最新更新日:2022/01/19
本日:count up11
昨日:55
総数:879802
薫化舎5周年記念講演会 読み書き障害、ASD,ADHD 不登校、引きこもり等 保護者優先 「ほんとにラクになりまっせ」 11月30日ドーンセンター

読み書き障害についてNHKの取材を受けました。

2月21日(月)朝7:45
「NHK おはよう関西」5分間と短い内容ですが
LD等の読み書き障害についてのインターヴューを受けました。

関西の方はぜひ見てください。
画像1

中川信子オンライン連続講座2月20日

中川信子オンライン連続講座
2月20日(日) 10:00-12:00

「コミュニケーション支援とLD」
画像1

1月17日西宮月曜の会

画像1
掲載:就労継続支援B型事業所エルピス・ワン 藤原一秀

1月の月曜の会ですが、予定通り1/17の18:30〜西宮市民会館で開催いたします。
オミクロン株による感染拡大が収まってはいませんが、感染予防策を各自お取りいただきご参加ください。
今回のテーマは「LDの子どもたちへの関わり方」です。
講師は竹田契一先生です。
参加費は1800円となっています。

生きづらさを抱えた子どもを持つ親の教室 2月6日パークスタワー


「生きづらさを抱えた子どもを持つ親の教室」
 ~発達障がいのある青少年への関わり方〜    講師 竹田契一

2022年2月6日(日)13:30-16:00

会場 パークスタワー(南海なんば駅直結)7階B会議室

申し込み締め切り 1月28日  配布文書を見てください


明けましておめでとうございます 2022年初日の出

自宅の窓から見た神戸の初日の出

明けましたおめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

2022年1月元旦
画像1

1月30日ドーンセンターにて「診断はされたけど」予後を見据えて診断することの難しさ、薫化舎主催


薫化舎5周年記念連続講演会第2弾
「ほんまにラクになりまっせ!」
テーマ 診断はされたけど。。。。。予後を見据えて診断することの難しさ
  竹田契一

    対談 「私たちの子どもの場合」木下朋子、福嶋朋子

    講演 「諦めない」 向井義
場所 大阪ドーンセンターにて  13:30-16:40
画像1

1月22日オンライン配信、ロータリークラブ主催発達障害講演会

第24回発達障害理解のための基礎と実践講座

「発達障害を抱える子どもの社会的自立」

2022年1月22日オンライン配信開始


画像1

12月13日西宮月曜の会

掲載:就労継続支援B型事業所エルピス・ワン 藤原一秀

皆さん長らくお待たせをいたしました。
新型コロナウイルス感染拡大の影響で休止しておりました西宮月曜の会を再開いたします。
まだまだ第6波への懸念や新しい変異株オミクロンの感染リスクはありますが、新規感染状況も落ち着いていることから再開しようということになりました。

日程とテーマ(全て仮題です)は
12/13(月)「ADHDの子どもたちへの関わり方」
1/17(月)「LDの子どもたちへの関わり方」
2/14(月)「自閉スペクトラムの子どもたちへの関わり方」
3/14(月)「子どもの高次脳機能障害の考え方」

講師はいずれも竹田契一先生です。
時間は18:30〜21:00、会場は西宮市民会館501会議室

参加費は各回1800円です。
事前申し込みは不要です。
よろしくお願いします。

西宮月曜の会世話人代表
神戸総合医療専門学校
田中義之

薫化舎設立5周年を記念して大阪のドーンセンターにて講演会を行いました

10月24日「診断はされたけど。。」
11月28日「発達障害の子ども若者の自立とは」

30人を定員に、竹田の講演会と発達障害の保護者の講演と質疑を行いました。

場所 大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)

写真は会場の様子、薫化舎の主なスタッフの皆さんと撮りました。
画像1
画像2
画像3

11月25日リード芦屋にてNPO法人あっと・オーティズムの本年度総会が行われました

芦屋市立芦屋市民活動センター会議室にて11月25日あっと・オーティズムの総会が開かれました。
来年4月2日国連が定めた自閉症デイに予定されているLight It UP Blue2022についても
話し合いがありました。
写真はその後の懇親会で撮りました。
芦屋ベイコート倶楽部内にあるルバーノです。
画像1
画像2

11月26日オンライン講演の録画を行いました

11月26日、社会福祉法人 三ケ山学園こどもデイケアいずみ自閉症児支援センターWave
主催の講演会のオンライン録画が行われました。
この講演は地域の小学校、中学校の先生方に向けて「発達障害の子ども達の特性理解と
関わりについて」をテーマに行いました。


写真は講演時の撮影風景です。

画像1
画像2

LDの子ども達が英語を学ぶ上でどのように教育的支援をするのか

Judith Kormos先生の新しい著書の翻訳が11月に出版されました。

「学習障害のある子どもが第2言語を学ぶとき」

 現局性学習困難の概念アセスメント学習支援

明石書店から2500円+税
画像1

35年前の教え子にお誕生日を祝って頂きました

11月21日、1カ月半遅れのお誕生会を大教大の卒業生にして頂きました。
35年前の教え子の皆さんにお誕生日を祝って頂きました。
場所は、神戸北野町にある日本料理のお店、波勢。
懐かしい皆さんと楽しいひと時を持ちました。

写真は左から三浦純子さん、柏村智佳子さん、廣瀬道代さん、岩崎栄理さん
      藤田昭子さん
画像1
画像2

11月13日箕面市りべるりんく主催の講演会が箕面文化交流センターで開催

一般社団法人りべるりんく(相談支援事業クルミ)主催の講演会が11月13日
箕面文化交流センターで開催され会員、一般など60名の参加者がありました。
テーマは「発達障害を抱える子ども達の特性理解と具体的な関わり方」
画像1

鳥取県社会福祉協議会主催の講演会をZOOMで開催

10月29日に自宅からのZOOMで鳥取を結んだ講演会開催
鳥取県社会福祉協会主催の講演会で、グループホームなどのスタッフ対象の講演。
テーマ「発達障がいの特性理解と支援のあり方」
画像1
画像2

11月7日兵庫県加東市地域交流センターにて久し振りの対面式講演会開催

加東市の発達サポートセンター主催の市民講演会は昨年12月予定が今年の5月、さらに
緊急事態宣言のため大幅に延期され11月7日にやっと対面式講演会が実現しました。
定員の3割に絞って130名の参加者でした。
講演テーマは「発達障害の特性理解と教育的支援」

会場に参加された皆さんが熱心にメモと取りながら聞いていただき感激です。
写真は会場の様子と 加東市教育委員会こども未来部発達サポートセンターの
友藤由貴子所長、小林茂先生と一緒に一枚撮りました。
画像1
画像2

11月5日京都市立七条小学校のコンサルテーションに行ってきました

緊急事態宣言が明け、小学校における対面式のコンサルが復活しました。
写真は教員対象のミニ研修会の様子
   新田淳校長先生、スタッフの先生方、教育委員会の先生方と一緒に一枚

画像1
画像2

10月31日桃山学院教育大学にて恒例の発達障害フォーラムを対面式で開催しました

発達障がいフォーラム2021「発達と愛着に課題のある子どもたち」

   場所:桃山学院教育大学エレノアホール(今回は距離をあけ200名)
講演は 和歌山大学の米沢好史教授による「愛着障がいの理解と支援」(リモート参加)

    竹田による「発達障がいとその周辺の子どもたちの特性理解と関係性について」

米澤先生は愛着障害に関する沢山の著書をだしておられます。リモートでしたが説得力のある内容の濃い講演でした。 

写真は ZOOMの米沢先生,松久学生支援センター長と一緒に一枚
    開始前の会場の様子
    鎌田学部長、スタッフを交えて一枚
    
画像1
画像2
画像3

10月末にお誕生会をしていただきました「

今年最後のお誕生会をしていただきました。感謝です。
垂水駅そばの日本料理のお店、笑話屋さんです。ここは穴場です。

画像1
画像2

INREALアプローチの改訂版を出版するための編集会議

10月23日こべっこランドの会議室でインリアルの編集会議をしました。
1994年に日本文化科学社から出版したインリアルアプローチが5年前に廃版になり
今回新しく「インリアル・ハンドブック(案)保育、療育に役立つコミュニケーション
アプローチ」を出版することにしました。DVD付きの予定。
画像1
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
竹田 契一(Keiichi Takeda)
大阪医科薬科大学LDセンター
072-684-6236

☆ご意見・ご感想をお寄せください