最新更新日:2017/11/23
本日:count up39
昨日:60
総数:355034

第69回 音声「悠・愉」を配信します。

授業力アップわくわくクラブ会員のみなさまへ

こんにちは。

第69回 音声「悠・愉」を配信します。

今回は、九州女子大学 特任教授の佐方はるみ先生にインタビューしました。

学校経営と特別活動についてお話していただきました。

どうぞお聞きください。

  授業力アップわくわくクラブ

  志水 廣・近藤雅子

生きること

10/27 今日のひとこと

精一杯、生きているね。

写真は、ベランダに咲いた朝撮りの朝顔である。

枝や葉は枯れつつある。

そんな中で精一杯生きている。

すごいことだよね。

「しかく」化

10/26 今日のひとこと

視覚化は、見えないものを見えるようにすることである。

しかし、全く、見えなかった場合はどういうのだろうか。

それも「しかくか」である。

つまり、死角化である。


知立西小学校研究発表会 報告3

知立西小学校研究発表会 報告3

研究指導するにあたって何回も大学の研究室、授業力アップわくわくクラブの事務所に三浦校長先生、神谷教務主任をはじめとして毎回6名ほどが来室された。
だから、密度の濃い指導ができた。

「かかわり合い」が教育手段に終わらずに、「知」の発見、「心」の創造を目指した授業づくりになるように共に考えてきた。

この「かかわり合い」の研究テーマは流行だから取り入れたのではなくて、現在の子どもの実態から発生したものである。継続的な指導によって自信のある子どもたちを見ることができた。ありがとうございました。

地元 知立市の紹介
http://www.city.chiryu.aichi.jp/kanko_bunka_spo...

知立西小学校の研究発表会 報告1



愛知県知立市立知立西小学校の研究発表会が昨日10月25日に開催された。知立市の研究委嘱をうけての会であった。
2年と半年にわたってかかわってきた。
研究テーマは、「自分の思いや考えを表現できる子を目指して〜他者とのかかわり合いを通して〜」である。

はじめは教科を絞らずにいたが、その後、国語科と算数科の2教科に絞った。
三浦校長先生によれば授業づくりという観点で志水にお願いしようと思ったそうである。
志水にとっては、国語科も指導することになり、毎回勉強になった。

そして、今回の発表に至ったわけであるが、昨日の発表会では子どものパワーはすごいものがあった。かかわり合いを重視した授業展開で深い学びが実現できたと思う。
我が事ように喜びだい。

講演プレゼン資料
http://www.schoolweb.ne.jp/weblog/files/2370003...


知立西小学校の研究発表会 報告2



知立西小学校の研究発表会 報告2

一文字違い

10/24 今日のひとこと
あなたは、どちら。

いかしているひと。

いかれているひと。

「し」と「れ」で大違い。

自ら学び始めると

10/23 今日のひとこと
自ら学び始めると、失敗ばかり。
なぜなら、自分流に行動してしまうから。

でも、失敗していくうちに改善したくなる。
試行錯誤を繰り返して、少しずつ良くなる。
また、他の人に助言を求めて、その助言を取り入れて
良くなっていく。
時間はかかるけれど、こういう歩みは着実である。

写真は、福岡県福智町の産物で赤池梨です。
大きい実です。高さが12cmあります。美味しいです。

福智町
http://www.town.fukuchi.lg.jp/kankou/index.html

生きる力とは

10/22 今日のひとこと
生きる力とは、失敗から立ち直ることができる力のことである。

失敗したとき、立ち直るためにドンマイという「心の力」と、考え抜く「知の力」のことである。

九州女子大学で講演

10月21日(土)、福岡県北九州市の折尾にある九州女子大学に呼ばれて講演しました。
対象は、1年生の幼稚園・保育科の学生と4年生の教育学科の学生でした。

特任教授の佐方はるみ先生のお招きで実現したものです。
80分間、幼児の算数・小学校の算数について話しました。
佐方先生とは5年ほど前に門司中央小学校の校長先生であられて、お会いして続いているものです。授業力アップわくわくクラブ発行のメールブック「悠・愉」にも連載していただいておりました。

学生さんたちはとても熱心に聴いてくださいました。
ありがとうございました。


刈谷市立双葉小学校研究発表会3 講演

刈谷市立双葉小学校研究発表会3 講演

算数科の講演をしました。演題は「算数科:深い学びを目指すユニバーサルデザイン」でした。

45分程度の時間なので焦点を絞って話すことができました。

刈谷市立双葉小学校研究発表会2



福岡から帰ってきました。台風の影響なのか飛行機はかなり揺れました。
さて、刈谷の双葉小学校の報告2です。

上段の写真は、授業の手順を見せています。ユニバーサルデザインの手立ての1つです。

中段の写真は、授業の中で算数の言葉で大事なキーワードを抜き出して掲示したものです。言葉のバンクなので「算数ことばんく」と名付けました。

下段の写真は、子どもの発表物です。A3サイズのクリアファイルです。

福岡より

夕方、研究発表会が終わり、飛行機で福岡に入りました。
明日は女子大学で講演です。
充実していて楽しいです。

愛知県刈谷市立双葉小学校研究発表会



本日、愛知県刈谷市立双葉小学校の研究発表会がありました。ユニバーサルデザインが研究テーマでした。
生活科、理科、国語科、算数科の4教科について研究授業と発表がなされました。
算数を中心に参観しましたが、どの教室もはつらつとしていました。
研究発表会で力を発揮できるのは本物です。
よく頑張りました。
指導にかかわった私としてはとても嬉しかった。

第68回 音声「悠・愉」を配信します。

授業力アップわくわくクラブ会員のみなさまへ

こんにちは。

第68回 音声「悠・愉」を配信します。

今回は「品」について志水先生にお話していただきました。

どうぞお聞きください。

  授業力アップわくわくクラブ

  志水 廣・近藤雅子

必要・必然ととらえると

10/20 今日のひとこと
物事は必要で必然なことしか起きない。
偶然のように見えて偶然ではない。

この必要・必然だったと気がつくのは、数年後、数十年後のこともある。
だから、目の前に起きる出来事に右往左往しつつも必要で必然なんだと思えば、心が落ち着く。

増刷のお知らせ 「出愛いの記」 明日は我が身

ある小学校を訪問したとき、校長先生が「学級崩壊はいつも危険性があります。明日は我が身と危機意識をもっています」と話されました。
50代後半に学級崩壊を経験して立ち直った著者だからこそ語ることができる真実の告白です。あなたに勇気をもたらす本です。


増刷のお知らせ 「出愛いの記」

昨年発行して、絶版となっておりました「出愛いの記」(授業力アップわくわくクラブ)が増刷となり、本日入荷しました。

著者 志水 廣・鷲尾操子
書名 「出愛いの記−学級崩壊時の子どもの心」(第2刷り)
編集 授業力アップわくわくクラブ
定価 1000円+税
販売先 愛知教育大学生協書籍部


問い合わせ先 愛知教育大学生協書籍部
   TEL:0566−36−5184
    FAX:0566−36−5465
    注文はこちら
    http://www.auecoop.jp/teacher/

福岡県福智町立伊方小学校訪問

18日、福智町の研修事業として伊方小学校を訪問しました。

午後は、示範授業と講演会でした。とても元気な子ども達と出会い対話的な授業をつくることができました。
ありがとうございました。

午前は、3人の先生の授業診断をしました。
とても楽しそうに勉強に取り組んでいました。

教育委員の方からエネルギーのある授業でしたと評価され、とても嬉しく思いました。デザイナーの方でしたが、共通するものがあったのだと思います。

ステキな授業

10/17 今日のひとこと
ステキな授業は、子どもも輝き、教師も輝く。

ステキな発言、声がいっぱい。

わかるときの喜びの声、
わからないときの苦悩の声、
いずれも心地よい響きを奏でる。

まるでオーケストラの音楽のようだ。

ステキな授業を創ろうよ。

口数 (くちかず)

10/16 今日のひとこと

口数が多い人ほど弱し。

強い言葉を吐くのは、弱気の裏返し。

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

配布物