最新更新日:2016/07/30
本日:count up16
昨日:73
総数:317999

どの子も「わかる・できる・身に付く」授業研究

久しぶりに「志水 廣」で検索してみました。

すると、下記のHPにであいました。

「どの子どもも「わかる」「できる」「身に付く」授業づくりとは,言葉では端的に言えるが,いざ実践を行うとなると,目の前にはいろいろな子どもがおり何をどのように指導したらよいかはっきりとした指導法がなかなかみえてこないのが現状である。先行研究を調べてみると,この「わかる」「できる」「身に付く」という観点における研究は,今までいろいろな先行研究があるが,今回は,愛知教育大学教職大学院教授である志水廣教授が,長年にわたって現場の先生方と一緒になり,現場の必要感からボトムアップで開発をされた志水メソッドに添って私なりに実践を行ってみた。紙面の関係上,すべてを記載することはできないが」

https://shinko-keirin.co.jp/keirinkan/tea/sho/j...

志水メソッドをコンパクトにまとめてあります。

完売御礼

志水 廣序・鷲尾操子著

「出愛いの記〜学級崩壊を乗り越える〜」(授業力アップわくわくクラブ発行)

本書は、本日、完売いたしました。(正確に言うと在庫は無くなりましたという意味です)
6月中旬に発刊して7月30日に完売なので、どれだけすごいことか!!!!!!
誠にありがとうございました。

鷲尾先生にカンパイ(乾杯)です。
読者の皆様に「愛が届きますように」


ps 愛知教育大学の生協にはまだ、4冊残っているかも。

面談にて  ○付け法への招待155

東日本大会に参加された茨城のW先生よりメールが届きましたので紹介させていただきます。

「志水 廣 先生

おはようございます。
先日の東日本大会では、大変お世話になりました。
改めて、授業の面白さ奥の深さを感じることができ、楽しい時間を過ごすことができました。

さて、本校では夏休みの教育相談が実施されています。
その中で、〇付け法の話になり、
ちょっとしたできたことでも〇を付けて認めて伸ばしたいという思いで
実施していると話したところ、
「ABA法(応用行動分析学)なのですね」と答えが返ってきました。
自分は、よくわからなかったので、「そのような理論があるのですね。勉強しておきます」と答え、その後調べました。

すると、ABAの概略
1 簡単に言うと、できない課題を細かく分け(=スモールステップ)、
できたらほめ、(=その行動を強化)成功体験をかさねて自己肯定感を高めていく学習法。
*(課題ができない場合でも、取り組んでいる姿勢を認めてあげることが大切)
2 望ましい行動を強化(ほめて)定着するようにする。ということがわかりました。


保護者の方に言われたことが、なるほど〜と感じました。ちなみにその方は、障害者福祉施設にお勤めで、子供がよい方に変わって行く様子を感じて、本校や自分のクラスのやり方に共感してくださったとのことでした。

保護者に力強い応援をいただいた、ありがたい面談でした。」


応用行動分析については、志水 廣と大羽沢子著「算数授業のユニバーサルデザイン」(明治図書)のp46−53に明記されております。ご覧いただければ幸いです。

望ましい行動へ導く方法、それが○付け法、○付け法の精神(部分肯定)である。





和歌山県有田町石垣小学校訪問



有田町の石垣小学校を訪問して、アクティブラーニングについてお話しました。

当日は、石垣小学校で近隣の小学校の教員も集めて、講演しました。
皆さんとても熱心でしかも真摯に話を聴いてくださいました。
ありがとうございました。

有田町石垣小学校訪問 前日のレセプション

有田町石垣小学校訪問 前日のレセプション

前日のレセプションでは、旧知の間柄の中校長先生高垣校長先生らとともに楽しき語り合いました。とてもよい雰囲気でした。

和歌山県和歌山市の教育研究所


7月28日(水)、和歌山県和歌山市の教育研究所小学校主催の算数数学研修講座に招かれて話してきました。
およそ80名の参加者でした。
ユニバーサルデザインの授業づくりを教材開発、指導の手立てを中心に話しました。
講演も少しアクティブラーニングを取り入れて学びを深めました。
ありがとうございました。








新刊書 「算数授業のアクティブラーニング」の増刷決定

7/28 小学校第2位になりました。ありがとうございました。

7/23 大変お待たせしました。増刷のおかげで、また、小学校第3位になりました。

7/18 増刷がまもなくできます。明治図書のHPによると、7/22に出荷予定日とあります。あと少しお待ちください。

7/8 小学校第2位になりました。 小学校・中学校その他含めて総合で第3位です。
http://www.meijitosho.co.jp/ranking/
現在、出版社の在庫が切れております。ご迷惑をおけいたしますが、増刷中ですので、しばらくお待ちください。大きな書店には在庫はあると思います。

7/7  再び、小学校第3位となりました。ありがとうございます。

6/29 明治図書の木山編集次長からメールが飛び込んできました。

「今日、『算数授業のアクティブラーニング』の2刷が決定しました!
この3か月で各月200冊近い売り上げがあり、
今後アクティブラーニングフェア等も開催しますので、重版になりました。」

4月末に発刊し、実際に流通を始めたのは5月10日からです。
今は6月の終わりですから、ハイスピードの増刷です。

ありがたいことです。感謝いたします。

「算数授業のアクティブラーニング」について
http://www.meijitosho.co.jp/detail/4-18-236813-4

定め

7/27 今日のひとこと

人生とは、自分の定めを生きて行く。
定めだからと言って決まっているのではない。
選択は自由。
だから、自由意志で生きて行く。
宇宙の応援を得ながら生きて行く。


第8回 音声「悠・愉」を配信しました。

授業力アップわくわくクラブ会員のみなさまへ

こんにちは。

第8回 音声「悠・愉」を配信します。

今回は6月のわくわく公開セミナーで模擬授業をしてくださった

豊田市立小清水小学校長の和田裕枝先生に 学級づくり・授業づくりについてインタビューしました。

どうぞお聞きください。

授業力アップわくわくクラブ事務局

志水廣・近藤雅子

捨てる

7/26 今日のひとこと

古いモノに感謝して捨てる。
そして、新しいモノにわくわくして
出会う。

とは言うものの、整理が苦手な・・・。

やってはいけないUD  再生レコーダを要求する授業。

7/25 今日のひとこと
再生レコーダを要求する授業。

教師が筆算の手順を説明しました。完璧に説明しました。
その後、子ども達に、ではすぐに言いましょう。
言いながら計算しましょうと指示したのです。どの子もできません。

1分間近くも手順を話して、それを再現せよと言われてもできるものではありません。

短期記憶においてはチャンクの容量は7つです。30秒以上を再現することはできません。


東日本大会報告2



写真で東日本大会の報告をします。

志水 廣の講演 「算数授業のアクティブラーニング」
  私が今考えているアクティブラーニングについて話しました。どこにも話していないものを披露しました。

鷲尾操子先生の講演 「出愛いの記−学級崩壊を乗り越える」
  実際に学級崩壊した人の話は迫力・説得力があります。

川島紀子先生の実践報告 意味づけ復唱法の活用について、学級経営の視点、「意味付け」の視点。とても素敵な実践報告でした。

創価大学教職大学院のフォーラム「新しい教育とアクティブ・ラーニング」のシンポジストとして登場

平成28年9月10日(土)、教職大学院・教育学部フォーラム


創価大学教職大学院・教育学部では、「新しい教育とアクティブ・ラーニング」とのテーマの下で、下記のとおり「教職大学院・教育学部フォーラム」を開催することになりました。

第一部(午前の部)では、アクティブ・ラーニング型の授業づくりについて学ぶ「実践ワークショップ」
第二部(午後の部)では、「最近の大学における教員養成の動向とアクティブ・ラーニング(仮)」と題し、文部科学省高等教育局大学振興課の柳澤好治教員養成企画室長にご講演を頂き、その後、「新しい教育とアクティブ・ラーニング」とのテーマで、次期学習指導要領改訂の要であるアクティブ・ラーニング推進の課題について、シンポジウムを開催します。

シンポジスト
柳澤好治氏 文部科学省高等教育局大学振興課教員養成企画室長
齋藤郁英氏 八王子市教育委員会 学校教育部統括指導主事
志水 廣氏 愛知教育大学名誉教授
長崎伸仁氏 創価大学教職大学院 教授

コーディネーター 
鈴木詞雄氏 創価大学教職大学院 准教授

詳細が掲載されたご案内チラシ・参加申込書はこちら
http://kyoshoku.soka.ac.jp/assets/pdf/forum2016...

参加費は無料です。

東日本大会

授業力アップわくわくクラブの東日本大会が終わり、昨夜名古屋に戻りました。

今回の大会は、わくわくクラブの会員のための研究会なので広報いたしませんでした。
簡単に報告します。

志水メソッドを日頃実践しているメンバーなので、活発な教材研究、模擬授業がなされました。
私はアクティブラーニングについて最先端の話をしました。鷲尾操子さんが福岡からかけつけ、1時間弱わたり話されました。何度聞いても面白くてためになる話です。学級崩壊からの脱出について語ってくださいました。
次への行動が見える良い会となりました。

企画してくださった東京のスタッフの皆様、ありがとうございました。



東京より

7/22 今日のひとこと
東京に来ています。
明日は、授業力アップわくわくクラブの東日本大会があるからです。

朝一番に築地に行きました、信号のかどで、都知事の女性候補の演説に遭遇しました。
迫力がありました。

その後、明治図書に行き、木山麻衣子次長と単行本の原稿について打ち合わせしました。
こちらからは、一次原稿の校正をわたし、木山麻衣子さんからは別の本のゲラを見せていただきました。どちらも楽しみな本です。

昨日連絡して、急遽会うことになりましたが、ラッキーなことに時間が空いていました。
1時間のつもりが2時間になり、情報交換できました。
やはり、電話でのやりとりよりも直接対面した方が話が早いものです。密度の濃い時間を過ごせました。

「2つのしかけでうまく行く算数授業のアクティブラーニング」の売れ行きはとても好調だということでした。

明日の東日本大会も密度の濃いものにします。



いかされている

7/21 今日のひとこと
生かされている。
自分の命を。

活かされてされている。
自分の人生の舞台で。

行かされている。
自分の行動を。

息されている。
無意識に動く体で。

何故に、いかされているのか。
粋な世界を創るために。


小さな○

7/20 今日のひとこと
ぽたりぽたりと水が落ちる。
いつのまにか、バケツにあふれる。

同様に、小さい○(まる)を積み重ねることで、
子どもの心の種火となり、
いつのまにか大きな火となって燃え上がるようになる。
あなたの役割は、子どもの未来を信じて、
今、小さな○を見つけて○をすることですね。

教師としてのあなた。
親としてのあなた。
上司としてのあなた。
この世の中を○で包んで地球を包みましょう。

○付け法への招待154

第7回 音声「悠・愉」配信

授業力アップわくわくクラブ会員のみなさまへ

こんにちは。
梅雨が明け、もうすぐ夏休みですね。

第7回、音声「悠・愉」を配信します。

今回は、先月発刊された志水廣先生と鷲尾操子先生との共著「出愛いの記」のその後のエピソードをお知らせします。

授業力アップわくわくクラブ事務局
志水廣・近藤雅子

ps 昨日、志水塾広島大会に参加された四国の先生からメールが届きました。
「5月に広島で志水先生の講座を受け、感銘した者です。
今からでも当クラブに入会することは可能でしょうか?
可能であれば是非お仲間に加えていただければと思います。
年度初めのみの募集と言うことなら来年加入します。」と。

当会は、3月、4月が入会の申込みの時期ですが、近年は、いつでも受付しております。ただし、1年間単位で受付します。入会された方には、ステキなPDFによるペーパー情報(毎月)、音声情報(毎週)、DVD(毎学期)が届きますよ。

2つの宝物

7/19 今日のひとこと
筑波大附属小学校の研究会の懇親会でたまたま沖縄県の先生方と一緒になった。
すると、隣の席には4年前に授業参観した那覇市の教員が座った。この方はとても授業が上手だった。
久しぶりにいろいろ話した。
そして、その当時の校長先生の話題になった。

「H校長先生は、
『子供は宝物。教員も宝物。』という考えをお持ちで、教員も大事に育てたい。そのために、学ぶ機会を与えたい。と言動一致されて我々に接せられていました。」

そうかあ。それで、H校長先生は、教員から信頼されているのだと納得した。

筑波大学附属小学校算数部の研究会

7/18 今日のひとこと
筑波大学附属小学校算数部の研究会に行ってきました。
3つの授業参観。シンポジウムに参加。2つの講演を聴く。
私にとって学びの多いものでした。

会場の皆さんの真剣なまなざしに明るい将来を見ました。


また、数人の知り合いの方に偶然お会いできました。これにはびっくり。
お声をかけていただきとても嬉しかったです。
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

配布物

志水 廣
〒448-8542
愛知県刈谷市井ヶ谷町広沢1