最新更新日:2018/01/23
本日:count up18
昨日:134
総数:160714
1月24日(水):「全国学校給食週間」スタート    3・4年「基礎学力習得調査」    25日(木):「入学説明会」(新1年生保護者対象) 

ちょっと早いですが・・サンタが登場!

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 給食の時間が始まりました。クリスマスを前に今年もあわてんぼうのサンタクロースが深川小学校に登場!しかも今回はダブルサンタです。
 さいしょに遭遇したのは、放送当番の5年生の女の子でした。
 教室のスピーカーからクリスマスソングが流れる中、二人のサンタはトナカイを引き連れて、それぞれの教室を訪問、子どもたちに「お楽しみケーキ」をくばって回りました。

1年生 年賀状を出してきました!

画像1 画像1
 1年生は,月曜日から年賀状作りに取り組んでいました。1学期にも手紙の学習をしましたが,今回は宛名も自分たちで書きました。
 本日(21日)は,出来上がった年賀状を校区内にある刎田郵便局のポストへ投函しに行きました。
 1年生は,「お正月に年賀状が相手のところに届くのが楽しみ」と嬉しそうに言っていました。

佐伯教授の楽しい実験授業 (1)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 12月21日(木)の3・4時限、「大学コンソーシアムせと」の事業の一つである出前授業が3〜6年生を対象に行われました。
 「大学コンソーシアムせと」とは、瀬戸市と近隣の5大学(愛知工業大学、金城学院大学、名古屋学院大学、名古屋産業大学、南山大学)が協働して、新しい文化活動を創成していくための組織です。
 具体的には、市民が自ら学ぶ生涯学習への支援、市民と学生の交流、小中高教育との連携・支援、まちづくりのお手伝いなど活動が展開されています。
 今回は愛知工業大学の客員教授・佐伯 平二氏を講師にお招きして、楽しい理科の実験授業をしていただきました。
 今回の授業は図工室で行われました。黒板のまわりにはいろいろな実験道具がスタンバイしている中で白衣姿の佐伯教授が登場!(今日は盛りだくさんの楽しい実験のオンパレードでした)
 オープニングは、ペットボトルの中に人工的に雲を発生させる実験です。用意するものは、ペットボトルと特殊なキャップ(炭酸飲料のガス漏れをふせぐもので、ネット販売や名古屋などで入手可能です)
 ボトルには消毒用のアルコールがほんの少し注入してあります。子どもたちが黒いキャップをつまんでボトル内の圧力を変えていきます・・・

佐伯教授の楽しい実験授業 (2)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 二つの目の実験は、二つのペットボトルを使用します。
 二つのボトルはプラスチック製の器具で連結されています。上のボトルには空気、下には水が入っています。
 佐伯教授は
「このボトルを180度回転させると、水は下のボトルに移るでしょうか」
と子どもたちに問いかけます。「下に落ちる」という意見もあれば「そのまま動かない」という子もいました。
 実際にやってみると、上のボトルの水は下に落ちませんでした。ここには水の表面張力が関係しているそうです。

 佐伯教授はさらに次のように問題を投げかけました。
「どうやったら、水は下に落ちるでしょう」
 子どもたちからは、いろいろな意見が出ましたが、6年生男子が
「上と下、両方のボトルに穴をあければいい!」
との声があがり、さっそく実験してみました・・・

佐伯教授の楽しい実験授業 (3)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 二つのペットボトルを連結したもう一つの実験です。
 ボトルを揺さぶって、トルネードを発生させることで、上のボトルの水が簡単に下のボトルに落ちていくようすを観察できました!

佐伯教授の楽しい実験授業 (4)

 つづいてもペットボトルと液体をつかった実験です。
 ペットボトルの中の液体は茶色がかっています。佐伯教授によれば、うがいの時に使用する「イ○ジン」という薬品が混ぜてあるそうです。それを子どもたちが激しく振ると、なんと透明の液体に変化しました。実は・・ボトルキャップの裏にもう一種類、ある薬剤が仕組まれていたんです。(その正体はお子様におたずねください)
 うがい薬も、もう一つの薬剤も入手することは簡単で、子どもたちでも家庭で手軽に実験できるものです。(ぜひ、トライしてみてください)
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

佐伯教授の楽しい実験授業 (5)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 さて、またまた液体をつかった3つの実験です。
 佐伯教授が用意した黄色の液体、別のワイングラスに注ぐと赤色に変化しました。別の赤色の液体を取り出し、グラスに注ぐと、今度は透明になりました。これは酸性・アルカリ性を判定する試薬を使用しているそうです。

 つづいての実験は身のまわりにある品物などをつかって、家庭でも行える実験を紹介してくださいました。
 まずはカップ麺の容器(ちょっと加工がしてあります)、そして髪を乾燥させるドライヤー、この二つで実験ができます。
 ドライヤーのスイッチをONにして、上向きに風を送ります。その上の空間にカップを置くと、あら不思議!カップが空中で静止するではありませんか!
 この現象、小学生にはちょっと難しいですが・・「ベルヌーイの定理」というスイスの物理学者であるダニエル・ベルヌーイが1738年に発見したもので説明できるそうです。(物理の苦手な私には、ちょっと、ややこしいですね(^_^;)

佐伯教授の楽しい実験授業 (6)

 さて、こちらも家庭にある材料で、物体を宙に浮かす実験です。
 佐伯教授はまずバルーンアートでよく使われる風船を取り出し、細長くふくらませます。つづいて荷造りに使用するポリプロピレンのテープを、さきイカを食べるときのように細かく裂いていきます。(ちょうどダンス用のポンポン飾りをつくる時みたいに)
 佐伯教授が脇と体の間で風船をこすって静電気を発生させます。これは小学生の頃にプラスチック製の下敷きをこすって、頭に乗せると髪の毛が逆立つ遊びを思い出します。
 教授がさきほどのポンポン飾りを宙に投げて、風船を近づけます・・・・
 すると、あら不思議!風船から逃げるように、ポンポン飾りが宙に浮き上がります。やがてポンポンは天井にピタリとくっついてしまいました・・・
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

佐伯教授の楽しい実験授業 (7)

 こちらも静電気に関する実験です。佐伯教授が取りだしたのは手作りの実験器具である「ライデン瓶(びん)」です。見た感じは、ペットボトルにアルミ箔を巻いて、口には金属の線らしきものが出ています。このライデン瓶は、静電気をためておくことができる道具だそうです。
 実験は、代表児童10名が前に出て、手をつなぎます。佐伯教授がバルーンとマフラー生地、アクリル板との摩擦で発生する静電気を先頭の児童の持つ手作り実験器具(ペットボトルを改造したもの)に流すと・・・
 その瞬間、ビリリッと電気が流れたようです。大きな声を出す子、飛び上がる子、にやりと笑う子・・
 いろいろな反応がありました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

佐伯教授の楽しい実験授業 (8)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 楽しかった佐伯教授による授業もいよいよ終わりの時間をむかえました。最後は「静電気発生装置」(バンデグラフと呼ばれる機器だそうです)を使った実験です。
 バンデグラフは金属球に静電気を蓄電する仕組みになっています。球形になっているのはできるだけ放電しないようにするためだそうです。
 佐伯教授が発生装置の金属球に手をふれると、だんだん髪の毛が逆立ちはじめます。このことから、教授の体が電気を帯びていることがわかります。
 佐伯教授に指名された代表児童(4年)が前に出て、教授と手と手をあわせてみました。
 その瞬間、「バチッ!」という音とともに小さな火花が見えました。教室からは笑い声やちょっとビビッた悲鳴のような声がひびきました。

 佐伯教授による楽しい実験で、あっという間に二コマ分の授業時間が過ぎていました。ぜひ来年度も佐伯教授をお招きしての実験授業が行えたら・・と思いました。

きょうの給食(12月20日)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
[今日のメニュー]

・白菜とブロッコリーのシチュー
・ごぼうサラダ
・ロールパン
・牛乳

 「白菜とブロッコリーのシチュー」は白菜の黄色と黄緑色、ブロッコリーの緑、にんじんのオレンジ色が白いシチューに映えていろどりがきれいでした。
 給食のシチューはバターと小麦粉、牛乳で“ホワイトルー”から作っていきます。
 メイン食材である白菜とブロッコリーは冬が旬の野菜です。これらの野菜にはβ-カロテンやビタミンCが多く含まれており、風邪の予防効果が期待されます。ビタミンCは洗ったり茹でたりしただけで水に溶け出てしまいますが、今日のようなシチューやスープなどの汁ごと食べられるメニューに入れれば流出したビタミンCを摂取することができます。

 「ごぼうサラダ」はごぼう、きゅうり、にんじん、ツナを、しょうゆをベースにしたドレッシングであえてあります。
 ごぼうは食物繊維を豊富に含みます。便秘の解消に効果が大きいだけでなく、不溶性食物繊維の「リグニン」が腸内の発ガン性物質を吸着し、大腸ガンの予防効果があると言われています。

6年 「冬の5校 交流会」 (1)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 12月20日(水)の午前、小中一貫校対象地域の5小学校(道泉・古瀬戸・東明・祖母懐・深川小)の6年生が本校に集まって「5校交流会」が行われました。
「近い将来、中学校で共に学ぶ子どもたちが交流して、仲良くなる機会」として、5校の担任が始めたこの企画、7月の道泉小で行われた「5校交流 夏祭り」につづいて、これが2回目となります。
 それぞれが小規模校ですが、5校の6年生112名が本校の運動場にそろうと、とてもにぎやかな画像になりますねぇ・・
 さて、今回は小グループに分かれて行ったのは「スーパーおにごっこ大会」です。
 「スーパーおにごっこ」とは、バスケットボール大のコートに2チームが入り、相手陣地の中にある宝を取れば得点となるゲームです。1チームで攻めと守りに分かれ、相手の陣地でタッチされると自分の陣地に戻らなくてはなりません。どちらかに点数が入ると、攻めと守りの役割を交代してゲーム再開です。最後に得点の多かったチームの勝利となります。
 道泉小学校では、全校でも取り組む人気のゲームで、すごく楽しいということだったので、この交流会で5校の6年生で取り組んでみました・・・

6年 「冬の5校 交流会」 (2)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 道泉、古瀬戸、東明、祖母懐小学校と比べると、在籍数12名という少人数の深川の子どもたち。今回の活動班の数が12ということで、1班に1人ずつが割り当てられました。(ちょっと心細い子もいたのかな)
 はじめはふだんとは違った環境に少々とまどい、緊張している様子が見られたものの、いざゲームが始まると、勝利目指して頑張っている姿があちらこちらで見られました。
 一人で相手陣地に突入して行ってもすぐにタッチされてしまうので、味方と連携を取りながら攻める子もいました。勝って一緒に喜んでいる姿や頭を突き合わせて作戦を練っている姿も見られました。以前よりも子ども達同士の関わりがたくさん見られて良かったです。

 朝の寒さとはうって変わり、暖かな日差しのある穏やかな一日となって、本当に良かったのですが、それ以上に子どもたちにとって、意味のある交流となったのではないかと思います・・・

おおぞら組 「4校 交流会」 (1)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 12月20日(水)、近隣の特別支援学級に在籍する子どもたちが仲良く活動する「4校交流会」が本校で行われました。
 この交流会に参加したのは、道泉小、祖母懐小、古瀬戸小そして深川小学校4校の子どもたちです。
 この交流会は会場が持ち回りで行われ、前回の道泉小につづいて今回は深川小学校が会場となりました。会の進行などの司会も会場の学校に在籍する子どもが務めます。
 
 いつものようにオープニングは、「自己紹介タイム」です。一人ずつが前に出て自分の名前や好きなものなどを発表しました。
 つづいて「発表タイム」です。それぞれの学校で練習してきた楽器の演奏などを披露しました。
 深川小の男の子(3年)は、詩の暗唱とリコーダー演奏が出し物でしたが、今回も間違えることなく、堂々とした態度で発表することができました。

おおぞら組 「4校 交流会」 (2)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 今回も盛りだくさんのプログラムが用意されています。各学校の発表につづいて、アイロンビーズによるアクセサリーづくりを楽しみました。最後に春巻きの皮にチョコレートをデコレーションしてオーブンで焼いて「パリパリチョコ春巻き」をつくりました。これは4校のみんなで給食を食べた後にスイーツとしていただきました。
 
 給食の後片付けなどを終え、学校へもどる友だちを児童玄関まで見送り、本日の4校交流会はおしまいとなりました。

感想画にコメントを・・・

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 12月20日(水)の1時限、3年1組の子どもたちは図工の授業で描いた読書感想画(物語を読んだり聞いたりしたイメージを絵で表現した作品)へのコメントを書いていました。
 今日はこの後、お楽しみの“おやつづくり”がひかえているので、子どもたちはちょっとウキウキしています・・・

きょうの給食(12月19日)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 [今日のメニュー]

・山梨のほうとう
・切干大根の煮付け
・わかめごはん
・牛乳

 「山梨のほうとう」は山梨県の郷土料理です。山梨県は山が多いため稲作が難しく、米の代わりに麦を栽培していました。収穫した麦を麺にして、季節の野菜といっしょにみそで煮こんで食べたのが「ほうとう」の始まりだそうです。
 「ほうとう」という名前の由来はいくつかありますが、一説によりますと戦国時代の武将、武田信玄が自分の刀で食材を切ったことから「宝刀(ほうとう)」と名付けられたという説もあります。
 「ほうとう」は名古屋名物「きしめん」と麺が似ていると言われます。名古屋の人がうどんときしめんを区別しているように、山梨の人も「ほうとう」と「うどん」は別のカテゴリーに入れているようです。
 さて、きしめんは小麦粉に塩と水を加えてこねたものをのばし、寝かせてから細長く切って麺にします。コシが強いのが特徴です。
 ほうとうは塩を加えずにこねます。きしめんとは違いこねた生地を寝かさず、すぐに切って麺にします。塩を加えず、生地を寝かせないため、コシが弱くもちもちした食感になります。
 「ほうとう」をつくるとき、使用する野菜は特にきまりはありませんが、かぼちゃを使用することが多いようです。今日の給食も「冬至」が近いということでかぼちゃ入りでした。かぼちゃは甘くておいしかったですよ。

 「切干大根の煮付け」は、主役の切干大根をはじめ、オイルツナ、油揚げ、にんじんを使った和風の煮物です。
 切干大根は、大根を細く切り、天日で干して乾燥させた食材です。太陽の光を浴びることによって、甘味がさらに増して、栄養価も増加します。また、カルシウム、鉄、食物繊維も豊富な食材です。

地球温暖化について考えよう (1)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 12月19日(火)の3時限、NPO法人「気象キャスターネットワーク」より講師をお迎えして、4・5年生を対象に「地球温暖化」をテーマにした出前授業が行われました。
 地球温暖化に関する情報が学べる授業の講師としてお迎えしたのは、気象予報士の石垣 真帆(いしがき まほ)さんです。深川小学校ではここ数年、来校してくださっているので、すっかりおなじみとなりました(*^_^*)
 石垣さんは、NHK名古屋放送局のラジオ番組「夕刊ゴジらじ」(月曜〜金曜 午後5時からオンエア)やこの地方のニュースなどで、ほぼ毎日のようにキャスターを務めていらっしゃいますので、その顔や声をどこかで見たり聴いたりしているかもしれませんね。(ラジオ放送はスマートフォンのアプリなどでも聴くことできます!)
 
 授業のはじめに石垣さんは「2100年 未来の天気予報」というタイトルで、今から83年後の未来の社会を想定したテレビ番組を子どもたちに紹介しました。
 ニュース番組風のBGMが流れる中、プロのキャスターをしている石垣さんが未来の天気予報を読み上げると、子どもも大人も放送局のスタジオにいるような錯覚になっていきました。
 番組の中で、85年後の日本は11月というのに真夏日が記録され、冬を迎えるのに勢力の強い台風が日本列島を襲ったり、別の地域では水不足で農作物が枯れたりする過酷な気象条件になっていました。
 石垣さんが提示したスライドショーや動画などの視聴覚資料は、異常気象の要因の一つが、二酸化炭素の増加による地球温暖化であること、さらに人類が努力しないとさらに深刻化することを子どもたちに教えてくれました。

地球温暖化について考えよう (2)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
  石垣さんは、この130年間で世界の平均気温は0.85度上昇したこと、その背景には工業の発達や生活スタイルの変化によって、どんどん二酸化炭素が排出される時代になってきたことを子どもたちはスライドショーでわかりました。また、この“0.85度”という数字はとても小さなものではなく、スライドショーの後半(将来の社会)ではとても重要な意味をもつ大きなもにであることを教えていただきました。
 次は「生活ボックスで考えよう」のコーナーです。
 石垣さんが準備した立方体の箱の6つの面には、“電気オルガンを弾く”、“自転車に乗る”、“液晶テレビ”、“温泉に入る”、“さくらんぼ(木の実)”、“テーマパーク”、“お子様ランチ”などなど・・子どもたちにとって身近な商品や生活シーンが描かれています。
 石垣さんは、子どもたち一人ずつに箱を渡して一つだけの面を選ばせます。そして、その場面が「朝」・「昼」・「夜」のどんなシーンであるのか、二酸化炭素が排出されるシーンであるのかどうかを考え、話し合わせました。

地球温暖化について考えよう (3)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 子どもたちの考えもまとまったようです。石垣さんから指名された子どもたちは、自分のボックスを持って前へ出て、意見を発表しました。

 「静かに本を読んでいるシーンでも、本を製造するのに電気をつかう」、「お肉屋さんは、お肉を冷蔵庫で保管するのに電気が必要です。加工された肉を運ぶ時にもエネルギーを使います」
 など、子どもたちは何気ない生活シーンでもいろいろなところでエネルギーが消費され、二酸化炭素を排出していることに気づいたようでした。
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
瀬戸市立深川小学校
〒489-0074
愛知県瀬戸市宮脇町53
TEL:0561-82-2272
FAX:0561-82-2362