最新更新日:2017/02/25
本日:count up32
昨日:82
総数:440110
卒業式まであと1週間。明日にきらめけ!清洲中生

在校生のみなさんへ、感謝をこめて

 卒業生を送る会を終えて、卒業生全員が在校生に向けて感謝とエールのメッセージを書いて、1・2年生の各学級へプレゼントしました。

 送る会の出し物を1つ1つかみしめると「まだまだ清洲中学校を卒業したくない」という思いがこみ上げてくる生徒もいたようです。後期の議員が学級のメッセージをまとめて、お礼の言葉と一緒にお渡ししました。

 いよいよ卒業式まであと一週間。「チーム清洲」の絆をいつまでも大切にしてほしいと思います。

卒業生を送る会〜その3〜

 在校生からのメッセージは、生徒会長の三輪くんから惜別の言葉とともに、これからの進路を決める卒業生のみなさんへの激励の言葉が述べられました。
 卒業生を代表して、大橋くんと藤井さんからは、送る会の感謝の気持ちと在校生のみなさんにこれからの清洲中学校を支えていってほしいと、こちらも励ましの言葉が交わされました。
 最後の全校合唱は「どんなときも」でした。これからどんな苦難があっても、自分らしさを大切にして乗り切ってほしいという思いが歌詞に込められています。全校に乗せた歌声は忘れられないものになりました。
 教頭先生からも、特にすばらしい会であったとお褒めの言葉をいただきました。
 生徒会役員のみなさんも、昨年からの準備と企画のために時間をかけて会を盛り上げてくれました。


卒業生を送る会〜その2〜

 後輩部員からのメッセージは、各部活動の後輩達からそれぞれ工夫をこらしたビデオが送られ、3年生からも自然と拍手が湧いていました。
 その中からは後輩から先輩への熱い想いが伝わってきました。
 お世話になった先生方からもビデオレターが届き、遠く離れていてもいつも卒業生のみなさんを見守ってくれていたこと、激励の言葉も卒業生の胸にとても響きました。
 各クラスの思い出のシーンは、実行委員による寸劇で発表されました。で3年生一同歓喜と感動の笑いに沸き上がっていました。


卒業生を送る会〜その1〜

 卒業まで1週間をひかえ、23日に卒業生を送る会がおこなわれました。

 1年生の議員のみなさんでつくった花のアーチから卒業生が堂々と入場しました。吹奏楽部の演奏も立派なもので、前日遅くまで音合わせをしていた成果が発揮できました。


送る会実行委員の活躍

 今年度の卒業生を送る会は、在校生から募った多くの実行委員のみなさんの活躍が光りました。

特に名シーンの寸劇では、先生方の特徴や学級の様子などをより忠実に表現したことで3年生を大いに沸かせました。その他にも送る会のすべての運営は、実行委員の活躍なしには語れません。
 先輩たちと1年間つないだ「CHAIN」をしっかり心に刻み込みました。前期生徒会役員の3名からも、ぜひお礼の一言を言いたいということで、感謝の言葉をそれぞれ述べました。

 みなさんで笑いと感動で盛り上げてくれて本当にありがとう!


卒業式練習〜卒業証書授与・合唱練習〜

 3年生は間近に迫ってきた卒業式の卒業証書授与と歌の合唱練習をしました。

 卒業証書授与は、3年間の中学校生活の終了とともに9年間の義務教育の修了をあらわします。胸を張って堂々とした姿勢でのぞんでほしいと思います。
 卒業の歌の合唱練習では、最後の合唱にふさわしい歌声が響き渡りました。しかし、音楽担当の先生は「君たちなら、もっと可能性を秘めている。力いっぱい今以上に一人一人が歌声を体育館に響かせてほしい」と激励の言葉をかけました。

 24日(金)には全体練習があります。1・2年生に対して背中で、立派な態度を表してほしいと思います。

給食センターお礼訪問

 小中学校の9年間、おいしい給食を作っていただいた給食センターの方へのお礼訪問に行きました。

卒業を控えた3年生の代表生徒が、給食委員会で書いたお礼のお手紙と花束を持って、お礼の言葉を伝えました。
 「食」とは「人を良くする」と書きます。清洲中学校の3年生のみなさんが立派に中学校を卒業する時期を迎えることができるのも,こうした「食」を提供して下さった方々のおかげです。本当にありがとうございました。

公立高校出願

 卒業までいよいよ10日を切りました。

20日(推薦)と21日(一般)の二日間、公立高校への出願に多数の生徒が出かけていきました。
 21日は朝方に雪がちらつき、まだまだ寒さが厳しい中での出願となりました。

 ただ春の訪れはすぐそこまでやってきています。「サクラ咲ク」春を迎えるために、受験までの12日間悔いのないように最後のラストスパートを全力で取り組みましょう。

卒業式練習(在校生)


 本日、在校生は卒業式に向けて初めての練習をしました。

 まず大山先生から「義務教育最大の行事です。皆さんは、厳粛な雰囲気をつくり式を支えるという大切な役割があります。協力をお願いします。」という、式の意義と心構えについてのお話がありました。
 その後、瀧先生から、礼の仕方など所作についての説明があり、練習をしました。

 在校生が、卒業生の感謝の気持ちを感じ、その気持ちをしっかり支えることで、各学年の気持ちが一つになる感動の卒業式にできるとよいと思います。

男子バレーボール 1年生大会

 2月19日の日曜日に、西枇杷島中学校で男子バレーボールの1年生大会がおこなわれました。

 本校の1年生は2チームに分かれてそれぞれリーグ戦にのぞみました。2年生チームの好成績に続けと意気込んでのぞみましたが、はじめての大会で緊張もあったためか、ふだん通りの生き生きとしたプレーがなかなかできませんでした。随所に良いプレーも出ましたが、1セットを取ることの難しさを肌で味わった大会となりました。
 この悔しさをバネに先輩方からチームを引き継ぐ時に向けて闘志を燃やしてほしいと思います。

 1年生の保護者のみなさまにお休みのところ応援に来ていただき、誠にありがとうございました。

女子バレーボール部 1年生大会 第3位

 2月19日、師勝中学校にて女子バレーボール1年生大会が行われました。

 1年生にとって初めての大会で終始緊張していました。
 午前の試合では、1試合も勝利することができず、選手が涙を浮かべていました。試合終了する度に、選手は2年生の先輩からアドバイスを聞き、どうすれば良いか自分たちで考えていました。
 午後の試合では、今度こそ勝ちたいという強い気持ちが選手全員にあり、試合では点を取った時は全員で喜んだり、失敗した時は全員で励まし合ったりと、良いチームワークを見ることできました。そして、午後の試合で連勝し、見事3位という結果を残しました。

 今回の大会で1年生の選手は、チームで戦う「喜び」や「幸せ」を感じることができたのではないかと思います。愛日大会出場への切符を得ることは出来ませんでしたが、この悔しさをバネに、選手がこれからも成長していくことを期待しています。本日、応援に来てくださった保護者の皆さま、本当にありがとうございます。これからも清洲中学校女子バレーボール部をよろしくお願いします。

サッカー元日本代表選手の指導



 2月18日、木曽川中学校グラウンドにて4チームの交流練習が行われました。
 午前中は、ヨネックスのアドバイザリースタッフである元日本代表の岩本輝雄選手に技術指導をしていただきました。生徒は岩本選手のアドバイスや高い技術に触れながら貴重な体験をすることができました。また、フリーキック対決やコーチ・先生チームと交流戦を交えながら楽しくサッカーをしました。
 午後は、8人制のコートで4チーム総当たり戦を行いました。生徒はボールを保持していないときの動き方を意識し、午前中に学んだことを生かそうとしながらプレーをしました。

 生徒は今日、滅多にできない経験をすることができました。このことをしっかりと振り返り、自分の力にすることで今後の試合や練習に生かしてほしいと思います。

2月 食育の日

 2月の食育の日、3年生にとっては最後の食育の日となりました。

 ごはん、愛知のれんこんつくね、ほうれん草のおかかあえ、かきたま汁でした。
 ほうれん草は、清須市で広く栽培されており、この時期は味が濃厚で甘味があり、ビタミンなどの栄養も多くふくまれています。

公立出願事前指導

 20日(月)は公立学校推薦入試、21日(火)は一般入試の出願になります。

 17日の6時間目に、3年生は公立学校を受検する生徒達を対象に、出願に向けての事前指導をおこないました。
 いよいよ志望する公立学校が決まり、受験も大詰めをむかえます。

 卒業式までちょうど2週間となりました。残された時間を有効に使って入試にむかってほしいと思います。

卒業生を送る会練習



 期末テストがおわり、3年生の卒業が近づいてきました。
 昨日1.2年生は「卒業生を送る会」の練習を、生徒会の進行で行いました。

 生徒会長が「送る会では卒業生に感謝の気持ちを伝え、笑顔で送り出そう」と会の意義を伝え、全員の気持ちをそろえて練習に臨みました。

 3年生には、中学校生活を振り返りながら和やかな雰囲気で送る会を過ごしてもらうことで、感動の卒業式にむけての準備を学校をあげて進めていきます。

後期委員会


 本日後期委員会が行われました。

3年生はこの委員会が最終となります。すべての委員会の活動の様子を見ましたが、どの委員会でも3年生が生徒たちの中心となって、熱心に活動する姿が見られました。
 1、2年生は次回が最後になります。先輩の姿から、自分たちが生活する学校のために働くことの尊さを感じ、引き継いでほしいと思います。

 

2年生 職場体験学習の報告

 職場体験学習のまとめは本館と北館に分けて掲示しています。今年度は、掲示による1年生への報告とすることで、時間をかけてじっくり見ることができるようになりました。

 職種によって体験内容が異なり、気づいたことや学んだことも様々でした。興味のある職業だけでなく、様々な職業について知る機会としても活用してほしいと思います。


卒業式の練習が始まりました

 卒業式の練習が始まりました。

 学年主任の奥村先生と神谷先生から、卒業式の意義や心構えについてお話をされたうえで、学年練習を行いました。
 中学校の卒業は、義務教育の卒業です。ここからの進路は自分で切り開いていかねばなりません。
 また、保護者をはじめ多くの方に支えられてきて、中学校の卒業を迎えます。すべての人たちへの感謝の気持ちをもって、卒業式にのぞんでほしいと思います。


1・2年生学年末テスト

 2月13日(月)から本日までの3日間、1・2年生の学年末テストが行われました。

 これまでの学習の成果を出し切れるように、真剣な眼差しで黙々とテストに取り組む様子が印象的でした。

この後はテストの返却があります。結果をきちんと分析して、3年生に備えてほしいと思います。

3年生 奉仕活動

 14日午後、3年生は感謝の気持ちを込めて、奉仕活動に取り組みました。学び舎を愛する姿には感心させられました。ほこりまみれになっても、時間いっぱいまですみずみまできれいにする生徒達、その教室はまた後輩たちへと引き継がれていきます。卒業まであと13日、1日1日を大切に過ごしていってください。


小さなサインが見えますか
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
学校行事
2/27 公立定時制前期出願
卒業式予行
3/3 卒業証書授与式・門出式
清須市立清洲中学校
〒452-0931
愛知県清須市一場695番地
TEL:052-400-2961
FAX:052-400-8404