最新更新日:2017/10/12
本日:count up76
昨日:120
総数:500734
後期(10/10〜)から、原則として土曜日または日曜日のいずれかを部活動休養日にします。できた時間を有効に活用しましょう。

全国俳句募集に佳作14句!

画像1 画像1
中部中学校国語科では、年間を通して俳句づくりに取り組んでいますが、毎年三重県が募集している全国俳句募集に参加しています。今年は、全国、さらには海外から10万句を超える作品が寄せられたそうですが、本校からは14句が佳作に選ばれました。作品は、8月頃発行予定の句集「山の一句」に掲載されるそうです。
◆自転車のサドルが暑い夏休み
◆夕焼けに思わず惹かれ立ち止まる
◆鈴踊りトントンソーレ声そろう
◆七夕に自分の願い三つ書く
◆秋日和坂道こえて学校へ
◆秋の星ひとつひとつが目に残る
◆塾帰り友とみとれる天の川
◆帰り道風にゆれてる曼珠沙華
◆秋の風聞いて一人で本を読む
◆シューテングリングはずれて花畑
◆爽やかな風と歩いた帰り道
◆帰り道空をみれば鰯雲
◆とりあえずつついてみよう毒きのこ
◆冬近しジャンパーはおる登下校

学校案内パンフレットの取材終わる

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 1年生の国語科の授業で「学校案内パンフレットをつくろう」に取り組んでいますが、そのための取材活動が2月23日(金)で終了しました。昼休みや放課後にデジカメで写真を撮ったり、先生にインタビューする姿が見られました。部活動の様子や教室掲示を撮ったり、花岡中学校の記念碑を校庭で見つけた人もいます。友達と一緒に校長先生や教頭先生にインタビューする人もいて、いい経験ができたと思います。期末テスト後の授業で、写真を貼っていよいよ清書に取りかかります。

私たちの環境宣言!

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 2月23日(金)3限目は、楠本先生の研究授業(3年7組、理科)でした。「新聞記事から考える環境問題」というテーマで、実物投影機やパソコンを使って、三重県、そして、世界で起こっている環境破壊について知りました。人間が捨てたビニール袋をくらげだと思って食べて死んでしまう海がめの話、1秒間でテニスコート20面分の森林が減っている事実。授業の最後は、自分達が生活の中で取り組んでいけることを環境宣言として発表しました。3年生の授業もあとわずかです。理科の授業のまとめとしてすばらしい授業でした。

第2学年人権学習の取り組み

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 2月7日3限目は第2学年の人権学習でした。2年生は、来年度実施される職場体験学習「わくわくワーク」を控えて、これから職業について調べ学習を行ったり、希望事業所アンケートをとることになります。差別や偏見から自分が就きたい職業に就けない現実があることを知り、差別への対処の仕方を学びます。昔の履歴書を見て、採用にあたって必要がないと思う項目を挙げて話し合ったり【写真左】、面接試験の模擬体験を通して、試験官の質問のおかしさに気づく【写真右】、などの活動を通して、差別に対して行動していくことの大切さを理解できたのではないかと思います。この日は、校区の小学校の先生も授業参観に来ていただきました。

学校案内パンフレットをつくろう!

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 1年生では「学校案内パンフレットをつくろう」という取り組みを国語の授業で行っています。先日、生徒会役員が校区の4つの小学校を回って、6年生のみなさんに中部中学校の様子について説明してきました。その時には、校長先生制作の「学校案内パンフレット」を配布したのですが、生徒の立場でパンフレットをつくろうという試みです。新入生として過ごした1年間の生活から感じた中部中学校を、インタビューや写真を取り入れてB41枚にまとめます。授業進度の速いクラスは、7日からインタビューや写真撮影などの取材活動に入りました。写真は、パソコン室で、中部中や他校のWebページを参考に調べているところです。

立体的に見せる技法はこれだ!

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 2月1日(木)4限目は、美術の岸本先生の研究授業でした。「表現や構図の工夫を促し、独自の表現を追求する。」というのが学習目標です。制作の注意点を確認し合ったあと、黙々と絵筆を動かしている2年6組の子どもたちの姿が印象的でした。一点透視・二点透視・斜投影・等角投影など、立体的に見せる技法を生かした作品に丁寧に彩色するのですが、先生のこまやかなアドバスで、どんどん着色が進んでいくのは感動的でした。生徒の作品を紹介します。完成が楽しみです。

授業風景

画像1 画像1 画像2 画像2
廊下を歩いていると、のぞいてみたくなるすばらしい授業に出会うことがあります。生徒の表情や板書から、その先生の授業の技が伝わってきます。今日は、1年生1組の国語の授業と2年生3組の数学の授業風景を紹介します。先生と生徒の楽しい会話、真剣に考える姿や生徒の発表もあり、活き活きとした授業でした。
左写真1年生1組国語(森先生)
右写真2年生3組数学(西山先生)

煮干しの胃の中には何があるの?

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 1月18日(木)4限目、第1理科室で花井先生の研究授業が行われました。身近な煮干しという材料を使って「食物連鎖」について理解させる学習です。3年6組の生徒たちが、班で協力してカタクチイワシをカッターで解剖し、顕微鏡で観察します。さすが3年生だけあって、実験の進め方もスムーズでした。煮干しの胃の中には植物性プランクトンと動物性プランクトンが入っていました。イワシの腸の中で消化されつつあるミジンコを顕微鏡で見つけた班もあります。人間と煮干しとの食物連鎖を示すために、花井先生が「いただきます」と言って煮干しを食べる場面もあって、とても楽しい授業でした。

家庭科授業風景

画像1 画像1
2年生の授業風景です。(授業者、田中陽子先生)
家庭科では、今小物入れを作成し、自分の名前を袋に刺繍しています。とても丁寧な仕上がりで感心しました。日常生活でも自分で衣服の補修などできるようになることをめざしています。

創造ロボットコンテスト 東海北陸大会結果

創造ロボットコンテスト東海北陸富山大会に3年から2チームが参加しました。2チームともに前日からドップリと改良作業にあたり、「今までこんなにロボットのことを考えたことはない」という2日間を過ごしました。他県のチームの様子や取り組み方などにも触れ、実りの多い遠征であったと思います。エジソンやドクター中松先生のおっしゃるところの99%の努力を実行することができたのではないでしょうか。
競技の結果は、「焼き肉定食チーム」が予選リーグで1勝2敗となり惜しくも決勝進出ならず。「天才とゆかいな仲間たちチーム」は予選リーグを2勝1敗の2位で通過、決勝トーナメント1回戦で「焼き肉定食チーム」が予選リーグであたっている金沢の「宇宙塾チーム」と対戦。善戦するも惜しくも敗退となりました。
しかし、「天才とゆかいな仲間たちチーム」はロボット造りのアイデアを評価され、A−1部門の「アイデア賞」をいただきました。三重県勢からは他に玉城中学の「エルモ」が同じく決勝トーナメントに進出し「ユーモア賞」を受賞しています。
画像1 画像1 画像2 画像2

追加画像

画像1 画像1 画像2 画像2
競技会場と表彰後の記念写真

第1学年夏・秋俳句大会入選作

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 俳句大賞・優秀賞・特別賞に引き続き、学年入選作を紹介します。子どもたちの日常生活がいきいきと描かれていて、思わず微笑んでしまう作品ばかりです。【写真は文化祭の学級展示(5組・1組・3組)です。】俳句短冊の周りに学級のキャラクターや秋らしく落ち葉を飾ったりと、工夫されています。現在も各教室に展示中ですので、学校にお越しの時はご覧ください。
◆秋の風犬と二人でくしゃみする ◆授業中重たいまぶた秋日和 ◆栗二つ食べたりないな試食品 ◆肌寒や一人ねころびココア飲む ◆七夕に自分の願い三つ書く ◆秋時雨全員リレー一人抜く ◆新米はまだかまだかとはしにぎる ◆夕立や猫と一緒に雨宿り ◆柚子風呂で歌の練習声響く ◆蟷螂や家に侵入姉叫ぶ ◆赤とんぼふわりふわりと酔いながら ◆熱射病それはあなたの一言で ◆ねこじゃらしねこも子どもも大はしゃぎ ◆夢の中シカにおそわれめをさます ◆犬遊ぶドミノのように稲たおす ◆夜を照らすきれいな満月おいしそう ◆秋深しうちのトイレは底深し ◆萩の花やさしき姿母の顔 ◆障子貼る兄がやぶったせいにした ◆あじさいが雨にうたれて薄化粧 ◆秋風がバスの中まで吹きぬける ◆虫籠に思い出沢山つめこんで ◆亀の子や僕のエサやり三日だけ ◆セミの歌ボール蹴る足暑さ増す

3年生3組の授業風景

画像1 画像1
社会科の授業風景です。久保田先生の授業で、「国会の仕事」と「衆議院の優越」について学ぶ授業でした。どの生徒も授業中は真剣そのものです。

3年技術 アイデアプレゼンの授業

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
3年の総合技術の時間です。
前回紹介させていただいたロボットのアイデアを学級のみんなに紹介している様子です。
短い打合せの間にプレゼンの分担やアイデアの修正などを行い、学級のみんなに紹介しました。プレゼンの後には、観客側から「声がはっきりしていた」「内容がよかった」「みんなの方を向いて話していた」など、良かった点をフィードバックしてもらいました。学級の中ででも、「前に立つと以外と緊張する」とドキドキの発表です。その中からでも身につけることがあるのではないでしょうか。

俳句で伊勢市の中学生と交流

画像1 画像1 画像2 画像2
 第1学年では、年2回俳句大会を実施していますが、同じように俳句づくりに取り組んでいる伊勢市立御薗中学校と交流しています。お互いの学校の春・夏俳句大会の学年入選句を鑑賞して、気に入った句に一言感想を書いて投票します。その結果を集計し、それぞれの学校で一番人気のあった句は「中部中学校賞」「御薗中学校賞」として表彰します。両校でベスト3に選ばれた句を紹介します。いずれも中学生の日常生活が伝わる句です。
◆御薗中生が選んだ「中部中ベスト3」
1位 さいだーを 開けた瞬間 半分に
2位 全財産 金魚すくいで 底をつく
3位 カルピスと みずの分量 まちがえた
◆中部中生が選んだ「御薗中ベスト3」
1位 消えてゆく線香花火と僕の恋
2位 「おい親父!」浴衣の私は反抗期
3位 ラムネ飲むカランコロンと夏の音
 秋の文化祭には、また俳句づくりに取り組みますので、お楽しみに。
★★伊勢市立御薗中学校の紹介★★
宮川のほとりに建つ御薗中学校は生徒数250人の学校です。2005年、度会郡御薗村から伊勢市に合併。今回、1、3年生のA組、B組、C組の皆さんが中部中の学年入選句に投票してくださいました。正面玄関を入ると、広い廊下にピアノが置いてあるすてきな学校です。【写真】



3年技術 アイデアスケッチの授業

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
3年の総合技術の様子です。
全国競技用のロボットのアイデアを出しあって、班別にホワイトボードにまとめました。
どの学級でも活発な意見交流があり、「ここはどんな動きするの?」「タワーの3段目は高いから、ここはもっと長く。」「テーマがないとポイント低いよなー」など、つっこんだ話し合いをしながら考えをまとめています。

1年6組で国語の研究授業

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 9月26日(火)6限に1年6組で西尾先生の研究授業が行われました。内容は川崎洋の詩「ウソ」について、班での話し合いです。他校の先生が参観にみえて、ちょっと緊張気味の子どもたちでしたが、西尾先生とのやりとりも楽しく、詩の表現のおもしろさを味わっていました。詩を紹介しますので、ご家庭でも話し合ってみてください。
   ウソ
ウソという鳥がいます
ウソではありません
ホントです
ホントという鳥はいませんが

ウソをつくと
エンマさまに舌を抜かれる
なんてウソ
まっかなウソ

ウソをつかない人はいない
というのはホントであり
ホントだ
というのはえてしてウソであり

冗談のようなホントがあり
涙ながらのウソがあって
なにがホントで
どれがウソやら

そこで私はいつも
水をすくう形に両手のひらを重ね
そっと息を吹きかけるのです
このあたたかさだけは
ウソではない と
自分でうなずくために

第1学年夏の俳句大会作品を掲示中

画像1 画像1
 1年生では、国語の時間に俳句作りに取り組んでいます。出来上がった作品は、各クラスに掲示していますが、全員が気に入った句を投票し、俳句大賞、優秀賞が決定します。先生の支持を得た句には特別賞が贈られました。学年入賞句30句は、校長室前廊下に掲示中です。ぜひご覧ください。
★俳句大賞「さいだーを開けた瞬間半分に」
★優秀賞「全財産金魚すくいで底をつく」「カルピスとみずの分量まちがえた」「夏休み野球バカには休みなし」「花粉症松井も悩ます大物だ」
★特別賞「雨蛙夜の田んぼのラッパーだ」
★学年入選句「ゆらゆらと風がのってるブランコに」「梅雨の日に教室走ってどなられる」「日常に人生と語るせみの声」「夏の空カキーンと一発サヨナラ打」「風鈴の音聞きたくて口で吹く」「雷が鳴ったとおもえばいびき声」「うめぼしで顔がキュッとひきしまる」「朧月髪かきわける君といる」「お祭りにみこしかついで筋肉痛」「皿にのねアイスがとろり汗をかく」「家の中ツバメがはいり大さわぎ」「雷鳴だへそをかくしてしりかくさず」「一人部屋春の日差しに夢を見る」「ぶらんこが風にふかれてわーいわい」「ラムネ買いポンッと自分も跳ね上がる」「かたつむり空を見上げて雨を待つ」「夏の風窓を全開ひとねむり」「苺がり弟と勝負ヨーイドン」「あまご釣り大会の日をまちがえて」「宅急便そら豆たくさん届いたよ」「夏の朝心一つに面一本」「変化する私の心も衣更」「一の六みんなで花見心ゆらっ」「リフティング雨といっしょに汗もふく」

学習のてびき(シラバス)を公開します。

画像1 画像1
二学期制に対応した各教科の学習のてびき(シラバス)を作成しました。これは、各学年教科ごとに、「教科でめざすこと」「評価の内容」「学習の進め方と注意」「学習内容と評価」を生徒指導用にわかりやすく示したものです。昨年から準備をすすめ先日完成しました。各教科担当から、この手引きを使い説明をしました。(本ページの右から閲覧できます。)

下田先生ありがとうございました

画像1 画像1 画像2 画像2
 約1ヶ月間、1年生の英語の授業を中心にお世話になった、下田先生とは本日でお別れになります。
 
 1年3組では夕学活を延長して、級長からお礼の言葉と手作りの色紙の贈呈を行いました。下田先生からは「自分の夢に向かって、しっかり努力をしてほしい」というお言葉をいただきました。
 
 明日からは別の中学校に勤務されます。この中部中での貴重な経験を活かして、頑張っていただきたいと思います。本当にありがとうございました。
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
学校行事
4/6 始業式 入学式
松阪市立中部中学校
〒515−0054
三重県松阪市立野町1344番地
TEL:0598−21−0462
FAX:0598−21−8104