最新更新日:2019/10/24
本日:count up15
昨日:40
総数:394066

不思議な一致

8/21 今日のひとこと
ある講演で上のフリップを見せた。
学校教育でできることは何だろうか。

学力と社会性を身に付けることである。
そこで、学力は、平均点がいくらかという漠然とした問題ではなくて、その生徒自身の問題である。つまり、個人に学力が身に付いたかどうかが問われるのである。
その生徒が、
漢字が読めるようになったのか、
計算ができるようになったのか、
理科でもその生徒がガスバーナーを動かせるようになったのか、
社会科で言えば地図の見方ができるようになったのか、
体育科で言えば跳び箱がとべるようになったのか、
これらは個人の問題である。
そこをフリップで表した。

さて、この講演の後で、ある校長先生から、地域の方から学力は個人の問題だと指摘を受けたと聞かされた。地域のかたと私が打ち合わせたわけではない。不思議にも一致したのであった。
同日に「個人」、「個人」とダブルに指摘されたのである。
だから、個人に迫る教育が大事なのだ。
協働とかいう前に、個人の看取りはどうなのか、個人への助言はどうなのか、
そこを考えないかぎり、教師集団に当事者意識は生まれない。

だから、○付け法であり、復唱法なのだ。

問題

8/21 今日のひとこと

問題は起きる。現れる。

起きてほしくないと思っても起きる。

どうせ起きるのだったら、解決するぞーと決意する。

解決したら、以前よりもよい世界が広がる。

依然として以前のままだったら真に解決できていない。

よりよい世界になるまで解決しよう。

 

愛知県一宮市立尾西第一中学校訪問



本日の午後は、愛知県一宮市立尾西第一中学校を訪問しました。

尾西一中は、キャリア教育の研究指定を受けています。キャリア教育は体験活動だけでなく、普段の授業づくりの中で実現していこうという趣旨で行っています。

若い集団の研修会でとてもやる気があります。
学ぶ目的にもどって話し合いました。


講演
「キャリア教育−学ぶ力と人間関係力の育成」

http://www.schoolweb.ne.jp/weblog/files/2370003...

愛知県知立市立知立西小学校訪問

愛知県知立市立知立西小学校訪問して、研修会で話しました。

西小学校は昨年まで市の研究指定を受けていて研究発表会を行いました。今年度はその継続です。
ただし、もう少しゆるやかな授業づくりということで、
「ちょっとした努力」という講演依頼でした。

2時間があっという間こでした。
ありがとうございました。

講演資料
「ちょっとした努力で授業が変わる」
http://www.schoolweb.ne.jp/weblog/files/2370003...


8/20 今日のひとこと

一度にたくさんのことを話されると、脳が拒否してノウ−となる。

一点に絞ん迫られると感動しておおー脳となる。


元気付け人

8/19 今日のひとこと

どんな環境にいても自分の心をプラスに保つこと。

これが明るくさわやかな生き方。

そうすれば、そのプラスの気は移っていく。

こういう人を元気付け人という。

トップに立つ人は、元気付け人でないとやっていけない。

兵庫県伊丹市授業力アップセミナー



本日、8月18日の午後に兵庫県伊丹市の教育研究所において算数授業力アップセミナーを開催しました。
第10回目になりました。ダブル村上先生のおかげです。

よくぞ続いたものだと感心いたします。

本日の参加者は人数的には少なかったのですが、学ぶ気持ちが伝わってきました、
それが嬉しいことです。

講演
http://www.schoolweb.ne.jp/weblog/files/2370003...

道徳はワクチン

8/18 今日のひとこと

道徳の授業では、当然と思われる徳について議論される。
人の心に潜む良い徳と悪い徳との価値葛藤を生じさせることから生み出される。
良い徳だけで議論を進めると、通り一遍の話しで心に残らない。

だから、ゆさぶりがかけられる。つまり、悪い徳への心をあぶり出すことが不可欠である。
これって生体反応で言えば、抗原抗体反応である。
ワクチンは雑菌である。これを打ち込むことによって、身体に免疫反応が起きる。
教師からのワクチン(ゆさぶり)のない授業は、いつまでやっても頭の上を通り過ぎるだけである。心に響く授業をすることだ。

会員の声

会員の声

「志水廣様

 いつもお世話になっております。

 日本数学教育学会百周年記念大会の受賞、おめでとうございます。

 授業力アップわくわくクラブDVD「第3学年分数の大小」の送付、ありがとうございました。すごく感動しました。わくわくする仕掛け、志水先生の愛にあふれたご指導、落合先生のお話を伺っていたら、涙が出そうになりました。教師って、すばらしい仕事だなと改めて感じました。

 音声「悠・愉」の「リフレーミングや褒め方のコツ」、とても役立ちます。保護者とお話する時や気になる児童の指導に活用しようと思います。

 授業力アップわくわくクラブに入っていてよかったです。2学期も頑張ろうという気持ちになりました。

                    愛知県 Mさんより」

ありがたいことです。
志水 廣



音声「悠・愉」第111回を配信します。


授業力アップわくわくクラブ会員のみなさまへ

こんにちは。

音声「悠・愉」第111回を配信します。

今回は、志水先生が「特別支援教育の研修会」で

学ばれたことをお話していただきました。


どうぞお聞きください。
         授業力アップわくわくクラブ 志水廣・近藤雅子



期限

8/17 今日のひとこと
仕事には期限があるけれど、健康には期限がない。
病気にならないと期限を自覚しない。
つまり、未病の状態は期限なし。

病気の人は、これを読んで機嫌悪くしないでね。


第2回 和田裕枝・志水廣先生の授業づくり学習会

第2回 和田裕枝・志水廣先生の授業づくり学習会
     〜 教材研究の仕方を学ぼう 〜


 授業づくりで大切な教材研究ですが、実際「どうしたらいいの?」と悩みも多いのが現実です。
今回、授業づくりで要望の多い算数の教科書をもとにした教材研究の仕方を学び、実践につなげるために摸擬授業の演習も行います。
2学期を好スタートで切るためにどうぞ、お誘いあってご参加ください。


● 日時  平成30年8月26日(日) 受付9時10分
       開会9時25分 − 終了12時10分

● 会場  愛知教育大学 教育未来館3階 講義室3A
     愛知県刈谷市井ヶ谷町広沢1 tel 0566-26-2111(ナビ用)

● 講師  前豊田市立小清水小学校長  和田裕枝
      愛知教育大学名誉教授  志水 廣
      
● 内 容  9:30−12:00 算数の教材研究の仕方
       (ワークショップ・摸擬授業を含む) 

● 持ち物  担当学年の算数の教科書と指導書                                                         

● 参加費  一般2500円、 わくわくクラブ会員2000円  
      (当日、受付で集金)

● 定員  20名

● 申込方法 メールで件名に「授業づくり学習会」参加申込として
 1氏名 2学校名または所属名 
 3担当学年、経験年数 
 4緊急連絡先電話番号を記載してお申込ください。
 
●申し込みなど詳細はこちら
http://www.schoolweb.ne.jp/weblog/files/2370003...

勝つ相手は

8/16 今日のひとこと

人に勝つ前に、自分に勝つ。

人が働いているときは、自分は2倍働く。

人が休んでいるときは、自分は1倍働く。

それじゃあ、いつも働いているばかりじゃんだって。

いいの。ワークアズライフなんだから。

仕事と生活を区別するのが・・・

それで楽しいんだから。


第10回 算数授業力アップセミナー in 伊丹

 毎年夏に行ってきた『算数授業力アップセミナー』も本年で10年目を迎えます。
 夏期休業中の半日を、共に学び、2学期から目の前の子どもたちに「算数が楽しい!よくわかる!」と言ってもらえる授業になるようがんばりましょう。
 授業力を向上させ、日々の授業の充実を目指しておられる皆様、是非ご参加ください。

            記

日 時  平成30年8月18日(土)13時15分受付、13時30分開会
会 場  伊丹市総合教育センター
    (伊丹市千僧1丁目8 tel 072-780-2480)
     会場まではhttp://www.itami.ed.jpをご覧下さい。

助言者 志水 廣 先生(愛知教育大学 名誉教授)
           <〇付け法・意味付け復唱法で有名な先生です>

主 催  算数授業力アップセミナー実行委員会
後 援  伊丹市教育委員会
定 員  40名程度
 
日程(予定)
13:15〜 受付
13:30〜13:45 開会行事
13:45〜15:00 講演 志水 廣 先生
           「主体的・対話的で深い学び」
15:15〜16:15 実技講座「各グループで教材研究」
16:15〜16:40 模擬授業で確認
16:40〜16:45 閉会行事

参加費 2000円

詳細↓
http://www.schoolweb.ne.jp/weblog/files/2370003...

常識をこえる

8/15 今日のひとこと

常識は必要。

でも、常識ばかりで生きているとつまらない。

非常識は困るが、常識を超えればよい。

超常識になればよい。

高すぎず、長すぎず

8/14 今日のひとこと
目的の次に目標を立てると、自分の先が見えてくる。

次に、目標は高すぎない方がよい。また、時間的に短い方がよい。

3日坊主の人ならば、3日間はダイエットするでもよい。これだけでも3日間続いたのだから立派なものだ。
4日目はダイエットを休憩して、5日目からまた3日間ダイエットすればよい。

これだけでも確実にやせていく。

高すぎず、長すぎずがちょうどいい。

アクシデント

8/13 今日のひとこと

アクシデントはできるだけ起きない方がよい。
万全の対策をとることが大事である。

それでも、起きることもある。
起きた場合は、何が一番最善の手をうつ。

その原因は何か。
原因に対する手立てを解明する。
そして、ここからが重要なのだが、手立てが確実にうったかどうかの検証をすることである。

手立てを立てて終わりと思うから、また同じようなことが起きるのである。

検証は、評価システムと言ってもよゆい。システムだから、自動的に評価されて報告がなされるシステムを作ることだ。

悪口

8/12 今日のひとこと
悪口を言うのは、自己重要感が不足しているから。

その原因の一つは、人と比べるから。

その人の能力が低くても比べて不満が出る。
高くても比べて不満がでる。

どちらにしても不満人間。だから憤懣人間となる。

確実に言えることは悪口の毒素をまき散らし周りの気分を悪くし、また己の毒素に心が傷つく。

勘弁してよね。

へんこう

8/11 今日のひとこと
ある主張をしたら、変な風に変更されていた。
しかも、偏向した見方でとらえられていた。

偏向した変更は困ったものだ。

自己重要感

8/11 今日のひとこと
自己重要感を高めるのは誰か?

自分なのか、他の人なのか。

自分だとしたら自己満足になる。

他の人がその人の自己重要感を高めるのである。

教師対子どもならば、教師が高める。

親対子どもならば親が高める。

校長対教職員ならば校長が高める。

だから、子どもの自己重要感が低いというのは、上に立つ立場の人の問題である。
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

配布物