最新更新日:2017/10/18
本日:count up16
昨日:127
総数:765640

第43回全国英語教育学会島根研究大会が8月19日開催

英語教育学会が松江市の島根大学キャンパスで開催され、特別講演をしました。
テーマは、LD・Dyslexiaへの英語教育の課題。
来年から始まる小学校5-6年生の英語の教科化に向け、LDなどの児童生徒の特性理解を
英語教育に携わる先生方に知っていただくのが目的です。

写真3は、全国英語教育学会会長の伊東治己教授(関西外大)、大会実行委員長の
福澤清治教授(広島大学)、大会事務局長の高橋俊章教授(山口大学)とご一緒に一枚撮りました。
画像1
画像2
画像3

松江で行われた全国英語教育学会島根研究大会の前日

8月19日島根県松江市で行われた全国英語教育学会で特別講演を頼まれました。
前日大会事務局次長の群馬大学の飯島睦美先生と神戸山手短大の村上加代子先生と会食。

LD Dyslexiaなどの発達障害の児童生徒への効果的な英語教育に取り組んでおられます。
来年1月27日に関西で研究会を立ち上げ、私が講演予定です。

飯島先生には松江滞在の間大変お世話になりました。
画像1

山田充先生のMAZDAロードスターに乗せていただきました

廿日市市の教育委員会の学校現場指導を今年からされている山田充先生が広島駅まで
迎えに来たいただきました。

二人乗りのMAZDAロードスターです。単身赴任の廿日市での学校周りのために買われたそうです。
画像1

滋賀県近江八幡市の教職員全員研修会が開催され講演しました

8月18日、平成29年度近江八幡市教職員全員研修会が文芸セミナリヨで開かれました。
今回のテーマは、読み書きの苦手なこどもへの学習支援。

有名な安土城の近くのホールでの研修会でした。
写真は、日岡昇教育長のあいさつ
二枚目は山田先生も一緒に。  現在近江八幡で教えておられます。
画像1
画像2

広島県廿日市市の夏季研修会で講演

平成29年度廿日市市プログレス研修(教職員夏季研修)の講師をしました。
昨年に引き続き2回目の研修会です。 
今年のテーマは、個の特性に応じた支援、指導について

廿日市市は けん玉発祥のまちで有名です。講演会場ロビーに大きなけん玉がおいてあります。

写真は、廿日市市の奥 典道教育庁のあいさつ
講演会場での様子です
画像1
画像2
画像3

8月11日オホーツクADHD&LD懇話会の夏季研修会が北見で開催

8月11日に伊丹空港から羽田周りで女満別空港に入りました。驚いたことに気温は17度。
関西は35度の猛烈な暑さでしたのでこの気温差にびっくり。
市野校長先生に案内していただき、ユニークな教育で有名な北海道東藻琴高等学校に連れて行って頂きました。
小人数できめ細かい対応ができる農業高校で、いろいろと発達に課題を抱える生徒にはきめ細かい指導が効果を上げています。また町立の学校ということもあり経済的負担が少なく、月曜から金曜まで寄宿舎で生活ができる理想的な学校です
来年から高校の通級が始まりますが、この高校は、すべてが特別支援と呼んでも不思議でないプログラムとなっています。農業生産科学科で学ぶ基本的な知識と素晴らしい実習があり、命を大切にする心の教育ととおして一人一人の才能を開花させています。
このような学校が関西にほしいと強く感じました。

写真1は、懇話会のスタッフの先生方と一緒に。
写真2は、東藻琴高校の宮本匠校長、市野先生と一緒に
写真3は、高校の正面です
画像1
画像2
画像3

第99回全国高校野球選手権大会2回戦を見に行きました

50000人入り満員札止め状態の甲子園です。
2回戦4試合の朝早く行ってきました。 猛烈な暑さで甲子園名物かちわりを頭にのせて
応援です。
画像1
画像2
画像3

甲子園でみられるユーモアあふるる標語

兵庫県警の標語第2弾です。
画像1画像2

甲子園球場で見かけました

現在高校野球が行われ熱戦が続いている甲子園球場に兵庫県警の車が野球にかけた
標語をだしています。気が利いているので撮りました。
画像1画像2

北海道でバルーンフェスティバル開催

上士幌町で北海道バルーンフェスティバルが開催されています。
藤田さんから素敵な写真が来ましたので掲載します。
画像1

十勝での講演会

十勝プラザでの講演の様子です。
二枚目は、13日朝懇話会の有志がわざわざ朝早く見送りに来てくださいました。
ありがたいです。
画像1
画像2

8月12日十勝ADHD and LD 懇話会の夏季研修会が帯広で開催されました

平成29年度十勝ADHD&LD懇話会夏季研修会が帯広のとかちプラザで開催され
大阪医大LDセンターの奥村先生と私の二人が講師で参加しました。
画像1
画像2
画像3

宝塚ホテルで発達障害の寸劇をやりました

宝塚市手をつなぐ育成会主催の講演会、知的障碍者の合理的配慮について、
発達障害の基礎理解を寸劇で、 午前午後と宝塚ホテルで講演しました。
谷内先生の演出、寸劇のプロの市川先生、鈴木先生、野村先生、市田先生と新人二人で素晴らしい演技をみせてくれました。
次回は9月10日芦屋のルナホールです。
画像1
画像2
画像3

神戸市中央区の子育て支援のスタッフの歓送迎会をしました

画像1
神戸市中央区の子育て支援課の皆さんの歓送迎会を三宮交通センタービル9Fの
料亭まつの屋さんで行いました。
保健師の岡田さん、山口さん、大西さん、磯田さん、廣瀬さん(ST)です。

日本言語聴覚学会が松江で行われ講演しました

STの先生方の学会である日本言語聴覚士学会が竹内先生会長で松江で行われました。
1965−1975の日本の失語症の創成期の話をしました。SLTA作成の経緯や、リハビリテーションの流れについて、昔を思い出しながら聞いていただきました。
沢山の教え子の皆さんにお会いできたことがうれしかったです。
画像1
画像2
画像3

アメリカのカリフォルニアから交換学生を受け入れました

画像1
画像2
画像3
宝塚武庫川ロータリークラブでは、姉妹クラブのラハブラロータリーから大学生二人やってきました。 Kyle Gern22歳 と Garrett McCauley 19歳です。

大阪医大LDセンターの学会打ち上げを梅田でしました

小児神経学会の打ち上げを梅田のOutbacksで行いました。
大阪医大LDセンターの皆さんです。
画像1

里見恵子先生を偲んで

里見恵子先生のもとに集う会(偲ぶ会)ご案内

拝啓 ひまわりが日に日に背をのばす今日このごろ、皆様におかれましてはお変わりなくお過ごしのことと存じます。
さて、すでにご存知のことと思いますが、里見恵子先生(大阪府立大学准教授)は、本年5月23日に急逝されました。心より哀悼の意を表します。
この度、里見恵子先生とご縁のあった方々にお集まり頂き、先生の思い出のエピソードを語り合いながら、故人が歩まれた足跡を振り返りたく、下記のとおり「里見恵子先生のもとに集う会」を企画いたしました。ご多用中とは存じますが、ご来臨賜りますよう、お願い申し上げます。
                      2017年8月
                             敬具
          里見恵子先生のもとに集う会 発起人代表 竹田契一

          記
日 時:2017 年 9 月 30 日(土)11 時〜14 時
場 所:大阪新阪急ホテル 紫の間
    〒530-8310 大阪市北区芝田 1-1-35
会 費: 1万円

参加申込先
ご出席の方 は8月20日までに、
お名前/ご住所/お電話/関連団体を下記までメール願います
電子メール:satomi_shinobukai@yahoo.co.jp(兼問い合わせ先)
例) 奈良花子/奈良市●△□番地/TEL:123-4567-8910/インリアル

会費のお支払い方法
郵便振替口座番号:00940 - 0- 84614 日本インリアル研究会
*数名分を一括してお振込みされる場合は、全員の氏名を記入ください。
*9月10日締切。

備 考 御香典・供花は辞退いたします。
   当日は平服でお越しいただきますようにお願いします。
                         以上
発起人一同
 発起人代表 竹田契 一
 同期代表 花熊 暁 田中裕美子
 府大代表 小野達也 西田芳正
 学会代表 小野次朗 柘植雅義
 友人代表 玉井 浩 金 泰子 品川裕香
 インリアル代表 河内清美 村井敏宏 秋元壽江
 S.E.N.S 代表 山田 充 米田和子
 教え子代表 木曽陽子 竹下 盛
 事務責任者 西岡有香 安井千恵

7月3日月曜の会

画像1
掲載:就労継続支援B型事業所「エルピス・ワン」藤原一秀

7月の「西宮月曜の会」
今月は奥村智人先生(オプトメトリスト、大阪医科大学LDセンター)
「見る力の弱さが学習に与える影響 ー気づきと支援法ー」というテーマでお話いただきました

次回は9月11日
高校生へのソーシャルスキルトレーニングの実際
〜大阪YMCA表現コミュニケーション学科の事例から〜
鍛冶田千文先生です

6月24日ハイブリッド・キッズ・アカデミー大阪校講演

画像1
掲載:就労継続支援B型事業所「エルピス・ワン」藤原

ハイブリッド・キッズ・アカデミー大阪校
「発達障害のある子どもの教育的ニーズの気づきと関り」
    〜来年から始まる指導要領に沿って〜

新指導要領によって何が変わるのかについての具体的な最新情報と
テクノロジー支援の有用性についてわかりやすくお話いただきました。
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
竹田 契一(Keiichi Takeda)
大阪医科大学LDセンター
072-684-6236