最新更新日:2018/10/17
本日:count up28
昨日:66
総数:375021
ユニバーサルデザイン学習会は、10月14日に開催できました。ありがとうございました。

メールブック「悠・愉」増刊号 19を配信します。


授業力アップわくわくクラブ会員のみなさまへ

こんにちは。

授業力アップわくわくクラブ メールブック「悠・愉」増刊号 19を配信します。

増刊号19は、わくわくクラブからのお年玉として音声計算をプレゼントします。

元旦に福岡県の境由美子先生から音声計算(かけ算九九)のワークシートが届きました。

本人の承諾を得ましたので、このワークシートをお年玉として配信させていただきます。

ご利用いただければ幸いです。

   授業力アップわくわくクラブ

   志水廣・近藤雅子

淡々と生きる

1/11 今日のひとこと
思うことは実現する。
これは真理である。

ところが、なりたいのになれない、ことがある。
つまり、思っても実現しないときがある。

その原因は、機が熟していなかったということだ。
でも、数年後に機が熟すときがくる。

問題は、なりたいのになれないときに、どういう行動を取ればよいかである。
与えられたことを淡々と心を込めてやるしかない。
遠回りのようであるが実はその方が早いことがある。

とにかく、周りの人をハッピーにして、宇宙貯金を貯めることだ。

定型と非定型の順序

1/10 今日のひとこと
定型と非定型には順序がある。

「予測不能の時代だから教育はそれらに対応しなければならない」という主張は理解できる。
しかし、学校教育の定型と非定型には順序があることも事実である。
まずは、答えがある問題で子どもに考えさせて、正確に正しい答えを出させることが1番目である。
定型の指導がなく非定型を行けば混乱するに決まっている。

非定型ばかりを先に教えるというのは、交通信号のルールを教えないのと同じである。赤信号の意味を知らずに道路を渡ったらどうなるのか。

学校教育の第1の役割は、定型の問題を考えさせて答えを出させることだ。正しいものの見方を教えることである。

プロ意識

1/9 今日のひとこと
プロとは、働いてお金を生み出せる力のことを言う。
あなたの今の仕事に対して、人はお金を払ってまで来てくれますか?
普通レベルでは、お金を払いたくない。
かなり上でないとお金を払う気持ちにはならない。

給料をもらうということは、プロレベルの仕事をしてこそ価値が生まれる。
教師ならば、あの先生の授業は面白いなと思われて、明日も聴いてみたいなというレベルである。
まずは、プロを目指すこと。そして、プロになれば、さらに磨いてプロの中のプロになっていこう。

授業力アップわくわくクラブ 発行 DVD 2学期用 配送完了

授業力アップわくわくクラブの会員の皆様へ

明けましておめでとうございます。

本日、授業力アップわくわくクラブ発行のDVDの2学期用分を本日、配送の手続きを完了しました。到着には3日間かかると思います。楽しみにお待ちください。

今回は、諸々の事情により、DVD作成に3ヶ月間かかり、大変遅れましたことをお詫び申し上げます。

今回は、第5学年の単元「割合」の導入の時間の示範授業です。とても丁寧な展開がなされた授業です。落合康子先生との解説もあり、授業での工夫点が浮き彫りにされています。
ぜひとも参考にしていただければ幸いです。

授業力アップわくわくクラブ事務局
志水 廣・近藤雅子

慣例を省くには

1/8 今日のひとこと
ある仕事を慣例通りするのが普通。
ところが、慣例通りするには、時間、人員が不足している場合がある。
さあ、どうしよう。

こういうとき、慣例はできないのだから、慣例を破るしかない。
それでも、ゴールは同じかまたはそれ以上になるように思考する。
つまり、ゴールを明確にして、そこに致る別の道を探せばよい。
うまく探せたとき、ステージが一ランク上がる。


メールブック「悠・愉」1月号を配信します。

授業力アップわくわくクラブ会員のみなさまへ
明けましておめでとうございます。

授業力アップわくわくクラブ メールブック「悠・愉」1月号を配信します。

●第7回 算数・数学授業力アップわくわくセミナー東京学習会は2月4日(日)です。

志水先生の講演、鈴木詞雄先生の志水メソッドの演習、そして、志水先生
の示範授業を志水先生と鈴木先生で解説をしていただきます。詳細は本誌P40をご覧ください。

本年もどうぞよろしくお願いします。

   授業力アップわくわくクラブ
   志水廣・近藤雅子

ハイテクの先

1/7 今日のひとこと
ハイテクの先は、何か。

それは、心の時代であり、
それをひと言でいえば、おもてなし。


キャリア教育

昨年、高等学校の教員や高校生に講演しました。そのご縁もあってAさんにわくわくクラブの事務所に来ていただいて、キャリア教育について話を伺いました。

現在の高校生の実情と今後のキャリア教育について歓談しました。
とても勉強になりました。
ありがとうございました。

無私の心

1/6 今日のひとこと
大きなイベントがあると、それを支えるたくさんの人がいる。
無私の心で支える人の生き様はかっこいい。

暗いんだよ。その顔。

1/5 今日のひとこと

暗い人は、人相に出る。
ただし、本人は気づかないことが多い。
「あなたは暗いですよ」とは世間は言わない。
でも、暗いだけで周りの気分を悪くする。

なぜ、暗い顔になるのか。
それは、「暗いことを考え、クライこと(cry・泣き言)」を言っているからである。
あなはいつまでクライのか。
早く変えないと、今生が終わってしまうよ。

音声「悠・愉」第79回を配信します。

授業力アップわくわくクラブ会員のみなさまへ


明けましておめでとうございます。

新春を迎えての初音声「悠・愉」第79回を配信します。

今回は、「算数の本質」と題して志水先生にお話していただきました。

どうぞお聞きください。

   授業力アップわくわくクラブ

   志水廣・近藤雅子

勝負する所を

1/4 今日のひとこと
勝負する所を間違っていませんか。

生活すると、いろいろな所で勝負がある。
それらの全てで勝てるわけではない。
5勝5敗ならいいか、満足かな。
では1勝9敗なら不満足かな。

でも、どちらがいいとは言えない。
1勝がとてつもなく威力を発揮する所だと、他を凌駕する。
だから、1勝の中身だと思う。

情報が集まる

1/2 今日のひとこと
これまで、たくさんの方とお出会いしました。
いろんなアドバイスをしてきました。
すると、時折、実践のアイデアの提供があります。
とても嬉しいことです。

全国からアイデアが届きます。

授業力アップわくわくクラブでは毎月、メールブックとして会員様に連載の執筆者と共に臨時にそのアイデアを提供しています。
1月号は1/5の配信予定ですが、臨時に提供するつもりです。
お楽しみに


元旦のご挨拶

1/1 今日のひとこと
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

「本」当の始まり、「本」質の始まり、大「本」の始まりだとあらためて認識して、
自立を目指す教育づくりをしていきたいと思います。

気づき

12/31 今日のひとこと

気づきの発生のためには、その人が、
(1)何かの問題意識をもっていること、
(2)それに対して解答を求めていること、
さらに、
(3)何かの解答が来たとき、素直に受け入れる素地があること。
この3点が重要である。

魅力

12/30 今日のひとこと
柔らかい雰囲気のある人がいる。
全てを包み込むという感覚である。
一瞬会っただけなのに、そういう雰囲気が醸し出される。
これって一体何だろうか。
どうやれば柔らかい雰囲気を醸し出せるのだろうか。

深い深い感謝の心から発する人間愛なのか。
たった2.3分なのに心がなごむ。
そういう方に出会えて、ありがたいことです。

何々したいなら

12/30 今日のひとこと
「お金持ちになりたいならば、お金持ちになった人に聞けばいい。
病気が治りたいならば、治った人の話を聞けばいい」と、斉藤一人さんはいいます。

では、授業がうまくなりたいなら、どうすればいいのか。
学級づくりがうまくなりたいならば、どうすればいいのか。

うまくなった人に聞く。うまくなった人の本を読む。うまくなった人の授業を実際に見る。
このような行動を起こすことですよ。

お客さん

12/29 今日は、午前と午後に、お客さんが2組、わくわくクラブの事務所を訪れました。

たっぷり話しこんで、教育について深い話ができました。Oさん、Sさんありがとうございました。
話し込みながら新しい話題が生まれ、そして、頭が整理されました。
こういうのを深い学びと言います。

音声「悠・愉」第78回を配信します。

授業力アップわくわくクラブ会員のみなさまへ

こんにちは。今年最後の音声「悠・愉」第78回を配信します。

今回は、「12月を振り返って」と題して志水先生にお話していただきました。

どうぞお聞きください。

   授業力アップわくわくクラブ

   志水廣・近藤雅子
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

配布物