最新更新日:2020/02/21
本日:count up1
昨日:38
総数:322286
紫におう 雲見が峰の 日々新しき 光をあびて 今に花咲く 若草若木 みんな元気に 元気にのびる ああ下品野 たのし学びや

12/23 終業式式辞

 2学期をふり返ってみなさんはどんなことを感じましたか。校長先生は「長かったなあ」と感じました。何しろ2学期が始まったのが8月26日です。例年よりも1週間も早く始まりました。そして、昨年まで12月23日、今日は天皇誕生日でお休みでしたが、新しい天皇がご即位されたことによって天皇誕生日が変わり、2学期が終わるのも遅くなりました。もしかしたらみんなの学校生活の中で一番長い2学期になるかもしれません。そんな長い2学期には、「すっげぇ」運動会や下小フェスタなどの楽しい行事がありました。また、「もう奇跡とは言わせない」修学旅行や校外学習もありました。たくさんのことが思い出に残ったことでしょう。
 校長先生が最も印象に残っているのは「表彰が多かった」ということです。2学期の始業式には、100メート女子で全国8位に入賞した子の表彰を行いました。その後、子ども陶芸展、読書感想文、児童防火作品コンクール、赤い羽根協賛生徒作品コンクール、税に関する小学生書写展と続きました。スポーツでは、野球部やサッカー部、そしてすもうの表彰もありました。最も多かったのは、まるっとせとっ子フェスタでの表彰で131名もいました。NIHONGOスピーチコンテストの表彰もありました。今日は、朝ごはんコンテストの表彰がありました。まだ、表彰を行っていませんが、長井陽子短歌大賞の表彰式がパルティせとで昨日あり、13名が表彰されました。全部数えていたらきりがありません。とってもよくがんばりました。
 表彰される人だけががんばった人で、表彰されなかったら怠けていたというわけではありません。先週、階段を曲がろうとして校長先生にぶつかった子がいました。その子は、とっさに「すみません」とあやまってくれました。とっても気持ちがよかったです。トイレのスリッパをいつもいつもそろえてくれる子がいます。すばらしいですよね。しかし、そういう子は表彰されるわけではありませんが、下品野小学校にとって宝物のような子たちです。2学期、本当にありがとう。

   令和元年12月23日
   瀬戸市立下品野小学校長 浅井 大司

画像1 画像1
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

「いじめ」根絶に向けて

警報発令時の登下校

学校だより

学校評価アンケート結果

学年通信

安全マップ

瀬戸市立下品野小学校
〒480-1207
愛知県瀬戸市品野町6丁目223
TEL:0561-41-0074
FAX:0561-41-3044