最新更新日:2018/12/09
本日:count up35
昨日:93
総数:378361

丹陽小学校訪問



7/31 愛知県一宮市立丹陽小学校訪問
今回の訪問では、深いまなびについての指導と共に、算数科以外でのミニ指導案の書き方について理論と演習を行った。

具体的には社会科の教材で日清戦争・日露戦争の場面を取り上げてミニ指導案を書くことを行った。
算数科と社会科の違いは、社会科では本文は全て教えることである。こういう基盤となる知識の中で何を考えさせるのか、調べさせるのかを吟味することが大事だと分かった。
幸いにも社会科の専門の松本先生がいたので彼にミニ指導案を作ってもらってお手本を示すことができた。ありがとうございました。

私にとっても社会科で教材研究を行うのは久しぶりなのでとても面白かった。

明治図書で

7月28日、東京にある明治図書を訪問しました。木山麻衣子部長と面談しました。
2年ぶりにお会いしました。
現在、制作中の単行本の打ち合わせのためです。
原稿と向き合いながら詰めを行いました。
また、新しい企画についても相談しました。

木山さんとは算数の雑誌の編集で6年ぐらい一緒に仕事をさせていただきました。
その後、「算数授業のユニバーサルデザイン」(明治図書)などの単行本を作っていただきました。

お会いする毎に木山麻衣子さんの肩書きが変わっていました。
しかし、柔らかい雰囲気はそのままです。
素晴らしいですね。

志水 廣わくわくセミナー東日本(東京) 2



志水 廣わくわくセミナー東日本(東京) 2

上の写真は、1日の振り返りをまとめた参加者の声です。

中と下の写真は、教材研究の部です。

志水 廣わくわくセミナー東日本(東京)



志水廣 算数数学授業力アップわくわくセミナーが東京代々木のオリンピックセンターで開催しました。

今回のセミナーのテーマは「深い学び」です。
私の講演と実践演習の二部構成でした。
私の講演ははこちら
http://www.schoolweb.ne.jp/weblog/files/2370003...

実践演習は、教科書にある教材について「深い学び」をテーマに教材研究して、実際に模擬授業まで取り組みました。
ファシリテーターと参加者の意識の高さのおかげで深い学びができました。

豊田かとれあ会

豊田かとれあ会代表の吉武仁子さんと近藤早百合さんが事務所を訪問されました。

食育のことで話が盛り上がりました。


愛知県一宮市立丹陽小学校の4役が事務所を訪問

愛知県一宮市立丹陽小学校から山内一也校長先生をはじめが4役員がそろってわくわくクラブの事務所を訪問されました。

今年度の研究の方向性について審議しました。

丹陽小学校は過去3年間にわたって指導してきましたが、授業力の向上が目に見える形で実現してきました。
今年度さらなるバージョンアップをはかるための研究の在り方について審議です。

来週、丹陽小学校を訪問しますので、それを具現化していきたいと思います。

ps 山内先生は私のHPをよく見られています。その証拠にHPで紹介した本の購入をされています。写真の本はもとよりですが、本日愛知教育大学の生協に寄られて、

大島清和著「校長の挨拶・お話事例集」(愛知教育大学出版会)・・・ 7/15のHPの記事で紹介

の本を購入されていました。私のHP以外では宣伝していない本です。情報のキャッチャーだと思いました。

第6回教育と笑いの会 in東京


第6回教育と笑いの会 in東京に行ってきました。
http://www2.schoolweb.ne.jp/swas/index.php?id=p...

とてもいい会でした。

笑いの質の高さにびっくり。会場は70名ほどの規模ですが、質の高さで笑いが溢れました。

桂雀太さんを第1回から見ておりますが、どんどんうまくなっておられます。すごいレベルです。
あの話芸を愉しみつつ、どこがポイントなのだろうと思いました。
また、今回、小痴楽さんが登場し、彼の粋な落語も楽しみました。

会場に到着すると志水塾関係のいつものメンバーがいました。
小林美記代さん(愛知)、大羽沢子さん(鳥取)、松田真紀子さん(東京)、和田裕枝さん(愛知)です。北海道から大路直輝さんも来ておられました。

野中信行先生とも出会いました。とても面白い方ですね。ベストセラーになるわけが分かりました。

R&Rの漫才もレベルの高いものでした。

反省会では、北海道教育大学の権藤雅人先生と懇談できとても有意義でした。共感するところが大でした。約10年前に北のフェスティバル(札幌)で講演されていただきましたが、その際来られていたそうでなつかしく思いました。

私も12月2日に第7回の教育と笑いの会に登壇します。これからネタを仕込まなくてはと思いました。

愛知県みよし市立緑丘小学校の先生が事務所を訪問


愛知県みよし市立緑丘小学校の先生が事務所を訪問されました。

教務主任の菅田先生、研究主任の井上先生が来られました。

緑丘小学校と言えば、アクティブ・ラーニングの本を出版している学校です。

今年度は、その上で次のステップに上がろうと企画しています。

大まかな構想を打ち合わせできました。

8月終わりから本格的に始動します。楽しみです。

江南市の校長先生と懇談

愛知県江南市大口小学校長のS先生が、愛数研主催の8月の講演会の打ち合わせに授業力アップわくわくクラブの事務所に来られました。

講演の内容など細かいところを決めました。

深い学びについて統合的・発展的な見方を紹介できればと思います。
ありがとうございました。

ちょっと面白い問題



三重県の高野尾小学校の授業で面白い問題を見ました。条件を付加しただけでオープンエンドの問題となります。

扱い方は難しいのですが、子ども達は喜々として取り組んでいました。
ありがとうございました。

上と中の写真は2年生の問題づくりの場面です。多くの素材があり自己選択が可能です。主体的になります。
「100円まで」という制限を加えることによって、めちゃめちゃ考えさせられる問題です。

下の写真は3年生の文章題です。
「5までの数」という条件を付けているので答えはオープンエンドとなります。
それでも子どもは3人ずつ分けることを選んでいました。包含除の考えが強いのでしょう。

こういう問題の取り扱いは、問題解決の過程を子どもに説明させるとよいのです。すると、100円までだから大きなかずから攻めていこうとか、小さい数でもいいのだからたくさん買いたいから安い方を選ぼうというような子どもの気持ちが表れます。これが日常生活における数理なのです。

三重県津市立高野尾小学校を訪問しました。



本日、7月13日、三重県津市立高野尾小学校を訪問しました。

近鉄津駅から車で20分の所にありました。
小学校は幼稚園と併設でした。

授業を参観しましたが、子ども達の牧歌的な雰囲気と共に学力の高さを感じる場面がいくつもありました。

そのような子ども達を見ると、参観者の私自身が気持ちよくなりました。
ステキでした。

今後、さらに学力を伸ばしていくための助言をしていきたいと思います。
ありがとうございました。

上と中の写真は、6年生の授業ですが、どの子どもも気づいていったことの証です。また、観察したきまりも的確に書けていました。

下の写真は、5年生の授業ですが、TTの息の合った授業ですがすがしい気分になりました。
米野校長先生と参観しながら意見を交わしましたが共通項が多くありました。
8月1日、再度訪問します。さらなる研修を深めたいです。

高校生に講話

7/12 本日、浜松啓陽高等学校を訪問して、2年生全員にお話してきました。

とてもさわやかな生徒達で楽しく講演ができました。

途中、学校の先生も演技で協力してくださいました。

実際に教訓を見える化することの大切さを学びました。

ありがとうございました。

啓陽高校は男女共学です。写真は後方から撮っていますので男子ばかりのようですが、女子は前列の方に座っていました。

広島県廿日市市立大野東小学校訪問



広島県廿日市市立大野東小学校を訪問しました。4年目になります。

若手教員のフレッシュな授業を参観指導しました。

また、示範授業と講演もしました。

示範授業をしながら子どもが数表のひみつを気づいていく様子を感じ取ることができました。
ありがとうございました。
講演では若手向けに授業でまず考えるべきことを話しました。
研修会の空気はとても良いです。

一宮市学校教育推進委員会

昨日、一宮駅の図書館の別室で、一宮市の学校教育推進委員会が開催されました。

学校教育の大枠を決める大事な会です。
学力アップを目指すためにいろいろな意見が出されました。

次は、これらの意見をどのように具現化していくかを詰めていきます。
委員を務めて14年になります。さらにやる気が出てきました。

愛知県刈谷市立双葉小学校訪問



愛知県刈谷市立双葉小学校を訪問指導しました。
第4学年のK先生の授業で、四角形の分類を行いました。

導入で四角形の分類のためにクイズを出して「平行」という着眼点を見つけ出させたのはさすがです。

その後、平行の組の数で四角形を分類させました。一人一人に四角形のカードが用意されており、とても焦点化した操作活動がなされていました。

台形の発表のときに、ななめに傾いた台形をみて、「ゆがんだ台形」という言葉がでました。算数の特性を表す言葉です。

最後に、しかけ2を見せて、深い学びへといざないました。

ありがとうございました。

ミドルリーダー研修会

愛知県一宮市教育委員会主催でミドルリーダー育成の自主研修会をしています。

5月に始めましたので、今回の6月27日、30日は第二回となります。

少人数で協議を中心に行っています。志水も助言と講話をしました。

1回だけ講話を聞いて終わりではなく、実際に現場で実践し、それをもとに協議するというサイクルで進めます。

ミドルリーダーの様子を見ていくのはとても興味深いことです。

結局、人材育成なんだよね。

愛知県刈谷市立朝日中学校の現職教育

愛知県刈谷市立朝日中学校の現職教育に呼ばれました。
中堅教師の数学科の授業でした。
教材研究もわくわくクラブの事務所で行いました。
そのとき感じたことは、緻密な方だということです。

実際、本日の授業はとてもすばらしいものでした。
ユニバーサルデザイン及びアクティブ・ラーニングの2つの視点から言ってどの生徒も考え自力解決でき、しかも発表の段階でも学び合いがありました。
教師と生徒が追究していくという一体感がありました。これが3年生というのだから驚きです。温かい学級経営なんだなあと思いました。

良い授業を参観するとスカッとします。
ありがとうございました。

愛知県知立市立知立西小学校訪問



知立西小学校を訪問指導しました。
2校時9月30分から17時までみっちりでした。

先月、職員の半数の授業を参観しましたので、今回は残りの半数の人の授業参観でした。

写真上は、5校時の代表授業です。
とても活動的な子ども達で普段からよく発表することがすぐにわかりました。
板書を見てもわかるように丁寧な押さえができていました。
溌剌とした授業を見るのは楽しいです。

写真中は1年生の授業です。
「は」と「を」を使って文章をつくる授業でしたが、子どもの学びの広がりが見えるよい授業でした。

写真下は4年生のひし形の分割の授業でしたが、子どもの考察が豊かな表現をもたらしていました。

国語の代表授業でコア図を書いてくれました。「ゆうすげ村の小さな旅館」
http://www.schoolweb.ne.jp/weblog/files/2370003...





愛知県一宮市の学力アップについて

知立西に引き続き愛知県一宮市教委の指導主事が来られました。
一宮市の学力アップについて相談しました。

いろいろなアイデアを出し合いました。

愛知県知立市立知立西小学校

愛知県知立市立知立西小学校の先生方が事務所を訪問され、国語科の教材研究をしました。

「ゆうすげ村の小さな旅館」(茂市久美子作)について教材研究しました。
とてもファンタスティックな話です。
子ども達にこの物語に秘められたことを探索する授業です。

知立西小学校は教材のあかしとして指導案はもちろんですが、コア図(意味づけ復唱法)を作成してきてくれました。教材の構造が明確になりました。

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

配布物