最新更新日:2017/09/21
本日:count up19
昨日:75
総数:350922

愛知県一宮市「わかる・できる」学習会1



8/27 愛知県一宮市「わかる・できる」学習会が本日、開催されました。

志水塾一宮大会から数えて15回目となります。今回で、1つのけじめの会となりました。
よく15年間も自主的な研修会が続けてこられたと思います。基盤は一宮市の数学研究会のメンバーです。なかでも、酒井直樹先生がリーダーシップとり、やってきました。

一宮のすごいところは、毎年、研修会の内容をリフレッシュしていることです。常によりよいものへと目指しているのです。
おかげさまで、スタッフは育ってきました。これも長年の積み上げのたまものです。
ありがとうございました。

今回参加された先生の意識はとても高いものがありました。一日、理論と演習をみっちりやりました。参加した先生のさらなる前進を願っております。

講演資料1 初任者向け 授業づくりの基礎
http://www.schoolweb.ne.jp/weblog/files/2370003...

講演資料2 学び続ける教師http://www.schoolweb.ne.jp/weblog/files/2370003...


第55回愛知数学教育研究会総会・研究会 講演&助言

本日、8月26日、第55回愛知数学教育研究会総会・研究会が江南市の文化会館で開催されました。総会、講演会、分科会がありました。

志水は、講演と分科会の助言を行いました。


新ネタでとても楽しく講演ができました。
また、分科会の発表では、とても面白い発表でした。
写真は、分科会の発表者です。卒業生が活躍していることに感謝している。

助言の方も気がついたらミニ講演となっていました。助言が終わり休憩に入ると発表者がやってきてもっと助言してくださいというので熱くかつまた親切に指導しました。

講演レジュメ
http://www.schoolweb.ne.jp/weblog/files/2370003...


本日も知立西小学校を訪問


8/25 昨日に引き続き、研究発表会の模擬授業のために愛知県知立市立知立西小学校を訪問しました。

本日は、国語の模擬授業でした。

3年の「ライオンとサーカス」、2年の「お話づくり」の2本を模擬授業をしました。

今日もパワー溢れる教員集団で活発な建設的な意見が飛び交いました。

コーディネーターとして身の引き締まる感覚がありました。

そのおかげで、とても有益な気づきがたくさんありました。

本番の研究発表会が楽しみです。

第60回 音声「悠・愉」を配信します。

授業力アップわくわくクラブ会員のみなさまへ

こんにちは。

第60回 音声「悠・愉」を配信します。

今回は、「気を溢れさせるために」をテーマに志水先生にお話していただきました。

どうぞお聞きください。

 授業力アップわくわくクラブ 

 志水廣・近藤雅子

愛知県西春日井地区算数数学サークル懇親会

西春日井地区の算数数学サークルの夏季懇親会があり招かれました。

数学のことを語り合いました。

写真は、最新刊の本を抽選で当たった先生です。

運がいいので、しっかり学んでいただきます。

知立西小学校で模擬授業の指導

8/24 愛知県知立市立知立西小学校で研究発表会に向けて模擬授業を行いました。

模擬授業の準備は万端でした。

先生がたの高い意識で授業内容が深まりました。
楽しみです。
本日は、算数が2本。明日は、国語が2本です。

分福

8/23 今日のひとこと

分福で生きる心豊かな毎日。

福とは、知の福、心の福、体の福。

あなたはどんな福を着ていますか。

愛知県一宮市立富士小学校訪問



8/22 一宮市立富士小学校を落合康子先生とともに訪問しました。
夏季研修会で、講演とミニ指導案の演習をしました。

3時間の研修会でしたが、協働的対話的で深い学びができました。
ありがとうございました。



大分県別府



8月19日、20日と、授業力アップわくわくクラブ福岡支部の皆さんと、大分県別府温泉へ団体旅行に出かけました。

京都からも中村先生も合流してわいわいがやがやと楽しい旅行でした。

数年前に湯布院に行きましたがそれ以来のことです。

別府は良いところだと認識しました。心地良い疲れです。さあ、今日から夏季の後半を頑張ります。

知立南小学校

愛知県知立市知立南小学校の職員がわくわくクラブの事務所を訪問されました。
9月の学校に向けての6年と1年の算数の教材研究でした。

いろいろと審議するなか、よいアイデアがでるものです。
ありがとうございました。


豊田市立矢並小学校訪問



愛知県豊田市立矢並小学校を訪問しました。

現職教育です。

内容1 講話 算数授業のユニバーサルデザイン 矢並小学校ver。

内容2 意味づけ復唱法のコア図の書き方 演習

みなさんとても熱心で踏み込んで話すことができました。

熊谷めぐみ校長先生と初めてお会いしましたが、「愛」と「心」を大切にするということ

で大いに盛り上がりました。とても温かい気分にさせていただきました。

職員の皆さんが、事前に日高久視教務主任が資料「志水 廣先生に学ぶ会」を作ってくだ

さり、私のことを予習していました。

また、第二部では、職員の皆さんは、コア図を事前に作成されていましたので、教材研究

もスムーズでした。すごいことです。

ありがとうございました。



ホップステップジャンプ

8/19 今日のひとこと
昨日は、朝、訪問者、夕方会食、そして、深夜ネットでメールをみたら良い知らせ(まだ内緒)。

ホップステップジャンプと三段飛びでした。

ついています。ありがとうございます。

小倉に来ています

名古屋を夕方の飛行機でたち、北九州空港につきました、

小倉駅の近くに来ています。

到着してから、野々上さん夫妻と夕食を共にしました。

結婚記念日だとか。おめでとうございます。

奥様とは初対面ですが、とても楽しく会話できました。


日本食育協会から

日本食育協会の望月さん、吉武さん、近藤さんが事務所に来られました。

食育のことで話しが盛り上がりました。


人生は出会い算

8/18 今日のひとこと
人生は出会い算。

人と人があるときある場所でばったり出会う。
当人どうしは出会うことなど予想だにしない。

出会うことがわかっているのは宇宙である。
宇宙から見れば、もうすぐ出会いそうだな。ああ、出会ったな。
さあ、その出会いをどうするかな。と宇宙は思っているのかもしれない。

出会わせるのは宇宙の仕業かも、
だとしたら、宇宙はなぜ出会いをしかけたのか。
そのミッションは何か。
こうやって考えて生きると、宇宙の道は未知だけれど、一歩でも宇宙の意志に沿う生き方になるだろう。


第59回 音声「悠・愉」を配信します。

授業力アップわくわくクラブ会員のみなさまへ

こんにちは。

第59回 音声「悠・愉」を配信します。

今回は、「日本数学教育学会 和歌山大会への旅路」について志水先生にお話していただきました。

どうぞお聞きください。


授業力アップわくわくクラブ 

 志水廣・近藤雅子

やっぱりUD

8/17 今日のひとこと
自宅の部屋には張り紙をしている。

「全国に困っている教師、子どもがいる。その人達を元気づけるために行動します。」

だから、「どの教師も」、「どの子ども」もを対象に行動している。
ユニバーサルデザインなんだよね。

アクティブ・ラーニングティブ・ラーニングだってユニバーサルデザインがもと。
一部の子どものためのアクティブ・ラーニングではだめ。
どの子にも主体的・対話的で深い学びを保証したい。

自由人を操るプロ

8/16 今日のひとこと
わくわくクラブの近くにハイウェイオアシスというSAがある。
温泉があるのでときどき行く。

そこに五右衛門風呂の形をした大理石のお風呂がある。
親子3人で入っていたのを見た。
すると、小学生くらいの子は、段の上から入るべき所を全く違う場所から乗り入った。確かに入ることはできるが、まさかという感覚である。
子どもには、既成のルールを守るという意識がない。
全く発想が自由なのである。

入ったかと思うと5秒もしないで出て行き、あっというまに30m先の湯船に行ってしまった。
この子どもたちの意志や意識をとらえて授業するのだから、教師はプロ職人である。

刈谷ハイウェイオアシス
http://www.kariya-oasis.com/map.html

ピコ太郎

8/15 今日のひとこと
閃きは一瞬のうちに起きる。

その一瞬までに長い長い蓄積の期間がある。

試行錯誤の連続で「知識・知恵」が財産となって蓄えられる。

そこから、ある知識とある知識が融合する。まるでピコ太郎のようだ。

真剣身が自分を変える

ある研修会で次のような質問があった。

ここで、書画カメラを使おうと思いますがどうでしょうか。
教室にあるテレビは40インチ、これで教室の後方まで見えるわけがない。
ユニバーサルデザインの研究をしているのに、自分でこれまでどんなことを視覚化してき
たのか、あきれ果てた。
その場では私は答えは言わずに、「自分で実践してみてから言いなさい。
また、研究授業だけを頑張ろうという気持ちでは乗り切れないよ。
それまでの学級づくり、授業づくり、児童づくりが問われているのだ。」とも話した。

真剣に子どもに対峙したときに真剣な悩みが生まれる。だからこそ悩みの解消に向けて
がんばれるのだ。真剣に悩み、教師の問いが生まれ、そして解決策が閃く。そして、実践。その実践が正解のときもあればだめな時もある。でも、教師だから考え続けるのだ。

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

配布物