最新更新日:2018/06/22
本日:count up4
昨日:111
総数:174897
6月25日(月)朝会(保健・体育委員会発表)  6月28日(木)第3回委員会  7月2日(月)銀行振替日  7月3日(火)〜6日(金)健康作り週間「よいところを見つけよう」  7月3日(火)4年生焼きそば皿作り  7月5日(木)ごあいさつ運動・児童集会   7月6日(金)漢字力コンクール  7月9日(月)朝会  7月12日(木)移動児童館 7月13日(金)1年生4校交流学習(東明小)  7月18日(水)盆踊り指導(1〜3年)  7月20日(金)1学期終業式・通学班会            

5年 理科「花から実へ」 (1)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 5年生は理科の単元「花から実へ」で、花のつくりや花から実に変化するプロセスに興味をもって、“めしべ・おしべ“について調べたり、受粉についての比較実験を行ったりします。
 9月12日(火)の5時限目、理科室では5年1組が顕微鏡をつかった観察をしていました。
 植物にはヘチマのように「お花」と「め花」の2種類の花がある「単性花」と、アブラナのように一つの花に“おしべ“と“めしべ“を備えた「両性花」があることを子どもたちはこれまでの経験から知っています。
 今回のテーマは、「おしべの先から出る粉を観察しよう」です。
 担任の近藤教諭は子どもたちに、ヘチマの“お花“の先についた黄色い粉をセロハンテープに“つけて配布しました。
 子どもたちはそれをスライドグラスにはりつけて、さっそく顕微鏡で観察です。
 顕微鏡の操作については、1学期の「メダカの卵の観察」で経験しているのでスムースに作業がすすみます。

 実験や観察などの活動を見ていて、いつも感じることですが、深川小の子どもたちは男女の分け隔てなく、兄弟のように仲良く活動するなど、微笑ましい光景がしばしば見られます・・

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
瀬戸市立深川小学校
〒489-0074
愛知県瀬戸市宮脇町53
TEL:0561-82-2272
FAX:0561-82-2362