最新更新日:2018/12/10
本日:count up14
昨日:127
総数:916398
個人懇談会は12月7日(金)10日(月)11日(火)です。下校は午後1時です。

12月8日(金) 2年生 算数「かけ算」の授業

 もうだいぶ前になりますが,2年生3組(吉野教諭)で算数の授業研究を行いました。

 文章問題で,「かけられる数」と「かける数」との区別をすることは,やはり何度も積み上げていくことが必要です。
 九九をまだしっかりと覚えていない児童もいるので,九九表をはっておいて見ておこなえるようにしています。近く,全員がいずれそらんじることができるようになるはずです。

 算数におけるこのような学習は個人学習になるがちです。けれども,せっかく学校にきているのだから,2人ペアや4人グループでの学習活動も工夫しています。
画像1 画像1
画像2 画像2

12月7日(木) 今年最後の読み聞かせ

 12月5日は今年最後の読み聞かせ。
 50人あまりの児童が2時間目の放課に読み聞かせの部屋に集まってきました。
 読んでくださったのは,長尾さんと田中さん。
 子どもたちはもちろんですが,読んでくれた人も楽しそうでした。
 終わってから帰るときにサンタのカードをもらって,子どもたちはまたまた喜んでいました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

12月6日(水) PTA文化教室

 12月4日はPTA文化教室。
 デコパージュに挑戦しました。

 講師の伊藤先生にアクリル絵の具を使ってチューリップやバラを描く技術の手ほどきを受けました。
 筆の2か所に違う色の絵の具をつけて,カーブをつけながらすーっとなぞると,本当の花びらのように見えてきました。
 とてもいい経験になりました。 
 昼までには全員とも素敵な作品ができあがりました。
 またの機会が楽しみです。
 

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

12月5日(火) 人権の種まきをしよう

今週は人権週間です。
小学生に人権の大切さを伝えるにはどうしたらいいのか。

学校では,各学年,学級で担任から学年に応じた指導をしますが,全校朝会に校長としても概略次のような話をしました。

(1) アサガオの種をまいたことがありますね。どこにまきますか? 
  花壇や畑など。つまり,花の種は土にまきます。
  人権の種はどこにまきますか。私たちの心にまくのです。
   
  植物の種にたっぷりと水やりをすると,植物の芽が出てきます。
  人権の種がたっぷりと思いやりを注いでもらうと,人権の芽がでてきます。

  植物の芽は,お日様の光を浴びてぐんぐん大きく成長します。
  人権の芽は,皆さんの笑顔をもらってぐんぐん大きく成長します。

  そして,花を咲かせ,幸せの実がみのります。
  みんなに幸せをもたらしてくれるのです。

(2) ところで,人権って何だろう
  3年生の皆さんは点字や手話で目の見えない人や,耳の聞こえない人と心をかよわせることを学びました。それを学習発表会で発表しました。
 東京からやってきた車いすの転校生と,はじめはよそよそしかったけれど心を開いて仲良しになったという劇を演じました。
 発表した人も,見学をした人も,実は人権についても学んだのです。

 “6年生の皆さんが発表した「ぞうれっしゃがやってきた」が素晴らしかったです。深く心を動かされました。感動しました。”と,お母さん・お父さんたちが感想を届けてくださっています。私も同じ気持ちになりました。

 あの戦争の時代は,人も動物もたくさん殺され,まったく大切にされない時代でした。
 東山動物園の動物たちはみんな殺されてしまい,それでも2頭の象が,動物園の人たちの必死の努力で殺されないで生き残ることができました。
 この劇を演じた人も見た人も,人権にかかわることを深く学んだのです。

 人権は,<人権を守る>という言い方をします。
 その意味は,<すべての人を大切にする>ということです。

 赤ちゃん,小学生,大人,お年寄り,日本人,ブラジル人,ペルー人,フィリピン人,・・・男の人,女の人,病気の人,目や耳の不自由な人,・・・・すべての人を大切にするということです。

※ ここで,お越しいただいていた,人権擁護委員の下村さん(藤が丘在住)と景山さん(松竹在住)を紹介しました。

※ 続いて,紙芝居『いじわるコンキチ』をスクリーンに映しながら,読んで聞いてもらいました。
 コンキチが自分の意地悪に気づいて,自分がいやだと思うことは,相手にもそうしないという思いやりを身につけていく話です。

  「紙芝居を見て,皆さんが人権の種を見つけてくれたら,そして,皆さんの心に人権の種まきをしてくれたら嬉しいです。」
 そう述べて,話を終えました。


画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

12月4日(月) 2年生活科 おいもパーティー写真集

 子どもたちの楽しそうな様子をお届けします。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

12月4日(月) 2年生活科 おいもパーティー写真集

 子どもたちが自分たちでつくったいろいろなゲームを楽しみました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

12月4日(月) 2年生活科 おいもパーティー写真集

お母さんたちの手できれいなお菓子になったサツマイモ。
美味しかった!

画像1 画像1
画像2 画像2

12月4日(月) 「 おいもパーティー」 お手伝いありがとうございました 


 先日の2年生の「おいもパーティ」では,たくさんの保護者のみなさんにお手伝いをしていただきました。
 おかげで子どもたちと学年の教師は集会の活動に専念することができました。
 楽しいパーティーになったのも,みなさまのおかげです。
 本当にありがとうございました。
 時間をつくってお越しいただいたゲストの小澤さんや中瀬古さんにも感謝申し上げます。
 これからもよろしくお願いいたします。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

12月3日(日) 1年生 国語 発表が上手になりました

 先日,1年2組(山田教諭)で,国語の授業研究を行いました。

 子どもたちは,自分の好きな乗り物を選び,本を読んでその働きと構造の工夫を調べてきました。
 この時間は,紹介カードをもとに,調べたことを発表しあいます。
 また,友だちの発表を聞いて,質問したり,感想を述べたりします。

 発表はゆっくり,はっきり,わかりやすく。
 聞くときは,話す人を見て,メモをする。

 それだけのことを先生から聞いた後,まず,グループのなかで対面して,発表練習をしました。
 そのあと,みんなの前で発表しました。

 発表を聞いて児童が質問や感想を言うのですが,教師は子どもの発表をつないでいったり,ときには自分の経験を紹介したりしました。
 1年生もずいぶん上手に発表できるようになりました。
もう少したつと,原稿を読むのではなく,みんなの方を見ながら発表ができるようになるでしょう。
 その時が今から楽しみです。


画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

12月1日(金) 明日は愛知万博メモリアル駅伝

 明日,12月2日(日)は,愛知万博メモリアル 第1回愛知県市町村対抗駅伝競走大会(略称 愛知駅伝)です。
 愛知県内の全市町村63チームが参加します。
 各チームは小学生から40歳以上までの9名で編成されています。

 その愛知駅伝の江南市チームに,藤里小学校の児童2名が入っています。
 6年生の細川凌くんと西宏加さんです。
 二人に万一のことがある場合には,金澤昂平くんと西冴加さんが出場します。

 学校では,昼のテレビ放送で校長先生から全校に紹介しました。
 また,2人は,「今までがんばって練習してきたので,精一杯がんばります」と立派に抱負を述べました。

 めったにない機会ですので,がんばってほしいと思います。
 東海テレビで3時から放送されます。
 ゼッケン18が江南市チームです。
 みなさんんも応援してください。


 
 


画像1 画像1

11月30日(木) 登校指導

 本日はPTAの当番の方たちと全教師で登校指導をしました。
 保護者の方は,横断歩道などに立って声をかけました。
 教師は,各通学班の集合場所に出かけて声をかけ,子どもたちといっしょに登校しました。
 とても元気な子,少し元気のない子といろいろな子がいましたが,どの子も安全に登校し,幸せな子ども時代を送ってほしいと願っています。

画像1 画像1
画像2 画像2

11月29日(水) 本日はリサイクルデー

 水曜日は藤里小学校のリサイクルデーです。
 朝みんなが学校にアルミ缶や牛乳パック、新聞紙などを持ってきてくれます。
 受け取るのは、環境委員会の児童のみなさんです。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

11月28日(火) 3年生 理科の授業

 3年1組(江口教諭)の教室で,3時間目に理科の授業研究をおこないました。
 学習課題は次のようでした。
  ------------------------------------------------------│
 │ 普通の水と黒い水では,どちらがよく暖まるでしょうか。        │
 │-----------------------------------------------------│
大人の人にとっては不思議に思われるかもしれませんが,今の小学校では,理科の学習は3年生から始まります。
 だからこそ,子どもたちに理科の学習の面白さをしっかり実感させたい。
 そのために,子どもなりの予想を立てさせたり,実験方法も考えさせたりしました。
 
 子どもたち予想は,次のようでした。
   普通の水の方がよく暖まる  8名
   黒い水の方がよく暖まる  18名
 さて,実際にペットボトルに水を入れて比較実験をするとどうなったでしょうか。
 温度の違いはどれくらいだったのでしょうか。

 結果は次のとおりでした。
  太陽の光を当てて10分後
     普通の水は,16℃ → 20℃
     黒い水 は, 16℃ → 23℃

  給食を食べてからもう一度調べると(およそ90分後)
     普通の水は,16℃ → 23℃
     黒い水 は, 16℃ → 27℃

 けっこう変わるものですね。
 子どもたちは楽しんで意欲的に取り組んでいました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

11月27日(月) くり下がりのある引き算(1年算数)

 先日,1年2組で山田・大原教諭の算数の授業研究をしました。

 13−9= のような,くり下がりのある引き算の筆算。
 これを,すべての児童ができるようにするにはどうしたらいいのか。

 まずは,ブロックを操作しながら計算方法を見つけ出す学習から入りました。
 13から3を取って,そのあと6を取って4になるというやり方があります。
 10から9を取って,3と1で4というやり方もあります。
 ここでは,後者の方法(減加法)のやり方が簡単であることに気づかせます。
 
 さほど難しいところではありません。
 しかし,学年がすすんでいくと学習する割り算の基礎にもなる大切なところです。
 十分定着させたいと思います。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

11月16日(日) いざないの森にカブトムシの家を造っています

 「心をむすぶ学校づくり」事業のひとつとして,「いざないの森」にカブトムシの住みかを造っています。
 4年生の児童が中心となり,特別非常勤講師の服部徹雄さんのお世話になりながら造っています。
 「いざないの森」には,カブトムシの好きな樹液を出す木は樫の木しかありませんが,少しずつ増えていくといいと思っています。
 子どもたちの人海戦術でやっています。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

11月24日(金) 生活科 おいもパーティー準備は順調

 2年生の生活科。
 おいもパーティーで行ういろいろなお楽しみの準備がすすんでいます。
 みこし,ゲームなどです。
 子どもたちはやる気満々。
 今からワクワクです。
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

11月23日(木) 2年生 29日はおいもフェスティバル

 11月29日は2年生の「おいもフェスティバル」。
 2年生の子どもたちがとても張り切っています。
 校内の職員も招待状をもらいました。
 保護者のみなさま方のご来場をお待ちしています。
画像1 画像1

11月22日(水) 1年生国語「サラダで元気」の授業研究

 1年3組(佐藤静代教諭)で,国語の授業研究を行いました。
 
 子どもたちが自分で読んだ本を紹介します。
 自分のお気に入りの本の紹介とお気に入りの理由を説明します。
 友だちの発表を聴いて,自分でも読みたいと思った本を見つけます。

 グループで発表するのですが,一人一人が文章と絵で構成した「発表カード」を準備しています。
 
 朝のスピーチや図工作品の紹介などの機会にも,自分のことばで話す力をつける練習をして,かなり慣れてきています。

  子どもたちが真剣に取り組む様子を見ながら,1学期には泣いてばかりいた子もいたのに,ずいぶんと成長したものだと実感しました。 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

11月21日(火) 26日は「わらしべ公演」へ行こう

画像1 画像1
「心をむすぶ学校づくり」でとてもお世話になった人形劇団『わらしべ』の皆さんが,江南団地の集会場で上演されます。
 1学期に藤里小学校にきてもらった時には,子どもたちがものすごく喜びました。
 今回は影絵も見られます。
 子どもたちの豊かな心が育まれると思います。
 大人でも,きっと素晴らしいひとときが持てるでしょう。
 おすすめです。

11月20日(月) 江南市特別支援教育研究会の研修会

 先週,藤里小学校で「特別支援教育の研修会」を開催しました。
 講師に,稲沢市立西中学校の森正一先生をお願いし,<通常学級にいる特別な支援を要する児童生徒>に対する短期的取り出し支援について学びました。
 <通常学級にいる特別な支援を要する児童生徒>とは,どのような児童生徒のことでしょうか。
 それは,LDとかADHDとか高機能自閉症などとよばれている子どもたちのことです。
 
平成14年10月の「通常の学級に在籍する特別な教育的支援を必要とする児童生徒に関する全国調査」の結果発表(『今後の特別支援教育の在り方について(最終報告)』では次のようなことが述べられています。

 LD様の学習面に困難をもつ児童生徒4.5パーセント、ADHD・高機能自閉症様の行動面の困難をもつ児童生徒2.9パーセント、そのどちらかもしくは両方の困難をもち、特別な教育的支援を必要とする児童生徒は全体で6.3パーセントが通常の学級に在籍している可能性がある。
 
 この割合ですと,児童数500人を越す本校では,30人以上の特別な教育的支援を要する子どもがいることになります。(診断をされているか否かは別として)

 それらの児童は,困っていると思われる(特別なニーズをもつ)ので,藤里小学校でも今後,「特別支援教室」などの手だてを工夫していかなければならないと考えています。
画像1 画像1
画像2 画像2
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
学校行事
4/6 入学式 
江南市立藤里小学校
〒483-8317
愛知県江南市村久野町藤里1
TEL:0587-58-8751
FAX:0587-58-8742