最新更新日:2018/02/13
本日:count up1
昨日:1
総数:29298

2012年度活動スタート!

春教組は、2012年度のスローガン「 切り拓こう!夢があふれる明るい未来 − 統一と団結で着実に前進を − 」のもと、よりよい教育の実現をめざし取り組みをすすめてまいります。また、今後も学校・家庭・地域の連携を大切にした活動を展開していきます。(写真の3つの太陽は「学校・家庭・地域」をあらわしています。3つの太陽の光を受けて子どもたちが健やかに成長していくことを願っています。)

よりよい教育の実現をめざします

春教組は、よりよい教育の実現をめざして活動しています。
<組織>
 ・執行部
 ・執行委員
   組織法制部 教文部 情宣部
   調査部   教財部 福対部
   女性部   青年部 
   健全推進委員 教研推進委員
 ・各分会
   分会長 女性部委員 青年部委員

2012春教組定期大会

 『切り拓こう!夢があふれる明るい未来 ― 統一と団結で着実に前進を ―』のスローガンのもと、2月7日(火)春日井市民会館にて2012年度定期大会が開催されました。
 2011年度春教組運動の報告と、2012年度運動方針の確認が活発な議論とともに、すすめられました。12年度新執行部も大きな拍手をもって承認され、よいスタートをきることができました。
 本年度も、ゆきとどいた教育の実現と労働条件の改善にむけ、執行部一同がんばります。よろしくお願いします。 

第61次教育研究全国集会

富山県で行われた第61次教育研究全国集会に、春教組からは今井副組合長を団長にして9名が参加してきました。
会場周辺は、40〜50cmもの積雪があり、ホテルからの移動にも苦労されたそうですが、読書・学校図書館部会での近藤久美子先生の実践報告をはじめ、各分科会にオブザーバーとして参加できました。

各種カンパの取り組みについて

春教組では、以下のような各種のカンパに取り組んでいます。

「国際連帯カンパ」…アジアなどの途上国の教育支援などに使途されます。
「子どもの人権連カンパ」…子どもの人権保障をすすめる運動などに使途されます。
「助け合い運動カンパ」…愛知県共同募金会を通じて県下の民営小規模施設などの整備などに使途されます。

組合員の皆さんのご協力をお願いします。

「世界寺子屋運動」(書き損じはがきキャンペーン)へのご協力をお願いします

 春教組では、国民運動の一環として、連合愛知やNPO法人と連携し、国際貢献をすすめる運動方針にもとづき、これまでも「世界寺子屋運動」に協力してきました。
 「世界寺子屋運動」とは、開発途上国の学校建設、教材購入、文具の購入などを支援するものです。
 本年度も、春教組では、書き損じはがきを集約し、愛教組より連合愛知を通じて「世界寺子屋運動」名古屋実行委員会事務局に送付するかたちで協力をしていきます。
 
 各校の分会長の先生に2月7日までにお渡しください。

第247回愛教組定期委員会

11月25日(金)に第247回愛教組定期委員会が豊川市小坂井文化会館で行われました。愛教組から「経過報告・会計報告」や「当面の運動推進に関する件などの議事」について提案がありました。
 「質疑応答」では、春教組のみなさんから寄せられたご意見をもとに梶田青年部長が質問をし、要望を強く訴えました。また、今井副組合長は大会の議長を務め、岡嶋書記長は賛成討論に参加しました。

2011教育フォーラムinかすがい

 11月19日(土)に「2011教育フォーラムinかすがい」を行いました。講師として、麓聡一郎先生をお招きし、「折れない心の育て方」の演題で講演をしていただき ました。テンポのよい話術に参加者全員が引き込まれ、時々笑いが起こるとても楽しい雰囲気でした。みんなが心から元気になり、笑顔で過ごすことの大切さを感じることができた講演会となりました。

第2回力量アップセミナー

 10月31日(月)、勤労福祉会館で「第2回力量アップセミナー」を行いました。至学館高校野球部監督の麻王義之氏を講師にお迎えし、『子どもを育てる上での指導者の心構え』という演題でご講演をいただきました。
 野球の技術だけでなく、学業、あいさつや身だしなみといった礼儀、学校を自分たち野球部が支えていくような男気を大切にされているといったお話をしていただきました。
 若い先生の参加が多く、これからの学級経営、部活指導に生かしていけるものになりました。

教育研究集会

 10月13日(水)に勤労福祉会館で第21次春教組教育研究集会を開催しました。15部会が5つの分科会に分かれて発表し,123名の参加者が質疑応答や意見交換を行いました。他教科の発表がよい刺激になったことや各教科ごとに専門的な助言が聞けたことについて,多くの好意的なお声をいただけました。 
 22日(土)には愛知県産業労働センターで第61次教育研究愛知県集会が開催されました。春日井単組からは11分科会で研究の成果を発表しました。どの分科会でも熱心な発表や討議が行われました。
 教研活動を通して,今後の授業実践・研究を進めてください。



青年部組織強化学習会

 10月14日(金)に,新任の青年部員を対象に「組織強化学習会」を行いました。組合について理解を深めてもらうため,愛教組・春教組の活動について,わたしたちの福利厚生についてを話し,最後に青年部クイズを行いました。
 参加者の先生からは,「組織について,福利厚生について理解でき,とても有意義でした。」「クイズがあり,他の新任の先生方とも交流できて楽しかったです。」「今後も多くの活動に参加させていただきます。」と感想をいただけました。今後も青年部の活動に積極的にご参加いただけるよう,よろしくお願いします。

第3回女性部セミナー

 10月6日(木)に、第3回女性部セミナー「便利なお財布作り」を行いました。講師の梅村先生と久野先生をお迎えし、30名の方々とともに芸術の秋を楽しみました。それぞれが好みの柄を選び、素敵でコンパクトな財布を仕上げることができました。

ライフセミナー

9月14日(水),勤労福祉会館でライフセミナーを行いました。

・「ヨガ」
・「整理整頓・収納術」
・「紙ひも編みかご」

 3講座合わせて60名以上の参加がありました。心身のリフレッシュをしたり,私たちの今後の生活に役立てたりできる内容でした。参加いただいた組合員の方々,講師の先生方ありがとうございました。

第2回女性部セミナー

9月8日(木)総合福祉センター大ホールにおいて、第2回女性部セミナー「リズムコミュニケーション」を開催しました。近藤浩之先生を講師としてお迎えし、35人ほどの参加者とともに「ドラムサークル」を実践しました。ファシリテータと呼ばれる案内人によって展開される即興リズムアンサンブルを通して一体感を味わったり、ストレスを発散したりして、楽しみました。

KASUGAI父母と教師の教育を語る会(教育対話集会)

 6月19日(日)、春日井市総合福祉センターにおいて『KASUGAI 父母と教師の教育を語る会(教育対話集会)』が開催されました。今年度は音楽工房「夢のかぼちゃ」店主の長島りょうがん氏をお招きし、「そっとやさしく  〜絆〜」という演題で講演を聴かせていただきました。
 長島氏の講演は、家族・親子のつながりの大切さを感じさせるお話の中に歌を織り交ぜながら進み、とても楽しく、充実した時間となりました。

その後、2校ずつの小グループに分かれて「グループ対話」を行いました。講演の感想や日ごろの子育てなどについての話し合いを通して、家族や 親子の絆を感じ、明日からの「そっとやさしい」ふれあいを感じさせる会になりました。

女性部第1回セミナー

6月7日(火)総合福祉センターにおいて、女性部第1回セミナー「文字アート」を
開催しました。鈴木紫舟先生を講師としてお迎えし、30人ほどの参加者とともに楽
しい時間を過ごすことができました。すてきな作品がたくさん仕上がりました。

第1回力量UPセミナー「思春期のこどもに対する対応」

 教師としての資質・力量の向上を目的とした力量UPセミナーの第1回を開催しました。下の写真のように多くの先生方にご参加いただ き、会場がいっぱいになるほどでした。ありがとうございました。

 今回は6月9日(木)、グリーンパレス春日井にて臨床心理士の西川絹恵氏を講師にお迎えし、「思春期のこどもに対応する対応」〜子どもの言 葉のとらえ方〜と銘打ってご講演いただきました。
 思春期の子どもたちが発する言葉のウラを読みとり、きちんと子どもを理解するためのポイントなどこれからの教育活動に大変参考となるお話が 聞けました。

 次回も多くの先生方の参加をいただきますようよろしくお願いします。

第246回愛教組定期委員会

 去る6月3日に第246回愛教組定期委員会が北名古屋市文化勤労会館で行われました。経過報告や「当面の運動推進に関する件」などの議事について提案がありました。
 その後の各単組からの質疑・応答では40項目近くの諸問題が上げられ、真剣な議論が繰り広げられました。
 春教組のみなさんから寄せられたご意見をもとに新枦書記次長が「多忙化解消について」・「養護教員の再任用について」の2つの質問をし、要望を強く訴えました。

教育研究学習会「研究実践に取り組み、論文にチャレンジしよう!」

5月19日(木)勤労福祉会館において春教組教育研究学習会が行われました。
テーマを「研究実践に取り組み、論文にチャレンジしよう!」として、味美中学校の森田のり子先生と篠木小学校の加藤喜英先生に講義をしていただきました。
下の写真のようにとても多くの先生方の参加があり、有意義な会になりました。
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29