最新更新日:2019/11/20
本日:count up18
昨日:171
総数:486548
資源(古紙・アルミ缶・牛乳パック)回収,随時おこなっています 体育館前が資源回収場です

応援団練習開始

 4日(金)、午後から夏日がもどり、暑くなりました。今日は5時間テストだったので、暑さがこたえます。それでも何となくあの夏の暑さとは違います。時折吹く、爽やかな風が心地よいです。授業後は応援団練習です。3年生が考えた振り付けを、まず各学年学級の応援団員に伝授します。「開いて閉じて、くるっと回ってパッ」1・2年生は必死で覚えようと頑張っています。こんな場にも、研究でめざしている「聞く・聴く・訊く生徒」が生きているようです。
画像1 画像1
画像2 画像2

体育祭への意気込み

 3日(木)、今日も雨になりました。5時間目、各クラスで、体育祭で使用する万国旗に替わる「個人旗」をつくりました。赤・青・黄の布に、体育祭への意気込みをマジックで書いていきます。今年は9月に連休があるため、準備を計画的に進めないといけません。明日は課題テスト、3年生は瀬戸学力テストがあります。来週から本格的に体育祭の練習が始まるので、天気が回復してくれるように祈りながら、旗をつくっていました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

お弁当の方がいい?

 2日(水)、登校時刻に大雨が降りました。品野だけでしょうか。1時間目の授業、靴下をはいていない子が多くいます。きっと靴もびしょびしょのはずです。それでも、給食の時間には陽光がさしてきました。ひさしぶりの給食です。今日のメニューは「カレーシチュー」「ひじきと枝豆のサラダ」「冷凍みかん」です。取りかかりの早い11組で「いただきます」が聞こえました。おやっ、たくさんの子が先生の方に行きます。「減らしてもいいですか?」やはり、給食よりもお弁当の方がおいしいのでしょうか。意外です。今日から、応援団練習が始まります。たくさん食べて、力いっぱい頑張ってほしいものです。
画像1 画像1
画像2 画像2

2学期始業式 式辞

 今日は2学期の始業式を行いましたので,式辞の内容を載せたいと思います。

 いよいよ今日から2学期が始まりました。夏休み中,命に関わるような大きな病気やケガ,事故などがなかったことに,まずは感謝したいと思います。
 今日を迎えるにあたり,夏休みの後半は,助走期間として,心や体の準備はできましたか? 気持ちを高めて今日を迎えることができましたか?
 さて,出校日の講話で,村上春樹氏の作品「アフターダーク」の中の「人間は記憶を燃料にして生きていく」という言葉を紹介しました。また,この作品に書かれている,1万円札であろうと,広告チラシであろうと,火にくべればどれもただの紙切れで,燃料としては同じであり,どんな記憶も同じように燃料である,ということも紹介しました。皆さんは,このことをどのように考えましたか?
 正解は,村上氏に聞いてみないと分かりませんが,私は次のように解釈しました。
 長い人生の中で,人は必ず苦しいことや悲しいこと,辛いことに出合います。そんなときに,生きていく励みになるのがその人の「記憶」であり,「記憶」が燃料になるということ。苦しいときに,楽しかったよい記憶を思い出し,またいつかこんな時が来ることを願いながら今日を頑張る。あるいは,苦しかったよくない記憶を思い出し,あのときを乗り越えたから今日があり,今度もまた頑張って乗り越えようという勇気を奮い起こす。
 「人間は記憶を燃料にして生きていく」とは,このような意味ではないでしょうか。
 記憶は,その人の体験したことや読んだり聞いたりした話,仲間との会話,あるいは考えたことなどが脳に蓄積したものです。
 2学期も様々な行事が控えています。日々の授業や掃除,係活動,部活動などもあります。そのような中で,皆さんは,様々なことを体験し,考え,学んでいきます。そして,それらが脳に蓄積され,記憶として残ります。誰もがよい記憶を残したいと思うでしょう。私も,皆さんにはよい記憶をたくさん残して欲しいと思っています。しかし,そんなにうまくいくとは限りません。でも,先ほど述べたように,よい記憶だけではなく,よくない記憶も,人が生きていく上では燃料となるのです。
 皆さんが,今学期,どのような体験をし,素晴らしい姿を見せてくれるのか,とても楽しみです。
 品野中の全ての人にとって,充実した2学期となるよう心から願い,式辞とします。

2学期が始まります

 いよいよ2学期が始まります。明日、9月1日(火)の日程を確認します。8:20始業式、8:40バルモラル校親善訪問団による報告(保護者も参観できます)、9:20清掃、9:40学級活動(発育測定)、10:30下校、14:00部活動です。なお、2日(水)から給食が始まります。

環境整備作業について

 本日、30日(日曜)に予定していました「環境整備作業」ですが、昨日からの降雨で運動場周辺の状態がよくないため、中止します。なお、資源回収は行いますので、ご協力いただける方は、お車でお持ちいただき、職員玄関前のブルーシートの上に置いてください。また、「つくろう会」の事前販売会は予定通り、9:00〜10:00まで、金工室で行いますので、お越しください。お車はロータリー・スロープにお願いします。

夏休みもあと少し

 27日(木)、台風15号の影響でしょうか、台風一過の青空にはならず、蒸し暑い日になりました。平日ですが、ソフトテニス男子は練習試合をしています。南山中と岩成台中が来てくれました。新チームになり、キャプテンも決まったようです。先輩達が残してくれた伝統と夢を引き継いで頑張っています。先日、顧問のO先生が、ソフトテニスの全国大会を観に、わざわざ山形県まで行かれたそうです。レベルの違いに驚くとともに、岐阜県の多治見中が準優勝したことを興奮気味に話してくれました。品野中も練習試合をしたことのあるチームです。新人戦に向けて気合いが入ります。
画像1 画像1

国際交流最終日

 5日(水)、連日、35度を超える猛暑日が続きます。熱中症指数は昼過ぎには「運動は原則中止」の領域です。風通しの良いところでの休憩を多く取る、十分な給水の注意が必要です。さて、真冬のニュージーランドからメールが届きました。気温は10度、日本の冬より寒くないそうです。品中生徒はホストファミリーの子と登校し、授業を受けています。2日間が過ぎて、随分、学校にも慣れてきたようです。昨日の午後は、路線バスでシティに出かけ、フェリーに乗り換え、デポンポートという街を散策したそうです。そして、いよいよ本日がバルモラル校での国際交流授業最終日になります。たくさんのことを学んできてほしいですね。

もうすぐ最終出発!

画像1 画像1
 27日(月)、国道の温度計は37度を示しています。その中、ニュージーランドのバルモラル校と国際交流をする親善団(生徒14名・職員3名)が市長さんを表敬訪問しました。品野中学校の国際交流事業は今年度で終了するので、市長さんを表敬訪問するのも、品中の生徒がバルモラル校の生徒に「ソーラン節」を披露するのも最後になります。もちろん、夏に品野の町中で赤いトレーナーを着た外国の子を見かけることはもうありません。6年間の国際交流で、品中の子にとって、外国の人や英語が随分身近に感じられるようになったと思います。ニュージーランドで国際交流をしてきた生徒も今、高校や大学で、いろいろな形で国際経験を生かしていることでしょう。30日(木)に出発します。たくさんのことを見聞して、みんなに報告してほしいものです。

品野合唱団 歌声響く!

18日(土)、朝、雨雲が残っています。「品野祇園祭」は大丈夫でしょうか。しかし、午後になると、青空が広がってきました。お祭りの協賛会の方が「神武天皇さんがいらっしゃれば大丈夫」というのは本当でした。そして『品野合唱団』の登場です。お祭り関係者、保護者、道の駅のお客様、たくさんの方に聴いていただきました。清々しい、はつらつとしたハーモニーに、参加してくれた43名の有志生徒の気持ちがよく表れていました。GIVE and GIVE 、地域のみなさんに感謝、少しでもお祭りの役に立てれば… 会場にさわやかな風と感動が流れました。品中生はやっぱり素敵です。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

1学期終業式 式辞

 今日は1学期の終業式を行いましたので,式辞の内容を載せたいと思います。

 今日で1学期が終わります。命に関わるような,大きな病気やケガもなくここまで来られたことに,まずは感謝したいと思います。
 皆さんにとって,今学期はどのような学期だったのでしょうか。感じ方はそれぞれで違いますから,是非,一人一人が振り返ってみて欲しいと思います。
 集会の講話でよく話したのは,大きな行事はもちろん大切ですが,毎日繰り返される,日々の授業や部活動,清掃や給食,友達との何気ないふれ合い,こういったことを大切にして欲しい,ということです。ですから,今学期を振り返るときに,大きな行事だけではなく,日々の様々な取り組みに目を向けてください。皆さんの生活は,こういったことの積み重ねで成り立っているのですから。
 先日,この3月に卒業した生徒が,母校訪問ということで来校してくれました。様々な話題に花が咲きましたが,品野中での学び合いについての話も出ました。「学び合いはよかった。楽しかった」「高校でもできるといいのに」といったことを,誰もが言っていました。卒業生にとって,品野中の学び合いは,かなり好印象を持って受け入れられているようです。卒業文集を読んでみると,卒業生90名ほどの中で,学び合いについて書いている人が,30名近くもいました。私はこれまでに,何冊もの卒業文集を読んできましたが,授業について書かれたものは,ほとんど見たことがありません。やはり,それだけ学び合いが印象に残っているのでしょう。卒業文集の中から,学び合いのよさに関するキーワードをいくつか拾ってみます。「考え方や解き方の種類が増えた」「教えることで,自分が本当に理解したかが分かる」「人の気持ちも考えられる」「問題を深く考えられるようになった」「分からない,と言えるようになった」「たくさんの伝え方の手段」「自分の意思や考えを言葉にできるようになった」「話し合うことや学習の面白さを知った」「助け合い,協力し合う喜び」。
 学び合いによって,授業がどのように変わるのか,何を感じ,学ぶのか,それは,授業に参加するときの気持ちや心構え,真剣さの度合いなどによって様々です。今学期を振り返るときには,授業での学び合いについても振り返ってみてください。そして,学び合いを通して,自分は何を得てきたのかを考えてみてください。
 さあ,明日からいよいよ夏休みです。自分の判断で自由に使える時間が,普段よりもずっと多い夏休みです。皆さんは,その時間を何に使うのでしょうか。時間の使い方は,その人の価値観によります。人は,大切に思う(価値を見出している)ことに,より多くの時間を使います。改めて問います。あなたは夏休みの時間を何に使いますか?
 最後になりましたが,私が最も強く思うのは,皆さんの健康と安全です。9月1日の始業式には,全員が元気に登校できますよう願っています。
 では,有意義な夏休みを過ごしてください。

品野合唱団 結成!

16日(木)、台風の影響でしょうか、晴れ間が出たり、大雨が降ったり、蒸し暑い日になりました。そのような中、授業後、42名の男女有志が体育館に結集しました。『品野合唱団』のメンバーです。品野祇園祭が145回目を迎えるということで、お祭りの協賛会から「開祭式に何かしてもらえないか?」というお誘いがあり、GIVE and QIVEをモットーにする品野中は「合唱なら」ということで、快諾しました。生徒会を中心に団員を募集したところ、42名の生徒が参加してくれることになりました。曲は「品野中学校校歌」と「LET'S SEARCH FOR TOMORROW」です。明後日、18日(土)午後5時頃、品野陶磁器センター「道の駅しなの」で、お祭りの開祭式の中で披露します。明日の朝刊には、美術窯業部の生徒が描いてくれたポスターが折り込まれる予定です。楽しみです。
画像1 画像1
画像2 画像2

台風11号接近への対応

大型で猛烈な台風11号の接近にともない、品野中学校では、次のように対応することにしました。明日16日(木)は予定通りの授業を行います。時間割は、金1・金2・金3・学活・給食・教室床磨き・ワックスがけ・部活動です。学活の時間に通知表を渡します。明後日17日(金)午前6時の時点で瀬戸市に「暴風警報」が発令されている、または、午前6時から11時までに「暴風警報」が解除されても休校とします。17日(金)の登校時に「暴風警報」が発令していない場合は、通常通り、登校してください。時間割は、終業式・学活です。部活動については、天候をみて判断します。くれぐれも、暴風・川の増水には気をつけてください。

がんばりました!

11日(土)・12日(日)、梅雨明けを思わせるような夏日になりました。両日、各会場で中学校総合体育大会の地区予選が行われました。品野中学校は…卓球女子が団体戦で優勝しました。ソフトテニス男子は団体戦準優勝、ソフトテニス女子と剣道女子も団体戦で3位に入賞しました。がんばりました!次は愛日大会です。期日は、22日(水)、23日(木)、会場は、卓球は北名古屋市健康ドーム、ソフトテニスは瀬戸市民公園、剣道は東郷町総合体育館です。めざせ!県大会
画像1 画像1

地区懇談会

 8日(木)、PTA校外補導委員会が主催する「地区懇談会」が開かれました。まず、消費生活専門相談員のTさんの講演を聴きました。テーマは「ネットトラブルにまきこまれないために」です。消費生活相談には、毎日、たくさんのネットトラブルの相談が届くそうです。「ワンクリック・ツークリック」しただけで、「契約が完了しました」の画面が、そして、数日後に9万円の支払い請求が届く。クレジットカ!ードの請求を見てビックリ!なんと60万円の請求が。ネット通販はクーリングオフ制度が適用されない。「えっ」の連続です。しかし、未成年者が保護者の許可なく結んだ契約は正式な契約とはいえず、解約できます。「ほっ」ただし、支払ってしまったり、すでに引き落とされてしまったりした場合は、「かなり、難しい」ということでした。「えっ」悪質な業者が中高生をターゲットに、ネット上に詐欺すれすれのわなをしかけているということです。困った時は「消費生活センターTEL0570-064-370」までご相談ください。講演の後、町内ごとに分かれて「わが家のネットトラブル」について意見交換をしました。
画像1 画像1
画像2 画像2

いよいよです

 10日(金)、午後、久しぶりに陽がさしています。夏の大会前の最後の部活動が始まりました。どこの部もかけ声、声援に気合いが入っています。雨天のため、県大会が延期され、ついには中止となってしまったソフトテニス部男子の様子を見に行きました。集合がかかりました。一斉に選手が監督の回りに集まります。全国大会をめざして、本当に一生懸命に練習をしてきました。たくさん叱られました。怪我もありました。これまでの努力を、強い思いを、明日の試合の1球1球に込めてほしいです。ガンバレ品中!
画像1 画像1
画像2 画像2

修学旅行報告会

 8日(水)、今日はコバエではなく、羽根アリが大発生しました。今年は本当に雨が多いです。部活動はもちろん、水泳もブルブルです。6時間目、全校で3年生の「修学旅行」報告会に参加しました。3年生の執行部の子たちが中心となって、スローガン、ルール決め、研修計画から、研修を通して学んだこと、身に付いたことなどを、わかりやすく、力強く、発表してくれました。異なる意見をまとめるために苦労した分、本当の楽しさを味わい、すばらしい思い出を手に入れたようすがよく伝わりました。来年に向けて、2年生には勉強になりました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

善意を力にかえて

 7日(火)、七夕です。しかし、あいにくの雨空となりました。ソフトテニス男子の県大会は延期、また延期で、今週末はもう瀬戸・旭地区予戦です。上位チームにとっては調整の読みがはずれてしまいました。外部活はどこもまともな練習ができず、気の毒です。そんな中、体育館の部活動は熱気ある練習をしていました。先日、学区にある名古屋学院大学の方から「古くなった卓球台がありますが、まだ使えそうなので、どうですか?」とお電話をいただきました。実は卓球部は部員が多く、台が足らずに壁打ち、ボール拾いをする子がいました。「それでは」ということで、PTAの役員さんに車を出していただき、4台いただいてきました。これでみんな台を使って練習ができます。善意に感謝し、夏の大会に向けて練習に力を入れたいですね。
画像1 画像1

チャイルドとチルドレン

 今日の集会では,子どもを表す英単語,「チャイルド」と「チルドレン」から考えたことを話しました。

 英語で子どものことを「チャイルド」と言います。そしてこの単語の複数形,つまり子どもが何人かいた場合は「チルドレン」と言います。
 私が中学生時代にこのことを知ったとき,普通,複数形は単語の後ろに「s」を付ければいいだけなのに,どうしてこんなにも違った単語になってしまうんだろう,憶えるのが大変だ,と思ったことを記憶しています。
 どうしてこんなに違う単語なのでしょう。そこには深い意味が・・・。子どもは,一人の場合と何人かいた場合とでは別の存在だ,と言うことではないでしょうか。
 大人にも言えることですが,子どもが何人か集まると,一人では決してしないような悪いこともやってしまうことがあります。一人一人は,心の中で「これはやってはいけない」と思っていても,みんなの前では言いにくい,雰囲気に流されてしまう,気が大きくなってしまう。こんな経験は誰にもあるのではないでしょうか。随分以前ですが,お笑いの北野武さんが「赤信号,みんなで渡れば怖くない」と言いました。まさにこれです。
 何人かいると悪いことばかりかというと,決してそうではありません。例えば,体育祭の応援合戦。一人で踊っているのを見ても,「素晴らしい。上手だ」と感じることもありますが,何十人もの生徒が力の限り声を出し,一糸乱れぬ踊りを披露したときの迫力は,到底表現できません。また,集団でしかできない動きもあります。
 これは,合唱でも言えます。心を一つにして,多くの人が歌うからこそ,美しいハーモニーが生まれ,迫力も出ます。
 さらに,皆さんが授業で行っている「学び合い」も,決して一人ではできません。もちろん,一人で問題を解いたり教科書を読んだりして学習を進めることはできます。十分な成果を上げることもできます。しかし,「学び合い」では,分からないことを周りの人に聞くことができます。そして,聞かれたことを相手に説明することによって,自分の理解を確かなものにできます。また,自分の考えを伝えたり他の人の考えを聞いたりしながら,考えを広げたり深めたりできます。「三人寄れば文殊の知恵」ということわざがあります。文殊とは,知恵の菩薩(将来,仏様になる者)のことです。つまり,特別頭のいい人でなくても,三人寄れば,文殊に負けないほどのよい知恵を出すことができる,という意味です。実際に,「学び合い」を通して,いい解決方法が見つかった経験のある人も多いのではないでしょうか。
 良くも悪くも,集団の力は大きいです。学校は,生徒が集まる場所です。そんな学校だからこそできる活動を大切にしていきたいと思っています。
 チャイルドとチルドレンという英単語から,こんなことを考えてみました。

いざという時のために

 2日(木)、今日もコバエが大発生です。どうも、雨の後に気温が上がり、ある程度風のある日に多いようです。こんな日は、生徒は窓を閉めたがるので、教室内はむんむんです。そんな日ですが、2年生が体育館で「普通救命講習」を受けました。くり返しくり返し、練習するうちに身についていきます。恥ずかしさも少しずつ薄れていきます。2年生の主任の先生が「僕が倒れたら、助けてくれる?」と聞きます。女子生徒は、自信顔で「大丈夫です」「もうバッチリ」「人工呼吸も?」「…」いざという時に、本当にできるか、最後は救命への思いのようです。
画像1 画像1
画像2 画像2
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
学校行事
4/1 学年末休業日 6日まで
4/6 入学式準備 新3年8時15分登校
瀬戸市立品野中学校
〒480-1203
愛知県瀬戸市広之田町2-5
TEL:0561-41-0019
FAX:0561-41-3116