最新更新日:2018/11/14
本日:count up8
昨日:252
総数:319147

7月28日 学校の野菜

画像1 画像1
画像2 画像2
夏休みに入って1週間が過ぎました。

3年生の畑の野菜が大きくなっています。緑のカーテンもしっかりと日陰を作っています。
環境委員が当番で花壇の水やりに来てくれている花壇は、マリーゴールドがきれいに咲いています。

暑さもこれからが本番です。がんばりましょう。

演劇部 保育園訪問

画像1 画像1
演劇部は25日(月)水北保育園、26日(火)水南保育園と、保育園訪問がありました。たくさんの拍手と園児の笑顔をもらいました。
今日(27日)は明日の效範保育園の訪問に向けてマルチホールで練習をしていました。練習の後は部室の掃除です。明日もたくさんの笑顔と元気がもらえるといいですね。

吹奏楽部吹奏楽コンクール銀賞

画像1 画像1
吹奏楽部は25日(月)、愛知県吹奏楽コンクール東尾張支部大会に参加しました。素晴らしい演奏が瀬戸市文化センター文化ホールに響きました。結果は昨年度より一つ上がって銀賞。受付などの運営も生徒が行いました。多くの保護者の方々に演奏を聴きに来ていただきました。生徒の送迎もご協力いただきありがとうございました。

7月25日 NZホームステイが近づいています

画像1 画像1
7月28日(木)から国際交流事業としてニュージーランドのホームステイに15名の生徒と、3人の先生が出かけます。
先週まで学校ではそれに向けての学習会も開かれていました。たくさんのことを経験して、帰ってからはその様子や感じたことをぜひみんなに伝えてください。帰国は8月6日です。

また、9月23日(金)から、29日(木)まではニュージーランドの生徒がやってきます。みんなとふれあう機会もたくさん作りたいと考えています。楽しみにしていてください。

写真は今年の学習会と、2年前のニュージーランド訪問の時の様子です。
画像2 画像2

「鍛錬」は水中の校訓の一つです

夏休みに入り運動部の1・2年生は新しいチーム作りの練習に入りました。卓球部女子は、校長先生が臨時コーチとして指導です。配布物でお知らせしましたが(「ご案内」にも掲載しました)、今年度はいろいろな事情により、去年までより少し活動時間の制約が増えました。限られた時間の中で、チームや個人それぞれの目標を見失わず、大事なことは何なのか、常に考えながら取り組んでいけば密度の濃い練習が短時間でもできると思います。

水中の校訓の一つ「鍛錬」について少し書きます。

鍛=「きた(える)」はもともと、高温で熱した金属を繰り返し打ったり水で冷やしたりして硬度・密度などを高め、良質のものにするという意味です。
錬=「ね(る)」は、熱を加えて、むらのないようにこねまぜて、粘りけが出るようにするという意味です。

日本刀などの強い金属を作る工程から生まれた言葉です。

宮本武蔵『五輪書』には、「千日の稽古をもって鍛とし、万日の稽古をもって錬とす」という言葉があります。
「鍛」は基礎が定着するということ、「錬」は一つの道として揺るぎなく完成すること。
「鍛」には千日(約3年)を要し、「錬」には万日(約30年)を要する。
ということで、継続的な努力・精進の大切さを説いた言葉です。

つまり、練習・修練を繰り返し、技術や身体・精神をしっかりしたものにするという意味があります。



さらにもう一つそれにまつわる言葉を紹介します。
「鍛錬千日、勝負一瞬」かつて甲子園を湧かせた池田高校野球部監督蔦(つた)文也氏の言葉です。野球で言えば、「毎日千回の素振りを千日続けても、打てるか、打てないかは一瞬で決まる。」「一瞬の勝負のために千日の鍛錬がある。」ただ数をこなすだけの素振り千回を千日続けて「がんばった」と自己満足していても意味がないということです。

もう少し考えると、
「鍛錬する千日の、一日一日、一瞬一瞬のすべてが勝負」ということがいえます。


「今やっている練習の一瞬一瞬が勝負である。」
「練習」のところを「勉強」に置き換えても同じことが言えると思います。部活動でも学習でも共通することではないでしょうか。

「鍛錬(たんれん)」は水中の校訓の一つです。

画像1 画像1

7月22日 夏休みに入りましたが

夏休みに入りましたが、先生たちはこの時期に研修が多くあります。

Q−U(QUESTIONNAIRE−UTILITIES)=「楽しい学校生活を送るためのアンケート」というものがあります。子どもたちの学校生活における満足度と意欲、さらに学級集団の状態を調べることができる質問調査です。全国の多くの小中高等学校で活用されており、瀬戸市内の小中学校もすべての学校で行っています。水中も1年に2回全学級で行っています。

「最近ちょっと元気ないな」「よく頑張っているな」などと、先生たちは生徒の様子を毎日見守っているのですが、観察だけでは気づけない部分があります。また、大人からすると意外な感情を抱いている生徒もいます。このような先生の感情と子どもの実態を補うのがQ−Uです。

これを正しく活用できるように水中の先生たちも1年に2回研修を行っているのですが、昨日(21日)は水南小学校の先生たちが開いたQ−Uの研修会に水中の長崎先生が講師として出かけました。

長崎先生は大学時代、このQ−Uをつくった河村茂雄研究室で直接勉強をされてきました。水中では社会の先生ですが、今や瀬戸市内のいくつかの学校から「先生の先生」として呼ばれています。

とてもわかりやすい説明で、熱心に研修されてみえる水南小学校先生方のグループを回りながらアドバイスをしたり、質問に答えたりしていました。
画像1 画像1

7月21日 消防訓練

今日は中学校のプールで消防訓練がありました。救助技術の向上を目的として行われる水泳大会に瀬戸市の消防士さんが出場することになり、そのための訓練だそうです。
今日訓練をされていた中村さんは水中の卒業生だそうです。頑張ってください。

消防士の方に「きれいなプールですね」と声をかけていただきました。夏休み中部活動ごとにプールを使うこともあるかもしれません。きれいに使いましょう。
画像1 画像1

7月20日 終業式がありました

画像1 画像1
画像2 画像2
校長先生から、各学年の1学期の頑張りを褒めていただきました。さらに「自主・自律」に向けて自分のため、全体のために進んで取り組めるようにしてほしい。という話がありました。学年ごとに今後の目標の確認もありました。

その後、中総体の入賞、1学期善行賞の表彰がありました。

生活、交通安全の担当の先生からは夏休みの過ごし方の話がありました。
個人懇談の際にお渡ししましたが、夏休みの生活、インターネットの利用についての注意事項を「案内」に掲載しておきました。夏休みは健康に十分に留意をして、事故がないよう、何よりも「命」を大切にしてください。

今月28日からニュージーランドのホームステイに出かける15名の代表者から「積極的にいろいろ学んできます。瀬戸や日本のことも興味をもってもらえるようにしっかりと紹介してきます。」という決意表明がありました。

終業式の後は大掃除があり、普段手の届かないところを念入りにきれいにしました。
その後各学級で通知表が渡されました。何ができて何が不十分だったのかしっかりと振り返り、2学期に生かしてほしいと思います。


有意義な夏休みになることを願っています。

7月19日 学年集会がありました

画像1 画像1
画像2 画像2
今日の授業は3時間目までで、4時間目はどの学年も学年集会を開きました。
1学期の反省や、夏休みの過ごし方についてそれぞれの先生から話がありました。3年生は、各学級委員から1学期の反省をふまえて、「こういう学年を作っていこう」という話がありました。進路を考えて一人一人学習にしっかりと取り組まなければいけない夏休みになりますね。

生活についての話も各学年ありましたが、最近は特にスマホなどのSNSのトラブルが問題になっています。ふざけ半分で気軽に載せたことが思わぬ人間関係のトラブルに結びついたり、犯罪や処罰の対象になったりすることもあります。そういうことが自分で判断ができないうちは、便利だから、みんなやっているからと言ってSNSを安易に使うことはとても危険です。ご家庭でも十分に話し合ってください。

7月19日 中総体瀬戸尾張旭地区大会が終わりました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
愛日大会に出場することになった人や、これから大会や発表会がある3年生は、さらに頑張ってほしいと思います。

運動部はどの部活動も勝つことを目標に頑張ってきたと思います。ただ、全国大会で優勝する1校を除いてはどこかで必ず負けることになります。そのとき大事なのは、部活動に真剣に取り組む中で何を経験し、何を学び、何を身につけたのかということです。

レギュラーとして活躍した生徒だけではありません。レギュラーで活躍することを目標に頑張ってきてもそれがかなわなかった生徒もいるはずです。そういう生徒も自分の目標に向けて自分は何に取り組み、何を学んだのかが大事です。

負けても、また、レギュラーでなくても「中学校3年間○○部で頑張り、○○を学びました。」と胸を張って堂々といえるかどうかです。

バレーボール部のことを少し紹介します。
バレーボール部は3年生2人のチームで頑張ってきました。練習はとても厳しいものでしたが、部員は先輩後輩関係なく、いつも大きな声を出してお互いを励まし合いながら練習をしていました。あいさつや礼儀もどこの学校と比べても負けません。試合中は笑顔とはつらつプレーです。勝っているときはもちろん、負けているときもそれは変わりません。練習がそのまま試合に表れています。水中に負けた対戦校が、次の水中の試合の応援に来てくれることもよくあります。
今年もそういうすばらしいチームでした。先輩たちから引き継がれてきたものが今年も2人の3年生から後輩たちに引き継がれていきます。これが良き伝統ではないかと思います。

7月15日 PTA広報誌「MIZUNO」ができました。

画像1 画像1
PTA広報部の方々に作っていただきました。
本日生徒に配布済みです。1学期の各学年行事や、先生・職員の紹介もあります。
ご家庭でゆっくりご覧ください。

広報部の方々ありがとうございました。

7月13日 個人懇談会が始まりました

画像1 画像1
画像2 画像2
今日から1学期の個人懇談会が始まっています。

1学期の生活や学習の様子、また2学期に向けて夏休みの過ごし方について懇談をします。特に3年生は進路に向けて何に取り組んでいかなければいけないかという懇談になるため、本人、保護者、担任の3者で行います。

写真を撮って廊下を回っていると
「ホームページですか?見る人増えましたね。いつも見ています。」と保護者の方に声をかけていただきました。ありがとうございます。今後もよろしくお願いします。

懇談中、蒸し風呂のような体育館では、今週末に中総体を控えた卓球部が黙々と練習に取り組んでいました。水分補給はこまめにしましょう。

体育館の外では、部活動の開始時間を待っているバスケ部員が、夏休みの課題に取り組んでいました。寸暇を惜しんで感心(?)と言っていいのか・・・

夏休み中に家でもう一度じっくりと取り組みましょう。

地元の「なす」を使った給食

画像1 画像1
昨日はA組の「なす」を使った野菜ピザを紹介しましたが、「なす」は、体を冷やす効果があるといわれています。暑い夏に、「なす」を食べることで、体を冷やし、のぼせを防いでくれるので、夏バテ防止、解消によいといわれています。

昨日の給食には、瀬戸市の幡山地区で収穫された「なす」を使用した「瀬戸市産なす入り肉味噌あんかけ」が登場しました。
地元で採れた「なす」は、新鮮で、大きさも見事なものでした。
給食を通して、地産地消の実践ができましたね。ソフト麺にかけて、おいしく頂きました。(栄養教諭より)

7月12日 1学期もあと1週間です。

生活面については次のことを視点に振り返ってみてください。

「あたりまえのことがあたりまえにできているか」

●時間を守る
●授業をしっかりと受ける
●提出物をきちんとやって期限に出す
●係活動や清掃活動にしっかり取り組む
●挨拶・返事がしっかりできる
●身だしなみがきちんとしている  など

ちょっと授業中うとうとしてしまった。提出期限を守れないことがあった。あいさつはちょっと苦手・・
と、ひとつでも△がつく場合は、まずはのこり1週間、それを重点的に取り組んでください。

特に最高学年である3年生は、当然のようにこのあたりまえのことがあたりまえにできていなければいけません。また、公立高校の推薦入試では「人物に優れ」ということが大前提にあります。ということは、この「あたりまえのことがあたりまえにできる」+α(プラスアルファ)が必要です。たとえば挨拶や清掃活動で+αとは・・・友達や先生以外の来校者にも進んで大きな声で挨拶をする。自分の分担以外でもきれいになっていないところに気がついて進んできれいにする・・・などでしょうか、少しのことかもしれませんが、それは人間として一つ成長がなければできないことです。

全員が入試の時に受けることになる面接は、そのときにできていればいいというものではなく、普段から身についている挨拶や受け答え、所作などから、その人となりを見てもらうものです。

日々自分自身を磨くよう、努めませんか。
画像1 画像1

7月12日 A組野菜ピザ作り

画像1 画像1
今日A組は、園芸の授業で作ったピーマン、なすを使って、野菜ピザを作りました。
とてもおいしくできました。やっぱり、自分たちで育てた野菜は格別ですね。

中総体

画像1 画像1
画像2 画像2
運動部に所属する3年生にとって中総体(中学校総合体育大会)は、最後の大会になります。瀬戸尾張旭地区で勝ち抜くと愛日大会、さらに県大会、東海大会、そして全国大会と続きます。

これから大会を迎える、または続いている部活動の3年生は、中学校に入ってから毎日のように取り組んできたことの成果を発揮できることを願います。

すでに負けてしまった部活動の3年生は、気持ちを切り替えて、次の目標に向かってもらいたいと思います。

1・2年生は3年生の戦う姿をしっかりと焼き付けておいてください。次は君たちの番です。

7月11日 全校集会

画像1 画像1
画像2 画像2
● 表彰 
学年別卓球大会・7月善行賞
中総体の表彰については出校日に行います。

● 校長先生の話
中総体いくつかの会場をまわりましたが、どの運動部も頑張っていました。これから大会や発表があるところもしっかりと力が出せるように。
また、1学期のまとめをしっかりとして、充実した夏休みを過ごすための準備をしましょう。

● 体育委員会から

体育祭のスローガン「花咲けぱっかん」・・・1人1人の花を体育祭という舞台で咲かせましょう。

● 生活委員会から

7月の生活目標「部活動に全力で取り組もう」
まだ中総体が続いている運動部や発表がある文化部はそれに向けて、3年生が引退した部活動は1・2年生で新たな目標をもち、全力で取り組みましょう。

● 生徒会から

今日から7月のあいさつ運動がはじまります。相手の目を見てあいさつができるように。
生徒会だよりを配布します。

今週は水曜日から個人懇談会も始まります。暑い日が続きますが、1学期もあとわずかです。頑張りましょう。

7月8日 卒業アルバム用個人写真撮影

画像1 画像1
6時間目に3年生の卒業アルバム用個人写真の撮影がありました。
写真屋さんは、短い時間で自然な笑顔を次々に撮影されていました。さすがプロです。

7月7日 学習コンクール

画像1 画像1
6時間目に2年生が社会科コンクールを行っていました。あらかじめ出題される問題がわかっていて、こつこつと頑張って取り組めばみんな合格できるものです。江戸時代の文化に関わる問題に、暑さに負けずに取り組んでいました。
1 「南総里見八犬伝」を書いた人物は?
2 江戸時代の庶民の教育施設は?
3 17世紀末〜18世紀の初めに、上方(大阪・京都)中心にさかえた文化は? など・・
答えは2年生に聞いてください。3年生ももちろん答えられますね。

明日は1年生の社会科コンクールがあります。地図から都道府県が答えられるかどうかの問題です。すでに小学校で学習済みのはずですが、身についていますか。歴史の勉強でも「長野県の野尻湖では・・」とか、「佐賀県の吉野ヶ里遺跡では・・・」とか、よく出てきます。社会の勉強というより、一般常識として知っておきたいことです。

7月7日 今日は七夕です

画像1 画像1
画像2 画像2
今日は七夕です。1年生は、願い事を1人1人が短冊に書いて笹につけていました。願いは叶うかな。

また、給食には、「うなぎの蒲焼」や「そうめん入り卵汁」、「七夕ゼリー」が登場しました。

七夕には、行事食として天の川に見立てた「そうめん」を食べる習慣があります。
伝統として長い年月にわたって受け継がれてきた行事食。大切にしていきたいものです。

「うなぎ」は、エネルギーを生み出すために欠かせないビタミンB1が豊富に含まれている食材なので、スタミナ食として夏バテ防止に効果があります。
昔から瀬戸では、窯業に携わる人々のスタミナ食として食べられてきました。やきものの仕事をしていた人々は、かつての市が立った日、あるいは少し時間ができたとき、精がつくうなぎを盛んに食べたそうです。人口13万人の瀬戸市には、今うなぎの店は10軒足らずですが、ひところは30軒を数えたそうです。

今日のうなぎは、身がふっくらとした国産のもの。おいしくいただきました。
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
学校行事
3/10 公立A入試(面接・特別検査)
3/13 集会
3/14 定時制(前)入試
3/16 委員会

ご案内

便り

献立表

瀬戸市立水野中学校
〒489-0004
愛知県瀬戸市日の出町34
TEL:0561-48-4698
FAX:0561-48-5269