最新更新日:2019/05/23
本日:count up24
昨日:106
総数:200462
5月24日(金)ハッピータイム  5月28日(火)プール清掃(1〜4年)  5月29日(水)6年校外学習(志段味古墳群) 5月30日(木)5年校外学習(道泉小でキャンプファイヤーリハーサル)  5月31日(金)4年校外学習(愛知県警・名古屋市科学館)  6月3日(月)1年交流学習(祖母懐小)・プール説明会・救急法講習会   6月4日(火)・5日(水)5年生キャンプ  6月7日(金)プール開き    6月15日(土)ふれあい学級・引き渡し下校訓練  6月17日(月)ふれあい学級による振替休業日  7月12日(金)1学期終業式・通学班会  7月16日(火)〜7月25日(木)プール開放(土日を除く)  8月19日(月)出校日  8月24日(土)PTA環境整備  8月26日(月)2学期始業式  8月27日(火)給食開始  9月28日(土)運動会  9月30日(月)振替休業日                            

6年「租税教室」

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 1月17日(水)の3時間目に、6年生の社会科「わたしたちの生活と政治」の学習の一環として租税教室(出前授業)が行われました。
 講師としておむかえしたのは、瀬戸市役所の林さんです。
 まず「日本で救急車を利用すると、お金がかかるでしょうか。」という質問から授業はスタートしました。この答えは、子ども達はみんな知っていました。次に、「それでは、アメリカやオーストラリアではどうでしょうか。」と林さん。この答えに、子ども達は驚きを隠せませんでした。
 続いて、税金の種類、消費税の流れについての説明があり、「マリンとヤマト 不思議な日曜日」というDVD教材を視聴しました。もし税金がなかったら、どんな生活になるのだろうという内容でした。分かりやすいストーリーで、税金の大切さが良く分かりました。
 最後に「1億円の重さを体感するコーナー」です。子どもたち一人一人が、ジュラルミンケースに入った1億円の札束(もちろん本物ではありません)を持たせていただくことができました。

 授業のはじめに「税金なんて払いたくない」という子が12人中10人だったのが、授業の最後には12人中10人が「税金を払わなくてはいけない」と考えるようになりました。
 授業後の子ども達の感想を少し紹介します。

・税金を払わないと自分たちが困るということがわかりました。
・税金がないと、いろいろな物が使えなくなったり、今まで無料だったものが有料化してしまったりするので、大変だなと思いました。
・消費税の流れがよくわかって、楽しかったです。
・税金がないと、国が大変になるということがわかりました。
・今まで私は税金を何に使うのかなあと疑問に思っていましたが、今日はとてもいい勉強になりました。
・一億円はメッチャ重かった。
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
瀬戸市立深川小学校
〒489-0074
愛知県瀬戸市宮脇町53
TEL:0561-82-2272
FAX:0561-82-2362