最新更新日:2018/10/15
本日:count up74
昨日:51
総数:374925
ユニバーサルデザイン学習会は、10月14日に開催できました。ありがとうございました。

濁ると

8/31 今日のひとこと
「くち」が濁ると愚痴になる。

悪口、陰口は聞きたくない。

愚痴の連続は、「ぐちぐち」。

ぐちぐち言われると周りが迷惑。

さわやかな言葉を使いたい。

時間の使い方

8/30 今日のひとこと

人を楽しませるためにどれだけ自分の時間を使うか。
 
今、目の前の人に喜んでもらえるかと思って時間をすごすのと、
今、自分が喜ぶために時間を過ごすのと、大きな差がある。

本当は、どちらも成立すると、一番よい。

つまり、人も喜び、自分も喜ぶために時間を過ごすことである。

そうすると、大きな大きな宇宙貯金が貯まる。

学ぶことは楽しい?

8/29 今日のひとこと
学ぶことは楽しい。

新しい知識、新しい知恵が頭に入るのだがらこれほどお得なことはない。

人の一生を振り返ってみると、小学校、中学校、高等学校、大学とこの頃が一番学ぶ。
ところが、社会人になると、あまり学ばなくなる。

電車の車内を見渡してみると、スマホを見る人は多いが、本を読んでいる人はわずかである。
これって、学校教育は、学ぶことは楽しくないと教えてきたのかなあ。
とても不可思議な現象である。

とらえる感性 2

8/27 今日のひとこと

昨日の「今日のひとこと」で、チャンスと面倒が成功の岐路だと
書いた。 

面倒だと思う時点で落伍者。楽して成功なんてありえない。

でも、「楽」は楽しいという意味ならよい。

その課題を遂行するのにわくわくの楽しいならば面倒さも乗り越える。

わくわく見つけをしたらいいよ。


とらえる感性

8/27 今日のひとこと

目の前のチャンスをチャンスととらえることができるのか、この感性が一番大事。

ある人はチャンスととらえ、

ある人は面倒だなあととらえる。

まさに両極端。

神様はどちらの人を好むのだろうか。

重要 素直になったらどうや

8/26 今日のひとこと

できない人ほど反対する。もっともらしい理屈をつけて。

もっと、素直になるといいんだけれどね。

「できない」ことを認めると、心を許すことになる。

すると、「できたいな」と思い始める。

その結果、教えてくれる人が現れる。

教師の都合

8/25 今日のひとこと

研究授業の参観後、授業者は指導案通りに行ったことで満足している。
この姿をみると、普段よほど最後までいかないのだなと思う。
これは、教師側の側面だ。

本当に議論すべきことは、40人の子どもの達成度である。
Aさん、Bさん、Cさん、Dさんが・・・・わかったのかどうか、できたのかどうかである。
授業中にそのことを診断して適切に対応して、わかった、できたという目標を達成したかどうかである。

教師の自己満足で終わっている限り、授業の質は変わらない。

こんにちは

8/24 今日のひとこと

「こんにちは」の語源は、「今日は、ご機嫌いかがですか」の省略。

機嫌は自分でとるもの。

機嫌がよいと自然と微笑みがでる。

機嫌がわるいと、しかめつら、しぶい顔。

どちらがいいかはわかるね。

今日も微笑みがえしで「こんにちは」


誤作動

8/22 今日のひとこと
通常のパターンでは誤作動は起きない。

ちょっと変わった動作をしたとき、前の認知行動のチェックを忘れる。

だから、誤作動が起きる。

よって、誤作動を起こさないためには、前の認知行動を確認することである。

指さし確認などもその1つである。

不思議な一致

8/21 今日のひとこと
ある講演で上のフリップを見せた。
学校教育でできることは何だろうか。

学力と社会性を身に付けることである。
そこで、学力は、平均点がいくらかという漠然とした問題ではなくて、その生徒自身の問題である。つまり、個人に学力が身に付いたかどうかが問われるのである。
その生徒が、
漢字が読めるようになったのか、
計算ができるようになったのか、
理科でもその生徒がガスバーナーを動かせるようになったのか、
社会科で言えば地図の見方ができるようになったのか、
体育科で言えば跳び箱がとべるようになったのか、
これらは個人の問題である。
そこをフリップで表した。

さて、この講演の後で、ある校長先生から、地域の方から学力は個人の問題だと指摘を受けたと聞かされた。地域のかたと私が打ち合わせたわけではない。不思議にも一致したのであった。
同日に「個人」、「個人」とダブルに指摘されたのである。
だから、個人に迫る教育が大事なのだ。
協働とかいう前に、個人の看取りはどうなのか、個人への助言はどうなのか、
そこを考えないかぎり、教師集団に当事者意識は生まれない。

だから、○付け法であり、復唱法なのだ。

問題

8/21 今日のひとこと

問題は起きる。現れる。

起きてほしくないと思っても起きる。

どうせ起きるのだったら、解決するぞーと決意する。

解決したら、以前よりもよい世界が広がる。

依然として以前のままだったら真に解決できていない。

よりよい世界になるまで解決しよう。

 

8/20 今日のひとこと

一度にたくさんのことを話されると、脳が拒否してノウ−となる。

一点に絞ん迫られると感動しておおー脳となる。


元気付け人

8/19 今日のひとこと

どんな環境にいても自分の心をプラスに保つこと。

これが明るくさわやかな生き方。

そうすれば、そのプラスの気は移っていく。

こういう人を元気付け人という。

トップに立つ人は、元気付け人でないとやっていけない。

道徳はワクチン

8/18 今日のひとこと

道徳の授業では、当然と思われる徳について議論される。
人の心に潜む良い徳と悪い徳との価値葛藤を生じさせることから生み出される。
良い徳だけで議論を進めると、通り一遍の話しで心に残らない。

だから、ゆさぶりがかけられる。つまり、悪い徳への心をあぶり出すことが不可欠である。
これって生体反応で言えば、抗原抗体反応である。
ワクチンは雑菌である。これを打ち込むことによって、身体に免疫反応が起きる。
教師からのワクチン(ゆさぶり)のない授業は、いつまでやっても頭の上を通り過ぎるだけである。心に響く授業をすることだ。

期限

8/17 今日のひとこと
仕事には期限があるけれど、健康には期限がない。
病気にならないと期限を自覚しない。
つまり、未病の状態は期限なし。

病気の人は、これを読んで機嫌悪くしないでね。


勝つ相手は

8/16 今日のひとこと

人に勝つ前に、自分に勝つ。

人が働いているときは、自分は2倍働く。

人が休んでいるときは、自分は1倍働く。

それじゃあ、いつも働いているばかりじゃんだって。

いいの。ワークアズライフなんだから。

仕事と生活を区別するのが・・・

それで楽しいんだから。


常識をこえる

8/15 今日のひとこと

常識は必要。

でも、常識ばかりで生きているとつまらない。

非常識は困るが、常識を超えればよい。

超常識になればよい。

高すぎず、長すぎず

8/14 今日のひとこと
目的の次に目標を立てると、自分の先が見えてくる。

次に、目標は高すぎない方がよい。また、時間的に短い方がよい。

3日坊主の人ならば、3日間はダイエットするでもよい。これだけでも3日間続いたのだから立派なものだ。
4日目はダイエットを休憩して、5日目からまた3日間ダイエットすればよい。

これだけでも確実にやせていく。

高すぎず、長すぎずがちょうどいい。

アクシデント

8/13 今日のひとこと

アクシデントはできるだけ起きない方がよい。
万全の対策をとることが大事である。

それでも、起きることもある。
起きた場合は、何が一番最善の手をうつ。

その原因は何か。
原因に対する手立てを解明する。
そして、ここからが重要なのだが、手立てが確実にうったかどうかの検証をすることである。

手立てを立てて終わりと思うから、また同じようなことが起きるのである。

検証は、評価システムと言ってもよゆい。システムだから、自動的に評価されて報告がなされるシステムを作ることだ。

悪口

8/12 今日のひとこと
悪口を言うのは、自己重要感が不足しているから。

その原因の一つは、人と比べるから。

その人の能力が低くても比べて不満が出る。
高くても比べて不満がでる。

どちらにしても不満人間。だから憤懣人間となる。

確実に言えることは悪口の毒素をまき散らし周りの気分を悪くし、また己の毒素に心が傷つく。

勘弁してよね。
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

配布物