最新更新日:2018/02/16
本日:count up76
昨日:162
総数:771934
保護者の皆様、地域の皆様、学校教育へのご支援ご協力ありがとうございます。     交通事故に気を付けましょう。大切な命を守るために、ヘルメットは必ずかぶりましょう。

2・15  一日入学(入学説明会)

画像1 画像1
画像2 画像2
いよいよ待ちに待った小学校への入学が間近になってまいりました。お子さんたちは、目を輝かせながらワクワクドキドキしていることと思います。
入学準備としての習慣づけのPointについて
1 小学生の朝は、幼稚園や保育園に比べて早いです。早寝早起きに慣れておきましょう。ポイントは、早寝早起きではなく、早起き早寝だそうです。健康な心と体を創るカギは十分な睡眠にあります。小学校低学年は10時間程度の睡眠が必要です。
2 自分一人で身支度ができるようにしておきましょう。洋服の着替えをスムーズにできるようしましょう。特に、ボタンを外すこと・掛けること。下からやると掛け違いが少なくなります。また、靴はお尻をつけずにしゃがんで履くことを目標にしましょう。
3 鉛筆は正しく使えるようにしましょう。鉛筆の持ち方は始めが肝心です。正しい持ち方をすると、疲れることなく書き続けることができ、自然と文字を書く量が増えてきます。きれいな字で書くことで褒められ、努力を認められることでもっと頑張ろうという意欲がわいてきます。
4 スプーンやフォークでなくお箸で食べられるようにしましょう。上のお箸は鉛筆と同じ持ち方、下のお箸は動かしません。
さらに、小学校には男の先生もいます。大人の男の人に慣れることも必要です。また、先輩ママがやっておけばよかったこととして、「自分の気持ちを言葉で話す」「じっと座る」「時計の読み方」「ひらがなを読む」ということがあるようです。
幼児から小学校低学年は個人差や月齢差が大きい時期です。「あせらず あわてず あきらめず」で長い目で見守ってあげてください。
学校ウェブサイトでも学校の様子がご覧いただけますので、どんどんアクセスしてみてください。お近くの方で木曽川西小学校に通っているお子さんがいましたら、聞いていただくのもよいかと思います。
 小学校入学後は、子ども同士での行動も増えて世界が広がり、大きく成長するときです。小学校生活を無理なくスタートするためにも、親子で楽しみながら準備を進めていただき、元気いっぱい入学の日をお迎えいただきますようお願いいたします。


2・13  児童集会

画像1 画像1
 11日(日)建国記念の日に『ロードレース大会』が一宮市光明寺公園競技場及びその周辺で行われました。選手のみなさんは、本当によくがんばりました。健闘をたたえたいと思います。歯を食いしばって走る姿に、とても感動しました。苦しいときにがんばった経験は、自信となり、これからの人生に生きてきます。6年生の人は中学校の部活動に、5年生の人は来年の大会に、1〜4年生の人は5・6年生の大会でがんばってください。そのために、よく遊んで、いっぱい運動しましょう。

2・6  児童集会

画像1 画像1
 『ロードレース大会』にむけての練習も大詰めで、とてもがんばっていますね。健康管理には気をつけ、体調が悪い場合は必ず先生に申し出てください。走ることは、すべての運動の基本です。校長先生の好きな言葉で、マラソンの高橋尚子選手の座右の銘でもある「何も咲かない寒い日は、 下へ下へと根をのばせ。 やがて大きな花が咲く」 があります。走ることは、すべての運動の基本です。走ることは、陸上大会や水泳大会、サッカー大会、ミニバスケットボール大会、すべての運動へとつながっていきます。練習をがんばることが大切です。
いよいよ11日(日)建国記念の日が『ロードレース大会』です。練習の成果を発揮して、大会の臨んでください。校長先生も応援に行きます。

30・1・29 朝礼

画像1 画像1
 5歳の子がドラム式洗濯機の中でぐったりしているのが発見され、亡くなってしまいました。いたずら半分で、洗濯機や冷蔵庫に入って遊ばないでください。閉じ込められたらという想像力を身につけてください。危ない遊びはやめましょう。命を大切にしてください。

1・22  児童集会

画像1 画像1
 昨日、テレビを観ていてびっくりしました。中学生棋士藤井聡太四段に続くまたとんでもない中学生が現れました。卓球の張本智和選手です。中学生が全日本選手権で、高校生から大学生、大人まで、決勝ではリオオリンピック銅メダルの水谷隼選手まで破って、日本の頂点に立ちました。6年生の子からすればたった2歳上の子の快挙です。
先週、『リズムなわとび発表会』がありました。12月から練習し、冬休みもしっかり練習した子が多かったと思います。練習の成果を出せた人が多かったと思います。今年度初めて1級に合格する子も現れました。去年の自分より、12月の自分より上手になっていることが大切です。校長先生の好きな言葉に「練習はうそをつかない」があります。本番で緊張して成果が出せなかった人は、体育の時間に再度チャレンジしてくださいね。1〜5年生の人は、来年、今年の自分を超えてくださいね。
『木西っ子チャレンジ大会』もありました。校長先生も、全部は無理でしたが、たくさんのお店をまわりました。工夫されたお店ばかりで、みんなとても楽しそうで、笑顔があふれていました。ペア学年で仲よく楽しむ姿に、みなさんの優しさや思いやりを感じました。まさに「元気で 仲よく 大すき 木西」でした。

1・15 学校集会・・・・校歌

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 木曽川西小学校の校歌は素晴しいですね。作詞:瀬戸重次郎、閲:山田耕筰、   作曲:河野信一です。閲:山田耕筰とありますが、山田耕筰は、日本の偉大な作曲家で、みなさんが知っている有名な曲に、「赤とんぼ」「兎のダンス」「七夕」「ペチカ」「待ちぼうけ」などがあります。閲とは目を通すということです。すなわち、山田耕筰がこの校歌に目を通したということです。
「尾張の広野 はてしなく 木曽の大川 水清く」本当に自然豊かなよいところに私たちは暮らしています。「ここにたてる まなびやに 教えをうける 楽しさよ」楽しく勉強してくださいね。先生方も。子どもたちが楽しく学べるようによろしくお願いします。「この日のもとに 生まれあい」ってわかりますか? 日の本です。日本にみんなが生まれたということです。「正しく清い 心もち」正しく清らかな心をもち続けましょうね。木西小の校訓は「強く 正しく きまりよく」です。「みずからわが身 おさめつつ」おさめるという字は、修学旅行の「修」の字です。自分から進んで、行いや人格を正しくする、学問や芸術などを学んで身につけるということです。「よき世をきずく 人となれ」校長先生が、一番大好きなフレーズです。ぜひ、素晴らしい世の中を創っていく人となってください。あなたたちが、日本の宝、世界の宝です。木曽川西小学校の校歌は、本当にすごい校歌だと思います。

木曽川西小学校校歌

     作詞  瀬 戸 重次郎
    閲   山 田 耕 筰
    作曲  河 野 信 一

 一、尾張の広野 はてしなく
   木曽の大川 水清く
   ここにたてる まなびやに
   教えをうける 楽しさよ

 二、この日のもとに 生まれあい
   正しく清い 心もち
   みずからわが身 おさめつつ
   よき世をきずく 人となれ

1・9  3学期始業式

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 新年、明けましておめでとうございます。
 校長先生は、毎年、お正月に箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)を見ています。青山学院大学が4連覇しましたが、総合6位となった法政大学の復路6区に、木曽川中学校出身の佐藤敏也選手が走りました。佐藤選手は、昨年も同じ6区を区間3位で走りましたが、今年も区間3位の活躍で、チームを5位から4位に順位を上げる力走を見せました。みなさんも、ロードレース大会、佐藤選手のように頑張ってくださいね。継走に出る人は、タスキをつなぐために、仲間のために頑張ってください。みんなで頑張ることが大切です。
 みなさんの冬休みやお正月はどうでしたか。静かに思いうかべてください。一番楽しかった思い出はなんですか。一番うれしかったのはどんなことですか。一番大変だったのはなんでしょう。それぞれの思い出がありますね。さみしかったり、悲しかったりした人もいるかもしれません。今日からは、また、みんなといっしょです。困ったことがあったら、友達や先生に、みんな話してください。先生方は、いつでも相談にのりますよ。にっこり、笑顔で、3学期をスタートしましょう。 
 3学期は、授業日が1〜4年生は51日、5年生は52日、6年生は50日あります。6年生にとっては、小学校生活があと50日間ということです。新しい勉強も進めながら、1年間の総まとめもしていきます。6年生は、6年間の総まとめです。一日一日を大切にしてください。2学期終業式で話したように、輝いて生活していってください。

1・4 あけましておめでとうございます

新年,あけましておめでとうございます。
 木曽川西小学校の保護者の皆様,地域の皆様すこやかに新年をお迎えのことと存じます。日頃より,木曽川西小学校の発展のために様々なご協力をいただき,ありがとうございます。
 今年は、「戌年(いぬどし)」です。「戌(いぬ)」は、犬の中でも賢い犬を指すそうです。人との関わりが強い犬は、社会性があり、そしてボスに忠実に従う性格を持っています。忠犬ハチ公という物語では、いつも駅前で主人の帰宅を待っていた犬が、ある日外出先で急死して帰ってくることのない主人をなんと10年間も待ち続けていました。感動するこの話からもわかるように、「戌(いぬ)」には、「真面目・勤勉で努力家」という意味があるそうです。
 本年も、職員一同、「元気で 仲よく 大すき 木西」をめざし、子どもたちのために力一杯頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

12・22   2学期終業式

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 いよいよ残すところ、今日を入れて10日となりました。今年1年を振り返った時、一人ひとりにとって、平成29年という年はどんな年だったでしょうか。
清水寺での今年の漢字は『北』でした。みなさんは、今年1年を振り返って、どんな漢字1文字を思い浮かべますか? 今年も校長先生は、漢字1文字を考えました。『輝』です。今年、木曽川西小学校のみなさんは、春の「陸上大会」では男子が優勝に輝きました。「ミニバスケットボール大会」ベスト8、「サッカー大会」ベスト16、「運動会」や「学習発表会」「小学校合唱祭」、昨日の「木西っ子スター」でも輝いていました。表彰された子もたくさんいましたね。毎日の学校生活でも元気にあいさつし、授業はもちろん、掃除や委員会活動、当番活動などに一生懸命に取り組んでいますね。みんな輝いていますよね。だから、今年の漢字1文字は、「輝」くの『輝』に決めました。
「輝」くと言えば、上野動物園でジャイアントパンダの赤ちゃんが生まれました。シャンシャン(香香)です。
さて、問題です。パンダは白黒ですが、しっぽは黒でしょうか、白でしょうか? 正解は白です。
第2問。パンダの食べ物はほとんどが竹ですが、パンダは肉を食べるでしょうか? 正解は食べます。もともとは肉食だったそうですが、だんだん草食になったそうです。
最後の問題です。パンダは熊の仲間と言われていますが、冬眠するでしょうか? 正解はしません。竹などを食べているので、冬眠するほど栄養を蓄えられないそうです。また、竹は冬でも生えているので冬眠する必要がないそうです。
冬休みはあっという間に終わってしまいます。次の3つに気をつけてください。
1つめは,「昔からの行事や伝統を体験しよう」。冬休み中には,「餅つき」「大掃除」「初詣」「お年玉」・・・など,日本の文化や伝統を伝える様々な行事があります。ぜひ,積極的に参加したり体験したりして,そのよさを味わってください。
2つめは,「家族の一員としてすごしましょう」。皆さんができるお手伝い,掃除,自分ができることを毎日続けてやりましょう。
3つめは,「自分の命や健康は自分で守ろう」。自分で自分を守ることが大事です。交通ルールを守って生活しましょう。特に、自転車の乗るときはヘルメットをかぶり、一旦停止では必ず両足をついて止まって左右を確認してください。インフルエンザなどの病気にも注意してください。
来年は、平成30年です。新しい年を迎えることは、「新しい気持ちでスタートを切る」ということです。「今年は○○をがんばる!」という新たな決意ができるとよいですね。1月9日の3学期始業式には元気な顔を見せてください。

12・21 2学期木西っ子スター

 『木西っ子スター』素晴らしかったですね。さすが、クラスの代表です。落ち着いてはきはきと自分の考えをしっかり発表できました。人前で、堂々と自分の意見を言えることはとても大切です。まだ『木西っ子スター』で発表したことがない人は、次回ぜひ立候補してください。授業でも、部活動でも、いろいろな機会がありますから、積極的にチャレンジしていってくださいね。
 明日は、二十四節季のひとつ、冬至です。一年で最も昼間の時間が短くなる日です。この日に「カボチャを食べると風邪をひかない」と言われています。もともと冬至には「ん」のつくものを食べて「運」を呼び込むという風習があったそうです。
 また、「ゆず湯」は江戸時代に始まった習慣で、「冬至にゆずを浮かべたお風呂に入ると風邪をひかない」と言われています。科学的にも、血管を広げて血行をよくする働きや美肌効果などがあるそうです。校長先生も、明日、ゆず湯に入ろうと思っています。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

12・18   児童集会

画像1 画像1
 先週は、5年生で大きなイベントが2つありました。13日(水)には、田植えと稲刈りを体験して、収穫したお米でおむすびを作って、「おにぎりパーティー」をしました。15日(金)には、弁護士さんが4人来て、「いじめ予防出前授業」を受けました。法律の専門家から、いじめは絶対にしてはいけない、人権を守ることが大切であることを学びました。みなさんも、絶対にいじめを許さないでくださいね。
5・6年生の人たちが、ロードレースの練習をがんばっている姿を見ると、とてもうれしくなります。手を抜かず全力を出し切り、自分の最高のスピードで走り続けることが大切です。長距離が得意な人は、みんなを引っ張っていってください。苦しいときに頑張る自分になってください。リズムなわとびもがんばってくださいね。

12・13 5年おにぎりパーティー

 5年生のみなさん、田植えや稲刈りは大変でしたか? しかし、田植えと稲刈りだけでは、お米はできません。JAの方や地域の方たちのおかげで今日、おにぎりパーティーを開くことができます。
 米という字は八十八と書きます。お米を作るためにたくさんの手間ひまがかかると言われています。しかし、八十八もの手間をかけてつくるから米という字ができたというのは、あとから出来た作り話です。 もともと八十八とは何の関係もありません。 イネを表わす『禾(いね・のぎ)』に 種子がついた形を表わす象形文字だそうです。
 いつも学校や子どもたちのことを気にかけていただいている地域の方や保護者の方の支援のおかげで、あなたたちは豊かな体験をすることができています。 ありがたいことですね。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

12・11   学校集会

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 通学路に落書きしてあるという話がありました。そうしたら、「3年前に落書きをしました」と正直に名乗り出た子がいたそうです。勇気がいったとおもいます。大したものです。やったことは失敗かもしれませんが、正直に言って、反省し、二度と同じ失敗をしないと心に誓うことが大切ですね。さすが木西っ子です。
 来年2月11日(日)のロードレース大会に向けて、ロードレース部が発足し、朝と帰りの練習が始まりました。5・6年生全員も毎朝一生懸命走っていますね。とてもよいことです。走ることは、すべての運動の基本です。5年生の人は、陸上大会や水泳大会、サッカー・ミニバスケットボール大会の練習にもなっています。6年生の人は、中学校の部活動につながっていきますね。
 また、1月17日(水)のリズムなわとび発表会に向けて、長放課や昼放課に練習している人が増えてきました。がんばっていますね。校長先生も、小さい頃、二重跳びができませんでした。でも、できるまで練習してできるようになり、うれしかったことを覚えています。運動でも勉強でも、できるまでやれば、できます。できる前にあきらめないことです。ぜひ、目標を決めて、できるまでがんばってください。やり切ることが大切です。校長先生も応援しています。

12・4   児童集会

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 先週の朝礼で、人権についてお話しました。30日には、1・2年生対象に『人権教室』が開かれ、「人KENまもる君」と「人KENあゆみちゃん」も来ました。
お相撲の世界では、横綱「日馬富士」が引退しました。暴力をふるったからです。たとえ相手が悪かったとしても、叩いたり蹴ったりしてはいけないのです。横綱は、お手本となる振る舞いをしなければなりません。土俵でも社会でも「強く 正しく 潔く」です。木西小の教育目標である「強く 正しく きまりよく」と似ていますね。みなさん、「思いやり」と「優しさ」の気持ちを忘れず、「いじめ」のない木曽川西小学校にしていきましょう。

11・27  人権講話(いじめ防止)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 さて、この絵を知っていますか。2年生以上の子は知っていますね。「人KENまもる君」と「人KENあゆみちゃん」です。これは、「人権イメージキャラクター」といって、アンパンマンの作者、やなせたかしさんが描いています。
髪の毛に「人」、胸のところに「KEN」と書いてあります。「人権」とは、「世界中のすべての人が生またときからもっている、人間らしく生きる権利」「人間として命が大切にされ、幸せになるための権利」です。例えば、誰かが自分勝手な行動をしたら、嫌な思いをする人が必ずいますよね。だから、みなさんは「相手の立場を考え、思いやりの気持ちをもってまわりの人と過ごそう」としていると思います。それが「人権を大切にする」ということです。
では、授業中に自分が楽しいから、おしゃべりをしたり、関係のないことで大きな声を出したりして邪魔をするのは、「人権を大切にしている」と言ってよいでしょうか。
友達の悪口を言ったり、仲間はずれにしたり、差別やいじめをしたりするのは「人権を大切にしている」と言ってよいでしょうか。違いますね。
理由もなく、叩いたり蹴ったりするのはどうでしょうか。それも「人権を大切にしている」とは言えません。
では、理由があればよいのでしょうか。そんなことはありませんね。どんな理由があっても叩いたり蹴ったりすること、暴力はいけないことです。
それは、子供だけではありません。おうちの人たちや地域の人たち、そして、先生たちだって、どんな理由があろうと絶対に暴力をしてはいけないのです。
12月10日は「世界人権デー」です。日本だけはなく、世界中で「人権を大切にしよう」「人権を守ろう」と定められた日です。そして、12月4日から12月10日までを日本では「人権週間」と定めています。
いつも以上に、授業の邪魔をしない、いじめや差別をしない、そして暴力を「しない、させない、許さない」を意識して、人権を大切にしていきましょう。
そして、もしも、自分の人権が大切にされていないと思ったら、おうちの人でも先生たちでも、電話でも手紙でもよいので、一人で悩まないですぐに相談してください。さらに、思いやりの気持ちや優しさのあふれる木曽川西小学校にしていきましょう。

10・16  福祉実践教室

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 昨年4月1日から『障害者差別解消法』が施行されました。これは、すべての国民が、障害の有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現に向け、障害を理由とする差別の解消を推進することを目的としています。
 今日は、このようにたくさんの講師の方においでいただきました。たくさんのことを勉強しましょう。
 さて、今から5年生のみなさんは、『福祉実践教室』に参加します。『福祉実践教室』というのは、「みんなが一緒に幸せになるためにはどうしたらよいだろうか。自分は何ができるだろう。」ということを考える会です。今日は、自分のことだけを考えているのでは、いけません。みんなが一緒になって「障害がある人も、お年寄りもみんなが幸せになるためには」ということを考えていきましょう。
 さあ、いよいよ『福祉実践教室』の始まりです。『手話』や『点字』『車椅子』『視聴覚障害者ガイドヘルプ』の体験をしますね。キーワードは「みんなの幸せ」です。貴重な体験をして、みんなが共に暮らせる『共生社会』をめざしていきましょう。

11・13  学校集会

画像1 画像1
みなさん、元気にあいさつできていますね。今朝もたくさんの子が、校長先生にあいさつしてくれました。とっても温かく、うれしい気持ちになりました。登下校では、見守り隊の方をはじめ、たくさんの人たちがみなさんを見守っています。近所の方や地域の方にもしっかりとあいさつしてください。
お父さんやお母さんに、朝起きた時には「おはようございます」、食事の前には「いただきます」、食事の後には「ごちそうさま」、学校に行くときには「行ってきます」、学校から帰ってきたら「ただいま」、寝る前には「おやすみなさい」を言ってください。『親しき中にも礼儀あり』です。
「ありがとう」「ごめんなさい」も大切な言葉です。『あいさつと歌声が響く学校』木曽川西小学校です。心のこもったあいさつをしっかりしていきましょう。

11・5 学習発表会を終えて

 大成功で学習発表会を終えることができました。子どもたちは、本当によくがんばったと思います。たくさんのご来賓の皆様,保護者の皆様,ご家族の皆様,温かいご声援と盛大な拍手,ありがとうございました。
本日の発表の中で、輝きを放つ子どもたちの姿を目に焼き付けていただけたでしょうか。ご来場の皆様には、今日の子どもたちのがんばりは、私が今更申し上げるまでもなく、十分ご来場の皆様には伝わったことと思います。
学校行事はその発表当日ばかりではなく、そこにいたる準備や練習の過程の中で子どもたちは大きく育つことはいうまでもありません。今日まで心ひとつにして、本気になってやりきることができたすべての子どもたちに大拍手です。
最後に、保護者の皆様へお願いがございます。お子様の今日のがんばりを言葉にして、大いにほめてあげてください。今夜は学習発表会の話題で食卓を盛り上げてください。そうしていただけることが、子どもたちの次への意欲や自信につながります。どうぞよろしくお願いします。本日は、ありがとうございました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

11・2 学習発表会に向けて

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 昨日は、学習発表会の児童鑑賞会を行いました。いよいよ5日(日)に学習発表会が開催できますことに、心より感謝申し上げます。ご多用の中,多数のご来賓の皆様,保護者やご家族の皆様,ご臨席いただけることを心待ちにしております。どうか,日頃の練習の成果を発揮し、力いっぱい歌ったり演じたりする子どもたちに,ご声援いただければ幸いです。
 子どもたちは、運動会が終わってから本格的に練習を始めてきました。それぞれの学年が、みんなで心と力を合わせて演技や合唱を創り上げていきます。自分のせりふや歌声、演奏だけではなく、自分のせりふを待つことも大事な学習です。入場・退場や立つ、座るといったことも、すべて発表であり学習です。
職員も、子どもたちの成長を願い、脚本を考えたり、大道具・小道具を作ったり、構成や動きを工夫したりしながら、指導に努めてきました。子どもたちの力と職員の力が一つになった今日の学習発表会だと思いますし、これからの学習にも生きるものと確信します。
最後になりますが、子どもたちが伸びるためには、ほめてもらうことが大切です。せりふや歌声だけでなく、凛とした表情など、よいところがいろいろあるはずです。それを、是非よかった点を言葉にしてほめてあげてください。そして、発表の際に励ましの拍手をいただきますようお願い申し上げます。

10・30 児童集会(川合玉堂展)

 みなさんは、木曽川図書館に行ったことがありますか? 2年生は見学で行きましたね。昔、あそこに誰の家があったか知っていますか? 川合玉堂という有名な画家が生まれたところです。だから木曽川図書館の正式名称は、『玉堂記念木曽川図書館』と言いますね。先週、3年生が行く一宮市博物館に行って『川合玉堂展』を見てきました。11月26日まで開催されていますので、ぜひたくさんの人に見に行ってほしいと思います。
川合玉堂さんは、明治12・13年、小学校1・2年生の頃に木曽川西小学校の前身である玔田学校に通っていました。木曽川西小学校の大先輩です。その後、岐阜に引っ越し、京都・東京へと絵の勉強をしていきます。14・15歳頃の絵がありましたが、びっくりするぐらい細かく正確に写生されていました。とても中学生くらいの子が描ける絵ではなく、見入ってしまいました。みなさんも、川合玉堂先輩のように、ぜひ夢と希望をもち続けて、得意なものを見つけ、チャレンジしていってください。
 いよいよ11月5日の日曜日には、『学習発表会』がありますね。連日、熱の入った練習が続き、完成に近づいてきました。自分の役割を思いっきり演じ、見に来てくださる保護者の方や来賓の方を楽しませてください。みんなで創り上げ、思い出に残る『学習発表会』にしていきましょう。校長先生も楽しみにしています。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
学校行事
2/19 学校集会 委員会 学校運営協議会
2/21 水B日課
2/22 通学班集会
2/23 B日課 PTA新旧地区委員総会
2/24 グランドゴルフクラブ大会予備日
◆トップページは ここからお入りください
一宮市立木曽川西小学校
〒493-0004
愛知県一宮市木曽川町玉ノ井字道路寺7番地3
TEL.0586-28-8741
FAX.0586-87-3201

校長   服部 隆信
クラス数 27クラス
児童数 783人(4月3日現在)
※このサイトは、一宮市立木曽川西小学校の公式サイトです。サイト内の著作の所有権はすべて木曽川西小学校に所属します。無断で使用することはできません。
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28