藪入り」が起源であるという説や、仏教において地獄の看守も休みを取る「閻魔の賽日(えんまのさいじつ)」がお盆の時期だったことが影響しているという説があります。

お盆の風習は地域によって特徴がありますが、全国的な恒例イベントとなっています。長崎の精霊流しや京都の五山の送り火が有名な例でしょう。盆踊りも、はるか昔にお盆期間に踊って念仏を唱えていた仏教の行事が由来だといわれています。


今年のお盆は自分の地域のお盆の風習について改めて考えてみてはいかがでしょうか。

金管練習がありました

画像1 画像1
金管クラブの子どもたちが、
夏休みを利用して、曲の練習をしました。
この日は、北部中学校の吹奏楽部のみなさんに、
基礎基本も、教えてもらえました。

次の練習も頑張りましょう!

北部中の吹奏楽部が練習に来ています

画像1 画像1
北部中学校のトイレの改修工事のため,中学校の校舎が使えなくなっています。そこで古北小の音楽室や教室を使って練習をしていただいています。
今年の夏は,特別暑いので大変だと思いますが,大会に向けて頑張ってください。


広島派遣事業「結団式」

画像1 画像1
広島派遣事業の「結団式」が市役所で行われました。
本校からは,児童1名と,引率の須賀先生と校長先生の代理として馬場先生が参加しました。

先生も勉強してます!

画像1 画像1
今日は、名古屋駅前で行われている「学級力向上研究会」に参加しています。古北小からは4人参加しました。
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
学校行事
10/18 学校公開日2限3限4限給 56年 携帯電話安全教室
10/19 鑑賞会
10/23 委員会6限
PTA活動
10/17 出迎え週間
10/18 出迎え週間
10/19 出迎え週間

古北だより「輝け笑顔」

保健だより

お知らせ

全校

生涯学習課より

コミュニティ・スクールだより「かがやけ!こきた」

教員の多忙化解消に向けて

江南市立古知野北小学校
〒483-8025
江南市和田町宮145
TEL:0587-56-2274
FAX:0587-56-2924