最新更新日:2019/03/22
本日:count up20
昨日:117
総数:195792
3月22日(金)修了式  4月4日(木)入学式準備(新5・6年生) 4月5日(金)入学式  4月8日(月)始業式  4月9日(火)身体計測・3時間授業  4月10日(水)2〜6年生給食開始  4月16日(火)1年生給食開始  4月22日(月)朝会・PTA総会・授業参観  5月9日(木)〜10日(金)家庭訪問(4限日課)  6月15日(土)ふれあい学級・引き渡し下校訓練  6月17日(月)ふれあい学級による振替休業日  7月12日(金)1学期終業式・通学班会                          

修了式 (1)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 3月24日(金)、「平成28年度 修了式」が学習ひろば(3階)で行われました。
 岩田教頭の開式の言葉につづき、佐野教諭によるピアノ伴奏で、全校児童が元気よく深川小学校 校歌を歌いました。

 そして1年生から5年生までのそれぞれの代表児童に「修了証書」を授与しました。代表児童は前日にリハーサルを行っているので、実にきりりとりっぱな所作で証書を受け取ってくれました。

修了式 (2)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 修了証書の授与につづいて、校長式辞では、この一年間の思い出のシーンをスライドショーでふりかえりながら、それぞれの学年の子どもたちの成長について評価しました。

最後の学級活動 (1)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 修了式が終わり、学習ひろばから教室へもどってきた子どもたちは、今年度最後の学級活動の授業を受けました。
 まずは1年1組と2年1組の授業風景から・・・

 私が1年1組の教室へおじゃました時は、「この一年間、お休みなしで学校へ来ることができた人」が大脇教諭から紹介されているところでした。
 2年1組では、担任の近藤教諭が一人ずつをお隣の教室に呼んで「あゆみ」(通知表)を手渡しながら、がんばったことやこれからの課題について話していました。自分の順番がくるまで子どもたちは、教室で静かに読書をしながら待っていました。

最後の学級活動 (2)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 おおぞら学級と3年1組の学級活動の授業風景です。
 おおぞら組では修了式の日もルーティンの飼育舎の「ウサギのお世話」と「今日の日課の記録」を行いました。授業の終わりに「あゆみ」(通知表)が村上教諭より手渡されました。
 3年1組では学校からの通信、通知表が配布された後、大型テレビで「三年とうげ」(6年生のために発表した劇)の練習風景を撮影したビデオをみんなで視聴しました。

最後の学級活動 (3)

画像1 画像1
 4年1組、5年1組の学級活動です。

 担任より「あゆみ」(通知表)が一人ずつに手渡されました。
画像2 画像2

楽しい春休みを!

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 修了式、学級活動、教室移動をすませた子どもたちが児童玄関前に集まり、一斉下校の隊形に並びました。
 藤巻教諭から諸注意を聞いたら、元気に今年度最後の「さよなら」をいって下校です。

 みんな、楽しい春休みを!また4月になったら元気に登校してね!

2年「畑じまい」 (1)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 3月23日(木)の4時限、職員室前の学級園が久しぶりににぎやかです。その声の主は2年1組の子どもたちでした。明日が修了式ということで、生活科の授業も今日でおしまい。今回は学級園の“畑じまい“をするようです。

 2年生は生活科「大きく なあれ わたしの 野さい」で畑をつくって、ピーマンやきゅうり、なす、オクラなどの野菜を育ててきました。
 夏が近づくあたりからは、毎日のように子どもたちが野菜を収獲にやってくると、職員室の周辺がとてもにぎやかになりました。
 つい先日まで大根も育っていましたが、ポカポカあったかくなってきたこの頃は、ずいぶん雑草が生えてきています。(人はまだまだ寒いと思っていても、自然界は確実に春に近づいているんですねぇ・・)
 一年間、お世話になった畑をきれいにする前に、子どもたちは抜かれていない大根から伸びて咲いた「ダイコンの花」を鑑賞しました。

 さあ、近藤教諭から注意事項を聞いた子どもたちは、力をあわせて学級園にのびた雑草をがんばって抜いていきます。
 作業をはじめて、しばらくすると・・・

女の子「うわ〜〜 ミミズが出てきた!」
男の子「でっかい幼虫、何これ??」
女の子「きもちわる〜〜い」
先 生「ミミズや虫は野菜のために大事な役目があるんだよ」

男の子「あっ、ウリハムシがいる!」
先 生「本当にウリハムシだね。よくわかったね。」
(野菜を育てるうちに、そんな虫の名前もおぼえたんですね )

 あっという間に、近藤教諭が持ってきた一輪車の上には、雑草の山ができました・・・
 
 

2年「畑じまい」 (2)

 雑草のなくなった畑はすっきりしました。子どもたちが協力して土をならして、平らにしたら、いい感じになりました。
 “畑じまい“が終わった子どもたちは、信用金庫さんから寄贈されたパンジーのポットを運んできます。

 次に何がはじまるのでしょう・・・
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

春の花壇に模様替え

 “畑じまい“が終わると同時に、学級園は春用の花壇に模様替えです。
 パンジーのポットを学級園に等間隔でならべて、移植するおおよそ場所をきめていきました。
 近藤教諭に植え替えの方法を教えてもらった子どもたちは、せっせと作業をすすめていきました。

 20分ほどすると、きれいな春の花壇ができあがりました・・・
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

給食最終日

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 今日は今年度の最後の給食ということで、サプライズ企画として、用務員の松原さんらの“手作りリボン“が発酵乳のボトルに着けてありました。
 このリボン、卒業記念バイキング給食につづいて、2回目の登場となります。リボンにはいろいろなカラーがありましたが、お子様は何色のリボンだったでしょうか?

 給食がはじまると、子どもたちはリボンを腕につけたり、髪飾りにしたりして、楽しそうに会食をしていました。

さようなら 箭野先生!

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 2学期のはじめ頃の9月7日より、毎週水曜日に学生ボランティアの箭野さんが来校して、担任の授業のサポートをしてきたことは、当ホームページでも紹介させていただきました。
 3月22日(水)は最後の活動日ということで、一斉下校時に「お別れ会」を行いました。
 箭野先生は挨拶の中で、
「深川小の子どもたちは兄弟のように、仲が良いこと」や「運動会の練習など、どんな時も一生懸命に取り組む姿に胸をうたれたこと」などを話してくださいました。
 挨拶の後、放課などに運動場で遊んでもらった子どもたちを代表して、1年男子が花束をプレゼントしました。

 学生ボランティアの活動を終えた箭野さんは、4月からは愛知教育大学にて教育実習の準備にとりかかるそうです。
 近い将来、瀬戸市の教員となって子どもたちと再会できることを期待したいですね。

大きくなったね 1ねんせい

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 3月22日(水)の5時限、1年1組の教室の黒板には「大きくなったね 1ねんせい」と、授業のテーマがチョークで書かれています。
 子どもたちは、この一年間の思い出のシーン(写真)がはられた冊子(アルバム?)を見ながら、「できるようになったこと」を話し合っていました。
 授業には、今日がラストの活動日となる学生ボランティアの箭野さんも参加して、子どもたちをサポートしていました。

「人の話をちゃんと聞くようになった」
「大きな声で歌えるようになった」
「トイレのスリッパをきちんとそろえるようになった」

 一人一人が活動をふりかえり、自分の成長をたしかめて、カードに書き込みながらアルバムを仕上げていました。

 カードにていねいに書かれている文字一つ一つを見ても、子どもたちの一年間の成長が感じられました

年度末の通学班会 (1)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 3月21日(火)の5時限、通学班会が行われました。
 年度末の通学班会の内容は1年間の活動をふりかえって話し合ったり、新しい通学班メンバーの確認をしたりする活動が中心となります。
 当初は6年生が卒業する前に行う予定でしたが、インフルエンザによる学級閉鎖などがあり、延期されてこの日になりました。ですから最上級生の6年が不在の中での話し合いとなりました。
 画像は、校舎2階の教室での通学班会のようすです。

「大きい子は小さい子にやさしくするのがいいです」
「朝、歩いているときに近所の人や交通指導員さんにも、はずかしがらずに元気にあいさつしよう」
高学年が、いい意見を言っていました。

 それを私も期待しています。ぜひ4月から実行してくださいね!

年度末の通学班会 (2)

 こちらは校舎3階の教室で行われていた通学班会のようすです。
 6年生が卒業して、通学班のメンバーが3人になってしまうところもありますねぇ。
 1年間の反省も終えて、新たなメンバーの並び方を確認したり、実際に列をそろえて歩く練習をしたりしました。

 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

雨の一斉下校

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 通学班会を終えた子どもたちは児童玄関におりてきました。あいにくの雨降りで傘の花がひろがります。
 通学班会が行われる学期末の一斉下校は「職員による随伴下校」が行われます。(私もついていってみました)

 当ホームページでお知らせしたように、1月から始まった宮前横断歩道橋の塗装補修工事により、一部の通学班は編制を変更しました。

 当初の予定では工事終了が3月17日(金)でしたが、工事はもうしばらく続くようですので、修了式までは変更したままの通学班メンバーで登下校を行いますので、よろしくお願いいたします。

卒業式 Part2 (1)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
3月21日(火)の午前9時30分より、校長室を会場にして「卒業証書授与式 Part2」を行いました。
 これは16日の卒業式当日、インフルエンザにより出席停止になっていたために、証書を渡せなかった児童(1名)の回復を待って行われたものです。
 今回は、すでに証書を授与された同級生4名も急きょ出席しての卒業式となりました。

 はじめに「深川小学校校歌」を合唱して、式は進行していきました。
 佐藤教諭に名前を呼ばれた児童は一歩前に出て、卒業証書を受け取り、家族への感謝の気持ちなどを述べました。

卒業式 Part2 (2)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 卒業証書授与につづいて、校長式辞を行いました。
 式辞では、自分だけでなく、多くの人に希望を与える存在になること、困難に耐えた後に味わえる喜びがあること、いつもまわりの人に感謝の気持ちをわすれないことなどを話しました。
 最後は、参列した同級生そして担任、職員みんなで「旅立ちの日に」を歌って、卒業式Part2は終わりました。

 本日、深川小学校を巣立った卒業生の今後の活躍を願っています・・・
 

(新)消防分団詰所が完成しました!

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 「瀬戸市消防団・深川分団詰所」(旧)は、昭和35年(1960年)に中央公民館(現在のファミリー交流館)のとなりに建設されました。それから56年間の長きにわたって深川連区の安全・安心を見守ってきましたが、老朽化にともなって、場所の移転と建て替え工事が行われて、防災機能を有した詰所として、深川神社近くに完成しました。
 
 新たな消防分団詰所の入り口には“地域防災拠点“というプレートが掲げられているように、防災資機材倉庫が設置され、非常電源をはじめ、非常照明設備、雨水タンクなども備え付けられています。
 また詰所のすぐ西に深川神社や陶彦社、東には陶祖・藤四郎ゆかりの「六角陶碑」が建つ瀬戸の中心地にあり、この深川連区を守る拠点施設ということから、壁面には鉄絵による「狛犬(こまいぬ)」、「六角陶碑」、「はしご乗り演技」が描かれた陶板が飾られています。

消防分団詰所 竣工式 (1)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 3月19日(日)の午前9時より、「瀬戸市消防団 深川分団詰所 竣工式」が行われ、学校を代表して参加させていただきました。
 式典は、完成したばかりの詰所横の消防車用車庫の中で行われ、伊藤保徳瀬戸市長をはじめ、議員さんをはじめ各種団体長のみなさんが臨席されました。
 岡村自治会長のご発声で“火の用心三唱“で式典は終了しました。
 つづいて、「テープカット」です・・・

消防分団詰所 竣工式 (2)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 テープカットが終了して、分団詰所の施設などが参加者に公開されました。
 詰所入り口の横にはショーウインドーのような展示スペースがありました。ガラス越しに、消防分団の象徴でもある「纏(まとい)」をはじめ、火災発生時に近隣の住民や火消しに知らせるために打ち鳴らされた「半鐘(はんしょう)」、団員が着用するTシャツやヘルメット、過去に表彰された時の賞状、さらには消防ホースや消火器を題材にした焼き物オブジェが展示されていました。
 新築の建物のにおいがする詰所内に入ると、多目的会議室や待機室などがありました。今回の施設なら、雨天でも「はしご乗り」の訓練も可能だそうです。さっそく来場者にその演技が披露され、拍手が起こりました。

 消防分団詰所が地域を守る防災拠点として、深川連区の無火災連続記録が更新されることを願って、学校へもどりました。
 

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
瀬戸市立深川小学校
〒489-0074
愛知県瀬戸市宮脇町53
TEL:0561-82-2272
FAX:0561-82-2362