最新更新日:2018/11/13
本日:count up29
昨日:83
総数:376697
平成30年11月17日(土) 授業力アップわくわくセミナー in 広島 開催決定!

名古屋市にある同朋高等学校で模擬授業

本日、名古屋市にある私立同朋高等学校において5校時、6校時と続けて2本の模擬授業をしました。

タイトルが教育分野についての模擬授業でしたので、教師への道と授業づくりについてお話しました。
具体的な教材を通して話しました。

学年主任の先生ともうひとかたの先生のノリがよくてとても助かりました。
ありがとうございました。

正解ばかり答えようとする

10/24 今日のひとこと

講演で講師の私から質問を投げかけることがある。
個別にマイクを向けると、その人は詰まってしまう。

これはなぜか。

これまでの授業の習慣として正解ばかりを求められてきたからである。

誤答を言うと恥ずかしい、また先生に迷惑をかけるという気持ちが生じているからである。
私の質問は、答えは1つだと限らない。いろいろあってよい。それらに対して応答できる自信がある。
人生に正解は1つとは限らない。いろいろな選択肢のなかで判断することが正しい解である。
授業での応答でキャパを広げていこう。


未来へ

10/24 今日のひとこと
過去のイメージと行動が、現在を作っている。

だとすると、よりよい未来のためには、・・・。

未来のイメージを変えて、現在の行動をより確かなものへと歩むことである。

これが「そうぞう」の理である。

余韻とつぎ

10/22 今日のひこと

まだ、昨日の講演会の余韻が残っている。

講演後、すぐ私のところにかけつけられた女性がいる。

感動の声であった。

ありがたいことである。

ただし、この後すぐに大きなイベントがある。

さあ、準備だあ。

豊田かとれあ会で講演


本日、豊田かとれあ会主催で「志水 廣の講演会」が開かれました。

豊田市福祉センターにおいてお話しました。

参加者は幅広い年代の層が集まり200名でした。20代、30代の層が多かったと思います。とても明るい雰囲気でした。

講演題目は、「運をもたらす宇宙貯金」でした。

これまでの話よりもバージョンアップして、お話しました。

終了後、みなさんが元気になって笑顔に溢れていました。

参加者のみなさんが、今後、宇宙貯金が貯まることは間違いないです。

講演資料
http://www.schoolweb.ne.jp/weblog/files/2370003...


講演会

10/21 今日のひとこと

今日は日曜日。講演会がある。

さあ、はりきって話すぞ。

みなさんが明るい希望を抱くように。

今日

10/20 今日のひとこと

「明日、やろう」は 今日やらないということ。

今日やる人は、明日もやる人。

だから、今日やる人のほうが未来を変える力がある。

もっと言えば、今やるのです。

瞬間にこそ、命が躍動しているのです。

常に、今やるのですよ。

数字の力

10/19 今日のひとこと
数字の力は大きい。

指標の数値が1ポイントでも上がると、元気が出る。

努力してその数値をたたき出すと、さらに元気が出る。

反対に下がるとガクンとなる。

つまり、数字はパワーである。

だからこそ、数字にこだわるとよい。

変化がでにくいものであれば、1ポイントの代わりに0.1ポイントきざみで指標を取ればよい。
もっと言えば、0.01ポイントでもよい。

これだけパワーを持っているのだから数字を利用したい。

音声「悠・愉」第120回を配信します。

授業力アップわくわくクラブ会員のみなさまへ

こんにちは。

音声「悠・愉」第120回を配信します。

今回も引き続き「キャリア教育3」について志水先生にお話していただきました。

どうぞお聞きください。

              授業力アップわくわくクラブ  志水廣・近藤雅子

好意

10/18 今日のひとこと

人は、自分に関心をもってくれた相手に好意を抱く。

だから、好かれようと思ったら関心をもっていることを伝えればよい。

好意を抱く行為で人間関係がスタートする。

10/17 夜の志談会 ○付けの効果

本日、夜の志談会を行いました。

話題 マクドナルドにおける人材育成

   学級集団の育成について

本日、参加されたH先生が教育実習生のことで報告がありました。

「実習生が算数の授業をしましたが、子どもの挙手が少なかったのです。それで、○付け法をお薦めしました。次の算数の授業では、実習生が〇つけをしました。すると、たくさんの子どもが挙手したのです。」

実習生でも〇つけすれば、子どもは安心して挙手するのです。
嬉しい報告でした。


おっくう

10/17 今日のひとこと
下手な人は上手な人から学ぼうとしない。

真似ようとしない。

なぜなんだろう。

頑固だから。

変化を好まないから。

要するに、おっくうなの。

変える勇気が必要なんだね。

ちよっとずつ変えようという勇気をだそう。

レベルにあわせた授業

10/16 今日のひとこと
発達の最近接領域という見方がある。

ようするに、人それぞれの伸びしろのことである。

授業は、目の前の子どもの伸びしろを考えて仕組むことである。

どんどんできる子ども達とゆっくりしか進めない子ども達では、授業の内容と進度は当然変えるべきである。
子ども達が本気になったとき、そのときが伸びしろに合った授業である。

教師が自分が教えやすいというレベルを超えて、目の前の子どもにあわせたレベルを授業前に予想すること、本番の授業でも合わせて行くことである。

このことが一番難しい。でも、そうありたいのである。

受け止め方

10/15 今日のひとこと

いい話を聴いても、それは他の人のことと思っている人がいる。

それでは、自分改革にはならない。

「これは、私のことだ!」と、この話は我が事だと思えると人は変わり始める。

他の人のことと思うのは、他に責任転嫁していること。

自分のことと思うのは、自己責任だと思う人。

自己責任だからこそ、自分を変えれば状況は変わるのである。

変わらないあの人がいけないのだと思っている限りは・・・。

第5回 志水廣のユニバーサルデザイン学習会in愛知教育大学 報告4 反響

第5回 志水廣のユニバーサルデザイン学習会in愛知教育大学 報告4 反響

昨日の学習会では○付け法を講演と演習を行いました。
その反響として、以下のメールが届きました。紹介させていただきます。

「昨日は学習会での情熱的なご指導をありがとうございました。「○つけ法」の意義や奥深さを体感することができ、大きな刺激と学びをいただきました。

 私は算数の少人数指導を担当しているのですが、今日早速、17名の子どもたちを相手に「○つけ法」を試してみました。目線を合わせ笑顔を絶やさず、スピード感を意識して、一人一人の子どもの反応を楽しませていただきました。本日だけでも子どもたちとの距離感が縮まったような感じがしましたし、個々の取組状況の把握が自然と進みました。

                     S先生より」

また、別のメールです。
「昨日は学習会に参加させていただき、ありがとうございました。教えていただいた「〇つけ法」を、今日27名に対してチャレンジしてみました。割り算のひっ算一問だったのですが、5分もかかってしまいました。時間がかかりすぎるなら、やめたほうがいいという話もありましたが、継続していこうと思います。

 11月29日の主題全体授業でも、「〇つけ法」を取り入れていく予定です。今後ともご指導をよろしくお願いします。   N先生より」




算数科授業力アップわくわくセミナーin広島のご案内

算数科授業力アップわくわくセミナーin広島のご案内


秋晴の候。皆様におかれましては,ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて,算数科授業力アップわくわくセミナーin広島を開催します。志水メソッドを生かした授業理論とその習得のための演習を中心に行います。今回は,児童の思考を見取り,自己肯定感を高める○つけ法をテーマに学習します。児童の自力解決の予想,机間指導での見取り,一斉指導への生かし方などを研修します。
授業力を向上させたいと思われている皆様,是非ご参加ください。

1 日 時  平成30年11月17日(土)10時00分受付
2 会 場 桜丘公民館
       福山市奈良津町一丁目9−21 TEL 084-924-2584
3 講 師  愛知教育大学教職大学院名誉教授 志水 廣先生
4 主 催 志水塾広島大会実行委員会
5 定 員  30名(定員になり次第,締め切ります)
6 日 程
  10:00〜10:20 受付
 10:20〜10:30 開会行事
10:30〜11:30 講演「自己肯定感を高め,学ぶ意欲を育てる○つけ法」
愛知教育大学教職大学院名誉教授 志水 廣先生
  11:30〜12:00 演習「○つけ法に向けての教材研究」
13:00〜15:00 演習「4年生分数 ○つけ法」
  15:10〜16:00 講評:愛知教育大学教職大学院名誉教授 志水 廣先生
  16:00〜16:05 閉会行事
7 参加費  3000円  当日受付で,お支払いください。

申し込み先など、詳細はこちら
http://www.schoolweb.ne.jp/weblog/files/2370003...

○付け法の本質的意味 第5回 志水廣先生のユニバーサルデザイン学習会 in愛知教育大学 3

第5回 志水廣先生のユニバーサルデザイン学習会 in愛知教育大学 3

さて、○付け法はなぜ効果があるのか。
それは、子どもを真剣に「みる」からです。
「みる」には、上のような漢字があてはまります。
それぞれに意味があります。
これらの意味をこめて教師は子どもを「みる」のです。
すると、子どもは「みられている」ことを自覚して安心して取り組めます。そして、教師を好きになります。

あなたはどの「みる」を意識していますか。

第5回 志水廣先生のユニバーサルデザイン学習会 in愛知教育大学 2



第5回 志水廣先生のユニバーサルデザイン学習会 in愛知教育大学 2

この学習会には、豊川市立八南小学校からは教頭先生をはじめとして8名の参加者がありました。
この学校のエネルギーの高さは素晴らしいものがあります。
きっと○付け法でさらにバージョンアップすることでしょう。

八南小学校のA先生から参加報告のメールが届きました。「学校通信」です。
許可を得ましたので、ここに転載させていただきます。

http://www.schoolweb.ne.jp/weblog/files/2370003...

「現在、教室で多くの先生が赤ペンをもって○付けをしながら机間指導をしてくださっています。昨日の研修では、「なぜ丸を付けるだけで、どの子もできるようになるのか、崩壊していた学級が安定してくるのか…」などのお話の後、○付けの実習もしました。・・・」

第5回 志水廣先生のユニバーサルデザイン学習会 in愛知教育大学



第5回志水 廣先生のユニバーサルデザイン学習会in愛知教育大学

9月 日に予定していたユニバーサルデザイン学習会でしたが、昨日10月14日の午後に開催することができました。参加者は19名でした。

志水は、久しぶりに○付け法の講演をしました。あらためて○付け法の講演のレジュメを作り直しました。○付け法の技術だけに偏るのではなくて、
(1)部分肯定の精神、
(2)全員に〇をつけること、
(3)机間指導方式の意義について
確認することができました。

○付け法で子どもの確認と見届けができ、その結果、親からの信頼を受け取ることができます。たった3分間の○付けですが、効果は大きいのです。

奥田先生の講演は志水の授業の分析と学級崩壊を防ぐ手立てについて話されました。
1つ1つのフリップの意味は大きいものがありました。


2つの講演が参加の皆さんの今後の実践に役立つこと間違いないです。
期待しております。
やる気のみえる空気感がただよっていました。
ありがとうございました。


志水廣の講演パワーポイント 「○付け法でどの子も『わかる・できる』ようになる」

http://www.schoolweb.ne.jp/weblog/files/2370003...

奥田正継ぐの講演 「志水式授業方式から解明する学級崩壊を防ぐ授業の組み立て」
http://www.schoolweb.ne.jp/weblog/files/2370003...

変更したら

10/13 今日のひとこと
これは大事な物だと場所を変更してしまった(片付けた)。

すると、今度は、しまった場所を忘れてしまった。

しまった、しまった!!

しまうと、しまった。close。
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

配布物