最新更新日:2018/12/13
本日:count up100
昨日:101
総数:188723
12月7日(金)漢字力コンクール  12月13日(木)児童集会・餅つき大会・移動児童館  12月14日(金)3年生足助屋敷見学  12月21日(金)2学期終業式・通学班会  1月7日(月)3学期始業式  1月8日(火)給食開始  1月10日(木)クラブ  1月14日(月)成人の日  1月15日(火)ごあいさつ運動  1月17日(木)委員会  1月21日(月)朝会  1月24日(木)入学説明会(新1年生)・クラブ(最終)  1月28日(月)図書集会・読書週間(〜2月8日)  1月31日(木)委員会  2月4日(月)祖東中学校入学説明会  2月5日(火)ごあいさつ運動  2月7日(木)学校公開日(午前)  2月8日(金)計算力向上週間(〜15日)                      

2年 「野さいの せわを つづけよう」 (6月16日)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 野菜を育てている2年生。学級園のトウモロコシがぐんぐん大きくなっています。
 今日はチーム対抗で草取り作業をがんばった子どもたちです。
 作業のとちゅうで、ラッキーなことに「コクワガタ」を捕獲した子もいました!
「どちらのチームがたくさんの雑草を取ることができるか」を競ったので、終わってみれば、雑草の山ができてました。

 作業の後は、とれたてのきゅうりをみんなでわけて試食しました・・

きょうの給食(6月16日)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
[今日のメニュー]

・瀬戸産たまねぎ入り五目汁
・愛知野菜の厚焼き玉子
・キャベツと大葉のあえもの
・瀬戸豚の炊き込みご飯
・牛乳
・蒲郡みかんゼリー

 6月16日は“愛知を食べる学校給食の日”です。愛知県では、お米や野菜などたくさんの食べ物が作られています。海にも面しているので、魚介類も獲れます。今日のメニューでは、瀬戸市をはじめ愛知県内でとれた食材をいつもよりたくさん使って作られました。

 「瀬戸産たまねぎ入り五目汁」には“瀬戸で食べるものを瀬戸で作ろう”という“地消地産”の取組のもと作られた「アトン」という品種の玉ねぎが入っています。
 一般的な玉ねぎは1玉300g〜350gぐらいの大きさですが、アトンは600gまで大きく育てることができます。辛味が少なく甘みが強いのが特徴です。給食では市内の小学生が収穫したものも使われているそうですです。

 「愛知野菜の厚焼き玉子」には、東三河で育った「鶏の卵」、愛西市の「れんこん」と「にんじん」、あま市の「小松菜」、春日井市の「しいたけ」、豊橋市の「大葉」など、すべて愛知県産の食材がつかわれています。

 厚焼き玉子に添えられているのは「キャベツと大葉のあえもの」です。愛知県は大葉出荷量全国1位で、60%以上を占めています。

 「瀬戸豚の炊き込みご飯」には瀬戸豚、にんじん、ごぼう、ぶなしめじが入っています。瀬戸豚は瀬戸市のきれいな水や空気のある山の中で大切に育てられている豚で、最近では注目を集めるブランド肉です。

 「蒲郡みかんゼリー」は蒲郡市で作られたみかん果汁が入ったゼリーです。
 蒲郡市では1年でおよそ8000トンが収穫されますが、その中で大きさや傷がついてしまって“規格外”として出荷できないものが1割ほどでてきます。味は良いのに見た目で出荷できないみかんの使い道を拡大したいという思いと、愛知県で作られた食材について知って実際に食べてもらいたいという願いにより作られました。良い材料からできているので、濃くておいしいみかんゼリーでした。

食育「地消地産(ちしょう ちさん)」のポスター

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 校舎東階段の食育をテーマにした「掲示コーナー」には、瀬戸地域アグリカルチャー推進協議会制作のポスターが掲示してあります。
 ポスターには、玉ねぎのイラストと「こんどは 瀬戸のたまねぎやげな!!」と方言まじりの文字が躍ります。
 ほかにも、すっかりおなじみとなった言葉・地産地消(ちさんちしょう)ならぬ・・“地消地産(ちしょう ちさん)“という言葉の説明や、瀬戸で生産されている通常よりビッグサイズの玉ねぎの品種「アトン」の紹介、さらにアトンを生産する幡山地区の農家や販売に携わる人たちの写真もレイアウトされています。

不審者情報(6月16日)

 瀬戸市教育委員会より下記のような不審者情報が入りました。

(日  時)6月14日(水) 午後8時00分頃

(場  所)效範町

(状  況)
 女子高校生数名が帰宅途中、車に乗った男に
「首絞めるぞ」
「指つめるぞ」
 などと暴言を吐かれた。
 (瀬戸警察からの情報です)

(特  徴)男1名、20〜30歳代

画像1 画像1

ふれあい学級は「チョークアート体験」です!

画像1 画像1
 明日(17日)は、ふれあい学級が開催されます。各学級での「授業公開」、それにつづく「ふれあい学級」、最後は「引き渡し下校訓練」という三本立てのプログラムが予定されています。

 今回のふれあい学級は、体育館を会場にして、『親子でチョークアート体験」を開催します。
 画像のようなかわいいプレートができあがります。(メッセージボードとして活用してもよいですね)
 親子でふれあいながら一つの作品を創り上げてください!
画像2 画像2

4年 「かむことは いいことだらけ」

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 6月15日(木)の3・4時限、学校歯科医の原Drを講師にお迎えして、3・4年生を対象に歯科指導の授業をしていただきました。
 まずは3時限に行われた4年1組の授業のようすから・・

 原Drは、持参してくださったタブレット端末を大型テレビに接続して、自作のスライドショーを提示しながら、「かむことは いいことだらけ」というテーマで、次のようなお話をしてくださいました。

【かむとよいことって、なあ〜に?】

・ツバがたくさん出て、むし歯になりにくい!
・あごがひきしまって、すっきり小顔になる!
・おなかがいっぱいになった感じがする!
・脳を刺激して、頭がよくなる!
・前歯をつかえば、歯並びがよくなる!
・食べ物の味がわかり、おいしく食べられる!
・かめば力が出る!(プロ野球選手の例)
・長生きができる!

 さらに原Drは、“弥生時代(大昔)の人”、“戦前(昭和10年代)の人”、“現代(いま)の人”という3つの時代の人の「食事時間」や「かむ回数」をまとめた表を提示して、
 弥生の人が1回の食事に51分かけて、3990回かんでいたのに、現在は、11分でたった620回しか、かんでいないこと。それは食べ物がやわらかいものになったり、生活スタイルが変化したりしたことが原因であることがわかりました。

授業の後半は、磨き残しのない、じょうずなブラッシングの方法を実際に歯ブラシをもって教えていただきました。

3年 「むし歯予防大作戦」

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 4時限目は、3年生を対象に歯科指導をしていただきました。題して「むし歯予防大作戦」です。

 原Drは、はじめに「むし歯が進行するとどうなるのか」について、黒板に絵を描きながら説明をしてくださいました。
 むし歯が悪化した深刻な状態のお話を聞いて、子どもたちの表情も神妙になっていました。
 そして、むし歯のない健康な歯ぐきをつくるための“ブラッシング三か条”を教えてくださいました。

その一  順序を決めて磨く(磨き残しがないように)

その二  1〜2本ずつの歯をていねいに磨く

その三  小さな力で歯と歯ぐきの間を細かく振動させて磨く

 子どもは前歯から1〜2本隣の歯をとばすことが原因の磨き残しが多いので、右側から左側の歯に移るときに手(向き)を持ちなおすなど、工夫して磨くと良いことも教えてくださいました。
 また、口の中の健康をキープするためには、正しい食生活が基本となることも教えていただきました。
 最後に一人ずつの歯ブラシの毛先の状態を確認し、ブラッシングの方法をチェックしていただき、原DRの授業は終わりました。

 (オマケに、原Drが制作された短編アニメーションも鑑賞させていただきました)

きょうの給食(6月15日)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
[今日のメニュー]

・洋風団子汁
・ピリ辛大豆
・ごはん
・牛乳

 「洋風団子汁」は大根、にんじん、じゃがいも、豚肉、米粉団子が入った白みそ仕立ての汁です。牛乳が入っているので“洋風”という名前がつきます。調理の過程で、牛乳を入れた後に沸騰させないことが美味しく仕上げるポイントです。

 「ピリ辛大豆」には大豆、枝豆、豚ひき肉、にんじん、玉ねぎを、しょうゆ、一味唐辛子、ごま油などで炒めていきます。枝豆の緑色とにんじんの橙色で彩りのある一品になりました。
 大豆と枝豆は元は同じ食べ物です。枝豆は、大豆の成長途中の未熟なときに収穫すると枝豆として食べることができます。さらに枝豆を収穫しないで、そのままにしておくことで大豆へと成長していきます。よく見ると色は違いますが形が同じことがわかります。
 大豆は良質なたんぱく質が豊富に含まれていますが。ビタミン類はあまり含まれておらず、特にビタミンCは0mgです。枝豆は大豆よりはたんぱく質量が少ないですが、大豆には含まれていないビタミンCは100gあたり27mg含まれており、他のビタミンもバランスよく含まれています。
 「ピリ辛大豆」は大豆と枝豆、お互いに足りない栄養を補いあえる一品でした。

ふれあい学級のご案内

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 6月17日(土)に「ふれあい学級」を開催いたします。公開授業の内容や会場、当日の日程は案内文書をお読みください。
 万障繰り合わせの上、ご来校くださいますよう、お願い申し上げます。

ふれあい学級のご案内(外国語版)

 こちらは「ポルトガル語版」です。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

ごあいさつの日(6月15日)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 今日は「ごあいさつの日」です。登校時間帯に児童会メンバーと担当教員だけでなく、PTA役員さん、見守りボランティアさんが玄関に立って、子どもたちにあいさつを呼びかけてくださいました。

6年 瑞浪サイエンスワールド・化石採集(1)

 6月14日(水)、6年生は瑞浪市(岐阜県)へ校外学習に出かけました。
 5月の古墳見学に続いて、今回も道泉小の6年生と合同で行きました。バスの中では、バスレクとして“名前ビンゴ大会“が行われましたが、あっという間に目的地に到着しました。
 まずはじめに、土岐川の河川敷で化石採集をしました。サイエンスワールドの方から化石採集の方法を教えていただき、いよいよ採集スタートです。
 ゴーグルを着け、ハンマーとたがねを手にした子ども達は、それぞれ決めた場所で、カンカンカンカンし始めました。
「あっ、あった!」
「あぁ、割れちゃった。」
「これは化石かなぁ・・」
と、あちらこちらから、いろいろな声が聞こえてきました。日差しが強く、暑い中でしたが、50分間、最後まで一生懸命に探す子ども達でした。残念ながら、レアな化石に出会うことはできませんでしたが、きれいな貝や葉っぱの化石をたくさん発見することができました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

6年 瑞浪サイエンスワールド・化石採集(2)

 昼食後は、瑞浪市民公園でのグループ活動となりました。市民公園内にある化石博物館、地球回廊、化石の地下壕などの観光スポットをまわりました。
今回もクイズラリーを行い、1時間弱という短い時間でしたが、笑顔の見られる楽しい活動となりました。
 そして、最後に「サイエンスワールド」で開催される科学実験ショーに参加しました。今回は「科学のてんびん」というテーマでさまざまな実験が行われました。
 映像を見たり、実験の様子を観察したり、実験に自分達も参加したりと、すごく楽しい一時間となりました。

 帰りのバスでは、少し疲れた表情も見られましたが、きっと充実した一日になったのではないでしょうか。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

2年 「ザリガニ釣り」 (1)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 6月14日(水)の午前、深川小学校の2年生6名をはじめ、祖母懐小24名、道泉小43名の合計73名の子どもたちが定光寺の正伝池横にある大牧園地へザリガニ釣りにでかけました。
 子どもたちはこの日が来るのが楽しみだったようで、朝からハイテンションです。さっそく「ザリガニ釣り」のようすをレポートします!

2年 「ザリガニ釣り」 (2)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 ザリガニ釣りのエサは、スルメの「あたりめ」です。はじめはエサに食いつくザリガニたち。
 でもザリガニたちも必死です。
「簡単に釣られるものか!」
と抵抗して、すぐに水の中へチャプン!

  深川小学校の子どもたちはこの日が来るまでに、磁石をザリガニに見立てて学校で予行練習もしていきました。どうやら、その成果が出たようで、コツをつかんだら、うまく釣り上げるようになってきました。

 狩猟本能に火が付いた子どもたちは、いろいろと場所を変えてアタックしはじめます・・・

2年 「ザリガニ釣り」 (3)

 釣り上げたザリガニは飼育ケースに入れていきます・・・
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

2年 「ザリガニ釣り」 (4)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 深川小学校の子どもたちは、一人1匹以上のザリガニをゲットすることができました。みんな、満足そうでした。
 帰りも貸切バスに乗って学校へ向かいました。
 ファミリー交流館前で下車した子どもたちは、いっしょに交流した祖母懐小の友だちに別れのあいさつをして教室にもどりました。

 たくさんのザリガニですが、1学期中は、教室で飼えたらいいなと考えています・・

きょうの給食(6月14日)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
[今日のメニュー]

・押し麦入りミネストローネ
・ししゃもフライ
・きゅうりのドレッシングあえ
・あいちの米粉パン
・牛乳

「押し麦入りミネストローネ」は給食初登場のメニューです。
 ミネストローネ(Minestorne)には、イタリア語で「具沢山のスープ」と言う意味があります。本場では家庭によって作り方や材料が違います。日本のお袋の味がみそ汁のように、ミネストローネがイタリアのお袋の味なんですね。
 ミネストローネを見て「お米が入っている」と言った子がいました。リゾット風にお米が入る場合もありますが、今回は“押し麦”が入っています。
 「押し麦」とは大麦を精製し、蒸気で蒸した後、圧力をかけて押しつぶしたものです。押しつぶすことで水分の吸収が良く、煮やすくなります。麦は粒の真ん中に一本線があるのが特徴です。
 大麦はビール、焼酎、みそ、しょうゆ等の発酵食品に利用され、殻つきのまま炒って煮出せば「麦茶」になります。
 押し麦は食物繊維が豊富な食材です。同じ穀類であるお米と比較するとおよそ10倍の量になります。
 今日のミネストローネには、押し麦をはじめ、カボチャ、ジャガイモ、たまねぎ、にんじん、キャベツ、ベーコン、さやいんげん、トマトなどの具材がたっぷり入っていました。
 
 「ししゃもフライ」には子持ちししゃもが使われています。卵がたくさん入っていました。シシャモは頭から尾まで丸ごと食べられるので、骨のカルシウムや皮のまわりや内蔵に多いビタミン・ミネラルを摂取することができます。

 今日のパンは「あいちの米粉パン」です。米粉で作っているので、もちっとした食感とほんのり甘みがあるのが特徴です。

6年 「化石採集」に出発!

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
6月14日(水)、6年生と2年生はそれぞれ校外学習に出かけます。今日もよい天気にめぐまれてラッキーな子どもたちですね。

 6年1組の子どもたちはお弁当持参で、道泉小学校と合同で岐阜県瑞浪市に化石採集に出かけます。
 午前8時30分、ファミリー交流館前でバスに乗車しました。現地では、化石採集のほかに、サイエンスワールドも見学します。
 

2年生は、ザリガニ釣りに出発!

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 こちらは2年1組の子どもたち、深川小、祖母懐小、道泉小学校、あわせて3校合同で定光寺公園に行ってきます。
 現地では交流をしながら、“ザリガニ釣り“にチャレンジする予定です。

 午前8時50分、プラスチック製の飼育ケースをバッグに入れて、さっそうと歩き出す子どもたち、教室の窓からながめる上級生からエールがおくられ、ファミリー交流館前に待機しているバスに乗り込みました・・・
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
瀬戸市立深川小学校
〒489-0074
愛知県瀬戸市宮脇町53
TEL:0561-82-2272
FAX:0561-82-2362