最新更新日:2017/10/20
本日:count up107
昨日:110
総数:348842
資源(古紙・アルミ缶・牛乳パック)回収,随時おこなっています 体育館前が資源回収場です

桜前線到着

 30日(月)、「サイタ サイタ サクラガ サイタ」。今朝、ちらほらと桜が咲き始めました。7日(火)の入学式には、満開を過ぎ、桜吹雪になるでしょう。しかし、現在校舎の中では大工事の真っ最中です。防火シャッターを全て取り替えています。入学式には完了するそうです。安全で安心な校舎へと生まれ変わり、生徒を迎えたいと思います。
画像1 画像1
画像2 画像2

春休み

 28日(土)、暖かい日になりました。運動場では、野球部が南山中と練習試合を、ソフトボール部が聖霊中と合同練習をしています。全力プレーに汗が光ります。体育館では、卓球部が大会出場で留守なので、剣道部が間借りをして練習していました。バスケットボール部男子のかけ声も響いています。よくよく見てみると、本当に部員数が少ないことに気づきます。ソフトボール部は聖霊中と合わせて1チームくらいの人数です。新1年生の加入が楽しみです。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

修了式式辞

 昨日は今年度の修了式を行いました。そこで述べた式辞を載せたいと思います。

 随分暖かくなり,すっかり春めいてきたと思っていたら,今日はぐっと気温が下がり,寒い日になりました。「暑さ寒さも彼岸まで」と言われます。彼岸とは,春分の日や秋分の日を挟んだ前後3日間の1週間のことですが,夏の暑さも冬の寒さも彼岸までで,これを過ぎると過ごしやすくなる,という意味です。一方,「花冷え」という言葉もあります。桜の咲く季節,ちょうど今頃ですが,一時的に寒くなることを指す言葉です。これら二つの言葉から,日本人の知恵と感性の豊かさを感じますね。
 さて,今日は修了式。3学期の終わりと同時に,今年度それぞれの学年の最後の日でもあります。1年前の自分を思い出してみてください。1年生は,小学校の卒業式を終え,品野中への入学を前に,期待と不安で一杯だったのではないでしょうか。2年生は,品野中学校での生活を1年終え,中学校にも十分に慣れ,いろいろな課題を抱えながらも,中堅として,さあこれから,という気持ちだったのではないでしょうか。そのころの自分と今の自分とを比べ,どんなことが変わりましたか。できるようになったことがたくさんあると思いますし,逆に,できたはずのことができなくなってしまった人もいるでしょう。その内容は人それぞれです。いずれにしても,今の自分があるのは,この1年を通した様々な経験の結果です。
 ところで,「流星ワゴン」という小説を知っていますか? ドラマでも放映され,先日最終回を迎えました。現実に悲観し,人生に絶望し,死んでもいいと思っていたところに,突然ワゴン車が現れます。このワゴン車に乗って過去に戻り,必死になって現実を変えようとする男の物語です。しかしどんなに頑張っても現実を変えることはできません。登場人物の一人が言います。「現実は変わらなかった。しかし,あなた自身は大きく変わった。過去に戻って現実を必死になって変えようとすることによって,あなたは変わった」。 そして,大きく変わった男は,現代に戻り,悲惨な現実を少しでもいい方向に変えるべく新たな生活を始めます。
 この話にあるように,現実は変えられません。しかし,今後は変えることができます。今後の自分を変えることはできます。変えるのは皆さん一人一人です。この1年の経験で得た能力や考え方,意欲などが,皆さんを良い方向へと変えます。そして,より良く変えようとする気持ちがその原動力となります。
 さあ,4月からは新しい仲間が品野中にやってきます。学年もそれぞれ上がります。新学期を迎えるための心の準備をしましょう。気持ちを高めましょう。
 次に皆さんと会うのは始業式です。全員が元気に当日を迎えられるよう,心より願っています。

修了式

 24日(火)、坂道を上がってくる生徒の息が白いです。国道の温度計は1度でした。それでも、聞こえてきます。「ホーホケキョ」、品野のウグイスもようやく上手に歌えるようになりました。そして、木蓮も花を開きました。桜の蕾もはじけんばかりです。そのような中、修了式が体育館で行われました。式辞の中で、「春先の、このような冷え込みを花冷えといいます。」というお話がありました。4月には、それぞれ進級します。品野中の生徒も、草木のように、新たな力を芽吹かせ、大きく成長してほしいものです。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

お引っ越し

 23日(月)、春風に梅の花びらが舞っています。平成26年度も、あと2日になりました。6時間目には、1年間、お世話になった教室に別れを告げ、新しい学年の教室に仮のお引っ越しをしました。3年生がピカピカにしていってくれた教室に2年生が机を運びこんでいきます。この仲間ともあと1日。みんな、よくがんばりました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

プロ意識

 先週の集会では,引っ越し業者やカーナビ取り付け業者から感じた,プロ意識について話をしました。

 皆さんは引っ越しを経験したことがあるでしょうか。先日,私の身内が多治見市内に引っ越してきましたので,引っ越し業者からの受け入れに立ち会いました。
 トラックが到着すると,すぐに行ったのが,前後2カ所に△コーンを置くことでした。そこには,「引っ越し作業中」「ご迷惑をおかけして申しわけありません」と書かれていました。次に,玄関から廊下,壁に厚めのシートを貼る作業です。家具などを運ぶときに,傷を付けないようにするためです。いよいよ荷物を運び入れます。たった二人での作業でしたが,実にてきぱきと無駄がなく,手に荷物がないときは,常に駆け足です。設置する家具の場所も,指示通りにきちんと,間違いなく置いてくれます。段ボールに小分けされた荷物を床に置くときには,必ず薄いシートを敷いていました。これも,少しでも床を傷つけないようにする配慮です。作業中に,近所の人が何度も通りかかることがありましたが,必ず元気にあいさつをし,「ご迷惑をおかけして申しわけありません」と,笑顔で言っていました。一通り作業が終わると,1枚のはがきを渡されました。「作業は丁寧だったか」「対応は適切だったか」「服装はきちんとしていたか」といった質問に答え,引っ越し業者の本社に送る物です。私自身も,以前何度か引っ越しを経験しています。このときも手際の良さやていねいさに感心したものですが,今回は,さらに良くなっていたような気がします。おそらく,引っ越し作業をするたびにはがきを送ってもらい,反省と改善を繰り返してきたのでしょう。
 今回,引っ越し作業を見ていて,「プロ意識」を感じましたが,プロ意識というともう一つ思い出すことがあります。
 私は,車にカーナビを付けていますが,これは以前,業者に付けてもらったものです。そのときの作業の一部を見ていたのですが,印象に残るシーンがありました。この業者の人が,私の車の近くを通りかかるとき,持っていた工具を,さっと反対の手(車から遠い方の手)に持ち替えたのです。もしものことを考え,工具が車に当たらないような配慮です。また,あるとき,修理工場に車を出したとき,そこの人が,「このカーナビの配線は誰がやったんですか。こんなに無駄が無く,美しい配線は見たことがない」と言っていました。
 「プロ意識」を辞書で引くと,プロフェッショナルとして自分の技能に誇りをもち,まじめに仕事をする態度や心がけ,といった意味のことが書かれています。私が紹介した二つの業者は,まさにプロ意識を感じさせてくれる働きぶりでした。
 皆さんも将来,職業に就いたとき,プロ意識を持って働いて欲しいと思います。また,就職せず,家庭を守る立場になったとしても,やはり,家庭人としてのプロ意識は必要だと思います。今,皆さんは中学生です。中学生としてのプロ意識,もあるように思いますが,いかがでしょうか。私たち教員も,プロ意識を持って,日々の活動に取り組みたいと思っています。

名古屋職場訪問

19日(木)、暖かいのですが、雨になってしまいました。今日は、1年生が「名古屋職場訪問」に出かけました。例年は「名古屋班別研修」なのですが、今年の1年生には別の目的があるようです。この写真はどこでしょうか。実は「東山動物園」です。動物は見あたりません。2年生になると職場体験実習があります。それに向けて、名古屋市内の施設の見学だけでなく、「そこではどんな仕事をしているか」「仕事の苦労と喜びは何か」を調べに出かけ、動物園の方から説明を聞いているところです。他には、愛知県警、日本ガイシ、名古屋市消費流通課など、10の見学先・事業所にお世話になりました。報告が楽しみです。
画像1 画像1

合格発表

画像1 画像1 画像2 画像2
 18日(水)、10時になりました。「ホーホケキョ」ウグイスが鳴いています。汗ばむような陽気になりました。品野のウグイスはまだ練習中で「ホー」までしか歌えません。さすがに町中のウグイスは美しいさえずりを聞かせてくれています。市内のある高校の合格発表の様子を見に行きました。自転車置き場のようなところに白い板が何枚も掲げてあります。その前で、合格を確認した中学生が喜びの声をあげています。よくがんばりました。

品野の春の予感

 18日(水)、いよいよ公立高校入試の合格発表の朝を迎えました。国道の温度計は10度です。校庭の木々も気のせいか嬉しそうです。紅白梅は満開です。桜も蕾が大きくなりました。木蓮の蕾も少しずつふくらんできました。午後、久しぶりに3年生が来校し、合格証を受け取りに来ます。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

めざせ県大会

 16日(月),暖かい日になりました。朝の全校集会で表彰がありました。ソフトテニス「瀬戸・尾張旭市学年別研修大会」で,品野中が活躍したようです。3年生女子が3位,2年生男子が準優勝,1年生女子も準優勝です。優勝は逃しましたが,まずまずの成績です。感心するのは,準優勝になった2年生男子のKくんは,1年生で表彰された時,「全国大会をめざします」と抱負を語り,その後,着実に力をつけてきていることです。夏の大会までもう4か月しかありません。夢をかなえてほしいものです。
画像1 画像1
画像2 画像2

前期生徒会役員選挙

 13日(金)、「面接が終わりました」3年生からの電話です。今日で、公立高校の一般入試が終わりました。合格発表は18日(水)です。それまで、3年生は一休みです。学校では、6時間目、27年度前期生徒会役員選挙の立会演説会が体育館で行われました。6名の定員に7名が立候補しました。どの推薦責任者も立候補者も、品野中の伝統の継承と進歩を力強く訴えていました。前期の生徒会行事には、体育祭と文化祭があります。特に、今年は体育祭の前に5連休があり、「準備は大丈夫か?」「開催時期を遅らせては?」と、先生方も心配する程の厳しいスケジュールになります。それを覚悟での立候補のようです。期待できそうです。
画像1 画像1
画像2 画像2

自然の営み

11日(水)、昨晩から降り出した雪で、また冬景色にもどりました。そして、東日本大震災から4年の歳月が流れました。地震・大雪、やはり、自然の営みの前に人間は小さな存在です。あの日、1年生は名古屋班別校外学習に、残った2年生は球技大会を開いていました。今日は、あらためて、震災の犠牲にあわれた方々の冥福を祈り、今なお、不便な生活をされている方々を思い、一日も早い復興を願う日としたいと思います。そして、当たり前の日常生活のありがたさについて考えたいものです。
画像1 画像1
画像2 画像2

卒業式式辞

画像1 画像1
 昨日は卒業式を行いました。式辞の一部を載せたいと思います。

 卒業生の皆さん,現在品野中学校では,授業に学び合いを取り入れています。学び合いとは,皆さんもよく知っているように,先生の説明を中心として授業を進めるのではなく,生徒同士が課題について教え合ったり相談したり,あるいは話し合ったりして進める授業の形です。これを全ての教科で取り入れ,本格的に進めていこうと決めたのは,今から3年前です。つまり,卒業生の皆さんが入学したときから,品野中における学び合いが始まったのです。
 初めはとまどった人もいたようですが,年を追う毎にこういった授業に慣れ,今では活発に学び合いが行われています。皆さんの授業をのぞいてみると,「このやり方を教えて」「なるほど,そういうことか」「この考え方はすごいね」といった声が,いろいろな授業で聞こえてきました。ときには授業が終わってからも,友達同士で話し合っている姿を見かけることもありました。皆さんの授業に取り組む姿勢の素晴らしさは,積極的に仲間と関わろうとする姿や目の輝きに現れています。卒業文集に,授業での学び合いについて書いた人がたくさんいました。さらに,受験に備えた面接練習の中で,学び合いについて語ってくれた人がたくさんいました。皆さんの心の中に,学び合いがいかに深く根付いたかを改めて感じました。
 授業での学び合いを通して,皆さんは,テストの得点では測れない,とても大切な態度や力を身につけてくれたと思っています。
 皆さんは,後輩たちに,自分たちの授業の様子を見せてくれました。そして,授業のあるべき姿を示してくれました。また,家庭学習や掃除への取り組み方も示してくれました。こういった活動も,本校では初めてのものです。まさに,品野中学校の新たな歴史を作ってくれた学年だと言えます。
 卒業生の皆さん,これからの人生を豊かにする三つのキーワードについてお話します。まずはその二つですが,「明確な目標」と「努力」です。毎日をただ何となく,あるいは,楽しければそれでよしとして過ごすのではなく,毎日少しずつでもいいので,目標に向かって努力を続けること。この気持ちと行動が人生を豊かなものにしてくれます。生き甲斐を感じさせてくれます。なんと言っても,人生とは,日々の積み重ねなのですから。
 そして,もう一つのキーワードは,友達,です。この先楽しいことばかりではありません。苦しい場面の方が多いかも知れません。そんなとき,助けてくれたり心の支えになってくれたりするのが友達です。友達は,苦しみを半分に,喜びを2倍にしてくれる,と言われます。そんな真の友達を見つけ,互いに友情を育んでいってください。

卒業おめでとう

 5日(木)、晴れの卒業式は穏やかな小春日和となりました。学年の希望により、今年度の卒業式は卒業生と在校生が対面する形式で行われました。卒業生一人ひとりの顔がよく見えます。在校生の送別の合唱も卒業生によく聞こえます。そして93名が卒業していきました。明日からは、2年生が最高学年になります。がんばってほしいですね。
画像1 画像1
画像2 画像2

最後の合唱

 3月3日(火)、暖かい「おひな祭り」となりました。体育館は、もう、卒業式の準備が進んでいます。体育館に何やら音響機器を運び込んでいます。何でしょうか?3年生が合唱隊形に並んでいます。どうやら、合唱を録音するようです。リハーサルが始まりました。「河口」です。すごい迫力です、男子のハーモニーが美しいです。1年生の大声大会の頃を知っているだけに、成長ぶりが嬉しいです。女子もきれいです。人数が少ないのに主旋律を丁寧に歌い上げています。本当に、合唱はみんなの気持ちがまとまることが大切だな、そして、内面が表れるものだな、と思いました。とても充実して見えます。いよいよ、明日は卒業式の予行練習があります。
画像1 画像1
画像2 画像2

やっぱり3年生はすごいです

 27日(金)、暖かい日になりました。午後、「卒業生を送る会」が開かれました。A組さんの「トーンチャイム」の演奏で始まりました。美しい響きはもちろんですが、一生懸命に演奏する姿に3年生も感動しました。そして、生徒会が制作した映画仕立てのプログラムがスタートしました。お世話になった懐かしい先生方のビデオメッセージ、先生・在校生からの合唱のプレゼント。そして、お礼をこめての3年生の合唱。さすがです。やっぱり3年生の合唱にはかないません。感動をプレゼントしようと頑張った在校生ですが、逆に感動をいただきました。目をうるませている子もいます。とてもすばらしい会になりました。生徒会のみなさん、ありがとうございました。
画像1 画像1
画像2 画像2

いよいよです

 26日(木)、5時間目、「卒業生を送る会」のリハーサルを行いました。いよいよ、2年生・1年生が3年生からバトンを引き継ぎます。3年生は安心して、卒業してくれるでしょうか。明日が楽しみです。
画像1 画像1

卒業生を送る会の準備

 25日(水)、暖かい日になりました。6時間目は委員会の時間でした。生徒会役員は金曜日の「卒業生を送る会」に向けて、最後の仕上げです。司会進行の練習をしています。動作はゆっくり、大げさなくらいで…頑張っています。廊下には、美術窯業部の生徒が描いてくれたポスターが「送る会」を盛り上げています。とても楽しみです。保護者の皆様にもぜひご参観いただきたいです。27日(金)3年生が13:05に入場します。お車はスロープにお願いします。
画像1 画像1
画像2 画像2

届けたい思い

画像1 画像1
 24日(火)、品野も陽射しがあれば、もうストーブはいらない日が増えてきました。3時間目、体育館から合唱が聞こえてきます。1年生です。もう1年生なのか、2年生なのか、少し聞いただけではわからないくらい、1先生も合唱が上手になりました。「卒業生を送る会」のプレゼント曲のようです。少ししんみりしています。3年生には、応援合戦の練習で本当にお世話になりました。その感謝の思いを届けたいですね。

これでいいのか考えよう

画像1 画像1
 皆さんの家では,日本の祝祭日に,国旗を掲げているでしょうか。私が子どもだった頃は,必ずと言っていいほど掲げていましたし,近所のどの家も掲げていました。しかし,今はほとんど見かけません。私の家でも掲げていません。
 以前,私の先輩とこんな会話をしました。「祝祭日の日に国旗を掲げていますか?」「やっていません」「私は掲げています。理由は,周りがやっていないから。でも,周りが掲げ始めたらやめようと思っています」
 へそ曲がりな人だなあと思いましたが,よくよく話を聞いてみると,みんながやっていないことをあえてやる,また,やっていることをあえてやらない,とのこと。そして,その根っこにある考え方を聞き,納得したことを憶えています。
 先日の集会で,戦後70年について触れ,あの戦争に日本が突入していった理由を自分なりに考えてみようと投げ掛けました。様々な理由が考えられますが,その一つに,世の中の雰囲気があります。多くの人たちが,もう戦争しかないと考え,雰囲気を作っていきました。もちろん,戦争に反対する人もいました。しかし,その声はあまりにも小さく,国の圧力もあり,雰囲気を変えるほどの大きな力となることはありませんでした。そして,あの悲惨な戦争へと突入していったのです。
 みんながやっていることが,必ずしもいいとは限りません。また,みんながやっていないことを悪いと言い切ってしまうのも,果たして本当にそうかと思います。
 戦争前の雰囲気ほど大きなことではないにしても,皆さんの周りにも,みんながやっているからやっている,みんながやらないから自分もやらない,といった雰囲気は結構あるのではないでしょうか。そこで,少し考えてみて欲しいのです。そのことは本当に正しいのか正しくないのか。そして,「これって本当にいいの?」と声に出してみることです。声にすることによってみんなが考えます。話し合いが始まります。その結果,そのことの正しさや意味が見えてきます。あるいは,本当は正しくなかった,ということもあるでしょう。いずれにしても,ちょっと立ち止まって考えてみることです。
 そして,さらに大切なこと。自分がやるかやらないかの判断を,みんながやっているかどうかで決めないこと。みんながやっていても自分が正しくないと判断したらやらない。みんながやっていなくても,自分が正しいと判断すればやってみる。そうじゃないと自分を見失ってしまいますね。
2月23日 集会での講話より
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
学校行事
4/1 学年末休業日 6日まで
4/6 入学式準備 新3年8時45分登校
瀬戸市立品野中学校
〒480-1203
愛知県瀬戸市広之田町2-5
TEL:0561-41-0019
FAX:0561-41-3116