最新更新日:2017/11/16
本日:count up38
昨日:133
総数:353263
資源(古紙・アルミ缶・牛乳パック)回収,随時おこなっています 体育館前が資源回収場です

弁当の日

本日,『弁当の日』についての案内を配布しました。10月はお弁当を用意していただく日が1日,3日,27日,30日となります。配付文書に目を通していただき,30日は,子ども一人の力でお弁当が作れるように温かく見守ってください。
画像1 画像1
画像2 画像2

地域からの連絡

地域の方から,今朝,国道の歩道の側溝の蓋が落ちていて危険な状態という連絡をもらいました。急いで現場に行ったら,確かに危険な状態。支障がない程度に修復し,市役所にバトンパスしました。慌てていったため,カメラを持って行き忘れました。ということで写真はありません。一緒に行った職員も携帯を持たずに出かけてしまいました。いい教訓になった朝でした。

青組

青組は,フィナーレにこだわって練習。1番上の写真のときは,広がりすぎていて,もっと縮まるといいなと思って見ていたんです。すると,徐々に修正され下の写真の隊形になりました。まずは,動いてみて,その中で考え,修正するというのは大切だなと思いました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

黄組

隊形移動した後に列を揃えるのは難しいですよね。下の写真が参考になれば…。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

赤組

赤組の練習風景です。動画がUPできないので,下の写真3枚で動きが分かりますか?
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

保健体育

体育祭が近いですが,今日の21組は保健の授業です。体育祭が終わったら,すぐ中間テスト。本校の場合,中間テストに音楽と保健体育が組み込まれている関係で,保健の授業も,行わなければなりません。
画像1 画像1

シルクスクリーン

美術室から,くさいにおいが…。のぞいてみるとシルクスクリーンの授業です。終わりかけだったため,全員の作品の様子が分からず,残念でした。
画像1 画像1
画像2 画像2

いい天気です

今日は,いい天気ですが,明日から下り坂。体育祭までは雨が降るなら夜にしてほしいのですが…。天候も気にしながらの応援練習になります。
画像1 画像1
画像2 画像2

席替え

今朝,席替えのクラスがありました。新しい席が黒板に貼り出されていて,一喜一憂していました。
画像1 画像1

イノシシ?

以前,正門あたりにイノシシの跡がありましたとお伝えしましたが,今日はグランドの南に跡が。ここまで上がってきたのが初めてなので,ちょっと心配です。
画像1 画像1
画像2 画像2

応援旗が…

完成した応援旗ですが,練習をしていると鳩目から布が破れました。どの団もです。例年より薄い布地? 布が大きすぎた? 絵の具を塗るスペースを間違えた? いろいろ原因が浮かびますが,補修するしかありません。応援練習の合間に旗担当者は被服室で悪戦苦闘です。
画像1 画像1

黄組

今日から,テニスコートも使って,広いスペースで練習です。
どの団も,小グループの練習から,最後は全員でまとまって演舞です。
画像1 画像1
画像2 画像2

赤組

赤組は,2つに分かれて練習です。最後は1つになっての演舞です。
画像1 画像1
画像2 画像2

青組

青組は,テニスコートで練習です。青も最後は全員で演舞です。
画像1 画像1
画像2 画像2

黄金の三日間?

22組の小松菜は台風の関係で,発芽前に室内に入れました。一方,21組は発芽後,室内に。この違いが関係しているのか,明らかに育ちが違っています。三日間,陽の力を浴びるタイミングが影響しているのでしょうか。
画像1 画像1
画像2 画像2

集会 リフレ一ミング

下の「校長室より」に校長講話が載っています。集会時に生徒が意見を求められるのも品野らしさです。それに対し,自分の意見をきちんと答えられるのも品野の伝統の1つと思います。
校長講話に出てきた保健室のリフレーミング。手に取ってみてみると面白いですよ。「あ〜 そういう見方もできるよね」って,納得するから。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

表彰

今朝も集会の前に表彰がありました。男子ソフトテニスの個人戦で1位と3位になったペアです。インタビューを聞いていると,良かった点,改善点,次の目標,この3点に触れている人たちが多いです。冷静に自己分析できるというのがスポーツでも良い成績につながるんでしょうね。
画像1 画像1
画像2 画像2

挨拶

先週の月曜日に挨拶について全校道徳を行いました。そのとき,「何を大切に挨拶をしていますか?」に対し,縦割り班でまとめました。そして,すべての班の意見をまとめたものが昇降口に掲示してあります。意識してみている人がいて,作ったかいがあるというものです。そして,何より嬉しいのは,気持ちの良い挨拶を心がけている人が増えたことです。その気遣いが伝統を守るにつながるんでしょうね。
画像1 画像1
画像2 画像2

行動が変わる

 今日の集会では,私がお彼岸に墓参りに行ったときのこととリフレーミングについての話をしました。

 一昨日の土曜日は秋分の日でした。秋のお彼岸の中日(ちゅうにち)でもあります。中日とは真ん中の日という意味で,お彼岸は中日の前後3日間と合わせて七日間です。お彼岸には,古くから墓参りをするという習慣があります。私も行ってきましたが,そのときに思ったことを二つ。
 さすがにお彼岸の中日ということで,多くの人が墓参りに訪れていました。すれ違うときには,どちらからともなく「こんにちは」とあいさつを交わしました。でも,中にはあいさつをしても「え?」という感じで返してくれないこともありました。改めて思ったのですが,全く見ず知らずの人でも,あいさつを交わすことによって何となく心が通じたようで,とてもうれしい気持ちになりますね。
 お墓によっては雑草がボウボウに生え,草むらの中に建っているかのようなお墓もあります。何らかの理由でそのお家が絶えてしまったのか,あるいは絶えてはいないものの,事情があって墓参りに来られないのかも知れません。ですから,これはけしからん,などとは思いませんが,なんとなくご先祖様が気の毒なような気がしました。
 さて,皆さんの前にコップがあり,水が半分入っているところをイメージしてみてください。これを見て「もう半分しかない」と思うか,「まだ半分もある」と思うか,どちらでしょう。
 保健室の壁に,「リフレーミング」について掲示されています。そこには,「リフレーミングとは『フレーム』をかえて見ることです」とあります。「フレーム」は,枠とか型といった意味です。「リ」は言葉に付けることで「変える」といった意味になります。「リホーム」などはその例ですね。コップに入った半分の水も,見方を変えたり状況によったりで随分違ってとらえられます。例えば砂漠の中でそのコップを見れば,「半分しかない」となるでしょうが,薬を飲む場面では「半分もある」となります。
 保健室の掲示では,人の性格について,短所と思われてもそれは短所とは限らない例がいくつか示されています。「頑固」という性格も,「一貫性がある」「意志の強い」「信念がある」という見方をすれば,長所となります。「臆病」についても,「慎重」「用心深い」「きちんとしている」と考えることができます。
 皆さんも,これから先,失敗したり苦しい場面に出合ったりすると思います。そして,落ち込んだり悲観したりすることもあるでしょう。失敗したことや場面は事実として変えることはできません。しかし,見方を変えることはできます。例えば,英語検定の合格を目指し,学校の宿題もこなしながら何日も一生懸命勉強したにもかかわらず合格できなかったようなとき,深く落ち込んだり自信を失ったりする人も多いでしょう。でも,そんなときこそ「こんなにも頑張れた」「今回勉強したことは無駄ではなく,次回に生かせる」「挫折を経験したことは自分にとっては大切な経験だ」といったように見方を変えることによって気持ちが楽になるでしょうし,さらに次への一歩を踏み出せるきっかけともなります。
 一つの事実に対してどのようにとらえるのか,どのように考えるのかによってその後の行動が違ってきます。事実が変えられないとしたら,その事実に対するとらえ方を変えてみましょう。
 また,自分や友達の性格も,短所と思っていたことが見方を変えれば長所となるのです。そうすることによって,自分や友達に対する見方まで変わり,よりよく付き合うことができます。
 「リフレーミング」をいつも心がけたいですね。

赤組

赤組も全体練習や個別練習を効果的に取り入れていました。
フィナーレの持って行き方が例年とは違うところが,どう完成していくのか楽しみです。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
瀬戸市立品野中学校
〒480-1203
愛知県瀬戸市広之田町2-5
TEL:0561-41-0019
FAX:0561-41-3116