最新更新日:2019/09/22
本日:count up1
昨日:45
総数:392864

レベルにあわせた授業

10/16 今日のひとこと
発達の最近接領域という見方がある。

ようするに、人それぞれの伸びしろのことである。

授業は、目の前の子どもの伸びしろを考えて仕組むことである。

どんどんできる子ども達とゆっくりしか進めない子ども達では、授業の内容と進度は当然変えるべきである。
子ども達が本気になったとき、そのときが伸びしろに合った授業である。

教師が自分が教えやすいというレベルを超えて、目の前の子どもにあわせたレベルを授業前に予想すること、本番の授業でも合わせて行くことである。

このことが一番難しい。でも、そうありたいのである。

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

配布物