最新更新日:2019/10/19
本日:count up10
昨日:45
総数:393908

すらすら計算力

遅れがちな子どもの特徴は、計算が遅いことである。

たし算、ひき算、かけ算、わり算の4種類のうちどれが苦手がわかりますか。

実は、たし算、ひき算なのです。

かけ算は九九の練習を2年生のときに徹底されるので、なんとか早いのです。
ところが、かけ算九九が早い子どもでもたし算、ひき算となるとすぐに答えが出ないので。特に繰り上がりのあるたし算、繰り下がりのあるひき算は遅いのです。
よって、上の本はとても有効です。
たし算、ひき算のワークシートが入っています。
高学年になっても練習させる価値はありますよ。

書籍案内はこちら

https://www.meijitosho.co.jp/detail/4-18-178821-6
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

配布物