最新更新日:2018/12/14
本日:count up59
昨日:67
総数:177746
= 心身共に健康で活力あふれる子 = ねばり強く頑張る子・みんなと仲良くする子・きまりを守る子

教育委員会表彰「道泉子どもパトロール」

画像1
まるっとせとっ子フェスタ「教育市民フォーラム」で、道泉子どもパトロールの皆様へ瀬戸市教育委員会より感謝状が贈呈されました。日頃から、道泉小の子どもたちのために付き添い下校をしていただき、本当にありがとうございます。今後も、よろしくお願いいたします。

3年生招き猫展示

1学期のどうせん学級で3年生が保護者の方とペアで作った招き猫です。9月23日24日に行われた瀬戸市の招き猫祭りのイベントで、銀座通り商店街の写真館に展示されました。
画像1
画像2
画像3

シニアクラブからのプレゼント

本日シニアクラブから雑巾をいただきました。校内美化をはじめ様々な用途に活用させていただきます。ありがとうございました。
画像1
画像2

サクランボを仏前に「ほろほろ通信」【中日新聞 29.7.9より】

画像1
 今から二十年ほど前、水野英紀さんが初任校として務めた瀬戸市の道泉小学校での話。地域に開かれた学校で、多くの学区民が校庭の草取りなどをしてくれていた。その中で、特に熱心に花壇などの世話を毎日してくれる男性がいた。岩野只志さんだ。野球部顧問だった水野さんは、土日も学校へ出掛けることがあり、その姿をしばしば見かけた。夏休み中の水やりは本当にありがたく、頭の下がる思いがしていた。

 それから十年がたったある日の事。岩野さんが亡くなられたと耳にした。他校に異動しており知らなかったとはいえ、葬儀に出られなかったことが悔やまれた。岩野さんは校庭にサクランボの木を植え「実がなったら、子どもたちが喜ぶかな」と話していたと聞いた。くしくも亡くなった二ヶ月後、初めて実を付けた。道泉小学校の先生方が、岩野さんの仏前に供え「サクランボがなりましたよ」と報告したという。

 年月が過ぎ、三年前、水野さんは再び道泉小に赴任した。サクランボの木は健在だったが、児童はもちろん教職員も入れ替わるので、誰が植えて世話をしていたのかを知る人はいなくなっていた。昨年も実を付けたものの、ほとんど野鳥に食べられてしまった。

 今年は、ネットで防護して世話した。おかげでたわわに実り、全校児童がおやつとして食べた。その時、水野さんは校内放送で「岩野さんという方が…」とサクランボのいわれを説明した。すると、各教室に自然に拍手が沸き起こった。

 「今年もたーんと実を付けました。子どもたちも喜んでいます。岩野さんよかったですね」と、水野さんは話す。
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
学校行事
12/19 6年大学コンソーシアムせと「理科授業」 ALT
12/20 6年5小学校交流会(深川小)
12/21 給食最終日
12/22 終業式 一斉下校

お知らせ

いじめ防止基本方針

学校だより

保健だより

スクールカウンセラーだより

その他

瀬戸市立道泉小学校
〒489-0054
愛知県瀬戸市道泉町44
TEL:0561-82-2474
FAX:0561-82-2583
E-mail:dousen-es@city.seto.aichi.jp