最新更新日:2017/03/24
本日:count up1
昨日:29
総数:168066
ようこそ!美咲町立中央中学校のホームページへ  おかげさまで、総アクセス数が160,000件を超えました。

修了式と河津桜


3月4日、本年度の修了式がありました。2年生56人、1年生55人に修了証を渡し、それぞれの学年の課程を修了し、進級を認めました。
式をするに当たって、生徒会が中心になり、無言集合、無言整列を行いました。また、校歌も大きな声で歌えました。
明日から春休みです。4月7日にすばらしいスタートが切れますよう、充実した休みにしてほしいと思います。
校庭には、河津桜が咲いています。

のんびりかめさん19(最終号)

学校支援ボランティア連絡会 3月16日



学校支援ボランティア連絡会が16日に行われました。この会には大学生のボランティアさんも参加してくださいました。会が終わった後は、給食試食会を行い、中学生と交流を深めました。またコンサートも行われました。
なお、本年度のボランティア登録数は62名、事業数は314、のべ活動数は612名でした。
ボランティアの皆様、本当に1年間ありがとうございました。また来年度もよろしくお願いします。

連絡会でボランティアの方から次のようなご意見や感想を伺いました。
○高校生活をしていてわかったことは、「教育は投資」ということだ。先生方は中学生に特別なイベントやボランティアに参加できる機会を与えることで多くの投資を続けてほしい。私は中学校時代多くのボランティアを体験したお陰で、高校になってわかったことが多くあった。経験することは成長につながり、社会貢献につながった。
○音楽鑑賞会を担当した。中学生の生活の中に音楽が自然に入っていくのがうれしい。真剣に演奏していると生徒の心が見えてくる。
○ボランティア同士の交流が深まり、やる気が出てくる。
○生徒の笑顔を見ていると元気がもらえる。
○卒業生の話はうれしかった。ボランティアの目的は人を育てることだと信じている。
○菊作りを担当した。途中菊が枯れて困った。が、今年は一番いい花が咲いた。菊花展には家族の方が見に来てくれた。続けてがんばりたい。
○若いボランティアに負けないようがんばりたい。若い人も続けてやってほしい。
○中学生の親としてボランティアに携わった。多くの体験を中学生がさせてもらっていることで、親としてうれしく思う。
○ブックトークの後、生徒の感想を読んだ。ボランティアの励みになる。
○学習支援で国語の俳句の授業に入ってもらった。ボランティアさんの専門性と温かい心にふれあい、大変有り難かった。
○ボランティア活動をして感じることは、中学生とのつながり、地域とのつながり、ボランティア同士がつながることである。
○中学生の時の学びは、将来の生き方に影響がある。活動が心の中の欠片の一つになればよい。その手伝いをこれからもさせていただきたい。

第39回卒業証書授与式 3月14日



14日、第39回卒業証書授与式が行われました。63名が新しい道に向かって旅立ちました。卒業生の皆さんのご活躍とご多幸を心よりお祈りします。

メディア見直し 睡眠お助けプロジェクト

メディア見直し 睡眠お助けプロジェクト


生活委員会と保健委員会が取り組んだ活動を13日にクラスごとに発表しました。
生活委員会は「メディア見直しプロジェクト」でスマホやタブレット使用による実態を調べると、親子のルールがある人に比べ、友だちとのルールがある人が少ないことがわかりました。
保健委員会は「あなたの睡眠お助けプロジェクト」で睡眠とスマホの関係を調べると、中央中の生徒の5人に2人が快眠ができていないことがわかりました。
今後の課題も浮かび上がってきました。メディアとうまくつきあい、生活を見直す必要があると感じました。今後の活動に期待します。

県立高校一般入試 明日から

明日(9日)から2日間の日程で、県立高校一般入試が始まります。受験生にとって最後の試練の時です。
前日の今日(8日)は、事前の指導や連絡を行いました。どの生徒も緊張しているようです。がんばれ受験生。
なお、合格発表は3月17日です。

中央っ子育成会運営委員会 3月7日

第2回中央っ子育成会運営委員会があり、今年度の事業報告と成果と課題について協議しました。この会の目的は中央地区の保小中の子どもの健全育成であり、子どもを地域で育てる機運を高め、地域で活躍する子どもを作ることです。

1 地域連携部は「家庭・地域・学校園間の情報交換を図り、三者の連携を推進し、地域の教育力向上をめざす」という活動方針の下、「保小中合同地区懇談会」を立案し、実施しました。

2 学校園連携部は「学校園間の連携推進により、入園から中学校卒業まで連続した指導体制を確立し、学校園の教育力向上をめざす」という活動方針の下、「保小中合同研修会」「保小研修会」「少少連携」「小中連携」「ネットワーク会議」を実施しました。

3 保護者連携部は「学区内保護者間の連携を推進するとともに、家庭への子育て支援を通じて、家庭の教育力向上をめざす」という活動方針の下、年2回の「元気の出る子育て支援講座」を実施しました。

中央中学校だより10号(最終号)

第4回学校運営協議会 3月2日

今年度最後の学校運営協議会が2日に行われました。
議題は次のとおりでした。
・学校評価アンケートについて
・学校評価書の結果の分析・関係者評価について
・学校支援ボランティアの活動について
・本年度の学校運営協議会のまとめについて
・来年度の活動計画について
貴重なご意見をたくさんいただきました。今後の学校運営に生かしていきます。

3年生から後輩へ 2月28日



卒業を控えた3年生が後輩たちへメッセージを贈りました。これは後輩から受験に向けて頑張っている3年生に贈った励ましのメッセージ(お守り)に応えたものです。
メッセージには「お守りありがとう。おかげで受験を頑張ることができました。」「とにかくこれから勉強をがんばってください。」「お守りを持って入試に臨もうと思います。」「遊んでいられるのは2年生までです。3年生からは勉強を頑張らないといけないので、1日を大切に過ごしてください。」などと書かれていました。

3月給食献立表

給食だより3月号

第5回PTA評議員会 2月24日


今年度最後のPTA評議員会が行われました。内容を紹介します。
1 各専門部活動の報告と課題
(1)健全育成部 
 ○挨拶運動(春・秋)・・参加者が増えるようにしたい。
 ○ふるさと夏祭りの補導を行った。
(2)文化・保体部
 ○運動会PTA種目の立案と参加呼びかけ・・来年度から「中央急便」をなくしたい。
 ○町P連親睦スポーツ大会に参加・・部員以外の参加がほしい。
 ○PTA広報の発行(2回)
(3)母親委員会
 ○PTA総会時にバザーを実施
 ○スマホ講演会を行う。・・保護者の参加が増えてほしい。
2 各地区PTA活動
 ○地区活動に参加している(特に夏祭りのボランティア)中学生が思った以上に多くい  ることを確認できた。その中で地域の方たちと交流できている。今後も続けてほしい  と思った。
 ○地区懇談会の参加者を増やしたい。
 ○地区役員選出に苦労している。
3 その他
  平成29年は中央中の40周年に当たり、40周年記念事業実行委員会を立ち上げ、  活動を行う。
 

3年道徳 東日本大震災から6年近くが経って

23日に行われた3年生の道徳の授業の様子を紹介します。
主題は「生命の尊さ」。卒業前に東日本大震災に見舞われながらも感謝の気持ちを持って答辞を読み切る生徒会長の姿に、現在の生徒たちの状況を重ね合わせることができる教材です。「いつまでもつながらない携帯電話」「階上中学校卒業式答辞」を読んだ生徒の感想を紹介します。
☆僕はこの二つの話を読んで胸に込み上げてくるものがあった。東日本大震災には関心がなかったわけでもないし、被害などについてもある程度は知っていた。しかし、今日の話を読んで、当時の被災された人たちは、「こんな風におもっていたんだ」「こんな風に思いながら卒業していったんだ」と知った。僕たちが大震災に遭う確率はとても低いだろう。しかし、もし、そういうことが起きたとき、後悔のないよう今を精一杯生きたい。友だちや家族は大切なものだと、今のうちから心に刻んでおきたい。
☆自然災害は、いつ何が起こるかわからないし、自分の力ではどうすることもできないと改めて怖いものだと思った。家に帰れば普通にいるお母さんも、ある日を境にいなくなる
ことだってある。今いる家族や友だちを大切にしていこうと改めて思った。

美咲町ロードレース大会 2月19日



春の陽光が注ぐさわやかな気候の下、町のロードレース大会がありました。中央中学校からも運動部単位や個人で多くの生徒が参加しました。3キロメートルを10分44秒の記録で優勝した生徒は、自己新記録が出てうれしいと感想をもらしていました。また、吹奏楽部の生徒たちはボランティアとして大会を支えました。

1,2年参観授業 2月16日



2月16日、午後から1,2年生の参観授業がありました。1年生は体育館で大きなボールを使って体を動かし、バレーボールを行いました。元気のよい声が聞こえていました。(写真上)その後、パンジーとビオラの花をプランターに植えました。(写真中)
2年生は家庭科と社会科の授業を見ていただきました。写真下は一生懸命作業している様子です。

のんびりかめさん18

折り鶴ブローチ完成

ボランティアさんから作り方を教わり、生徒会執行部と図書委員会が中心となって全校に呼びかけ、3回にわたった活動が終わり、折り鶴ブローチが完成しました。多くの生徒の協力のおかげでたくさんのブローチができました。
このブローチは『へいわの折り鶴ブローチ』と名付け、平和を祈るブローチとしての使命を担ってくれるはずです。。この活動はだれでもできる平和活動でした。生徒たちの平和への思いが多くの方に届くことを願います。

救給カレー

今日は都合により給食のメニューを変更しました。
メニューは非常食である「救給カレーライス」「カンパン」「常温ゼリー」と牛乳でした。非常食は災害があった場合の備えとして考えられたものです。救給カレーは、そんな時にも温めずに、そのまま食べられるカレーライスです。今日は温めたものでした。
災害はいつ起こるかわかりません。日頃から、災害のことを考えておくことも必要です。
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
美咲町立中央中学校
〒709-3717
岡山県久米郡美咲町原田2130番地
TEL:0868-66-0105
FAX:0868-66-0622