最新更新日:2021/06/14
本日:count up70
昨日:73
総数:98446
3月29日(月)よりToyama Sakuraビル6階に移転します。

第1回カウンセリング講座

 6月8日(火)、富山市体育文化センターにて「第1回カウンセリング講座」を実施しました。富山大学大学院教職実践開発研究科 准教授 石津憲一郎先生が「学校カウンセリングの基本と子ども理解」と題して、講義・演習を行ってくださいました。
 講義の中で、子どもを理解しようとするには「子どもを変えようとしない、分かろうとすること」「子どもの世界に入れてもらう努力をすること」の大切さや「援助ニーズ」を見つけていくことの必要性について教えてくださいました。また、教育相談で子どもにどのように応えていくか、ペアになり演習も行いました。受講生の先生方は自分の担任する子どもの顔一人一人を思い起こしながら研修に参加していました。(担当:研修係)
画像1 画像1 画像2 画像2

第1回 2年次教員研修「授業づくりに関する研修会」

画像1 画像1 画像2 画像2
 6月2日(水)、Toyama Sakuraビルで2年次教員研修会が行われました。開講式の後、東京学芸大学 准教授 大村龍太郎先生より「今求められる授業づくり」についてお話をいただきました。これからの社会を生きる子供たちに必要な資質・能力を育てる授業はどのようなものなのかを、大村先生の授業実践を基に、具体的に教えていただきました。一人一人の受講者が自分自身の授業を振り返り、児童・生徒観や授業観を見つめ直すと共に、具体的な授業づくりのイメージをもつことができる研修となりました。(担当:研修係)

初任者・新規採用教員研修4

画像1 画像1
 5月20日(木)、第4回初任者・新規採用教員研修会を行いました。今回の研修会のテーマは「授業の基礎・基本1(特別の教科 道徳)」でした。前半は「富山市学校教育指導方針」に例示されている教材分析の仕方や発問についての講義を受け、後半はグループで資料をもとに授業案を立て、模擬授業を行いました。受講生たちは、考えた発問を実際に人に聞いてもらうことで、発問の言葉を精選することの大切さを感じていました。また、教師役と子ども役に分かれて模擬授業を行うことで子どもの反応を具体的に学ぶことができていたようです。
 道徳科の授業実践の回数も少ないようなので、今後の授業に生かしてほしいと思います。(担当:研修係)

初任者・新規採用教員研修5

画像1 画像1 画像2 画像2
 6月3日(木)、第5回初任者・新規採用教員研修会を行いました。今回の研修のテーマは「危機管理、学級で行う人間関係づくり」でした。
 前半は、「学校事故の予防と対応」「食物アレルギーの実態と対応」について講義がありました。学校管理下における事故の例から、教員が危機管理意識を高くすることで、多くの事故を防ぐことができることを教えていただきました。また、食物アレルギーについても、エピペントレーナーを使い、いざというときの対処方法について学びました。
 後半の「学級で行う人間関係づくり」では、担当指導主事が担任役、初任者が子ども役となって、構成的グループ・エンカウンターを行いました。実際に子どもの立場になって感じた気持ちを大切にしながら、自分の学級でも実践したいと意欲的な意見を多く聞くことができました。

小学校実験・実技指導者研修会

画像1 画像1 画像2 画像2
6月1日(火)Toyama Sakuraビルで、小学校実験・実技指導者研修会を行いました。8月4日に各小学校や富山市総合体育館を会場として、理科、音楽科、図画工作科、体育科、外国語活動・外国語科の学校実験・実技研修会を実施します。そこで指導してくださる教頭先生、先生方が集まり、研修内容等について話し合いました。
 8月4日の実験・実技研修会では、各教科の実験や実技の指導方法について研修を行います。若手の先生方が学習指導をより効果的に展開するための実験や実技の指導について学び、授業の改善と充実に役立てる研修会となると思います。(担当:研修係)

第1回 3年次教員研修「学級経営に関する研修会」

画像1 画像1
 5月18日(火)、Toyama Sakuraビルで3年次教員研修会を行いました。開講式の後、國學院大學 教授 杉田洋先生より「子どもを育て、集団を育てる学級づくり」についてお話をいただきました。特別活動を有効に行うことで、子どもたちが成長していく姿を、杉田先生の実践事例も交えてたくさん教えていただきました。また、今求められている資質・能力を育てるための教師の役割について、考えさせられる講義でした。特別活動の大切さや教師の役割の重大さを改めて感じ、大変学びの多い研修となりました。(担当:研修係)

令和3年度 教科書展示会の開催について

 教科書展示会を次の通り開催します。

               記

1 開催日時 
  6月1日(火)から6月30日(水)
  ※ 午前9時から午後5時まで。ただし、土曜日、日曜日を除く。
2 開催場所 
  富山市教育センター 研修室・教科書センター
  ※ 富山市新桜町6−15 Toyama Sakuraビル 6階

 来所される方は、マスクの着用をお願いいたします。


  

不登校等の対応に関する研修会

画像1 画像1
5月12日(水)、八尾コミュニティセンターで「不登校等の対応に関する研修会」を実施しました。富山国際大学子ども育成学部教授 村上 満先生をお招きし、不登校等の問題に向き合う教職員の姿勢、考え方について、言葉のおもしろさ等を通して楽しく学ぶことができました。たとえば、「きく」は聞く・聴く・効く・利くなど多くの意味があるといった言葉の多面性を示されたことで、一つの固定された概念だけでなく、様々なものの見方、考え方があることが分かりました。さらに不登校という状態が、見方を変えることで、ネガティブにもポジティブにもなるというダイナミズムを感じることができました。他にも「見方は味方」「ハートディスク」「ひび割れ壺」「リフレ−ミング」「易しさ」等、次々に視点を転換することのおもしろさを味わいながら、受講者自身が関わっている子どもたちに対する具体的な支援方法を考えるきっかけとなったようです。

通級指導教室担当者研修会

画像1 画像1 画像2 画像2
 5月13日(木)、Toyama Sakuraビルで通級指導教室担当者研修会を行いました。前半は、富山県総合教育センター教育相談部 研究主事 瀧川江利香先生に、自立活動の指導について講義・演習を行っていただきました。担当する児童・生徒の情報を収集し、つまづきの要因を考えて、目標や指導内容を設定していくことの必要性を教えていただきました。後半は、グループで自立活動の教材教具を紹介し合ったり保護者や教職員と連携していくことの大切さを確認し合ったりしました。担当する児童生徒の実態を想起し、どのような自立活動を展開していけばよいかを考える貴重な学習の場となりました。(担当:研修係)

1 保護者の皆様への動画☆端末・教育用クラウドサービスを安心・安全に利用するために

 一人一台端末を使った学習についての説明や、注意しなければならないこと、保護者の皆様へのお願いを動画にまとめました。ぜひ、ご覧ください。
 ※G Suite for Educationは、Google Workspace for Educationに改称しました。

 クリックしてください。


2 小・中学生のみなさんへの動画☆パソコンを使うときの10の約束

 学校で配付されたパソコンを使うときの10の約束の動画です。
 クリックして見てください。

3 GIGAスクール構想 Q&A

 一人一台端末導入にかかわる、保護者の皆様に向けた質問回答集です。ご一読ください。クリックしてください。

4 学習系端末及び教育用クラウドサービス利用ガイドライン

 本ガイドラインは、富山市教育ネットワーク利用要領及び富山市立小中学校教育用クラウドサービス利用要領とともに、小中学校等におけるICTを活用した学習活動に必要な学習系端末及び教育用クラウドサービスを利用するにあたって必要な事項を示したものです。

クリックしてご覧ください

5 富山市立小中学校教育用クラウドサービス利用要領

 本市の小中学校等の教育事業に供する教育用クラウドサ ービスの利用に必要な事項を定めるものです。

クリックしてご覧ください

「富山市子どもの村『自然体験』」について

 5月12日(水)、17日(月)に「学校に行きづらい」と感じている児童生徒を対象に、「富山市子どもの村『自然体験』」を実施します。
 なお、本事業においては、参加者が自分の植えたい野菜や花の苗を持参し、一坪農園のような活動を行うことも可能です。詳しくは富山市教育センター教育相談係へお問い合わせください。
 写真は、植物栽培で使用する畑の様子です。
画像1 画像1
画像2 画像2

「富山市子どもの村『自然体験』」について

 5月12日(水)、17日(月)に「学校に行きづらい」と感じている児童生徒を対象に、「富山市子どもの村『自然体験』を実施します。詳しくは富山市教育センター教育相談係へお問い合わせください。
画像1 画像1
画像2 画像2

初任者・新規採用教員研修3

画像1 画像1
 5月6日(木)、第3回初任者・新規採用教員研修会を行いました。今回の研修会のテーマは「学級づくり」でした。学級経営の意義と方法について講義を受けながら、自分の強みや弱みを分析したり、友達の話をしっかり聴く子どもを育てる手立ての体験を行ったりしました。また、グループワークでは、自分の学級や担当している子どもの姿を思い浮かべながら、ジャムボードを活用して意見交換を行いました。子どもの姿を語り合う先生方の表情は生き生きとしていて、互いの取り組みを参考にしたり、悩みを共有したりして実践への意欲につなげていました。
 最後に、「子どもとのかかわり方、保護者との連携」について講義を行いました。保護者と良好な関係を結ぶためにも普段の子どもとのかかわり方を見つめ直すよい機会となったようです。(担当:研修係)

初任者・新規採用教員研修2

画像1 画像1
画像2 画像2
 4月22日(木)、Toyama Sakuraビルで「富山市の教育」「教育関係法規の理解」「接遇の基本」について研修を行いました。受講者は「富山市学校教育指導方針」等の資料をもとに、教育公務員としての在り方について学び、教員としての責任ややりがいを改めて感じていました。また、「接遇について」の演習では、お礼の仕方、電話応対等の動作や言葉遣いについて具体的に学びました。人との信頼関係を構築していくためにマナーは大切であることを知り、今後に生かしていきたいという声が聞かれました。(担当:研修係)

特別支援教育研修会1

画像1 画像1
 4月20日(火)、Toyama Sakuraビルで特別支援教育研修会1を行いました。講師は富山大学 准教授 和田 充紀 先生です。
 受講者の皆さんは、ほとんどが今年度初めて特別支援学級や通級指導教室を担任された先生方です。
 学級の子どもの様子、行動の背景、気持ち、強み、支援の方法をグループで語り合いました。受講者のみなさんが、一人一人を理解し、その子どもに合った方法で、大切に育もうとされていることが伝わってきて、温かい気持ちになりました。
 受講者の皆さんの話を受けて、和田先生が、子どもの特性、気持ち、強み、考えられる工夫という視点から、意味づけをされました。大変分かりやすく、今後の支援に生かすことができると感じました。
 受講者の先生方からは、「同じ仕事や悩みを抱えている方々と話ができて正直ほっとした。このような研修の機会は貴重だと思う」「実際に子どもと向き合い、悩んでいることに対して具体的なアドバイスをいただけて大変勉強になった」などという声が聞かれました。明日からの指導・支援の見通しや、意欲につながる研修会となりました。(担当:研修係)

こどもいじめテレホン相談

 こどものためのいじめ相談専用電話です。
 一番大切なのは、困ったときに一人で苦しまないで、誰かに相談することです。あなたを心配してくれる人、守ってくれる人、大事に思う人がきっとそばにいます。決して一人ではありません。まずは、話を聴かせてください。
画像1 画像1
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
行事予定
6/18 視聴覚機器搬送日
富山市教育センター
〒930−8510
富山県富山市新桜町6−15
 ToyamaSakuraビル6階
TEL(076)431−4404
FAX(076)431−4405