資源(古紙・アルミ缶・牛乳パック)回収,随時おこなっています 体育館前が資源回収場です

学校だより5月

 新学期が始まって1か月が経ちました。新しい環境でのスタートで「頑張りすぎたり」「気を遣ったり」で少し疲れたというお子さんも多いのではないでしょうか。この連休中に是非、「家族で過ごしたり」「自分の好きなことに打ち込んだり」しながら気分転換や十分な休養を取り、5月もまた元気に学校生活を送ってほしいと思います。
 品野中学校(以下品野中)には「なんじゃもんじゃの木」があります。今、校門を入るとその「なんじゃもんじゃの木」が満開で真っ白な花を咲かせています。その様子はとっても素晴らしく、まるで雪が降り積もったような幻想的な姿です。ここにこの木を植えた人はきっとこの素晴らしい満開の姿を子どもたちに見せて感動してほしかったんだろうなと熱い思いを感じます。そして、私もその人たちに負けないように子どもたちにとって良い環境を作っていかなければと思い、身の引き締まる思いです。
 4月に私が驚いたことがいくつかありました。その中から二つ紹介します。
 一つ目は、「あいさつ」がとってもしっかりできるお子さんが多いのでびっくりしました。しかも、2・3年生のお子さんのほとんどが「分離礼」で挨拶を返してくれます。これってすごいことだと思います。「分離礼」は皆さんもご存知のように、先に挨拶を言い、そのあとでお辞儀する礼の仕方をいいます。大手企業では、新入社員研修で必ずお辞儀の練習をします。どこも徹底して「分離礼」だそうです。言葉を発するのと、お辞儀するのが一緒だとどうしても丁寧にはみえません。「分離礼」は相手の正面にしっかり立ち、堂々とご挨拶するので、相手から見るととても信頼感が湧くそうです。そんな、「分離礼」を品野中の2・3年生は先輩から伝統として引き継ぎ、下級生にも伝えています。社会に出てからも通用する本物が品野中にはあります。是非、自信をもって続けてほしいと思います。
二つ目は、「自分の考えを発表」できるお子さんが多いことにびっくりしました。集会で表彰や認証をした後に、私が全校生徒の前で一人一人「大会はどうでしたか?」「これからどんなふうにしていきたいですか?」など感想や抱負を聞くと、堂々と「・・・が大変でした。次はこれを目標にしたいです」「・・・について自分は頑張ろうと思います」などしっかり自分の考えを全校生徒の前で発表できるんです。みんなの前で発表することは結構勇気がいるんですよね。これって子どもたちの人間関係がきっととっても良く、間違っても大丈夫、安心して発言できる雰囲気が出来上がっているからだと思います。「自分の考えを持てる」「その考えを発表できる」そんな子どもたちをこれからも育てていきたいと思います。
緑が濃くなってきました。季節は春から夏へと向かいます。学校では、これから中間テスト、新入生の部活動入部、修学旅行、野外活動、校外学習と1学期の行事に向かっていきます。様々な経験を通して子どもたちがひと回りもふた回りも正しく健やかにたくましく成長してくれることを願っています。




    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
学校行事
5/25 3年自宅学習
瀬戸市立品野中学校
〒480-1203
愛知県瀬戸市広之田町2-5
TEL:0561-41-0019
FAX:0561-41-3116