最新更新日:2017/11/20
本日:count up38
昨日:78
総数:504525
11/6(月)から1/31(水)まで、部活動終了16:30 下校完了16:45となります。

中部中学校人権講演会

画像1 画像1 画像2 画像2
 11月27日(木)の午後から、中部中学校体育館で、人権講演会を行いました。講師に、松村智広さんをお迎えし、「あした元気になあれ」という演題で、全校生徒を対象にお話をしていただきました。松村さんの体験に基づいた話は、部落問題や人間の温かさなどについて深く考える機会となりました。「相手に矛先を向けるだけではなく、自分にも向けてみる」という言葉から、差別をなくしていくには、まず自分を見つめ、問い直していくことが大切であることを教えていただきました。差別をすることから解放された生き方こそが、本当に豊かで楽な生き方であることを実感しました。子どもたちも、松村さんのユーモアを交えながらのエネルギッシュなお話を聞き、元気をもらったようでした。上の写真は、講演会の様子です。

2年生 人権学習

 2年生では、11月18日(月)6限,21日(金)3限,25日(火)6限と『差別はきっとなくせる』(わたしかがやく人権学習教材)を使って、人権・部落問題学習を行いました。識字学級で学ぶおばあさんの姿から、自分の可能性を信じ、目標を持って生活していくことの大切さについて考えました。また、おばあさんの「自信」や「誇り」を奪っていたのは部落差別であることを知り、差別をなくしていくにはどうすればよいかを考えました。27日(木)には、中部中学校人権講演会があります。そこでも、しっかり話を聞き、人権問題について、考えていきたいと思います。写真は、人権学習の様子です。
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

1年生人権学習

画像1 画像1 画像2 画像2
 1年生では、11月19日(水)2限目と25日(木)6限目に人権学習を行いました。1時間目はトリックアートをつかい、物の見方がそれぞれ違うことに気づきました。それと同じように、同じ人をみても、みる人によってちがうようにみえること、「この人はこんなひとだ」ときめつけると、他の面がみえなくなることなどを学習しました。2時間目は部落差別の歴史を知り、差別は人の手によってつくられたものだから、人の手によってなくせるということを考えました。27日(木)5,6限に松村智広さんの話を聞いて、さらに学習を深めたいと思っています。

人権講演会開催のご案内

 人権教育の一環として、人権講演会を下記の日程で開催します。松村さんは昨年度中部中校区の人権講演会でも、お話をしていただき、とても好評でした。この機会に保護者の皆様にもご参加いただき、ご家庭の話題にしていただければと思います。何かとご多用のことと存じますが、多数の方々の参加をよろしくお願いします。

   1.日程 2008年11月27日(木)午後1時30分

   2.会場 本校体育館

   3.講師 松村 智広さん(「反差別・人権研究所みえ」主任研究員)
 
   4.演題 「あした元気になあれ」


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
学校行事
4/6 午前始業式 午後入学式
松阪市立中部中学校
〒515−0054
三重県松阪市立野町1344番地
TEL:0598−21−0462
FAX:0598−21−8104