最新更新日:2018/02/24
本日:count up2
昨日:48
総数:361164

研究物紹介

福岡県田川郡を訪問したとき、渡邊伴子先生と桑野徳隆先生から研究物をいただきました。
書名 「問い」のある国語科学習をめざして
田川郡小学校国語教育研究会の発行です。

指導案集です。しかも議論を重ねて創られた指導案です。
だから、価値があります。

なお、この冊子の後半部分は、授業力アップわくわくクラブ「悠・愉」に連載した記事をまとめられています。
お役に立てて嬉しいです。


お花と出会う



5/31 今日のひとこと
学校の校門から校舎に入る通路に花を植えて欲しい。

昨日訪問した福岡県金田小学校は4月に校長先生自ら用務員さんと協力して校門のそばに花を植えた。前任校の糸田小学校でも花を植えられていたが、金田小学校でも実践。硬い土の改良から始めたという。近所の方も変化がわかる。
環境づくりという観点で、学校のユニバーサルデザインの一例である。

本日は、愛知県の黒笹小学校でも階段にプランタンが敷き詰められていた。これも気持ち良かった。
学校によっては、校舎内の中庭に花壇がある場合があるが、できれば校門や校舎の入り口の方が目に入る。

朝、花に出会って校舎に入る。
帰りも花に見送られながらさようなら。
すてきだよね。



ニュアンスの違い

5/29 今日のひとこと

「天の声」という表現と「天使の声」という表現では印象が異なる。
天使の声の方が柔らかく聞こえる。
不思議なものだ。



何をベースに

5/28 今日のひとこと
何をベースに考えているかで、結論は大きく異なっている。

アクティブ・ラーニングにしてもクリティカル・シンキングにしてもベースが異なっていれば議論は違ってくる。
それだと、議論がかみ合わない。

歯のかみ合わせが悪いと、歯茎が痛くなる。
議論のかみ合わが悪いと、顔がゆがんでくる。
ゆがんだ顔はステキではないよね。

血液サラサラ

5/25 今日のひとこと
授業中にわからなかったとする。
「その瞬間、つまらなくなる」とある人は言った。

つまり、即座につまらない。

血液がつまらないのは良いことだが、授業がつまらないのはたまらんということである。

ベテランと若手

5/24 今日のひとこと
昨日、豊山小学校で講演後、校長室での話。

授業者の若手教師が二人、教務主任、ベテラン教師が一人、校長先生と懇談していた。
そのとき。ベテラン教師が「志水先生は話がいくらでもで出てきますね。」と感想を話された。
そして、若手教師にアドバイス。
「これだと思う先生の本は何冊も買って読まなければいけない。そして、学ぶのですよ」

若手教師も素直に頷いていた。

こういうアドバイスができるということは、ご自身の体験から来ているので重みがある。
若手教師はベテラン教師と学年と組んだことがある。大いに助けられたという。だから、素直に聞けるのだろう。
ベテランの味だねえ。

写真はMRJです。校区に三菱の工場があります。

和田裕枝先生が事務所に

前豊田市立小清水小学校長の和田裕枝先生が事務所に来られました。

和田先生との共著を作成のためです。

楽しくてためになる本です。

公開セミナーでお披露目できると思います。



つながっていた

5/23 今日のひとこと
思いもよらぬところで、人と人がつながることがある。
昨年、Aさんを通じてXさんと知り合いになった。
今年、私はBさんを通じてYさんと知り合うこととなった。
電話してみたら、突然、Yさんが「Xさんのことを知っていますか」と尋ねられた。
びっくりであった。
どうもXさんとYさんはある学校で同僚だったようだ。

AルートとBルートでYさんと知り合う。
不思議だよね。

合理化

5/22 今日のひとこと
仕事は手間暇掛けることが大事である。
ところが、この手間暇をかけられない事態がやがて訪れる。
こんなときどうするか。

寝るヒマもなく手間暇をかける。
これでは、ダウンしてしまう。

だから、ここで合理化が必要である。
まずは、減らすことを考えよう。
10この手間暇が必要だったとすると、そのうち3こは省略できるかもしれない。
省略というよりも誰かにお願いすることができるかもしれない。

こういうときの思考で大事なことは、目標は下げないことである。
むしろ目標は上げるのである。7の力で11の目標を達成する。

そうすると、時間や手間暇の省略ができて、しかも達成した目標は上がる。
いいことずくめである。
これはとことん考えないと生まれない。
叡智(ええちえ)を生み出そう。

変化と不変

5/21 今日のひとこと
人は安定を好む。
それはどこに現れるかというと、現状維持とか昨年通りとかである。
つまり、言い換えると、変えないということである。

組織もそうだし、人もそうである。

奥に潜む気持ちとして「変えたくない」のである。
これはやむを得ないかもしれない。
だから、自ら学び自ら考えるということは進まない。

ところが、外敵がやってくると、変わらざるを得ない。
生き残るために変わらざるを得ない。
必死に変わるためのアイデアを出す。

そうすると、全ては不変と変化の繰り返しの法則で成り立っている。

それでも、自らの意志で少しずつ変化した方が良いと思う。

つぶやき

5/20 今日のひとこと
何気ないつぶやきの中に、その人の隠れた性質がある。

普段はあまり出てこないが、何かの瞬間の言葉に本音があるかも。

気づきの前に

5/19 今日のひとこと
気づきがその人の人生の進路を変える。

同じ場にいても気づきが起きる人とそうでない人がいる。

気づきが起きる前の波動が大切かもしれない。

個と全体

5/18 今日のひとこと

個性重視が言われるが、勝手に行動し始めると集団は壊れる。

社会はある一定の秩序で保たれている。

考える道徳と言われるが、秩序を壊すような考えに考えさせても・・・。

だから、考える道徳と教える道徳の区別をしたい。

幅の拡大

5/17 今日のひとこと
いろんな体験をすると物の見方が広がる。

特に、「ありえんやろ」というような体験をすると、
キャパが広がる。

また、それが良いことに、講演のネタになる。
みんな普通のことは面白くない。
極端なことに興味津々だから。

愛知県知立市立知立西小学校訪問



知立西小学校を訪問しました。研究テーマは「学び合い」です。

今学期はじめての訪問です。

運動会が今週末にあるにもかかわらず、落ちついた雰囲気で授業に取り組んでいた。

授業もなかなか工夫されていた。

上の写真のY先生は、経験年数が少ないにもかかわらず引き締まった学級経営をされている。子どもを見ていると、安心感に満ちて授業に打ち込んでいる。
5年のL字型の体積を求めていたが、導入の引きつけ、見通しのらくらくさなど随所に見所があった。

6年の木の葉の面積の授業は、子どもたちが解決の見通しをうまくつけていた。それはM先生がヒントの図を用意していて、その出す手順が絶妙だったからである。

この他、いくつかの授業をさせていただいた。
子どもの悩む所が見えてきた。
また、学び合いの視点を明確にできてきた。
私としては非常に学びの多い現職教育であった。

硫黄泉

5/14 今日のひとこと
金曜日に鹿児島から帰ってきました。

帰りの飛行機までに時間がありましたので、霧島温泉に行きました。

入った温泉は、硫黄泉、鉄泉、ミョウバン泉質などいろいろな泉質がありました。

硫黄のにおいが強いものでしたが、このにおいのおかげで効果があったように感じました。

これもアロマテラピーの一種かもしれません。

コーチングの講話

5/13 今日のひとこと
本日、コーチングの講演がありました。

とてもわかりやすい話で演習を通じて自己との対話を行いました。

とてもリラックスし、また楽しかった。

というのもT先生は、ソフトな雰囲気でしかも説得力があります。

すごいですね。



同朋

5/10 今日のひとこと
朋有り、遠方より行ったり、また楽しからずや。
今夜は 語り合うかな。

「しもこしきじま」に来ています。
波は荒く結構揺れました。

長いつきあいの松永啓太先生とお会いし、明日授業を参観します。


エネルギーの枯渇

5/9 今日のひとこと
教員は、普通通りにやっているとエネルギーが枯渇してくる。

それはなぜか。

子どもから来るエネルギーが少ないからなの。

では、どうすればよいか。

子どもに思考を促す発問をして、気づかせる場を何度も作ること。

すると、子どもの気づきの喜びのエネルギーは教員への感謝のエネルギーとなって還ってくる。
枯渇してきたら、エネルギーをもらえるように授業を改善してほしい。

長所伸展法の抜け穴

5/8 今日のひとこと
人を伸ばすには、その人の長所を伸ばすことに限る。
短所を改善しようとしてもなかなかうまくいかない。

その上で言うのだが、もともと長所がない人はどうなるのか。

それは、第1に隠れた長所を本人または外部の人が見つけ出すことから始まる。

第2にそれでも長所がなければ長所をつくるほかない。

第1、第2はそれなりの力が必要で、全く何もしないで見つかるはずもない。

「長所がないんですよ」というヒマがあったら、ぼやぼやしないで長所を見つけたり、作ったりしたほうが良い。
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

配布物