最新更新日:2017/12/15
本日:count up1
昨日:39
総数:158327
12月15日(金):もちつき会     19日(火):4・5年「NHK出前授業」    20日(水):おおぞら組「4校交流会」(本校)   6年「5校交流会」(本校体育館)

就学時健康診断のご案内

 平成30年度入学予定のお子様の保護者のみなさまへ

 明日(19日)の午後、入学予定者を対象に「就学時健康診断」が行われます。
 学校医さん(内科・歯科:眼科)による検診をはじめ、視力、聴力、発達検査などを実施します。
 「発達検査」は設問ごとに細かな指示や説明が必要です。また、子どもたちは筆記により回答をしてもらいますので、他の検査にくらべて少々時間がかかります。

 当日の日程は下記のとおりです。

 [受 付]  13時45分〜

 [検 診]   14時00分〜
画像1 画像1

3年 4校合同校外学習 (1)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 10月18日(水)、深川小学校をはじめ、道泉小、祖母懐小、東明小4校の3年生は、貸切バスに乗って、岡崎市と豊田市に合同校外学習に出かけました。そのようすを紹介させていただきます。
 はじめにバスが向かったのは、、岡崎市にある「カクキュー八丁味噌の郷」です。
 子どもたちは、衛生管理された近代的な工場内で味噌がパッケージに詰められる工程をガラス越しに見たり、伝統的な味噌造りの方法を知ることができる史料館や味噌蔵に入ったりして学習を深めました。

 見学の合間には、味噌田楽の試食やみそ汁の試飲コーナーがあったりして、子どもたちは目と口など五感をつかって学習したようですよ・・・(*^_^*)

3年 4校合同校外学習 (2)

 大きな樽のならぶ味噌蔵の中は、味噌の香りがぷ〜〜んとしました。
 樽の上に重しの石が積まれていますが、こんなにバランス良く、きれいに石が積める職人さんは、ここには5人しかみえないそうです。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

3年 4校合同校外学習 (3)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 工場見学を終えた子どもたちはバスに乗って次に向かったのは、豊田市にある「鞍ヶ池公園」です。ここで昼食タイムとなります。
 お弁当を食べてパワーアップした4校の子どもたちは、仲良くなるためにゲームで交流しました。(ふれあいタイムとしましょう)
 ゲームは、フラフープをつかって、となりの友だちにパスしていくのがルールです。子どもたちは手をつないだり、友だちと呼吸をあわせたりする中で、しだいにうちとけていきました。

3年 4校合同校外学習 (4)

“ふれあいタイム”でなかよくなった4校の子どもたちは、公園内の遊具で思いっきり楽しみました。
 白く見える小山は、トランポリンのような弾力性のある素材で、ピョンピョンと跳ねることができるので、子どもたちには大好評だったようです。(よく見ると、靴を脱いでいますね)

 最後に全員で集合写真を撮影して、帰路につきました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

教育機器も進化しています

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 10月18日(水)の5時限目、6年1組の教室では算数の授業が行われていました。今日のテーマは「比例と反比例」です。担任の藤巻教諭はコンピュータ内の教材をプロジェクターで提示して授業をすすめていました。
 
 現代の学校では、コンピュータを活用した学習をはじめ、電子黒板やタブレット端末などの教育機器を導入する学校が増えてきたことは当ホームページでも紹介させていただきました。
 今日の授業で藤巻教諭が使用していたプロジェクターは黒板と至近距離でも投影が可能な機種であります。

 昭和世代のお父さん、お母さんが小学生だった頃は、学校の先生がOHP(オーバーヘッド プロジェクター)で、影絵(かげえ)のように書かれた教材を提示していましたね。(もちろん私もお世話になりましたが、暗幕で部屋を暗くしなければならなかったり、設置して組み立てるのが面倒であったり、重くて運ぶのも大変でした)
 やがてOHPも軽量化がはかられたり、折りたたみ式の機種が開発されて、持ち運びが楽になったりするなど進化していきました。
 平成の時代になると、OHPにかわって「実物投影機」なるものが登場!小型カメラが搭載されて、絵本をはじめ、実物の植物や昆虫、子どもたちの作品まで、台の上に乗るサイズならば何でもスクリーンに映し出すことができるようになりました。

 教育機器も日々、進化しているんです・・

バースデー・ブラッシング(10月18日)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 今回は10月生まれの2年(男子)、5年(男子)、6年(女子)の3名を招待してのバースデー・ブラッシングとなりました。この3名はいずれもこれから誕生日をむかえる子たちばかりです。
 (ちょっと早いけれど、みなさん、誕生日おめでとう!)

 楽しくおしゃべりをしながらの会食後には、3分間の歯みがきタイム、そして染め出し液で歯の汚れのチェックを行いました。
 毎度おなじみとなりました秘密兵器の「見歯るくん」ですが、故障のため、ただいま入院中であります・・・

きょうの給食(10月18日)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
[今日のメニュー]

・ミネストローネ
・かぼちゃサラダ
・ミルクロールパン
・牛乳
・みかん

 「ミネストローネ(minestrone)」は、トマトを使ったイタリアの野菜スープです。
“ミネストローネ”という名前は、イタリア語で「具沢山(ぐだくさん)」とか「ごちゃ混ぜ」という意味の言葉だそうです。
 このスープは、地域により使用する材料に特徴があり、パスタが入ったものを“イタリア風”、米入りを“ミラノ風”、パスタと香辛料が入ったものが“ジェノバ風”、いんげん豆入りを“トスカナ風”と呼ぶそうです。
 今日の給食では鶏肉をはじめ、トマト、たまねぎ、パセリ、にんじん、しめじ、マッシュルーム、そしてマカロニを使用しましたので、“イタリア風”でしょうか。

 「かぼちゃサラダ」に入っているかぼちゃは、ビタミンCやE、食物繊維などが多く含まれ、“栄養の宝庫”と言われています。
 今日はかぼちゃとハム、きゅうり、とうもろこしを豆腐マヨネーズであえてありました。
 食後のフルーツは、みかんでした。
 

3年 4校合同校外学習に出発!

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 10月18日(水)、3年生(1組とおおぞら組)は「合同校外学習」に出かけます。昨日までの雨もあがり、朝から青空が広がっています。(晴れ男か晴れ女がいるのでしょうか)
 今回は深川小をはじめ、道泉小(29名)、祖母懐小(23名)、東明小(23名)あわせて4校合同の校外学習です。
 4校の子どもたちは貸切バスに乗って、岡崎市にある「カクキュー八丁味噌の郷」で味噌がつくられるようすを見学した後、豊田市の鞍ヶ池公園でお弁当をとって交流活動をします。(深川小は一人お休みなのがさみしいです(-_-)
 
 午前8時55分、3年生の子どもたちは元気に
「いってきま〜〜す!」
と挨拶をして学校を出発しました。
 校舎の窓から上級生の
「いってらっしゃ〜〜い!」と励ましのエールに、3年生は手を振ってこたえます。

 9時00分、ファミリー交流館前に待機していたバスに乗車して、いよいよ出発です。

お店を出そうプロジェクト(10月17日)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
  3年生が2学期に取り組むキャリア教育の活動として、末広商店街で販売体験を行う「お店を出そうプロジェクト」を計画しています。
 このプロジェクトはもうすっかりおなじみとなり、毎年、販売の日には保護者をはじめ、地域の人たちで商店街がにぎわいます。
 運動会が終わり、子どもたちはお店のオープンにむけての準備をすすめています。
 今年度は瀬戸商工会議所より、小野さんと山田さん二名をゲストティーチャーとしてお迎えして、出前授業をしていただきました。

 小野さんは、
「魅力あるお店はどんなお店なのか」、「品物を売る人も買う人もハッピーになるのはどうしたらよいのか」
などをテーマに子どもたちに話し合わせました。
 そしてお客さんの相手をするときには、「笑顔で」、「元気で、あかるく」という気持ちが大切なことを教えてくださいました。

 授業の最後には、店員とお客さんの役にわかれて、買い物のシミュレーションをしてみました。

先生による読み聞かせ (1)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 10月17日(火)、読書週間の2日目です。
 朝の読書タイムに行われるのは・・・もうおなじみとなりました、1日限定の“お楽しみ企画”「先生たちの入れ替え 読み聞かせタイム」です。
 これは、学級担任が1日限定で入れ替わって、読み聞かせを行うというものです。どの先生がどこの学級を訪問するのかは、子どもたちのお楽しみであります。
 さっそく、担任の先生ではない「先生による読み聞かせ」のようすを紹介させていただきます。

 1年1組の教室へやってきたのは、6年生を担任する藤巻教諭です。
 藤巻教諭が持ってきたのは「青いかいじゅう」と「赤いかいじゅう」という2冊の絵本です。
 まるで親子のふれあいシーンのように、深川小ならではの“近距離による読み聞かせ”がスタートです・・・

先生による読み聞かせ (2)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 2年1組の教室にあらわれたのは加納教諭(3年担任)でした。
 加納教諭は「いま、なんさい」という楽しい絵本を読みました。“さい”の語呂合わせがつづく、おもしろいお話で、教室には子どもたちのゆかな笑い声が響きました・・・

先生による読み聞かせ (3)

画像1 画像1
 3年1組では、佐藤教諭(2年担任)が子どもたちを黒板前に集めて、「うまかた やまんば」のお話を読みました。

 4年1組の教室では、近藤教諭(5年担任)が「はらぺこあおむし」(外国語版)を読みました。しかも!英語で読んで聞かせていました。4年生の子どもたちにとって、近藤教諭は小学校入学したばかりの1年生のときの担任でした。読み聞かせを聞いて、あの頃を思い出した子もいたのかな・・・
画像2 画像2

先生による読み聞かせ (4)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 5年1組では、太田教諭(4年担任)が「ともだちや」というお話を読みました。(写真 1・2)
 6年1組の教室には、前年度担任の佐脇教諭(2年担任)が登場。佐脇教諭は、絵本「半日村」を読んで聞かせました。(写真 3〜5)

きょうの給食(10月17日)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
[今日のメニュー]

・洋風団子汁
・牛肉入りきんぴらごぼう
・ごはん
・牛乳

 「洋風団子汁」は白みそ仕立てのみそ汁です。メインの米粉団子をはじめ、豚肉、じゃがいも、にんじん、大根、ねぎが入っています。“洋風”という名前のとおりミルクが入っています。
 ミルクを入れることで、味噌汁がまろやかな味になります。また、白みそを減らしミルクを入れることで減塩もできます。ただ白みそを減らすだけでは味気なくなりますが、ミルクも入れることでコクが出るので少なめの白みそでも十分おいしくいただけます。

 「牛肉入りきんぴらごぼう」には牛肉、ごぼう、こんにゃく、にんじん、さやいんげんといった食材を使用しています。給食では“肉無し”のきんぴらごぼうが登場するときもありますが、今回はお肉入り、ましてや牛肉を使用しています。ちょっぴり豪華なきんぴらになりました。
 きんぴらごぼうの“きんぴら”は漢字で書くと“金平”と書きます。これは江戸時代に流行った「浄瑠璃(じょうるり)」に登場する「坂田金平(さかたのきんぴら)」という主人公の名前がもとになっていると言われています。
 坂田金平は物語の中で、とても力持ちで、強く、勇ましい武将として語られていました。ごぼうの歯ごたえがあって精がつくところや、味付けにつかわれる唐辛子(とうがらし)のピリッとした強い辛味が、とても強い坂田金平のイメージにあっていたので、千切りのごぼうを甘辛く炒め煮にした料理を「きんぴらごぼう」と呼ぶようになったのです。 これとは別に、坂田金平を演じる役者の髪型がごぼうの細切りに似ていたというのが「きんぴらごぼう」の由来という説もあります。

焼きそば用のお皿づくり (1)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 10月17日(火)の1・2時限、東洲窯の小野村さんを講師にお迎えして、4年生、5年生の子どもたちを対象に出前授業「瀬戸焼きそば用のお皿をつくろう」が行われました。
 この授業は、瀬戸市のキャリア教育推進における重要拠点の瀬戸商工会議所がサポートするプロジェクトの一環です。  
 このプロジェクトは瀬戸で学ぶ子どもたちが、窯業関係者の指導のもとで、自分たちがデザインした瀬戸焼の皿を制作することから始まり、完成したオリジナルのお皿に、自分たちが調理した瀬戸焼きそばを盛りつけて食することで完結するという内容のものです。
 今日は出前授業の第2回ということで、第1回で子どもたちが制作したお皿が小野村さんの工房で焼成(素焼き)されて、学校に届きました。

 自分のお皿と久しぶりに対面した子どもたちは、小野村さんの指導でサンドペーパーで表面をみがく作業に取り組みました。
 このペーパーがけをすることによって、釉薬がきれいにのって、仕上がりが美しくなるそうです。

焼きそば用のお皿づくり (2)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 ペーパーがけでお皿の表面がなめらかになったら、釉薬がけの作業です。
 子どもたちは、小野村さんから教えていただいた手順にしたがって、チョイスした釉薬をお皿になじませていきます。この場面は友だちと協力しなければうまくいきません。神経を集中させて、ペアでの作業になります。

 釉薬がはみ出てしまったところは、すばやくスポンジでふきとり、その反対に釉薬の乗りが不十分であったところは筆で釉薬をていねいにのせていきます・・・

焼きそば用のお皿づくり (3)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 世界に一つ、自分だけの「焼きそば用のお皿」へ釉薬をかける作業が終わりました。
 これらの作品は小野村さんの工房に運ばれて、業務用の窯で焼成されます。(どんな色になって届くのでしょうか)

 3学期に子どもたちは、ゲストティーチャーの指導で瀬戸焼きそばづくりを体験し、完成したオリジナルのお皿に焼きそばを盛り付けて会食をします・・・

焼きそば用のお皿づくり (4)

 オリジナルのお皿に釉薬をかける作業も終わった子どもたちは、最後に「ろくろ体験」をしました。
 小野村さんの実演を見た後、4、5年生から一人ずつが代表でろくろによる“器づくり”を体験させていただきました。
 さらに近藤教諭(5年担任)も大人を代表して(?)、ろくろ体験をさせていただきました。

 こちらの焼き上がりも楽しみですね・・・
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

3年 校外学習(アピタ瀬戸店)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 10月16日(月)の午前、3年生(1組とおおぞら組)の子どもたちは、アピタ瀬戸店(幸町)へ校外学習に出かけました。
 食料品売り場の陳列棚やプライスカードがどのように配置されているのかを自分の目で確かめたり、バックヤードへの入場を許可していただき、食肉や野菜が機械でカットされて、パック詰めや値札がオートメーションで行われている現場を見たりすることができました。さらにマイナス20度の冷凍庫内部もどのようになっているのかわかりました。
 アピタ・ピアゴグループは、食材カットやパック詰めなど商品ができあがるまでに出たゴミが入れられたビニル袋のシールにバーコードリーダーを当てると、それぞれのブースが負担するゴミ処理費用が自動的に出てくるシステムも整備され、廃棄物の処理もしっかり管理されていることもわかりました。
 従業員のみなさまはいそがしい仕事の手をとめて、見学にやってきた子どもたちにやさしく説明をしてくださいました。このホームページの紙面をかりて感謝申し上げます。

 今日、アピタ瀬戸店で調べたことは、子どもたちが学校に帰ってワークシートやポスター、“見学新聞”などにまとめる予定です。
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
瀬戸市立深川小学校
〒489-0074
愛知県瀬戸市宮脇町53
TEL:0561-82-2272
FAX:0561-82-2362