最新更新日:2022/09/28
本日:count up20
昨日:32
総数:121831
新型コロナ感染症の予防をしながら、教育相談や研修を行っています。

2年次教員研修会・初任者研修会【授業研究】

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 9月27日(火)長岡小学校にて、2年次教員研修会・初任者研修会(授業研究)を行いました。22名の先生方が参加し、2年生活科「見つけて!ためして!きょう力して!みんなでつくろう 2−1おもちゃランド」の授業を参観しました。おもちゃランドに1年生を招待し、楽しんでもらうことをめあてに、2年生の子どもたちはおもちゃ作りに取り組んだり遊び方を考えたりしていました。車のタイヤが外れないようにするにはどうすればよいか、粘り強く何度も試したり、解決方法を友達と一緒に考えたりする子どもの姿が見られました。
 授業後の研修会では、子どもの願いに沿った単元構想や実態に合致した手立て、子どもたちのかかわりを促す教師の支援、子どもが夢中になって取り組む場の設定等について、活発に協議を行いました。参加した2年次教員、初任者にとって、大変学びの多い授業を提案していただきました。受講者の先生方は子ども理解に努め、子どもの可能性を引き出す授業をつくっていこうと意欲を新たにしていました。(担当:研修係)

2年次教員、初任者研修会(豊田小学校)

 9月27日(火)豊田小学校にて、2年次教員、初任者研修会(授業研究)を行いました。国語科「ごんぎつね」の授業を参観しました。子どもたちの聞く力が育っており、友達の話からさらに自分の考えを深める姿が見られました。授業者の先生は、今回の授業を迎えるにあたり、授業の中でペアトークを何度も取り入れたり、一人読みの時間を確保したりすることで、子どもたちの成長を感じ取っておられました。子どもと共に成長する若い教師の学ぶ姿が印象的でした。
 今年度より、2年次教員が教科の授業を行い、2年次教員と初任者が一緒にその授業を参観、協議する研修を行っています。事後研では、2年次教員が初任者をリードし、意見をまとめたり、発表したりする頼もしい姿が見られました。(担当:研修係)
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

6年次教職員研修会(教科指導研修会2・閉講式 大泉中学校)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 9月22日(木)大泉中学校にて、6年次教職員研修会(教科指導研修会2・閉講式)を行いました。15名の6年次教職員が参加し、2年社会科「社会の変化と幕府の対策」の授業を参観しました。ネームプレートやグループ学習を活用し、徳川吉宗、田沼意次、松平定信の改革について、自分の考えと仲間の考えを交流させながら、歴史的事象について楽しく学んでいました。指導助言では、東部教育事務所主任指導主事 本多勝志先生から「まとめ」と「振り返り」の違いを意識することや効果的なグループ学習の取り入れ方などお話しいただきました。集合研修は、今回が最後です。今後、「先輩に学ぶ研修」や「校内研修」へのご支援をお願いします。(担当:研修係)

6年次教職員研修会(教科指導研修会2・閉講式 新庄中学校)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 9月21日(水)新庄中学校にて、6年次教職員研修会(教科指導研修会2・閉講式)を行いました。17名の6年次教職員が参加し、2年理科「生物のからだのつくりとはたらき」の授業を参観しました。中学生が自分の考えをしっかりもち、整理し、交流し合うための資料提示とグループ学習の設定、ジャムボードの使い方などについて活発な協議を行うことができました。指導助言では、東部教育事務所指導主事 佐藤寛之先生から本時の授業でのよかったところや今後考えていきたいところ、6年次を迎える教職員としての構えについてお話しいただきました。その後、集合しての6年次研は最後なので「閉講式」を行いました。参加者は6年次教職員としての自覚を強めているようでした。(担当:研修係)

6年次教職員研修会(教科指導研修会2・閉講式 大沢野中学校)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 9月22日(木)大沢野中学校にて、6年次教職員研修会(教科指導研修会2・閉講式)を行いました。13名の小・中学校の先生方が参加し、2年保健体育科「球技 バレーボール」の授業を参観しました。ジャンプしてスパイクし、相手コートにボールを返すということを目標に、生徒たちはグループで熱心に練習に取り組んでいました。テニスボールを用いて練習したり、手本となる動きを撮影し、全員で確認したりするなど、スパイクの技能を高めるための手立てがたくさん準備されていました。
 授業後の研修会では、運動量を確保することやICT等、視覚的支援を取り入れることの大切さ、適切な手立てを講じながらスモールステップで学習を進めていく必要性等について、グループ協議を行いました。受講者の先生方は、小学校での学びの積み重ねが中学校での学習に生きているということを実感し、小・中学校それぞれの子どもたちの学びを大切にしていかなければならないと意欲を新たにしていました。(担当:研修係)

6年次教職員研修会(教科指導研修会2・閉講式 八尾中学校)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
9月21日(水)八尾中学校にて、6年次教職員研修会(教科指導研修会2・閉講式)を行いました。9名の小中学校の先生が参加し、2年英語科「My Future Job」の授業を参観しました。将来、富山と東京どちらに住みたいか、その理由を「It is〜+to構文」を用いて表す学習です。子どもたちはグループになり、分からない単語は自分たちで調べたり、前時の学習を思い起こしたりしながら、富山や東京のよさを考えていました。温かい雰囲気の中、班の仲間で協力し分からないことを教え合う子どもたちの姿に、受講者の先生方は改めて学級経営の大切さを実感したようです。
 授業後の研修会では、ねらいに合致した言語活動を取り入れること、学習内容を定着させるための繰り返しの手立て、効果的なグループ活動等について、活発に協議を行いました。参加した6年次教員にとって、学びの多い貴重な授業を提案していただきました。同期の教員同士が共に学び合うことができ、自身の授業に生かしていこうという意欲を新たにしていました。(担当:研修係)

第5回「富山市子どもの村『自然体験』」について

 10月18日(火)に「学校に行きづらい」と感じている児童生徒を対象に、「富山市子どもの村『自然体験』」を実施します。これまでの活動では、花壇を作り、花や野菜の種を植えました。今回はサツマイモを収穫し、サツマイモチップス等を作って食べる予定です。今回の活動からの参加も大歓迎です。詳しくは富山市教育センター教育相談係へお問い合わせください。
画像1 画像1

第2回カウンセリング講座

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 9月13日(火)、Toyama Sakuraビルにて、第2回カウンセリング講座を実施しました。富山大学大学院教職実践開発研究科 准教授 石津憲一郎先生を講師にお招きし、「チームを生かせる学校教育相談」というテーマでの研修です。前半の講義では、子どもを変えようとするのではなく、分かろうと努力をすること、子どもの強みや支えとなるものを見つけていくこと、学校でチームを組んで子どもを支えていくことなどの大切さを教えていただきました。後半の演習では、事例をもとに、その子どもをチームで支えていくにはどうすればよいかをグループで話し合ったり、相手の気持ちになって理解しようと努めながら聞くペアワークを行ったりしました。
 受講者からは、「自分の子どもとのかかわり方を見つめ直すよい機会になった」「子どもを理解するには日ごろからの対話や関係づくりが大切だと感じた」等の感想が聞かれました。改めて、子ども一人一人に寄り添い、理解していきたいという思いを強くしたようです。(担当:研修係)

第2回「『学校に行きづらい』と感じている子どもたちをサポートしたい!」

第2回「『学校に行きづらい』と感じている子どもたちをサポートしたい!」を行います。前回同様フリートークの時間を10分長く設定します。内容はリーフレットの通りです。これまでに参加された方も是非、気軽にご参加ください。
★これまでの参加者の声★
「子どもへのかかわり方を他の参加者に認めてもらえたことがうれしかった。」
「少人数でのグループトークであったため、話が充実した。」
「気持ちを話せる場がなく、一人で抱えていたが、話をすることで、自分の気持ちが整理できて楽になった。」
「似た境遇の保護者と話をする中で、対応の仕方を知ることができてよかった。」

画像1 画像1

第9回 初任者・新規採用教員研修会

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 8月25日(木)第9回初任者・新規採用教員研修会「授業の基礎・基本3ー総合的な学習の時間についてー」を行いました。まず、先日実施した「市内見学『富山市の魅力発見』」について、各自が発見した富山市の魅力を出し合い、共有する活動を行いました。班活動では、同じ場所で魅力を発見しても、それぞれの見方や感じ方があることに気づき、さらに深く富山市の魅力をとらえていきました。各班でまとめたことを伝え合う場では、どの班も工夫やアイディアを生かして堂々と発表していました。
 この活動において課題設定からまとめまで、先生方自身が体験した一連の過程を振り返ることで、実は自分たちが進めてきたことが総合的な学習の時間において大切にしている探究的な学習と関連していたことを知り、改めて総合的な学習の時間の単元構想、授業づくりについて考える契機となりました。先生方からは、「総合の学習において、課題設定→情報の収集→整理・分析→まとめ・表現という探究の過程を繰り返していくということは、重要な部分だと感じました」「まとめをすることで、先日の市内見学の学びを振り返ることができました。班の先生方と話をする中で自分の学びを深めることができました。今後、子どもたちともこのような活動を通して学びをさらに深めていきたいと思いました」などの声が聞かれました。
 9月以降は、いよいよ授業研究の研修が始まります。授業研究に向けて、子ども理解に努める授業記録のとり方や事後研修会への参加についても学びました。子どもたちのために学び続ける先生方の姿を期待しています。(担当:研修係)

富山市ファミリーパーク動物ふれあい体験活動

 9月22日(木)に「学校に行きづらい」と感じている児童生徒を対象に、富山市ファミリーパーク動物ふれあい体験活動を実施します。動物や自然を身近に感じたり、本事業だけの特別プログラムとしてうさぎとのふれあい(心音を聞く体験、えさやり等)を行ったりすることができます。詳しくは富山市教育センター教育相談係へお問い合わせください。
画像1 画像1

情報モラル教育に関する研修会

画像1 画像1 画像2 画像2
 8月9日(火)、富山大学准教授 長谷川 春生先生をお招きし、Toyama Sakura ビルで「情報モラル教育に関する研修会」を行いました。
 学習指導要領における情報モラル教育に関する取扱いや様々な実践事例を通して、小学校段階から情報モラル指導を行う必要があることや、情報モラルにおいて「知っている・できる」から「分かる」「使える」へと適切に行動できる子どもを育てていくための授業を工夫することの大切さについて学ぶことができました。
 受講者からは、「情報モラルについて、どのように指導していけばよいか、大切なことは何かが分かった」「他の学校の実態や取り組み等について聞いたり、今後の指導について一緒に考えたりすることができ、有意義な時間だった」などの感想が寄せられました。
 今後の実践に前向きに取り組む意欲につながる研修となりました。

情報活用能力育成研修会 8月5日開催

画像1 画像1 画像2 画像2
 8月5日(金)、信州大学准教授 佐藤 和紀先生をお招きし、Toyama Sakura ビルで「情報活用能力育成研修会」を行いました。
 端末の活用に関する事例を挙げながら、教員が端末に慣れ、感覚をつかむために、校務でも授業と同じアプリケーションを使っていくことの必要性について教えていただきました。また、端末が子どもの学びを支えていることや、子ども一人一人の力に応じた子どもを大切にした授業づくりが求められていることなども教えていただきました。
 受講者からは、「校務での端末を用いた実践が重要なことに気づくことができた」「ICTの活用を積極的に行い、感覚的に触れられる環境を整えていきたいと思った」「情報活用だけでなく、その基盤となる学び方についても理解を深めることができた」などの感想が寄せられました。
 本研修の実践発表を1月に予定しています。「校務の効率化」と「子どもの学びを支える授業での活用」をテーマに2学期に行う実践では、受講者の創意工夫と今回の研修が生かされることを期待しています。

ICT活用・授業力UP研修会

画像1 画像1 画像2 画像2
 8月2日(火)、東京学芸大学教授 高橋 純先生をお招きし、Toyama Sakura ビルで「ICT活用・授業力UP研修会」を行いました。
 Gmailやチャット、カレンダーといったGoogleアプリを使った演習を通して、基本的な使い方から他のアプリと関連させた使い方まで分かりやすく教えていただきました。また、授業づくりにおいては、ハウツーではなく「子ども一人一人を主語にする」とはどういうことかを考えて、日ごろの授業を見直していく必要があることや、問題解決の学習過程を子ども自身が回していくことができるようにすることなど、学び方を学んだ子どもたちが自分で学べるようにするという、今求められている授業づくりの本質について教えていただきました。
 受講者からは、「ICTを使うことでスムーズに校務を進めることができ、それによってよりよい授業づくりができると思った」「一人一人の子どもを主語にするという考え方を大切にして授業を考えていこうと強く思った」などの感想が寄せられました。
 学んだことを今後の校務や授業での端末活用に生かしてほしいと思います。

「特別の教科 道徳」指導に関する研修会

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
8月9日(火)午後、4年次の教員と選択・希望した教員74名が参加し「『特別の教科 道徳』指導に関する研修会」を行いました。金沢工業大学教授の白木みどり教授による講義「『特別の教科 道徳』の意義と授業づくり −考え、議論する道徳の授業づくり−」と演習「教材分析と発問づくり」を行いました。講義では、現代社会に生きる子どもたちにとっての学校教育における道徳が担っている役割や重要性を再認識し、そのための授業のあり方を考えました。演習では、実際の教材文について共同で教材の構造について考え、議論し整理しました。演習終盤には、一時間の授業の立ち止まる箇所、主要な発問、板書の構想などが各班ごとに整理されていました。その熱心に考え、議論する姿から改めて読み物教材のもつ魅力の大きさが感じられました。2学期からも教材分析を楽しみ、道徳科の授業の充実に向けて多くの実践が積み上げられることを期待します。

校内研修支援事業

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
8月10日(水)柳町小学校にて、「学級経営を行う際に大切なこと」「構成的グループエンカウンターを生かした学級づくり」をテーマに校内研修支援を行いました。
 はじめに、講義・演習を行い、その後、先生方がリーダーとなりグループエンカウンターを行いました。研修後の振り返りでは、「学級目標を振り返るよい機会となりました。また、実際にエクササイズを行うことで、学級でもすぐに実践したくなりました。新学期の人間関係づくりに役立てたいです」「エンカウンターを実際に行ってみることで、2学期ぜひやってみようと思いました。エンカウンターを取り入れながら一人一人居場所のある温かい学級づくりに努めていきたいです」など様々なご意見をいただきました。(担当:研修係)

小・中学校教頭研修会

画像1 画像1 画像2 画像2
 8月8日(月)、Toyama Sakuraビルにて、「一人1台端末を活用した校務の効率化」をテーマに研修会を行いました。前半は、Google for Education 市場開発部/顧客戦略部の長谷川藍子様を講師にお招きし、「Google Workspace for Educationの活用」について学びました。講義を受けて、後半はグループ別協議を行いました。
 受講者の教頭先生方からは、「管理職として、ICT活用の長期的な視点とともに、すぐに使える技をたくさん学ぶことができ、役立つ研修だった」「夏季休業中という準備に適した時期のタイムリーな研修であり、一人1台端末を多いに活用してみたいと強く思った」といった感想が聞かれました。教頭先生方が、本市における校務での端末の活用を推進する力となっていただけることを願っています。

第8回 初任者・新規採用教員研修会

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 8月4日(木)第8回初任者・新規採用教員研修会「市内見学ー富山市の魅力発見ー」を行いました。今回のねらいは、「富山市の特色である公共交通を活用して市内見学や施設見学を行い、富山市の魅力に触れ、理解を深めること」「班の先生方との絆を深めること」でした。先生方はこれまで、各班のテーマのもと、互いにアイディアを出し合って計画・準備を進めてきました。自分の目で見ることや体験することを通して、改めて富山市の魅力を実感したようでした。また、当日の天候が雨だったことで、安全を最優先に考えて活動を進めることの大切さも学びました。先生方は、「富山市について今まで知らなかったことを学ぶよい機会になりました。子どもたちにも伝えていきたいです」「校外学習には事前準備が大切だと改めて実感しました。あらゆる可能性を想定して、それに備えて準備をすることで、余裕のある校外学習にすることができると感じました」など、研修での学びを振り返っていました。この経験が今後の教育活動に生かされていくことを期待しています。(担当:研修係)

幼児教育から学ぶ講演会

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 8月8日(月)、Toyama Sakuraビルにて、富山国際大学 准教授 本江理子先生を講師にお招きし、「幼児教育から学ぶ講演会」を行いました。小学校、幼稚園、保育所等の先生方が「保育を再考する−子供にとって本当に大切なこととは何か−」をテーマに、子どもの主体性や今自分ができること等について学び合いました。
 受講者の先生方からは、「自分の保育観や当たり前だと思っていたことを改めて見直す機会になった」「主体性を尊重し、一人一人の資質を認めていきたい」「今後、子供にとっての幸せとは何かを職場で語り合いたい」といった感想が聞かれました。明日からの保育に生かしていきたいという意欲とエネルギーが高まる研修となりました。(担当:研修係)

校内研修支援事業

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 8月2日(火)山室中部小学校にて、「主体性のある子どもの育成に向けて−問題解決的な学習−」をテーマに、校内研修支援を行いました。
 はじめに、問題解決的な学習において、子どもが問い(問題)をもつ場面、学び合いの場面、振り返りの場面から、教師の支援や働きかけについて講義を行いました。その後、学年に分かれて2学期に取り組んでみたい問題解決的な学習のアイディアを出し合い、年間指導計画を見ながら教科横断的な取り上げ方について演習を行いました。研修後の振り返りでは、「問題解決的な学習は難しいイメージがありましたが、子どもの反応を考えながら、どんな教科と関わりがあるのかを考えていくことが楽しかったです。正解がないことに対していろいろな意見や考えをもち、話し合ったり、表現したりすることは、子どもにとってとても楽しいことなので、積極的に取り入れていきたいと思いました」「子どもが学びたいと思うテーマや課題を設定するために、子どもの実態や経験、他教科との関連を意識していくことが大切だと思いました」など、様々なご意見をいただきました。(担当:研修係)

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
富山市教育センター
〒930−8510
富山県富山市新桜町6−15
 ToyamaSakuraビル6階
TEL(076)431−4404
FAX(076)431−4405