最新更新日:2017/10/12
本日:count up44
昨日:123
総数:500825
後期(10/10〜)から、原則として土曜日または日曜日のいずれかを部活動休養日にします。できた時間を有効に活用しましょう。

松尾小学校へ出前授業パート2

松尾小学校に5日の6.3年生に続いて、本日12日は、5年生の体育(陸上競技ハードル)に本校の石垣先生が、出前授業をさせていただきました。短い時間でしたので、ミニハードルを使っての授業しかできませんでしたけれど、児童のみなさんは、真剣に取り組んでくれました。みなさんの元気さにびっくりしました。今後も、出前授業を続けていきたいと思っていまので、楽しみにしていてください。
画像1 画像1 画像2 画像2

出前授業!!!

画像1 画像1 画像2 画像2
5日松尾小学校に体育科の永尾先生が、出前授業に出かけました。6年生の高跳びの授業では、見本を示そうとがんばったのですが、失敗、また、失敗、ちょっと力みすぎました。続いて3年生では、ボールを使った(コーディネーショントレーニング)授業をさせていただきました。子供たちの表情が、時間がたつにつれ、みるみる授業に引きこまれ、本当に元気な姿を見ることができました。
松尾小学校のみなさんすばらしい時間をありがとうございました。次回を楽しみにしています。

松尾小学校のみなさんから、「楽しい授業をしてくれてありがとう」というメッセージが届きました。

1,2年生人権講演会(多文化共生)

 2月9日(月)の午後,中部中学校体育館にて、1,2年生人権講演会(多文化共生)が開催されました。国際化対応教育指導員をしてみえる具志アンデルソン飛雄馬さんにお越しいただき,「死んだら終わり、だから生きるんだ 〜多文化共生社会のかけはし〜」という演題でお話をうかがいました。。講演の中の「自分を大事にできて,はじめて人を大事にできる」「一番大事な財産は,誰かのために頑張れる気持ち」などの具志さんの言葉から,周りのなかまのことを考えたり、今の自分を見つめなおしたりすることができました。写真は,講演会の様子です。
画像1 画像1 画像2 画像2

1,2年生人権学習(多文化共生)

 2月に入り、1,2年生ではともに多文化共生の授業に取り組んでいます。2月9日(月)午後から、具志アンデルソン飛雄馬さんをお招きし、「死んだら終わり、だから生きるんだ 〜多文化共生社会のかけはし〜」という演題でお話をうかがいます。松阪市にも、たくさんの外国人の方が生活されています。そして、この中部中学校にも、外国から来たクラスメイトがいます。ともに生きる社会を目指して私たちができることは何かについて考えていきます。保護者の皆様もぜひ、講演会に参加していただき、子どもたちとともに考えていただければと思います。写真は、事前学習の様子です。
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

人権講演会のご案内

 人権教育の一環として、1・2年生の授業で人権講演会を下記の日程で開催します。つきましては、この機会に保護者の皆様にもご参加していただき、ご家庭の話題にしていただければと思います。何かとご多用のことと存じますが、多数の方々の参加をよろしくお願いします。

    1. 日程 2009年2月9日(月) 午後1時30分より

    2. 会場 本校体育館

    3. 講師 具志アンデルソン飛雄馬さん(国際化対応指導員)

    4. 演題 「死んだら終わり だから生きるんだ」(予定)

夢・出会い・人権フォーラム21開催!!

 フォーラム全体会の終了後、各クラスに戻り、人権劇「とまどいの新居」についての分散会を行いました。自分は、登場人物の誰に考え方が近いかを考えることからはじまり、グループごとに、「森本家の人々が、差別の問題と直面し、とまどい、思い悩み、意見をぶつけ合う中で、差別の問題と向き合うようになった変わり目はどこなのか」の話し合いを持ちました。ともにいろいろな意見を出し合い、考えることで、さらに深く人権劇の内容について考えることができました。また、登場人物と自分自身を重ねながら考えることで、今までの自分の振り返る機会にもなりました。写真は、分散会の様子です。
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

中部中学校人権講演会

画像1 画像1 画像2 画像2
 11月27日(木)の午後から、中部中学校体育館で、人権講演会を行いました。講師に、松村智広さんをお迎えし、「あした元気になあれ」という演題で、全校生徒を対象にお話をしていただきました。松村さんの体験に基づいた話は、部落問題や人間の温かさなどについて深く考える機会となりました。「相手に矛先を向けるだけではなく、自分にも向けてみる」という言葉から、差別をなくしていくには、まず自分を見つめ、問い直していくことが大切であることを教えていただきました。差別をすることから解放された生き方こそが、本当に豊かで楽な生き方であることを実感しました。子どもたちも、松村さんのユーモアを交えながらのエネルギッシュなお話を聞き、元気をもらったようでした。上の写真は、講演会の様子です。

2年生 人権学習

 2年生では、11月18日(月)6限,21日(金)3限,25日(火)6限と『差別はきっとなくせる』(わたしかがやく人権学習教材)を使って、人権・部落問題学習を行いました。識字学級で学ぶおばあさんの姿から、自分の可能性を信じ、目標を持って生活していくことの大切さについて考えました。また、おばあさんの「自信」や「誇り」を奪っていたのは部落差別であることを知り、差別をなくしていくにはどうすればよいかを考えました。27日(木)には、中部中学校人権講演会があります。そこでも、しっかり話を聞き、人権問題について、考えていきたいと思います。写真は、人権学習の様子です。
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

1年生人権学習

画像1 画像1 画像2 画像2
 1年生では、11月19日(水)2限目と25日(木)6限目に人権学習を行いました。1時間目はトリックアートをつかい、物の見方がそれぞれ違うことに気づきました。それと同じように、同じ人をみても、みる人によってちがうようにみえること、「この人はこんなひとだ」ときめつけると、他の面がみえなくなることなどを学習しました。2時間目は部落差別の歴史を知り、差別は人の手によってつくられたものだから、人の手によってなくせるということを考えました。27日(木)5,6限に松村智広さんの話を聞いて、さらに学習を深めたいと思っています。

人権講演会開催のご案内

 人権教育の一環として、人権講演会を下記の日程で開催します。松村さんは昨年度中部中校区の人権講演会でも、お話をしていただき、とても好評でした。この機会に保護者の皆様にもご参加いただき、ご家庭の話題にしていただければと思います。何かとご多用のことと存じますが、多数の方々の参加をよろしくお願いします。

   1.日程 2008年11月27日(木)午後1時30分

   2.会場 本校体育館

   3.講師 松村 智広さん(「反差別・人権研究所みえ」主任研究員)
 
   4.演題 「あした元気になあれ」


1年生人権学習

1年生では「1年9組スミレ色」という教材を使い、共生の学習をしました。第1時は10月1日(水)2限目、第2時は2日(木)6限目、第3時は7日(火)1限目に行いました。第1時と第2時は「1年9組スミレ色」を読み、スミレが9組にいたことで、学級が変わっていく様子を読み取りました。スミレは最初、学級でお客さんでしたが、運動会、文化祭の発表に取り組む中で、スミレも周りも変わっていきます。スミレや周りの気持ちを考えることで、お互いの個性や違いを認めるということの大切さを知りました。第3時は自分の学級はどんな学級なのかを考えました。良い点や課題を出し合ったりして、学級でお互いが認めあえているか話し合いました。まだ、引き続き授業を行う学級もあります。写真はその時の様子です。
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

前期期末テスト

9月16日、17日、18日と前期期末テストが実施されます。この前期の勉強の成果を発揮するため、テスト勉強の疲れもある中、みんな精一杯、テストに臨んでいました。しっかり勉強していい成果を出しましょう。

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

第1学年 平和学習

 1年生では、7月16日(水)1・2限に平和学習を行いました。現在も世界に多数埋められている地雷について知りました。地雷は非人道的な兵器であり、著しい人権侵害であること、地雷除去について等学習しました。また、現在世界で起こっている戦争や地域紛争・世界的な問題に目をむけ、自分たちにできることについて考えました。夏季休業中には平和に関するテレビ番組もあると思うので、引き続いて平和について考えてみて下さい。
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

「いのち」について考える

画像1 画像1 画像2 画像2
 昨日、講師に鈴木中人さん(いのちをバトンタッチする会代表)を招いてゴールドリボン・いのちの授業を行いました。
 ゴールドリボン活動とは、全国で24000人いる小児がんの子どもの支援活動です。アメリカンファミリー生命保険さんは、小児がんの支援活動に取り組まれており、社員や代理店さんの募金を積み立てたゴールドリボン基金から、小児がんの支援活動に寄付をされています。今回の授業では後援をして頂きました。
 いのちの授業は鈴木さんの体験に基づくお話です。いじめ・虐待・自殺・少年犯罪・家庭崩壊などの事件が連日報道されているなか、いのちについて今一度考えてもらいたい。小児がんで亡くなる少女と家族の姿を通じて、生と死に向き合い、いのちの大切さと家族の絆を生徒たちに語り継ぎたい。それらの思いから全国で各地で実践されているものです。
 鈴木さんの話に生徒たちは引き込まれました。「死」と「いのち」、生き抜くこと、支え合うこと、そしてありがとうの気持ち、講演の中で様々なメッセージを投げかけて頂きました。
 講演を聴いて生徒の皆さんがどう感じ、そしてどう行動していくか、これが次のステップです。 
 鈴木中人さんありがとうございました。
 

 


出前授業(花岡幼稚園)

画像1 画像1 画像2 画像2
本日、楠本教諭が花岡幼稚園で出前授業を行いました。テーマは「環境教育」です。ゴミによって生態系が変化してきた現状と課題、そして打開策について写真や実物資料を用いて話を行いました。100人の園児の皆さんが一生懸命話を聞こうとしている姿がとても印象的でした。「もったいない」を合い言葉に日々の生活を見直してほしいと思います。花岡幼稚園の皆様 ありがとうございました。

中間テスト始まる

画像1 画像1 画像2 画像2
今日から中間テストが始まりました。休み時間にはノートやワークを手に取りながら問題を出し合う姿や、黙々と机に向かってテスト範囲の再確認をしている姿が見られました。特に3年生にとっては進路に向けて大切なテストとなります。明日もがんばりましょう。

26日 27日 学校参観

26日27日の2日間、学校参観を行ないました。保護者の皆さん、わくわくワークでお世話になる企業の皆さん、各地区でお世話になっている民生委員さんなどたくさんのかたに参観をしていただき、本当にありがとうございました。アンケートにお答え頂いた方のご意見を参考に、今後の学校経営に活かしていきたいと思います。

大河内小学校に出前授業!

画像1 画像1
画像2 画像2
石垣、永尾教諭が、大河内小学校で、陸上競技(短距離走)の授業をさせて頂きました。5年生の子どもたちのパワーにおされ気味でしたが、すばらしい授業をすることが出来ました。ありがとうございました。5年生のみなさん、運動会がんばってください。

授業参観

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 本日午後、授業参観がありました。たくさんの保護者の方に参観していただきました。子どもたちも楽しそうに、また少し緊張した様子で授業にのぞんでいました。お越しいただいた皆様、ありがとうございました。
 来月、26日(月)27日(火)には学校参観が予定されています。普段の学校の様子を見ていただく機会になっておりますので、よろしくお願い致します。
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
学校行事
4/6 午前始業式 午後入学式
松阪市立中部中学校
〒515−0054
三重県松阪市立野町1344番地
TEL:0598−21−0462
FAX:0598−21−8104