最新更新日:2019/07/20
本日:count up11
昨日:46
総数:389688

会員の声

会員の声

「志水廣様

 いつもお世話になっております。

 日本数学教育学会百周年記念大会の受賞、おめでとうございます。

 授業力アップわくわくクラブDVD「第3学年分数の大小」の送付、ありがとうございました。すごく感動しました。わくわくする仕掛け、志水先生の愛にあふれたご指導、落合先生のお話を伺っていたら、涙が出そうになりました。教師って、すばらしい仕事だなと改めて感じました。

 音声「悠・愉」の「リフレーミングや褒め方のコツ」、とても役立ちます。保護者とお話する時や気になる児童の指導に活用しようと思います。

 授業力アップわくわくクラブに入っていてよかったです。2学期も頑張ろうという気持ちになりました。

                    愛知県 Mさんより」

ありがたいことです。
志水 廣



音声「悠・愉」第111回を配信します。


授業力アップわくわくクラブ会員のみなさまへ

こんにちは。

音声「悠・愉」第111回を配信します。

今回は、志水先生が「特別支援教育の研修会」で

学ばれたことをお話していただきました。


どうぞお聞きください。
         授業力アップわくわくクラブ 志水廣・近藤雅子



期限

8/17 今日のひとこと
仕事には期限があるけれど、健康には期限がない。
病気にならないと期限を自覚しない。
つまり、未病の状態は期限なし。

病気の人は、これを読んで機嫌悪くしないでね。


第2回 和田裕枝・志水廣先生の授業づくり学習会

第2回 和田裕枝・志水廣先生の授業づくり学習会
     〜 教材研究の仕方を学ぼう 〜


 授業づくりで大切な教材研究ですが、実際「どうしたらいいの?」と悩みも多いのが現実です。
今回、授業づくりで要望の多い算数の教科書をもとにした教材研究の仕方を学び、実践につなげるために摸擬授業の演習も行います。
2学期を好スタートで切るためにどうぞ、お誘いあってご参加ください。


● 日時  平成30年8月26日(日) 受付9時10分
       開会9時25分 − 終了12時10分

● 会場  愛知教育大学 教育未来館3階 講義室3A
     愛知県刈谷市井ヶ谷町広沢1 tel 0566-26-2111(ナビ用)

● 講師  前豊田市立小清水小学校長  和田裕枝
      愛知教育大学名誉教授  志水 廣
      
● 内 容  9:30−12:00 算数の教材研究の仕方
       (ワークショップ・摸擬授業を含む) 

● 持ち物  担当学年の算数の教科書と指導書                                                         

● 参加費  一般2500円、 わくわくクラブ会員2000円  
      (当日、受付で集金)

● 定員  20名

● 申込方法 メールで件名に「授業づくり学習会」参加申込として
 1氏名 2学校名または所属名 
 3担当学年、経験年数 
 4緊急連絡先電話番号を記載してお申込ください。
 
●申し込みなど詳細はこちら
http://www.schoolweb.ne.jp/weblog/files/2370003...

勝つ相手は

8/16 今日のひとこと

人に勝つ前に、自分に勝つ。

人が働いているときは、自分は2倍働く。

人が休んでいるときは、自分は1倍働く。

それじゃあ、いつも働いているばかりじゃんだって。

いいの。ワークアズライフなんだから。

仕事と生活を区別するのが・・・

それで楽しいんだから。


第10回 算数授業力アップセミナー in 伊丹

 毎年夏に行ってきた『算数授業力アップセミナー』も本年で10年目を迎えます。
 夏期休業中の半日を、共に学び、2学期から目の前の子どもたちに「算数が楽しい!よくわかる!」と言ってもらえる授業になるようがんばりましょう。
 授業力を向上させ、日々の授業の充実を目指しておられる皆様、是非ご参加ください。

            記

日 時  平成30年8月18日(土)13時15分受付、13時30分開会
会 場  伊丹市総合教育センター
    (伊丹市千僧1丁目8 tel 072-780-2480)
     会場まではhttp://www.itami.ed.jpをご覧下さい。

助言者 志水 廣 先生(愛知教育大学 名誉教授)
           <〇付け法・意味付け復唱法で有名な先生です>

主 催  算数授業力アップセミナー実行委員会
後 援  伊丹市教育委員会
定 員  40名程度
 
日程(予定)
13:15〜 受付
13:30〜13:45 開会行事
13:45〜15:00 講演 志水 廣 先生
           「主体的・対話的で深い学び」
15:15〜16:15 実技講座「各グループで教材研究」
16:15〜16:40 模擬授業で確認
16:40〜16:45 閉会行事

参加費 2000円

詳細↓
http://www.schoolweb.ne.jp/weblog/files/2370003...

常識をこえる

8/15 今日のひとこと

常識は必要。

でも、常識ばかりで生きているとつまらない。

非常識は困るが、常識を超えればよい。

超常識になればよい。

高すぎず、長すぎず

8/14 今日のひとこと
目的の次に目標を立てると、自分の先が見えてくる。

次に、目標は高すぎない方がよい。また、時間的に短い方がよい。

3日坊主の人ならば、3日間はダイエットするでもよい。これだけでも3日間続いたのだから立派なものだ。
4日目はダイエットを休憩して、5日目からまた3日間ダイエットすればよい。

これだけでも確実にやせていく。

高すぎず、長すぎずがちょうどいい。

アクシデント

8/13 今日のひとこと

アクシデントはできるだけ起きない方がよい。
万全の対策をとることが大事である。

それでも、起きることもある。
起きた場合は、何が一番最善の手をうつ。

その原因は何か。
原因に対する手立てを解明する。
そして、ここからが重要なのだが、手立てが確実にうったかどうかの検証をすることである。

手立てを立てて終わりと思うから、また同じようなことが起きるのである。

検証は、評価システムと言ってもよゆい。システムだから、自動的に評価されて報告がなされるシステムを作ることだ。

悪口

8/12 今日のひとこと
悪口を言うのは、自己重要感が不足しているから。

その原因の一つは、人と比べるから。

その人の能力が低くても比べて不満が出る。
高くても比べて不満がでる。

どちらにしても不満人間。だから憤懣人間となる。

確実に言えることは悪口の毒素をまき散らし周りの気分を悪くし、また己の毒素に心が傷つく。

勘弁してよね。

へんこう

8/11 今日のひとこと
ある主張をしたら、変な風に変更されていた。
しかも、偏向した見方でとらえられていた。

偏向した変更は困ったものだ。

自己重要感

8/11 今日のひとこと
自己重要感を高めるのは誰か?

自分なのか、他の人なのか。

自分だとしたら自己満足になる。

他の人がその人の自己重要感を高めるのである。

教師対子どもならば、教師が高める。

親対子どもならば親が高める。

校長対教職員ならば校長が高める。

だから、子どもの自己重要感が低いというのは、上に立つ立場の人の問題である。

誇れる

8/10 今日のひとこと
誇ることができる学校、教師、子どもでありたい。
誇れるとはどういうことを指すのか。
自己重要感が高まる状態を言う。
別の言葉で言えば、自慢のできる学校、教師、子どもということだと思う。
では、どうすれば自慢できるようになるのか。

学校のおかげで、教師のおかげで子ども自らの能力が高まったという自覚をもつことだ。

そういう仕掛けを作るようにしたい。




音声「悠・愉」第110回を配信します。

授業力アップわくわくクラブ会員のみなさまへ




こんにちは。

音声「悠・愉」第110回を配信します。

今回は、志水先生に「日本数学教育学会創立百周年記念大会」に

参加された感想をお話していただきました。

どうぞお聞きください。
         授業力アップわくわくクラブ 志水廣・近藤雅子

授業力アップわくわくクラブ DVD1 配送

授業力アップわくわくクラブの会員の皆様へ

お待たせしました。

授業力アップわくわくクラブが発行するDVDです。

今回も志水廣先生の示範授業です。

DVDの内容 (1) 第3学年 「分数の大小」・・・志水 廣先生

       (2) 志水 廣先生と落合康子先生との授業解説

教科書にあるごく普通の教材を志水先生が授業するとどうなるか、楽しみな動画です。

なお、このDVDは非売品です。

本日(8月9日)の夕方発送しました。お手元に届くのに3日はかかります。お待ちください。

トップの気持ち

8/9 今日のひとこと
ある調査で、毎年最下位というのはすごい記録である。

この原因は、いくつか考えられる。

1.調査のことを信用していない。

2.調査のことを無視している。

3.現在の指導の仕方を変えていない。

4.現在の指導の仕方が悪いと思っていない。

5.まあ、最下位でいいではないか。

ざっとこんな感じである。

私のメソッドを実践している学校では、プラス8ポイント上がった学校がある。

私のお弟子さんは、いつも秋田県よりも上の数値をたたきだす。

学校の役割は、子どもに学力をつけることである。

トップは、真剣に考えたらどうかなあ。




リフレーミング

8/8 今日のひとこと
ゴールデンピーチという品種のももを買って食べた。
2こで298円なのでとてもお値打ちである。

さて、食べてみたら、
Mさんは「ちがう。これはももではない」
という。
私はおいしかったのだが、・・・。
確かにももの味ではない。
しいて言えば、「マンゴーかな」という。
確かにそう言えばマンゴーだ。

2個目を食べたとき、Mさんは「お得なマンゴーを食べよう」と言った。
勝手に言い換えたのであった。
この言い換えの作業をリフレーミングという。
ももと思うから「ちがう」となるが、マンゴーと思えば、とても安くてよい。

ものは言いようだなと思った。

平成30年度小牧市教職員研修講座



本日、8月8日、愛知県小牧市の勤労センターにおいて教職員研修講座が開かれ、話してきました。ありがたいことに今年で3年目になります。
毎年、話の内容をバージョンアップしてお届けしております。

テーマは、思考力を鍛える(小学校算数での工夫)です。

50数名の方が参加されて熱心に話を聴かれていました。

考えるってあらためて楽しいんだなあということがわかりました。
教科書の教材でも考える楽しさがあるのだなと思いました。
というような感想をお聞きしました。
ありがとうございました。

講演内容
http://www.schoolweb.ne.jp/weblog/files/2370003...

3人

8/7 今日のひとこと
一人ではできないけれど、3人よればできることがある。

それが、本日、開催された豊田市のでの3校合同研修会である。

3人の気持ちが志水を動かし、校長先生を動かし、職員を動かした。

同じ「志」をもつ人が3人いると強い。

メールブック「悠・愉」8月号を配信します。

授業力アップわくわくクラブ会員のみなさまへ

こんにちは。


授業力アップわくわくクラブ メールブック「悠・愉」8月号を配信します。

●第5回 志水廣先生のユニバーサルデザイン学習会 in 愛知教育大学は

 9月29日(土)から9月30日(日)に変更となりました。

 お間違えのないようお申し込みください。

       授業力アップわくわくクラブ 志水廣・近藤雅子

 
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

配布物