最新更新日:2018/10/23
本日:count up11
昨日:114
総数:539242
文化祭当日(11/2)まで、部活動終了16:45 下校完了17:00 です。

御用納め

画像1 画像1
画像2 画像2
明日から年末年始の休日に入ります。今日は、職員作業で校舎内外の大掃除をしました。部活動で出ている生徒も手伝ってくれたおかげで、玄関や窓ガラスがピカピカになりました。気持ちよく新年を迎えられそうです。
この一年間、保護者や地域の方にはご協力をいただきありがとうございました。心から感謝をしております。2007年も職員一同、生徒の幸せを祈り精一杯がんばりますのでよろしくお願いします。
東 博武

明日から冬休み

いよいよ明日から冬休みです。今日は、冬休み前の集会を行いました。表彰伝達式の後、学校長と生徒指導主事から話がありました。山添生徒指導主事からは、中学卒業後の進路を切り開くに当たりなのが大切か、現実の厳しさから健全な生活態度がいかに大切かの話がありました。
以下は校長の話
「おはようございます。
先ほどずいぶんとたくさんの賞状を見せていただきました。改めて今までの皆さんのクラブ活動やコンクールなどにおける活躍と今までの努力に対して健闘をたたえたいと思います。おめでとう。
昨日は、松阪市の駅伝大会でした。陸上部や他のクラブの皆さんが気持ちをひとつにして歯を食いしばりながら大健闘してくれました。温かい声援を送ってくれた生徒の皆さんもたくさんいました。苦しいときの声援は本当に不思議な力が湧き出てきます。私が中学校のときにマラソンのゴール近くでクラスの人たちからがんばれという声援を聞いたとき、体が宙に浮く気持ちで最後の力が出し切れた記憶があります。
3年生の人は、いよいよ最後の追い込みです。自分の進路決定についてずいぶん悩み不安な気持ちを持っていることと思います。こんな時期だからこそ、この三年間育んできた中部中の仲間としてのつながりを一層大切にし、お互いにエールを送ってほしいと思います。

いじめの問題が毎日のように新聞に掲載されています。朝日新聞に「いじめられている君へ」というコーナーでスポーツ選手や芸能人の人たちからメッセージが送られています。2006年12月6日の記事は、松井秀樹選手からのメッセージです。
・・・・・・「読む」・・・・・
この記事のコピーをほしい人は校長室にありますからいつでも来てください。
今日は24節季の冬至に当たります。ゆず湯に入って体もこころも温めてください。明日から冬休みに入ります。あわただしい年の瀬です。お互いに、交通事故に気をつけてください。気持ちのよい2007年の年を迎えたいと思います。」(東 博武)

画像1 画像1

愛されて育った子は親を忘れない

松阪市子ども支援研究センターだよりで、坂本光男 著「愛されて育った子は親を忘れない」の本の一文が紹介されています。親と教師の協力がいかに大切かを考える内容です。ぜひご一読ください。センターだよりから抜粋します。

第8章には「親と教師が共同してこそ」というテーマで事例が紹介されていますが、その1つに埼玉の中学校での親と学校が協力し合った修学旅行の取り組みがあります。荒れていた中学校で修学旅行を実施するにあたって、旅行先で「親からの手紙」を子どもに渡し、親も心だけでも付き添っていこうという取り組みです。そこに至る実践は、親と学校の共同のすばらしさや親の愛が子どもに与える影響の大きさを示しています。
前沢君は、祖母と父親の三人暮らしです。建設現場を移動しつつ働く父親の愛を感じたことのない、荒れた子どもでした。前沢君の父親に手紙を書いてもらうため、担任とPTA役員が群馬の現場で働くお父さんの仕事場に走りました。感激した父親は、ボールペンで何行かの文字を書いてくれました。
浩一、思い切り楽しんでこい。修学旅行はめったにないんだからな。でも、他の人には迷惑はかけるなよ。お父さんのみやげはいらないから、お前の記念になるものを買ってこい。じゃあ、無事に帰るのを待っている。
「おれのはない」と思っていた前沢君は、父親の手紙を押入れにもぐり込んで読んだのでしょう。翌朝まで、手紙を手ににぎったまま眠っていたそうです。修学旅行後、前沢君をはじめ生徒たちの姿が大きく変わったことは言うまでもありません。親ごさんにご協力をいただき、親と学校が共同して、子どもたちの健やかな成長を見守っていきたいものです。(大西孝司)
松阪市子ども支援研究センター

ホームページアクセス件数7万件達成!

画像1 画像1
ホームページのアクセス件数が、先週の土曜日に早くも今年度の目標件数7万件を突破しました。保護者や地域の方の中部中に対する関心の強さをうかがえます。ありがとうございます。この調子でいくと、来年3月末には8万件に達するのではないかと期待しています。7万件達成したことについてのご意見やご感想・要望などをメールでいただけると嬉しいです。これからも、より充実したホームページにしていきますのでアクセスしてください。
東 博武
【写真】山頂付近うっすらと雪化粧した今朝の白猪山です。

不審者情報伝達訓練

本日午後、不審者情報伝達訓練を行いました。松阪市教育委員会から不審者情報が送られ、校内で緊急対策委員会が持たれ、校内放送により生徒、教職員に伝えました。授業者は、生徒の所在確認と教室から出さないなど校内での安全を確保するとともに、職員室へ連絡しました。同時にPTA役員さんに電話とメールを使い、注意を呼びかけました。校門を閉め、学校周辺のパトロールを行いました。訓練は14時30分に終了しました。PTA役員さんご協力ありがとうございました。
【写真中】クラスの生徒の確認をする西山先生
【写真下】全校生徒の所在を把握作業をしている川田教頭先生と山添先生
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

年末交通安全県民運動

画像1 画像1 画像2 画像2
年末の交通安全県民運動が今日から20日まで行われます。今日は、生徒の下校時に、松阪市職員、松阪警察交通課、交通安全協会の方から反射リストバンドが配られ、交通事故に気をつけるよう呼びかけていただきました。寒い中、ありがとうございました。

交通安全ポスター

画像1 画像1 画像2 画像2
交通安全ポスターコンクールにおいて本校1年生生徒が三重県警察本部長賞(金賞)を受賞しました。横断中のお年寄りに迫る自動車を、ドライバーの視点から描いた見事な作品です。ポスターが2007年のカレンダーに掲載されています。

交通事故マップ

平成18年中の(10月末現在)死亡事故発生状況を地図表示した「交通事故マップ」が三重県警察のHPにアップされました。中部中校区内でも交通死亡事故が多く発生しています。車のドライバーや歩行者、そして自転車で通行する皆さん。校区内は危険箇所がいっぱいですよ!マップを見ていただきこれからの交通安全の参考にしてください。三重県警察「交通事故マップ」

AEDが設置されました。

画像1 画像1 画像2 画像2
AED(自動体外式除細動器)が体育館の教官室に設置されました。このAEDは、突然の心停止(心臓突然死)から命を救うための装置です。痙攣を起こした心臓に電気ショックを与え、正常な状態に戻します。社会体育等でも緊急時に利用していただけるように体育館教官室に設置してあります。
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
松阪市立中部中学校
〒515−0054
三重県松阪市立野町1344番地
TEL:0598−21−0462
FAX:0598−21−8104