最新更新日:2019/01/21
本日:count up67
昨日:22
総数:190875
1月21日(月)朝会  1月22日(火)5年生中日新聞出前授業  1月24日(木)入学説明会(新1年生)・クラブ(最終)  1月25日(金)5・6年生租税教室  1月28日(月)図書集会・読書週間(〜2月8日)  1月31日(木)委員会  2月4日(月)祖東中学校入学説明会  2月5日(火)ごあいさつ運動・健康作り週間(〜8日)  2月7日(木)学校公開日(午前)・4限日課  2月8日(金)計算力向上週間(〜15日)  2月14日(木)委員会最終  2月15日(金)計算力コンクール  2月18日(月)朝会  2月21日(木)移動児童館  2月22日(金)特別支援学級5校合同校外学習・漢字力向上週間(〜3月1日)  2月25日(月)感謝の会  2月28日(木)花育活動  3月1日(金)漢字力コンクール・児童会選挙  3月4日(月)朝会  3月5日(火)ごあいさつ運動  3月11日(月)通学班会  3月14日(木)卒業式予行  3月19日(火)給食最終日・卒業式準備  3月20日(水)卒業式  3月22日(金)修了式                          

お店を出そうプロジェクト(10月17日)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
  3年生が2学期に取り組むキャリア教育の活動として、末広商店街で販売体験を行う「お店を出そうプロジェクト」を計画しています。
 このプロジェクトはもうすっかりおなじみとなり、毎年、販売の日には保護者をはじめ、地域の人たちで商店街がにぎわいます。
 運動会が終わり、子どもたちはお店のオープンにむけての準備をすすめています。
 今年度は瀬戸商工会議所より、小野さんと山田さん二名をゲストティーチャーとしてお迎えして、出前授業をしていただきました。

 小野さんは、
「魅力あるお店はどんなお店なのか」、「品物を売る人も買う人もハッピーになるのはどうしたらよいのか」
などをテーマに子どもたちに話し合わせました。
 そしてお客さんの相手をするときには、「笑顔で」、「元気で、あかるく」という気持ちが大切なことを教えてくださいました。

 授業の最後には、店員とお客さんの役にわかれて、買い物のシミュレーションをしてみました。

先生による読み聞かせ (1)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 10月17日(火)、読書週間の2日目です。
 朝の読書タイムに行われるのは・・・もうおなじみとなりました、1日限定の“お楽しみ企画”「先生たちの入れ替え 読み聞かせタイム」です。
 これは、学級担任が1日限定で入れ替わって、読み聞かせを行うというものです。どの先生がどこの学級を訪問するのかは、子どもたちのお楽しみであります。
 さっそく、担任の先生ではない「先生による読み聞かせ」のようすを紹介させていただきます。

 1年1組の教室へやってきたのは、6年生を担任する藤巻教諭です。
 藤巻教諭が持ってきたのは「青いかいじゅう」と「赤いかいじゅう」という2冊の絵本です。
 まるで親子のふれあいシーンのように、深川小ならではの“近距離による読み聞かせ”がスタートです・・・

先生による読み聞かせ (2)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 2年1組の教室にあらわれたのは加納教諭(3年担任)でした。
 加納教諭は「いま、なんさい」という楽しい絵本を読みました。“さい”の語呂合わせがつづく、おもしろいお話で、教室には子どもたちのゆかな笑い声が響きました・・・

先生による読み聞かせ (3)

画像1 画像1
 3年1組では、佐藤教諭(2年担任)が子どもたちを黒板前に集めて、「うまかた やまんば」のお話を読みました。

 4年1組の教室では、近藤教諭(5年担任)が「はらぺこあおむし」(外国語版)を読みました。しかも!英語で読んで聞かせていました。4年生の子どもたちにとって、近藤教諭は小学校入学したばかりの1年生のときの担任でした。読み聞かせを聞いて、あの頃を思い出した子もいたのかな・・・
画像2 画像2

先生による読み聞かせ (4)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 5年1組では、太田教諭(4年担任)が「ともだちや」というお話を読みました。(写真 1・2)
 6年1組の教室には、前年度担任の佐脇教諭(2年担任)が登場。佐脇教諭は、絵本「半日村」を読んで聞かせました。(写真 3〜5)

きょうの給食(10月17日)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
[今日のメニュー]

・洋風団子汁
・牛肉入りきんぴらごぼう
・ごはん
・牛乳

 「洋風団子汁」は白みそ仕立てのみそ汁です。メインの米粉団子をはじめ、豚肉、じゃがいも、にんじん、大根、ねぎが入っています。“洋風”という名前のとおりミルクが入っています。
 ミルクを入れることで、味噌汁がまろやかな味になります。また、白みそを減らしミルクを入れることで減塩もできます。ただ白みそを減らすだけでは味気なくなりますが、ミルクも入れることでコクが出るので少なめの白みそでも十分おいしくいただけます。

 「牛肉入りきんぴらごぼう」には牛肉、ごぼう、こんにゃく、にんじん、さやいんげんといった食材を使用しています。給食では“肉無し”のきんぴらごぼうが登場するときもありますが、今回はお肉入り、ましてや牛肉を使用しています。ちょっぴり豪華なきんぴらになりました。
 きんぴらごぼうの“きんぴら”は漢字で書くと“金平”と書きます。これは江戸時代に流行った「浄瑠璃(じょうるり)」に登場する「坂田金平(さかたのきんぴら)」という主人公の名前がもとになっていると言われています。
 坂田金平は物語の中で、とても力持ちで、強く、勇ましい武将として語られていました。ごぼうの歯ごたえがあって精がつくところや、味付けにつかわれる唐辛子(とうがらし)のピリッとした強い辛味が、とても強い坂田金平のイメージにあっていたので、千切りのごぼうを甘辛く炒め煮にした料理を「きんぴらごぼう」と呼ぶようになったのです。 これとは別に、坂田金平を演じる役者の髪型がごぼうの細切りに似ていたというのが「きんぴらごぼう」の由来という説もあります。

焼きそば用のお皿づくり (1)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 10月17日(火)の1・2時限、東洲窯の小野村さんを講師にお迎えして、4年生、5年生の子どもたちを対象に出前授業「瀬戸焼きそば用のお皿をつくろう」が行われました。
 この授業は、瀬戸市のキャリア教育推進における重要拠点の瀬戸商工会議所がサポートするプロジェクトの一環です。  
 このプロジェクトは瀬戸で学ぶ子どもたちが、窯業関係者の指導のもとで、自分たちがデザインした瀬戸焼の皿を制作することから始まり、完成したオリジナルのお皿に、自分たちが調理した瀬戸焼きそばを盛りつけて食することで完結するという内容のものです。
 今日は出前授業の第2回ということで、第1回で子どもたちが制作したお皿が小野村さんの工房で焼成(素焼き)されて、学校に届きました。

 自分のお皿と久しぶりに対面した子どもたちは、小野村さんの指導でサンドペーパーで表面をみがく作業に取り組みました。
 このペーパーがけをすることによって、釉薬がきれいにのって、仕上がりが美しくなるそうです。

焼きそば用のお皿づくり (2)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 ペーパーがけでお皿の表面がなめらかになったら、釉薬がけの作業です。
 子どもたちは、小野村さんから教えていただいた手順にしたがって、チョイスした釉薬をお皿になじませていきます。この場面は友だちと協力しなければうまくいきません。神経を集中させて、ペアでの作業になります。

 釉薬がはみ出てしまったところは、すばやくスポンジでふきとり、その反対に釉薬の乗りが不十分であったところは筆で釉薬をていねいにのせていきます・・・

焼きそば用のお皿づくり (3)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 世界に一つ、自分だけの「焼きそば用のお皿」へ釉薬をかける作業が終わりました。
 これらの作品は小野村さんの工房に運ばれて、業務用の窯で焼成されます。(どんな色になって届くのでしょうか)

 3学期に子どもたちは、ゲストティーチャーの指導で瀬戸焼きそばづくりを体験し、完成したオリジナルのお皿に焼きそばを盛り付けて会食をします・・・

焼きそば用のお皿づくり (4)

 オリジナルのお皿に釉薬をかける作業も終わった子どもたちは、最後に「ろくろ体験」をしました。
 小野村さんの実演を見た後、4、5年生から一人ずつが代表でろくろによる“器づくり”を体験させていただきました。
 さらに近藤教諭(5年担任)も大人を代表して(?)、ろくろ体験をさせていただきました。

 こちらの焼き上がりも楽しみですね・・・
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

3年 校外学習(アピタ瀬戸店)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 10月16日(月)の午前、3年生(1組とおおぞら組)の子どもたちは、アピタ瀬戸店(幸町)へ校外学習に出かけました。
 食料品売り場の陳列棚やプライスカードがどのように配置されているのかを自分の目で確かめたり、バックヤードへの入場を許可していただき、食肉や野菜が機械でカットされて、パック詰めや値札がオートメーションで行われている現場を見たりすることができました。さらにマイナス20度の冷凍庫内部もどのようになっているのかわかりました。
 アピタ・ピアゴグループは、食材カットやパック詰めなど商品ができあがるまでに出たゴミが入れられたビニル袋のシールにバーコードリーダーを当てると、それぞれのブースが負担するゴミ処理費用が自動的に出てくるシステムも整備され、廃棄物の処理もしっかり管理されていることもわかりました。
 従業員のみなさまはいそがしい仕事の手をとめて、見学にやってきた子どもたちにやさしく説明をしてくださいました。このホームページの紙面をかりて感謝申し上げます。

 今日、アピタ瀬戸店で調べたことは、子どもたちが学校に帰ってワークシートやポスター、“見学新聞”などにまとめる予定です。

5年 図工 「木版画」 (1)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 10月16日(月)の3時限、図工室では5年1組の授業が行われていました。おしゃべりの声も聞こえず、作業に夢中になっている子どもたちの姿が見られます。(画像からも雰囲気がつたわるんじゃないですか)
 子どもたちが取り組んでいるのは「木版画」です。担任の近藤教諭は子どもたちの作業を見ながら、アドバイスをして教室内をまわります・・・
 

5年 図工 「木版画」 (2)

 眼鏡の男の子の版木には、眼鏡をかけた姿が描かれているように、どうやら自画像が題材になっているようです。
 どのような場面が描かれているのかは、これから彫りをすすめていく作業の中で紹介したいと思います・・・
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

きょうの給食(10月16日)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 [今日のメニュー]

・生揚げの吹き寄せ
・アーモンドあえ
・ごはん
・牛乳
・お米のタルト

 「生揚げの吹き寄せ」の“吹き寄せ”とはさまざまな木の葉が風で吹き寄せられることを意味します。“吹き寄せ”の風景は和歌に詠まれたり、絵画に描かれたり、着物の柄に用いられており、昔から日本で趣のある風景とされてきました。
 この趣のある風景を表現していろいろな食材を彩りよく盛り合わせたのが今日の献立「生揚げの吹き寄せ」です。
 給食では生揚げをはじめ、鶏肉、えび、にんじん、さやいんげん、しいたけ、タケノコ、こんにゃくなどを使用しています。

 「アーモンドあえ」は、ほうれん草、白菜、にんじんのおひたしにアーモンドの粉末があえてあります。一口食べると口の中にアーモンドの香ばしさが広がりました。

 デザートに大人気!「お米のタルト」が登場しました。タルト生地とミルクソースに米粉が使われていて、優しい甘さが口の中に広がります。1年生の子達は初!お米のタルトでした。「ちょーーーおいしい!」と言ってくれました(^^)また登場すると嬉しいですねぇ。

10月16日の朝会 (1)

画像1 画像1
 10月16日(月)、学習ひろばで朝会を行いました。はじめに認証式が行われ、選挙などで2期児童会役員や学級委員に選ばれた子どもたちに認証状を授与しました。
画像2 画像2

10月16日の朝会 (2)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 認証式につづいて、表彰式を行いました。
 はじめに「子ども陶芸展」で作品が展示された作者に賞状を授与しました。みごと「大賞」に選ばれた藤田さん(5年)の作品「楽しい フィギュアスケート」はしばらくの間、市役所(教育長室)に展示されるそうです。
 「奨励賞」には佐藤さん(3年)の「強いトラ」が選ばれました。子どもたちは賞状といっしょに陶器製のメダルがプレゼントされました。(メダルの色は、大賞が金、奨励賞が銅、入選が白)

10月16日の朝会 (3)

 陶芸展つづく「読書感想文 表彰」では、入選者の横山くん(5年)に賞状を授与しました。

 朝会の最後は、図書委員会の子どもたちが、本日(16日)より「読書週間」がスタートしたことや、期間中のイベントなどのお知らせをしました。

 たくさんの本を読んで、学習ひろば後方に掲示された“読書の木“がはなやかになるとよいですね・・・
 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

深川連区大運動会は中止となりました!

 10月15日(日)に予定されていました「第46回 深川連区大運動会」は、降雨によるグランドコンディションの不良や悪天候が予想されるため、中止となりました。
 
 景品等の扱いについては、町内で配布されるお知らせをご覧ください。
画像1 画像1

平成29年度 あすなろ交流会 (1)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 10月13日(金)、市内小中学校の特別支援学級に在籍する子どもたちが参加する「第6回 あすなろ交流会」が行われました。

今回の交流会、参加校は小学校が1校増えて20校、中学校は前回と同じ7校で、およそ147名の児童・生徒が参加しての盛大な交流会となりました。
 深川小学校・おおぞら組に在籍する男の子(3年)は、“うさぎグループ”の一員として、他の学校の子どもたちとなかよく活動しました。
 開会セレモニーで深見教育長のあいさつを聞いたら、いよいよ最初のプログラム「なかよしタイム」です。ここでは、自己紹介ゲームで同じグループのメンバーの顔合わせをしました。本校の男の子は今回も堂々と自己紹介をすることができ、ちょっと胸がじ〜〜んとなりました。

平成29年度 あすなろ交流会 (2)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 つづいて「わくわくタイム」では、チームのメンバーと協力しながら、ボールをパスしたり、フラフープをくぐったりするゲームを行う中で、同じグループの友だちと交流を深めました。
 休憩タイムをはさんで、わくわくタイムの後半は、「いきをあわせて!パラバルーン」を楽しみました。
 この交流会では、いつもよりすこし早い11時20分ごろから「お弁当タイム」となりました。
 午後からも「どきどきタイム」や交流遊び、エアロビクスなど、楽しいプログラムを楽しみ、タクシーに乗車して学校まで帰りました。
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
瀬戸市立深川小学校
〒489-0074
愛知県瀬戸市宮脇町53
TEL:0561-82-2272
FAX:0561-82-2362