最新更新日:2018/12/15
本日:count up33
昨日:62
総数:476647

瀬戸に住んでいるさまざまな国の出身者が集う

 日曜日に13:30よりNIHONGOスピーチコンテストが行われます。本校からは2名の生徒が参加します。その生徒たちは、この日のために原稿を推敲し、教員たちと共に練習に励んできました。
 今日はその最後の練習。場所は、職員室です。どきどきしながらも、自信をもってスピーチする2名の生徒。期待と不安の気持ちいっぱいで来日したのを昨日のことに思いながら、自分の今の考えを訴えます。
 ぜひ瀬戸蔵にお越しいただき、生徒の雄姿をご覧ください。
画像1 画像1

スモールステップを生かしながら学ぶ

 1年生調理実習は今日で3回目。今日のテーマはエコクッキング。
 材料選びから料理の仕方・片付けまで、地球や健康・お財布に優しいポイントを随所に取り入れながらドライカレーを調理しました。回数を重ねるごとに、準備・片付けの手際も良くなってきています。包丁の扱い方にも慣れてきたようです。
 技術を習得するために必要なことは継続すること。そして、その中に少しずつ発展していく内容を盛り込んでいくこと。
 だからこそ、生徒たちは自信と意欲に満ちた目で目を輝かせ、取り組んでいます。
画像1 画像1

目や耳、体、心を向けるのは生徒だけではありません

 読み聞かせのホームページ(下)を載せた校長先生が、3枚目の写真を紹介したかったとお話しくださいました。教員が生徒と共に聞き入っている姿が美しかったと…。
 そんな校長先生も、読み聞かせの際はいつも教室に足を運び、写真を撮りながらお話に聞き入っています。写真に撮られていることにも気づかないようです。また、読み聞かせの後に職員室で話題になったり、関連した内容をインターネットで調べたりする光景も珍しくありません。
 どうやら、読み聞かせは生徒だけにしていただいているのではないようです。ボランティアの皆さん、今日もさわやかな朝を本校に届けていただきありがとうございます。
画像1 画像1

ありがとうございました。

 2学期の読み聞かせが今日の2年生で最後となりました。先日は3年生の中学校生活最後の読み聞かせがありました。毎月、各学年に絵本の読み聞かせをしていただくことで、生徒たちは絵本から多くのことを学んでいます。
 3学期も1・2年生の読み聞かせがあります。楽しみにしています!
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

にじの丘学園工事

画像1 画像1
 昨夜からの雨も上がり、にじの丘の工事も朝から急ピッチで行われています。
画像2 画像2

聞かせるために…ボランティアによる読み聞かせ

 聞かせるために大切なことは、聞こうとする状態に生徒をもっていくこと。
 ボランティアのお二人とも、絵本に入る導入として絵本の背景、作者の思い、選んだ理由などを生徒に伝わる言葉で優しく語りかけます。この語りが生徒を絵本の世界に引き込むスイッチ。導入の語りが進むにつれ、生徒の目や耳、体が一点に集中します。
 生徒が輝き始める瞬間、そんな瞬間を目の当たりにできるのも読み聞かせの魅力です。
画像1 画像1

学びを広げる 学びが広がる

 職場体験学習報告会が2年生で行われています。一人一人の体験は1ヶ所ずつ。しかし、その経験を持ち寄れば間接的ではありますが、5倍・10倍の経験ができます。
 また、人に伝えることで自分が経験した細かな内容・仕事の魅力に改めて気づくこともできます。
 生徒たち、今日も笑顔で学びを楽しんでいます。
画像1 画像1

一人一人の思いを大切に…

 今日から、にじの丘学園になる7校の児童生徒を対象に校章デザインアンケートが行われます。児童生徒がデザインした校章の中から選ばれた15点。これをさらに7校の児童生徒アンケートで決定します。
 どれもが新しい学校に思いを馳せたすばらしいデザインばかり。それを夢と希望にあふれた児童生徒たちが選りすぐっていきます。
 こんなところにも、児童生徒の思いを大切ににじの丘学園を設立していこうとする思いが感じられます。
画像1 画像1

多くの人と関わりながら学びを深める

 本山中学校の2年生と2年2組の生徒が、遠隔教育システムを利用して英語の合同授業を行いました。本クラスでは2回目の活動となるため、以前よりもリラックスしながら有意義な活動をしました。
 小規模校だからこそ、多くの人と関わってほしい(関わりたい)という願い。きっと、この願いは教員だけでなく、生徒も保護者も同じはず。少人数には少人数の、そして多人数には多人数の良さがあります。
 このシステムを使用して、本山中学校、本校の生徒が多くの人と関わりながら学びを深めることにも良さがあることを体感してほしい。
画像1 画像1

学びを生かすことで、お世話になった方への感謝の気持ちを表現する

 昨日までの3日間、職場体験学習を行った2年生。今日は、3日間の学びを壁新聞や感謝の手紙などで表現します。いただいた資料や担当が撮影した写真を生かし、作成に熱心に取り組む生徒たち。時折、自分の体験を誇らしげに友達に話す姿から、体験活動での学びの深さや充実した様子がうかがえます。
 お世話になった職場の皆様、仕事の手をとめ、生徒の為にご指導いただきありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。
画像1 画像1

にじの丘学園工事

 現場監督さんにお願いして中まで入って撮影できました。
教室棟の基礎のコンクリートが固まり型枠が外されて様子がよくわかるようになりました。
<写真>
上:教室棟を東から
中:教室棟を南から
下:昇降口を南から
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

読み聞かせ、集大成!

 3年生が1年生の時に始まったこの活動。振り返れば2年以上の月日が流れました。
 今日の絵本は「ことばのかたち」とボブ・デュランの歌詞をもとにした「始まりの日に」。
 もし、ことばに色や形があり見えたのなら、きっとステキなはず。でも、色や形にしたくないことばを発してしまうことも事実…。義務教育を終える生徒たちだからこそ、もう一度考えたい内容いっぱいの本でした。
 ボブ・デュランの弾き語りによる動画絵本を視聴し、その後読み聞かせをしていただきました。旅立つ生徒への素敵なメッセージが凝縮された内容。励ましや愛情、そして平和への思いを生徒たちは胸に刻んだことでしょう。

 今日で最後となる3年生への読み聞かせ。最後は、ありがとうメッセージとともに感謝状を手渡しました。2名のボランティアの方々、生徒の成長のため長い間ありがとうございました。(1年生の時の読み聞かせの様子も掲載しました)
画像1 画像1
画像2 画像2

小春日和の中

 12月としては異例の暖かさが続く中、1年生の体育の授業でタグラグビーをしています。みんな汗だくになってボールを追いかけていました。
 タグラグビーは、ラグビーを始める人たちにとってルールが分かりやすく、タックルがないので安全に楽しめるスポーツです。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

にじの丘工事

画像1 画像1
 前回の写真と比べると、また工事が進んでいることが分かります。
下の写真の右上に祖東中学校の校舎が見えます。
画像2 画像2

「師弟同行」…ある日の清掃活動から

 職員室前の廊下を1年生が熱心に掃除をしています。そんな中、ひときわ熱心に床をこする、体の大きな人を発見しました。近づいてみると、1年生担当の教員。その瞬間、私の頭をよぎったのは「師弟同行」という言葉。
 生徒と教員がともに学び、励ましあい、活動しあうという「師弟同行」。真剣に清掃する生徒と教員の姿、素敵です。
画像1 画像1

すぐになくせなくても、減らすことができれば…

 養護教諭による3年生保健指導では、スマホに関連するリスクについて学びました。学年が上がるにしたがって高くなる携帯やスマホの所持率。当然、それに伴って被害を被る可能性も高くなります。だからこそ、リスクについて「今」学ばなくてはいけません。
 いつも以上に真剣に耳を傾ける生徒たち。便利なツールだからこそ、リスクを減らし有効に活用してほしい。
画像1 画像1

誰にとっても豊かな社会…「バリアフリーの心」

 全校集会で校長先生から「バリアフリーの心」についてのお話をいただきました。バリアフリーと言えば、まず施設や道具のことを思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、その根本にあるのは「人の心」。大切なのは、「人に対する思いやりの心」なのです。また、バリアは弱い立場の側にだけあるものではありません。強い立場だからこそ、知らず知らずに人を遠ざけ、バリアを作ってしまうこともあります。
 誰でもが自分らしく生きる社会を形成するため「バリアフリーの心」を育てる必要があるのです。校長先生のお話の後、福祉委員会からは赤い羽根共同募金協力に対するお礼の言葉もありました。
 耳、目、体を相手に向け真剣に話を聞く姿勢、そんな姿勢が豊かな社会形成への第一歩なのかもしれません。
 

画像1 画像1

来た道を違う視点から学ぶ

 東保育園と古瀬戸保育園のご厚意により、毎年3年生が保育園実習をさせていただいています。
 園児のきらきらした笑顔のおかげでしょうか、屈託のない笑顔で生徒たちが弁当をほおばっていました。
 義務教育を修了する生徒たちにとって園児たちは来た道であり、これから親や仕事として関わっていく道でもあります。もちろん、知識や技能、理論も大切です。しかし、このような学習を通して、人を愛する心、人と接する喜びを学んでほしいです。
画像1 画像1

当たり前のことに…「はっ」「うーん」「よしっ」

 昨日に引き続き、今日は2年生に読み聞かせをしていただきました。今回は「へいわってすてきだね」という絵本を読んでいただきました。この絵本の文は、沖縄の小学1年生男子の詩で、2013年「沖縄全戦没者追悼式」で朗読されたものです。小学1年生が平和について考え、それを素直で温かい言葉で表現しています。
 当たり前のことを考えるきっかけを見つけることはなかなか難しい。そのきっかけとなるよい絵本でした。きっと生徒たちも絵本を通し、現在当たり前となっている「平和」について考えてくれたことでしょう。
 当たり前のことに「はっ」と気づき、「うーん」と考え、「よしっ」と行動する生徒。そんな生徒たちに育ってくれることを願っています。
 ボランティアの方々、心の成長のきっかけ作り、いつもありがとうございます。
画像1 画像1

お話っていうのは空みたいなものなんだ。ー絵本「The girl in red」より−

「ころころ変わって、聞く人をおどろかせて、好きなようにしてしまう。」(タイトルの続きより)
 1年生を対象にボランティアの方に読み聞かせをしていただきました。今回の絵本は、赤ずきんちゃんの現代版とでも表現すればいいのでしょうか。緻密でリアルな絵本に大人も引き込まれてしまいます。
 エンディングは2通り。どちらを選ぶかは読者に委ねられているようです。しかし、そこから得られるものがたった2通りのわけではありません。
 得られるもの、それはその絵本に接した人の数だけ存在します。だからこそ、いつまでもお話を大切にしてほしい。読み聞かせを大切にできる生徒でいてほしい。
画像1 画像1
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
学校行事
12/17 3年願書指導(〜21日)
12/18 大掃除
12/20 給食最終
12/21 終業式
瀬戸市立祖東中学校
〒489-0835
愛知県瀬戸市中山町1
TEL:0561-82-2244
FAX:0561-82-4229