最新更新日:2017/03/29
本日:count up1
昨日:66
総数:134082
4月5日(水):入学式準備(新6年生ががんばってくれます!)     6日(木):入学式    7日(金):着任式・始業式・対面式

朝会(3月6日)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 本日の朝会は、「子ども版画展」の審査会で入賞した子どもたちへの表彰を行いました。

[特選] 山崎さん(6年)

[入選] 鈴木くん(2年) 田口くん(1年)

 3名のみなさん、おめでとう!
 入賞した作品は、4月の陶祖祭にあわせて開催される「子ども版画展」で展示される予定です。 

きょうの給食(3月6日)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
[今日のメニュー]

・洋風団子汁
・きんぴらごぼう
・ごはん
・牛乳

 「洋風団子汁」は白みそ仕立てのみそ汁です。米粉団子、豚肉、じゃがいも、にんじん、大根、ねぎが入っています。“洋風”という名前の通りミルクが入っています。
 ミルクを入れることで、味噌汁がまろやかな味になります。また、白みそを減らしミルクを入れることで減塩もできます。ただ白みそを減らすだけでは味気なくなりますが、ミルクも入れることでコクが出るので少なめの白みそでも十分おいしくいただけます。

 「きんぴらごぼう」のメイン食材であるごぼうは100g中5.7g食物繊維が含まれています。これは野菜の中でも群をぬいて多く、食物繊維が不足しがちな現代人にはうれしい野菜です。また、ごぼうの中だけでなく、皮にもたっぷり含まれているので、剥かずにたわしでこすり洗いしたり、包丁の背でこそげとったりして調理するのがおすすめです。

6年「バイキング給食」 (1)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 3月6日(月)、6年生の卒業をお祝いする「卒業記念バイキング給食」が行われました。
 4時限に入ってから、バイキング給食が行われる図工室では、栄養士の岡野さんがせっせと準備をはじめていました。

 “バイキング料理”とは、大きなテーブルにいろいろな種類の料理をまとめて並べ、客が各自で好きなものを好きな分だけ皿にとって食べる形式の料理のことです。ただし、このバイキング料理という呼び名は、外国では通用せず、日本独自のものなのだとか。
 このバイキングという料理のルーツを調べてみると・・・・帝国ホテル(東京)のレストランで北欧の「スモーガスボード」をまねた料理が出された昭和30年代までさかのぼることになります。
 帝国ホテルのレストランが開業した当時、アメリカ映画「バイキング」が公開されていました。映画の中では、船上での食べ放題のシーンがあって、それをヒントにシェフがこのバイキングをレストランの名称にしました。このレストランの料理は大変好評を博し、その名前はビュッフェレストランの代名詞となり、やがて全国に「バイキング」の名前が広まっていきました。
もともとの「バイキング」とは、8世紀から11世紀にかけて西ヨーロッパ沿海部を侵略したスカンディナヴィアの武装船団(海賊)を指す言葉で、食べ放題の食事とは無関係のものでした。

 “卒業おめでとう”のメッセージが黒板に飾られ、作業机にかわいいテーブルクロスが敷かれただけで、図工室はレストランのような華やかなムードになりました。
 バイキング給食限定の料理が並べられて準備完了です!

6年「バイキング給食」 (2)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
6年生のために用意された「バイキング給食」は、1年から5年生までがいただく本日のレギュラーメニュー(洋風団子汁&きんぴらごぼう)にプラスアルファ!いろいろなオマケがついたスペシャルなメニューとなっています!
 ちょっと、その内容を紹介しちゃいます・・・

・まぐろスティック
・厚焼きたまご
・ハリハリづけ
・手巻き海苔
・ボイルウインナー
・チキンナゲット
・れんこん入りつくね
(6年は卒業遠足に出かけていて賞味できなかった幻の一品)
  *この中から好きなものをチョイスします。

 メニューから想像がつくように、今回はワイワイ楽しく、“手巻きパーティー“ができますね。

 食後のフルーツは、イチゴ、オレンジから1品をチョイスします。

 さらにスイーツの登場! 今回は「エクレア」です。

 バイキング給食というネーミングですが、学校給食では、レストランのような“食べ放題メニュー”ではありません。友だちのことも考えて、どれを食べようか、チョイスする必要があります。

 このホームページの画像を見た下級生は、早く6年生になりたいと思うかな・・・

6年「バイキング給食」 (3)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
岡野さんから注意事項を聞いたら、セルフサービスによる配膳です。 
 6年生の子どもたちにとって、みんなで体験するバイキング形式のランチは、2月末に岡崎市へ出かけた卒業遠足の昼食につづいてこれが2回目となります。

 子どもたちは思い思いにチョイスした料理を盛り付けて、準備完了です。牛乳びんに飾り付けられたリボンは、岡野さんと用務員の松原さんの手作りであります。

6年「バイキング給食」 (4)

 いよいよおまちかねの会食タイムです。6年担任の佐藤教諭、栄養職員の岡野さん、そして私(校長)も同席させてもらいました。
 6年1組はとても給食をよく食べてくれるクラスです。今日もおしゃべりをしながら楽しくひとときを過ごせました。

 終わってみると、食缶の中やトレーの中は「残さい」はゼロ!みごとに完食でした。


 “卒業記念○○”とか“小学校生活最後の□△◇”といったタイトルの行事が過ぎていく中で、卒業する日まで学校へ通うのは、「残り8日」と聞くと、なんだかさみしくなりますね・・・

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

縦割り活動(最終回)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 先週より雨で順延されていた「縦割り活動」が、3月6日(月)にようやく実施することができました。
 この「縦割り活動」は 最高学年の6年生がプログラムを企画して、長い放課にいろいろな遊びをとおして異学年とふれあう児童会行事です。今年度は、春の「全校遠足」(モリコロパーク)からスタートして、学期ごとに行われ、3月のこの活動が最終回となります。
 今日は6年生が「鬼(おに)」となって下学年を追いかける「全校鬼ごっこ」で楽しみました。(ゲームの途中からは、一部の元気な先生も参戦して、子どもたちを追っかけてました(^o^)

 こうして全校みんなそろって遊ぶ機会もラストかと思うと、ちょっぴりさみしいですねぇ・・・

 

さらに・・延期となりました!

画像1 画像1
 深川小学校が東海テレビのニュース番組「みんなのニュース One」で紹介されることや、その放送予定日が3月6日(月)に変更されたことは、当ホームページでお知らせいたしました。

 3日(金)に担当者から連絡がありました。またまた放送日が変更となりましたので、録画設定をされている方は、またまた変更をよろしくお願いいたします。

【放送日の変更】

 [変更前] 3月6日(月) ⇒ [変更後] 3月7日(火)
画像2 画像2

「感謝の会」がFacebookで紹介されました!

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 先日、学習ひろばで行われた「感謝の会」の模様が「教育サポートセンター」のFacebookで紹介されています。
 興味のある方は、当ホームページ右側にある「瀬戸市役所 教育サポートセンター」をクリックしていただくと、ご覧になれます。


 最初の画面では、他校の児童の姿ばかりで、深川小学校の画像が表示されませんが、写真の「+10」というところをクリックすると、ご覧になれます。

What number is it ?

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 3月3日は金曜日、英語担当のマケイダ先生が来校する日です。
 6時限目、マケイダ先生が3年1組の教室に登場!英語のレッスンをしてくださいました。
 今回は1から20までの数字を英語でどのように表現するかを練習しました。マケイダ先生に指名されても臆することなく、堂々と答える子どもたちの姿がありました。

 授業の最後は、「数字ビンゴ」で今日のレッスンのおさらいをしました。

飾り付けの制作 真っ最中です!

 おなじく6時限目、4年1組の教室では子どもたちが、6年生の卒業をお祝いしようと大きな飾り付けをつくっていました。
 いつものことですが、この学級の子どもたちは、どんな活動の場面でも、元気で、にぎやかですわ。
 はたして、どんな作品が完成するのかはシークレットですが・・・きれいな花畑の中で子どもたちがにぎやかな躍動しているシーンのように思えます。(あくまでも私の予想ですが)
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

祖東中学校 卒業式 (1)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 3月3日(金)、瀬戸市内の8つの中学校では卒業式が行われました。

 私(校長)は祖東中学校の「第70回 卒業証書授与式」に、深川小学校を代表して出席させていただきました。
 式典には来賓として、瀬戸市長の伊藤保徳様をはじめ、教育委員の林 みゆき様、諸団体の代表者の皆さまが出席されました。

 深川小学校を卒業した子どもたちもりっぱな態度で式に臨んでいました。

祖東中学校 卒業式 (2)

 今年度、祖東中学校を巣立つ生徒は63名です。
 卒業式は粛々と進行していきました。水野校長より堂々たる態度で卒業証書を受け取った生徒は、来賓として出席された瀬戸市長の伊藤氏よりお祝いの言葉をいただきました。

 「在校生送辞」では、2年生の代表がフロアに立ち、部活動の先輩にかけられた言葉を胸にがんばってきたことや先輩への憧れと感謝の気持ちを、「卒業生答辞」では、3年の加藤くんが壇上で、中学校生活の思い出と祖東中を去りがたい心境を述べました。
 卒業式は1時間半ほどで終了し、深川小へもどりました。

 本山中学校の式典には、岩田教頭と大谷PTA会長の二名が学校を代表して出席しました。 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

♪ きょうは楽しい ひな祭り ♪

画像1 画像1
本日(3月3日)は、ひなまつりです。女の子がいる家庭では、ひな人形を飾り、桃の花や菱餅(ひしもち)を供え、白酒でお祝いをします。
 ひなまつりは、身についた悪いものを紙でできた人形に移し、川に流す「ひな流し」から始まったとされています。
 給食にも“ひなまつり献立”として、ちらし寿司などが出ました!

 「ひしもち」は、ひな人形を飾る時に、一緒に供える菱形(ひしがた)のお餅で、ひなまつりにちなんだ“行事食“です。
 ひしもちの色にはそれぞれ意味があり、緑色は「若草」、白色は「雪」、ピンク色は「桃の花」を表しており、ひな祭りは長い冬がようやく終わりに近づき、春がもうすぐそこまでやってきていることを知らせる行事でもあります・・・
画像2 画像2

きょうの給食(3月3日)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
[今日のメニュー]

・すまし汁
・厚焼きたまご
・きゅうりの塩あて
・ちらしずし
・牛乳

 3月3日は「桃の節句」、つまりひな祭りです。給食でもそれにちなんだ季節感のあるメニューが登場しました。
 金曜日は“自校ごはんの日“で、調理室で炊きあげた「ピラフ」や「とりめし」などが出ることが多いのですが、今日はひな祭りということで、調理員さんが「ちらしずし」をつくってくださいました。
 通常は白いごはんも業者さんが炊いたものが届けられるのですが、今日は調理室の回転釜でお米から炊きあげて、「すめし」をつくりました。きっと調理員さんはご飯と酢をまぜるのに手が疲れたことだろう・・と思います。
 さて、「ちらしずし」の具には、しいたけ、れんこん、にんじん、エビが入っていました。私は、「厚焼きたまご」を箸(はし)で細かくして、「きゅうりの塩あて」といっしょにトッピングして、ゴージャスなちらし寿司にしてみました。(おいしそうでしょ?)
 「ちらしずし」の相棒には、豆腐やねぎ、わかめ、かまぼこなどが入った「すまし汁」が出ました。

 ここ数年、ひな祭りの日のデザートは「菱餅(ひしもち)」が出ていましたが、今回は「ひなあられ」でした。

イノシシ目撃情報(3月2日)

 緊急メール配信でもお知らせしましたが、とうとう深川校区でもイノシシが目撃されました。ご注意ください。

(日 時) 3月2日(木)午後5時45分ころ

(場 所) 西印所町 北端

(状 況)
 イノシシが道路を西から東へ横断するところを、帰宅途中の本校職員が目撃した
画像1 画像1

平成29年度 前期児童会役員選挙(演説会)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 3月2日(木)の5時限、来年度の前期児童会役員を決めるための「演説会」と「投票」が行われました。今回の選挙では、定員3名のところへ5名の立候補者がありました。
 演説会場の学習ひろばには、この選挙から、新たに役員選挙の投票権があたえられた3年生の姿が会場に見られます。演説会では選挙管理委員が司会・進行をつとめましたが、きっとしっかりリハーサルをしたのでしょう、とても上手に会を進行させていました。
 演説会では、はじめに推薦責任者が推薦の理由を述べ、つづいて立候補者による演説が行われました。
 立候補者たちは、ちょっと緊張しながらそれぞれの演説の中で、「明るく、元気にあいさつができる学校」、「笑顔があふれる元気な学校にします」、「みんなが楽しめる集会(行事)を計画します」などのマニフェストを発表していました。

平成29年度 前期児童会役員選挙(投票)

 演説会が終了したら、同じ会場(学習ひろば)で投票も行われました。
 受付で選挙管理委員より投票用紙を受けとった子どもたちは、個別に仕切られた「記入場所」へ移動して、必要事項を記入します。その後、出口に置いてある投票箱に投票したら教室へ帰ります。

 児童会役員の定員は3名です。即日開票が行われ、下校時には結果が発表されました。

 今回の選挙では、5年1組から立候補した3名(女子)が当選しました!
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

せつめいしましょう (1)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 3月2日(木)の2時限、2年1組(担任:近藤教諭)の教室では算数の授業「はこの形」が行われていました。
 今年度、近藤教諭の目標の一つに、「自分の考えや思いを表現できる子の育成」を掲げて指導をしてきました。近藤教諭は、その目標を達成するために、子どもたちがグループや、隣の席の友だちとペアになって話し合い活動を行う機会をできるだけ多く取り入れてきました。
 また、子どもたちの表現する力を伸ばすために、自分の考えをノートに書くだけでなく、声に出して表現させるような工夫もしました。

 今日の授業では、箱を構成するパーツの規格が少しまちがっていて、うまく箱が完成しない問題を解決し、そのわけを友だちにわかりやすく説明することが要求される課題が出ました。
 2年1組の子どもたちは前の授業で、画用紙に作図されたパーツを切り取って、実際に箱を組み立てる活動をしています。この経験をもとに、どのパーツが本当に必要なもので、どのパーツをどのように直したらよいかを考えていきました。
 子どもたちの考えがまとまってきたのを見計らって、今年度に力を入れてきた「隣の席の友だちとペアになって、自分の考えをまとめて聴いてもらう」時間です・・・

せつめいしましょう (2)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 となりの席の友だちと交互に説明をした子どもたち、こんどはみんなの前で自分の考えを発表します。
 数名の子どもが挙手をして発表しましたが、どの子も堂々と、友だちにわかりやすく、自分の考えをまとめて説明をしていました。また、それを聴いた子どもたちは
「よくわかりました!」
と、友だちの説明を賞賛するなど、一人一人が確実に成長しているなぁ・・と感じることができた授業でした。

 最後の5分間は「百ます計算」のシートにチャレンジして、授業は終わりました。
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
瀬戸市立深川小学校
〒489-0074
愛知県瀬戸市宮脇町53
TEL:0561-82-2272
FAX:0561-82-2362